goo

10mメッシュ標高で矢筈山(1848)を遠望 (高松編)

10mメッシュ標高の精細度を検証するために、10mメッシュ標高を使用しカシミール カシバードにて遠望してみました。

矢筈山(1848)を 高松市内から47kmの遠望です。

2009年3月28日のトラックログが表示されています。

高松市内のポイントとしては 中心部で 誰でも利用できる高層建物として 高松市庁舎を選定しました。高松市庁舎エレベーターホール南面は見晴らしがよく 視程さえよければ かなりの確率で 肉眼でも遠望できます。
 
方角188.2度 46.8kmの距離。
 

拡大
10mメッシュ標高の遠望 矢筈山(1848) 300ミリ遠望


東膳棚も見えます。


10mメッシュ標高の遠望 矢筈山(1848) 500ミリ遠望
拡大


50mメッシュ標高の遠望は
矢筈山(1848)の一発判定。第三弾!高松編


50mメッシュ標高の遠望 矢筈山(1848) 300ミリ遠望


50mメッシュ標高の遠望 矢筈山(1848) 500ミリ遠望

矢筈山 (1848) 遠望

平成21年3月28日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 矢筈山 (1848) ロッキーマウ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。