我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

危険なプロット /DANS LA MAISON /IN THE HOUSE

2013-10-29 23:20:15 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

 

昔のは殆ど観てたけど、ここ近年の2本は観てなくて2009年の「Rickyリッキー」以来で鑑賞となる

フランソワ・オゾン監督作。 

 

生徒と先生、男同士、、、禁断の .....

という話では

 

ない 

 

かつては作家を目指していた教師のジェルマンが、

生徒であるクロードが友人一家について書いた作文から文才を見いだし、

文学的な手ほどきをしていくうちにクロードと友人一家の関係が思いもよらぬ方向に展開していくという

ちょっとサスペンス風要素もありながら描かれたもので

スペインのフアン・マヨルガの戯曲を基に映画化。

 

原題は「家の中」

邦題もそれでよかったんじゃない?

クローネンバーグのは危険なメソッドだしややこしい

 

チラシではおばさんに見えてたけど、 作品観てびっくり 笑

主演はかなりの美少年、新鋭エルンスト・ウンハウアー

教師役に、名優ファブリス・ルキーニ。

その妻にはクリスティン・スコット・トーマス。

 

そして小説のネタとなる家族。

父親にはどこかでみたなと思ったら「イングロリアス・バスターズの冒頭のお父さん

母親にはポランスキー監督の妻で、「潜水艦は蝶の夢を見る」などの

エマニュエル・セニエ。

息子くんもなかなか良かった。みたことあるかと思ったけど新人か。

 

ウディ・アレンの手法でもある

話し手の想像の中に、その人が入り込んでっていう撮り方

まさに舞台っぽいシーンもあり。

 

作家になる夢を諦め、高校の国語教師として退屈な日々を送るジェルマン。生徒たちのつまらない作文の添削にもすっかり辟易していた。ところが新学期を迎え たばかりのある日、彼はクロードという生徒の作文に心惹かれる。その文章に可能性を感じたジェルマンは、彼の個人授業に乗り出す。ジェルマンの指導で才能 を開花させたクロードは、クラスメイトの家庭を題材に、ますます魅力的な物語を紡いでいく。ジェルマンは他人の生活を覗き見るその背徳的な物語にためらいつつも心奪われ、いつしか“続き”を待ちわびずにはいられなくなっていくが…。

個人授業ばっかしててまずいだろ、って突っ込みはさておきー。

 

 

構図は完全に母と息子

 

 

6/10(60点)

 

生徒と教師の心理戦とか配給の宣伝にあったからそこを期待したけど

そういう作品でもなかったな。

サスペンスって感じでもないし、コメディでもない。かといってドラマでもなく。

どちらかといえば、ちょこっとだけサスペンス風ではあるけど。

 

面白い脚本の書き方を指南していく教師が、

次第にその生徒が書く、他の生徒の家庭内に入り込んだ(これはレポだな)様子を

巧みな文章で小説にしていく。

その流れに、最初はそうでもなかったけど次第に惹き込まれていく。

この少年がまだ16歳ってことで その端正な容貌で

友人の母親とか先生の妻さえにも近づいていく様は

ちょっと異様でやっぱりどこかひいてしまう。

そんな簡単に、、、って疑問になっちゃうから最後の方では

ちょっとうーんってなっちゃった。

 

 

生徒であるクロードは、教師、ジェルマンに見せる小説を書くが

それが真実か、虚構であるかはわからない、

その場にいない、あくまでも想像のものとして

クロードの書くフツウの、一般家庭の中身をのぞきみる。

そこが本作の面白味。

誰もが他人の生活を覗きみる感覚って少なからずとも面白くみれる。

この先どうなるかっていう、危うい行動にも目を見張らされる。

 

しかしジェルマンの妻。自分のこと気にかけず、少年の小説のことばかりだからって、

そして夫の行動にも嫌気さしたんだろうけど簡単に妻が出て行くというのは

ちょっと えー?って感じが。

 

「家の中」では、他人が知りえない、様々なドラマが展開している。

そんな皮肉もこめたラストカット。

 

意外な結末。

という意味では、、、、。そうでもなかったな。

 

オゾン作品好きな方、美少年好きな方はぜひ劇場で 笑

 

公式サイト 

DANS LA MAISON /IN THE HOUSE    2012年   フランス   95min

10月19日より、公開中~

 

 

プレミアにて。

 

今年6月、東京で開催のフランス映画祭で来日した

オゾン監督&エルンスト・ウンハウアー。

 

親子風。

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (8)   Trackbacks (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴースト・エージェント R.I.P.D... | TOP | スティーブ・ジョブズ /JOBS »

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
すっごく気になっていたの☆ (ノルウェーまだ~む)
2013-10-30 10:01:26
migちゃん☆
わー、これすごく気になっていた映画だけど、わりとフツウなのね?
女性顔の美少年がどうなっていくのか、超気になるけど、キタイすぎないほうがいいのかな。
今月あまり映画見れてないけど、今日はやっと「トランス」行くつもり~♪
遊び心 (rose_chocolat)
2013-10-30 10:18:44
戯曲の映画化ってことで遊び心いっぱい風に作った部分は大いにあって、
だからといって、何かが心に響くって感じでもないんだよね。
トリックとしての部分を楽しむ感じでした。
私は『リッキー』の方が好きかなー。
おはよう!! (yue)
2013-10-30 17:51:37
タイトルも俳優たちもあんまり興味わかないけど、
そこまでおもしろくないんだねー

そうそう!映画館のサイトチェックしてみたら、
なんとGRAVITY・グラビティゼロ、予定より
1週間以上前に公開になっててさ、土曜日のチケット
真ん中のソファ席GET
インシディアス2も突然今日から公開になってたし!
なんでだろー。すぐに行かなきゃー

migたんもこの2本見に飛んで来な~
まだーむ☆ (mig)
2013-11-01 23:45:47
もう11月だねぇ。
これ、気になった?うーん、フツウかなあそんなに
絶賛するほどじゃないなぁ今迄のオゾンの方が好き。
トランス、寝なかった?笑
roseさん☆ (mig)
2013-11-01 23:47:05
私はあまり遊び心は感じなかったんですよね。
コメディってわけでもないし。
ラストとかとくに、え?って展開にもならずで物足りなかった。
うん、わたしもリッキーの方が好き。
yue★ (mig)
2013-11-01 23:49:25
いいなー!!飛んでゆきたいよー!!
ゼログラビティ、明日だね♪
しかもインシディアス2、めちゃ観たい。
うらやまし。
オゾンの映画はゆえは観ないよね 笑
そうそうウォーキングデッド、4の1まで観たよ♪
1はあまりだったね。
シーズン3のは全部面白かったね♪
とくにあのアイパッチ野郎いるから☆
こんばんは (ノラネコ)
2013-11-11 23:07:47
私はだんだんと主人公がウッディ・アレンに見えてしまって。
やはりあのキャラはアレンを意識しているのかな。
劇中には「マッチポイント」のポスターも出てきましたよね。
こんばんは☆ (mig)
2013-11-12 01:08:50
ノラネコさん。そうそう、私も書かなかったけど
アレン爺に思えて仕方なかったですよ。
ぜったいそうですよね。顔は違うけど、キャラもそっくりでした。
マッチポイントのポスター?そうでしたっけ。
やはり意識してるな、アレン流。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

11 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
【フランス映画祭2013】『危険なプロット』 (2012) / フランス (Nice One!! @goo)
原題: Dans la maison / In The House 監督: フランソワ・オゾン 出演: ファブリス・ルキーニ 、クリスティン・スコット・トーマス 、エマニュエル・セニエ 、ドゥニ・メノーシェ 、エルンスト・ウンハウワー 、バスティアン・ウゲット 【フランス映画祭...
危険なプロット (映画的・絵画的・音楽的)
 『危険なプロット』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)予告編を見て面白いと思い映画館に行ってきました(注1)。  高校の国語の教師・ジェルマン(ファブリス・ルキーニ)が主人公。  彼は家で、生徒が課題(「週末のこと」)で書いた作文を読みますが、出来が悪....
危険なプロット~ヒッチコック+コクトー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フランス映画。原題:Dans la maison。英題:In the house。スペインの作家フアン・マヨルガの舞台劇“El chico de la ultima fila”(最後列の少年)に基づく。フランソワ・オゾン監督、 ...
危険なプロット (だらだら無気力ブログ!)
結構引き込まれて面白かった。
危険なプロット  Dans la maison (映画の話でコーヒーブレイク)
久しぶりに川崎に足を運び、映画を2本はしごしてきました。 本作「危険なプロット」とダニー・ボイル監督、ジェームズ・マカヴォイ主演の「トランス」。 図らずも、共に中毒症状に陥って常軌を逸する人間の心理を掘り下げた作品でした。 この作品2本はちょっとヘビーで疲....
「危険なプロット」 (セレンディピティ ダイアリー)
フランソワ・オゾン監督の新作、「危険なプロット」(Dans la Maison
ショートレビュー「危険なプロット・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「続く」の先にあるものは? フランソワ・オゾンが描く物語の迷宮。 小説家崩れの国語教師ジェルマンは、新学期早々に出した“週末の出来事”を書く作文の宿題で、クロードという生徒の提出した作品に目を留める。 それは彼が類型的な郊外の中流家庭である友人の家族...
危険なプロット ★★★★ (パピとママ映画のblog)
フランソワ・オゾン監督が、文才あふれる少年と彼に翻弄される国語教師が繰り広げる心理戦を描いた作品。かつて作家を目指していた高校教師ジェルマンは、生徒たちの作文を採点している最中、男子生徒クロードが書いた文章に目を留める。それは、あるクラスメイトとその家...
危険なプロット (映画に耽溺)
いやあ 堪能!! フランソワオゾン監督の「危険なプロット」 ?見事な!!!ほんとに見事としか言いようなし!の作品ざんした。 わたくしの映画的「ツボ」刺激しまくりで 今年に入って観た作品の中で一番の収穫かもしれない。 たださこれ「コメディ」っつうんだけど ...
危険なプロット (いやいやえん)
【概略】 作家になる夢を諦めた高校の国語教師・ジェルマンは、生徒のひとりであるクロードが書いた作文に才能を感じ取り、彼に小説の書き方を個人指導していくのだが…。 サスペンス 文才にあふれる青年に翻弄される国語教師ですね。退屈な日々を送る国語教師...
「危険なプロット」 (或る日の出来事)
そーゆー指導しちゃって、まー、先生ったら!