goo

平成26年12月6日 三嶺(1893)

平成26年12月6日 三嶺(1893)



【記録】

いやしの温泉郷 発 7:26--- 林業作業小屋跡 9:37 --1791m標高点 12:31 --菅生下山口標識 13:33 -- 三嶺 (14:22-14:42) ---菅生下山口標識 15:09--1791m標高点 15:32---林業作業小屋跡 (16:15-16:28)--いやしの温泉郷 着 17:12


【山頂】

三嶺 「マイナス10.4度 北西7.7m 雪 ガス 視界なし」(累計登頂回数 436回)

今冬 はじめての 本格的ラッセル。

【動画】


http://youtu.be/X-ZaHVt4PP8




2014年12月  四国地方 寒波襲来  徳島県西部 大雪 
雪の国道32号 徳島県三好市 2014年12月6日 未明 

http://youtu.be/g9vkIF50ZhA


【写真】

flickr
http://www.flickr.com/photos/shumiyama/sets/72157649635402945/

ヤマレコ
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-557599.html



国道32号 猪鼻峠 チェーン規制


国道192号 境目峠通行止め
前日からの大雪で 徳島県西部の大雪が 全国ニュースになっていた

池田 川之江間で 通行止め 130台以上が 大雪で 身動きとれずとか 

つるぎ町半田 旧 八千代村、三加茂町 大藤 など で 孤立集落がでているとか。 


池田の セブン-イレブン


池田の セブン-イレブン

192号は通行止めだが 32号は雪道で走れる

未明の 長距離大型トラックは さすが プロドライバーばかりで 雪道でも 慎重に 着実に 走っている。


西祖谷は マイナス1度


京上トンネル 0度


日陰の 放置車両は 積雪状況の履歴を 正直に 物語ってくれる。


いやしの温泉郷到着 降雪中

12月から3月まで いやしの温泉冬季休業中

積雪は足首ぐらいだが この積雪状態だと 三嶺 天狗塚の縦走は とても無理
積雪状態によっては 三嶺にも 届かないかも?


降雪の中 明るくなってから出発


登山口


登山口


コエグロ


墓石


民家


シードトラップ ドングリ調査 雪をかぶっている


モノレール


モノレール


モノレール 標高1000m


標識


モノレール


林業作業小屋 跡


だんだん雪が増えてくる


かなりの積雪に


倒木の上の積雪が 降雪状況 を教えてくれる


振返る


降雪が 一気に降ったので 支持層なく 下まで潜り積雪の割に ラッセル量が増えてくる。
 

1578m標高点 風が吹き抜けるところは 雪が飛ばされて 少ない


1578mさきからの急登が まず最初の関門 1600mぐらいから 急に 雪が増えてくる



風雪もきつく 気温も下がってきた


振返る


振返る



振返る


ラッセル跡


1791m標高点 標識


1791m標高点


1791m標高点 土管が出ている

下がって 登りかえし あたりは かなり雪深かった

膝上が 股下 腰 ぐらいの 塹壕堀状況になりペースがぐっと落ちる


シカネット またげるぐらいの積雪量になっていた


菅生下山標識  時間は13時半。 明るいうちに下山できるかどうか。ここで 判断を誤ると 明るいうちに下山できない。

ここまでの 積雪 ラッセル状況から類推して、

■山頂まで 三嶺ヒュッテ経由 稜線沿いは
稜線の 雪の吹き溜まり 踏抜き 急登など あり 時間がかかりそうだ。
■一方 雪原 は 吹き溜まり 踏抜きなく ほぼ一定の ラッセルペースでコンスタント進めるので 有利だ。

ただし 視界は20m位の風雪。 山頂まで ホワイトアウト状態の中 足元だけの 僅かな 微妙な 傾斜角を頼りに 白一色の中 進み続ける。


山頂近くになってようやく 山頂が姿を表した


三嶺 山頂到着 いやしの温泉から 7時間


三嶺山頂 何も見えず

 
マイナス10.4度 冷えている


下山


下山


三嶺ヒュッテが見える




行きのトレースは 消えていた


三嶺ヒュッテが見える


少し ガスが切れた


三嶺ヒュッテが見える


瞬間ガスが薄くなり 三嶺 本峰 方面 少し見えた


菅生下山 標識 三嶺 本峰 見えた


三嶺ヒュッテ が見える


1791m標高点を見る


1791mから三嶺方面を 見る


1791mから三嶺方面を 見る


下山


下山


下山


下山中 野生動物(シカ)の足跡が 行きにつけたトレース沿いに ずっと残っている。

カモシカの力強いラッセル痕は 1791m標高点付近に 横断するように 見かけたが
シカは 雪に弱く ラッセルドロボー専門だ。


林用作業小屋跡


モノレール


モノレール中間駅


針葉樹林帯の中は 暗く 日暮れがはやい


民家 屋根の上の雪が 増えていた


コエグロ


いやしの温泉郷


いやしの温泉郷 到着 降雪中 

なんとか 明るい間に帰着できた。


平成26年12月6日 午前9時 地上天気図


平成26年12月6日 午前9時 500,300hPa高層天気図


平成26年12月6日 午前9時 850,700hPa高層天気図


平成26年12月6日 レーダーアメダス合成値(気象庁発表)過去24時間降水量変化:動画







川の防災情報


  • 趣深山shumiyama.com 平成26年12月6日
  • 趣深山Jimdo 平成26年12月6日
  • 平成26年12月6日 fc2
  • 平成26年12月6日 digi2
  • 趣深山ブログ goo
  • 趣深山ブログ fc2



  • コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )
    « 「ヤマメモ」... 雪の国道32号... »
     
    コメント
     
     
     
    はじめまして (駆け出しクライマー)
    2014-12-11 19:50:40
    9月に初めての山登りでその魅力にハマってしまい、毎週のように山登りをしております。

    最近このブログを拝見させていただき、偉大なる記録の山にただただ驚いております。

    もちろんここに至るまでには数々のご苦労をされてこられてるだろうと思います。

    尊敬の念に堪えない思いであります。

    一度、趣味山様のようなベテランの方とご一緒させていただきたいのですが、いかがでしょうか?

    突然の無礼お許しください。

     
     
     
    はじめまして (駆け出しクライマー)
    2014-12-11 19:51:30
    9月に初めての山登りでその魅力にハマってしまい、毎週のように山登りをしております。

    最近このブログを拝見させていただき、偉大なる記録の山にただただ驚いております。

    もちろんここに至るまでには数々のご苦労をされてこられてるだろうと思います。

    尊敬の念に堪えない思いであります。

    一度、趣味山様のようなベテランの方とご一緒させていただきたいのですが、いかがでしょうか?

    突然の無礼お許しください。
     
     
     
    あせらず あわてず じっくり 取り組んでください。 (趣深山)
    2014-12-12 07:03:17
    駆け出しクライマー様

    おはおうございます。
    拙作サイトご訪問 コメント有難うございます。

    ひと それぞれ 様々な山歩きのスタイルが有り、
    私の山歩きが正解ということではないと思いますが
    引率型の山行スタイルは私のスタイルではありません。

    残念ながら せっかくの申し出につきましては
    お断りいたしますので あしからず ご了承ください。

    ガイドツアー型の登山を業としているガイド業の方もいらっしゃいますので 念のため申し添えておきます。

    もとより 登山は 奥が深いもので
     多少 人に連れて行ってもらったところで
    どうこうなるものではありません。

    もっと じっくり取り組むべきものです。

    目先のテクニック 技術 知識などを得るより

    たとえば
    明治大正昭和それぞれの時期に
    めざましく活躍された登山家が書かれた書物
    がたくさんあり、こうした 名著の幾つかを読まれ
    山に対する考え 登山家の 生きざまなどとか

    自然 気象 地勢 地学 動植物 民俗学などなど

    「自分の山」の裾野を 徐々に拡げていくことのほうが
    もっと大事だと思います。

    あせらず あわてず じっくり 取り組んでください。
     
    コメントを投稿する
    ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
     
    名前
    タイトル
    URL
    コメント
    コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
    数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
     
    この記事のトラックバック Ping-URL
     


    ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
     
    ・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
    ・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
    ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。