goo

立派な選挙 ポスター 木製掲示板は 撤去


4月5日 公示日前日 未明

立派な選挙 ポスター 木製掲示板は 撤去されていた


木製だった 選挙 ポスター 掲示板だが
湾曲 曲がりなど 問題があったようで


公示日 前日
木製でなく 化学製品へと 急遽 やり変えられていた。


未明 撤去され 枠だけ


夕方 看板ついていた


4月5日未明 


4月5日夕方


一週間前


割れ


曲がり


立派な木製掲示板 上手く使えば 何度も使用できたのに
 
使わず 撤去されたのは残念。


化学製品は 薄く 軽くできている。
 木製のほうが はるかに 品位があったと思うのだが。。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

選挙のポスター掲示板は 立派な木製


4月6日 公示 13日投票の 地方選挙

選挙のポスター掲示板は 立派な木製。

これも町村合併 選挙区なしで 
一気に33枠も必要になり
大きなポスター枠が必要になったことがはじまり。

今回 わずか一週間の期間だけの掲示板だが
ベニヤ合板ではない
立派な木材が 使われていて

上手く使えば
また4年後の次の選挙にも 
8年後、12年後の選挙でも
十分 使えると思う。


ただし 何箇所かの掲示板で見かけたのは
 材が 膨張して 湾曲したり 割れたり


木製家具製品など木工・木製品の扱いに慣れている方には
デリケートな木の扱い熟知されていると思うが、

この掲示板での 木材の使用方法は
 どこが 問題なのか?

木製の五重塔など十分吟味した材料を使っても 超長期的には 収縮して落ち着いてくるので それに対応できる仕組みをとっている。

ログハウスでも伸縮対応で窓枠などには 対応出来る 仕掛けをしている。

単純な 掲示板でも 膨張 伸縮 に対応する伸縮クリアランスを設けるとか

釘打ちの 止め方に問題はないか
木の性質を 十分 調査検討して欲しい。



木材の豊富な山間部の選挙。
国産材の木材の消費を増やす意図はわかるが
木の使い方を十分 検討して
単なる使い捨ての木材でなくて
木材の活用を 長く使えるようにして 
木の文化を育てるよう期待したい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シンポジウム「どう まもる 三嶺・剣山系の森と水と土」

このような 平穏な溪谷を 取り戻す努力が 懸命に 続けられている。



 『シカと日本の森林』築地書館の本 にあるように「四国山地のシカの増加の最大要因は山村(林業)の崩壊」(22ページ)とか。

みわたせば 山里では このところ 新しい墓と廃屋が やたら 増えて 目につく。

盆と正月にも、以前は帰省する県外ナンバー車など あふれかえるほど よく見かけたのに、 墓と廃屋がふえた分 このところ 盆正月でも 帰省車が めっきり減ってきたようにみえる。そして ひとけがなくなった 廃屋周辺などの 耕作放棄地や ひとけの全くない 山林など シカの闊歩する範囲は急激に増えていると感じる。

シカ問題の 背景的要因として 山里の諸問題の深刻さ についても もっと 深く考えなくてはいけないと 痛感した次第だ。

そして 野生動物といえども 常に人間との関わりで 生存し 人間に 左右され、人間の都合で コントロールされる 運命にあるのだろう。


シンポジウム「どう守る三嶺・剣山系の森と水と土」
PDF


『シカと日本の森林』 依光良三[編]築地書館 2011年2月
 四六判並製 244頁 ISBN978-4-8067-1416-3

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鳴滝



鳴滝
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モノレールの集落

モノレールの集落。

歩いて登れば1時間。モノレールでも30分。
車の通れる道は無く、急傾斜地で生活するにはモノレールが貴重な交通手段。


平成18年4月22日撮影急な斜面


平成18年4月22日撮影本線以外に支線もある。

十家

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )