柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

ホスピタリティを考える

2017年05月19日 | 葬儀専門学校
今年も葬儀専門学校の授業が始まりました。
私は前期にホスピタリティを教えます。

去年までは葬儀式の中で活かせるホスピタリティを教えていましたが
今年はホスピタリティをもっと具体的に感じてもらいたいと思い
少し内容を変えてみました。

私自身も教えるに当たり
知識を深めるために勉強していますが
ホスピタリティとはお客様対応に限らず
自分の目の前にいる人に愛情をもった接し方をすることなのです

その気持ちが一番の基礎にあり
そのうえでその人に今より良い状況にしてあげたいと思うことなんです

でも自分が無理をした結果、その人に何かをしてあげるのではないのです。
自分自身が「してあげたい喜び」を感じていないと
ただの義務になってしまいます。

実際に日常生活の中でホスピタリティを具体的に教えることって
結構難しい、と実感しました。


以前勤めていた葬儀社で
スタッフ全員に求めていたのは、まさしくホスピタリティだったと気が付きました。
究極のサービスをする心構えでいましたし
それをする喜びがありました。
その結果をお客様が喜んでくださり
それをお聞き出たとき、スタッフは嬉しく、誇らしげでした・・・・



ご遺族だけでなく、お寺様にも、会葬者の方にも、お手伝いいただく方にも
葬儀の関連業者さんにも
そして同僚にも
感謝と挨拶、そして気遣いの気持ちがあったと思います。


もちろん、まだまだ未熟ではありましたが
その気持ちは十分にありました。

その時のような教えをしたいと思うのですが
これがなかなか難しい


でも回を重ねるごとに
少しは伝わったかな?と・・・


後2回の授業がありますので、もうひと頑張りしなくては。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めての「集活イベント」をお手伝い

2017年05月01日 | エンディングノート
熊本県の葬儀社さんでイベント開催のご相談がありました。

継続性のあるイベントをご希望でしたので

セミナーを定期的に行う形で計画を立てました。

遠方なのでウエブ会議でやり取りをおこない

要所、要所で現地に赴きました。

地域の高齢者に向けてのセミナーは

楽しく集まて頂き、役立つ情報を得ていただき

その中で見つけた自分の問題を

専門家と一緒に解決していきましょう!

地域の方との信頼関係の中で葬儀もお受けしたい、という趣旨です。


今回イベントに協力していただける専門家は

相続、遺言、空家、保険、遺品整理、生涯学習、葬儀などの分野です。

専門家の方たちは葬儀社主催のイベントで何が自分たちにつながるのか?

ご理解が難しかったようですが

この方々への説明から着手していきました。


事前に相談の受付を開始していましたので

イベント当日にはすでに各専門家ご相談が予約されていました。


スタッフに限りのある葬儀社がイベントを行うのはとても大変なことです


今回は常務ご夫妻と新人3名の女性が主になって準備をしてくれました。

今まで地域に向けても営業は殆どしていない状態で

集客や資料集め、人集めでは、苦労の連続だったはずです。

当日は集客の足が鈍り、心配した場面もありましたが

大変質の高いイベントであったことは間違いがありません。

来場者のセミナー参加率は高く、長時間の滞在が目立ちました。


常務をはじめ新人の方たちにも
資料作成の中で、本来葬儀社が伝えるべきものが
確実に見えてきたと思います。

葬儀費用の提示方法もどうしたら、お客様が安心できるのか
わかったと思います。

専門家の方々には葬儀社からも相談者が集まることをご理解いただき
お客様が笑顔で帰った姿も実感していただきました。


スタッフは何から何まで初めてで、後から「こうすればよかった」
と思うことばかりだったと思います。

私にしても
これを言わないといけなかった!が多々ありました。

資料は自社作成できめ細かく作ったけれど
受付での手渡すときに添える言葉が重要だったり
資料全部を袋に収納しては効果がない、ことなど・・・

しかし、お客様対応は新人さんばかりでしたのに
大変頑張ってくれたと感激しています。

常務夫妻は次回のイベントに向けて
新たな決意をされたようです。

今後のセミナーでは更なる向上をできるとことを願って
熊本から帰ってきました。


オープン前から「楽しみだった」と来てくださった方


ご遺族パン屋さんが販売をしていただき
私もお土産に買いました!


喫茶室を作り休憩所に


料理の試食もしていただきました

専門家のミニセミナー、新しい情報に私も思わずメモを







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自治会館の集いに参加

2017年04月20日 | 老後
最近では地域で高齢者の集う場所を作り
ご近所の繋がりを強化しています。

どこでも熱心な自治会の役員の方々が
色々知恵を絞って行っています。

そこに今回、お声をかけていただき参加してきました。

近くの保育園児とのふれあい
歌の時間
体操の時間
お茶の時間
地域の歴史の話
等盛りだくさんの内容です
最後に30分ほど
お片付けの話をさせていただきました。

この会を支えるためにボランティアの方々が
時間と労力を注いでいます。
そして優しさも溢れていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大人の学校で供養の話

2017年04月20日 | 私の半径100メートル
毎月、プライベートで開催している地域コミュニティでの集まりです

1年半、続いています。

今回は新しい供養の話でした。

仏壇の最新情報から始まって、家族を失う悲嘆の話までをしました。

皆さん楽しく過ごしていただいています。

小さな会ですが居心地がいいのです。

私の自慢は内容もさることながら

スタッフの対応がすごくいい!と褒められることです。




楽しいひと時です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

追悼祭での涙

2017年04月05日 | 悲しみのケア
追悼祭の一場面です。

葬儀社で行う追悼祭は、遺族にとって心癒されるものです。


自分の肉親を亡くして、葬儀の時よりも
自然に涙が流せる時期があるものです。

亡くなって、自分だけの生活を送って
始めて知る悲しみがあります。

その心を周囲が理解するのはとても困難です。

時間がたてば誰もが「元気になってきた」と思いやすいからです。

そんな時に一緒に故人を思い出してくれる人達がいる場所は

とても暖かくて、自然に涙がこぼれます。



私の前に座っていた方が

追悼式が終わるまで、何度も何度も涙をぬぐっていました。




きっとお帰りになるときには
さっきとは違う自分がいるはずです。



ご遺族の皆様
花冷えの中、ご参加くださってありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葬儀専門学校の卒業式

2017年04月05日 | 葬儀専門学校
すでに1か月前ですが

今年も葬儀業界に新人がを送り出しました。

皆さんおめでとうございます。

今年は就職の内定が早く

全員が新しい門出を迎えました。

18歳で入学した生徒が多い中

50歳を過ぎて入学した女性がいました。

教職者をやめ、家族を九州に残し

1人で1年間、頑張り続け

無事、自宅近くの葬儀社へ就職されました。

教師を途中で辞めてまで?と思いましたが

以前から気になっていた職業で

親の死をきっかけに、決心がついたと話してくれました。

若い人たちに囲まれて

しっかりと皆の要になり卒業されました。

彼女を含め、全員の今後が楽しみです。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終活セミナーって、もう古い・・・まさかでしょ?

2017年03月12日 | 老後
葬儀社さんで終活セミナーの企画・運営に携わるようになって5年が経ちました。
数社で終活セミナー作りに関わっています。

今や「終活」の名がもう古い、という声もあります。

名前の方は、どう変わろうといいのですが
終活の実態は、まだまだ何も手がつけられていない状態です。



仕事の退職を区切りとすると
その先にある時間の中で考えておきたい事柄は山ほどあります。


終活は暗いイメージでもっと楽しいことを考えるべき、という人もいますが
本当は、この暗いと言われる問題を先に考えるべきだと私は思います。

お金、病気、介護、延命、相続など
やっぱり子供にお任せでは済まないことばかりです。


その問題がなんとなく整理出来たら
もっと楽しく余生を過ごすことに専念してほしいと思います。
もちろん同時進行で構わないのですが・・・


決めておくためには、正常な判断と決断がいります。

〝自分はまだまだしっかりしている″と思っていても
毎日している自動車の運転すら、怪しくなるほど
知らぬ間に衰えが襲ってくるのです。

そうなってからでは大事な判断ができなくなります。

少し偏ってしまった判断で「こうしよう」と決められたら
かえって家族に迷惑をかける事態になりかねません。

でも、大切なことを考えるには情報が不足していてます。
介護や相続の大まかなことすら知りません。


だから、終活セミナーはいろいろな問題解決の手掛かりを得る場として
私は大切だと思っているのです!


そのためには葬儀社でも、どこでも終活セミナーをしていただきたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福島での骨葬に立ち会いました。

2017年03月08日 | 葬儀の世界
福島県で葬儀に立ち会わせていただきました。

ここで通夜は行わず
告別式の朝に出棺して火葬をします。

お骨で帰ってきて告別式、三日、七日の法要になります。


故人最後の姿を確認するのが身内だけ、という点が気がかりでしたが
伺ってみると納棺に立ち会った人が44名

都会での葬儀に匹敵する人数といえるほどでした。


8時過ぎには納棺、

9時前には出棺です。


この慣習を遠くの親戚にもきちんと告知できたなら
問題ないのかもしれませんね。

時折、故人の顔が見られると思って告別式に出たら
すでに遺骨になっていてショックを受けた、という話を聞きます。




火葬場から戻ると会葬者が集まり遺骨にお焼香をして
軽い昼食をとって帰り
葬儀式にはまた身内のみになります。

火葬場からの戻りが遅くなると
会葬者は故人(遺骨ですが)にも遺族にも会えず終いになってしまします。



通夜がなく昼間の会葬だけだと
仕事をしている人にとっては葬儀参列が難しくなるかもしれず
近い将来には、ここでも葬儀形式が変わるかもしれないなーと
思った次第です。

近所や友人が立ち会えない分
地域の組内さんという役目の方たちが
納棺からずっとお身内に付き添ってお手伝いをしていました。

寒い朝でしたが、心温まる葬儀に立ち会いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厄介だけど大切な持病です

2017年02月25日 | sibatanoriko?
私には大切な持病があります。

自分で会社を立てた年に突然発病しました。

関節リウマチです。

実は母も祖母もリウマチですが、私が一番重症です。

リウマチは知られているようで実態をご存知の方は少ないかもしれません。

神経痛のようなもの?とよく言われますが、
関節の中で免疫が異常を起こして自分の骨や軟骨を壊してしまう病気です。

発病してからの2年くらいは痛みがひどくて、動くことが大変でした。

はた目には体の異常は見えないのですが、関節では常時激痛が走っています。

私は足と手にリウマチが起きたので、動く、物を持つことができない日々でした。

関節におきる炎症は赤く大きく腫れます。
皮膚は火傷をしたようにいつもヒリヒリしています。
痛み止めを早く飲みたくて、そのために食事をしていました。

講演をするのに演台までは行けるのですが、1時間立ったままでいると関節が固まり
帰るときに足が動くかどうか不安で、いつもドキドキしてました。

今は殆ど動きに支障はありませんし、痛みもなくなりました。

私に合う薬と巡り会って、免疫異常を制御しています。
おかげで炎症も腫れもまったくありません。
日常生活が普通にできます。

一部の関節はすでに破損しかけているので、正座はできません。
日本間に案内されると、困ります。


リウマチを直すことはできないので、死ぬまでお薬のお世話になり
ずっと持病として抱えていきます。

そのため、高齢に伴い筋力を保つ必要があるので、ジムに通い始めました。



ハードなことはしませんが、少しだけ筋トレをしてきます。

何故今この話になるかといえば・・・・・

確定申告の時に医療費の額に、唖然とするからです。

毎年50万は下りません。

えー、それを10年以上も・・・フ―


でもきっと私がこの持病をもつ理由があるのです。

生まれてくる前から自分で選んだ試練なんだと思います。

でもこんなに楽になって、ありがたい限りです。

不自由を味わったから見えたものも一杯あります。

特に私の体を心配して転職してまで支えてくれた娘は
交通手段から宿泊先の利便性など、多くの気遣いをしてくれました。

健康な体だったら、この優しさに気づかなかったかもしれません。


やっぱり大切な持病ですね






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オンラインコンサルティング、始めました。

2017年02月23日 | 葬儀の世界
葬儀社はサービス業です

サービス業の場合、
従業員5人以下を小規模企業といいます。
従業員が100人未満 資本金5000万円以下を中小企業と分けるそうです。

葬儀社の場合は従業員20人未満の儀社が大半といえると思います。
中というより小規模よりですね。

そこが価格競争を行えば体力が消耗します。

チラシやイベントを工夫してもすぐ真似される
又は結果が返ってこない、とよく聞きます。


「でも、何とかしたい!」とお考えの葬儀社さんに新しい試みを始めました。

テレビ電話でコンサルティングをします。

以前は出向いた葬儀社での会議に出席できない人のために
テレビ電話を使用していました。

しかし、遠方の葬儀社さんとのやり取りで
止む終えず、オンラインを利用して打合せをしてみたのですが
意外と役立つことがわかりました。


葬儀経営者といえども、担当をもたれている場合が多いので
コンサルティングの時間を確保するのは大変です。

1時間前後なら、大抵は予定通りにお話ができます。

私が伺うとすれば、友引き前か、友引に依頼が集中しますが
オンラインであればそれも気にせずに住みます。

もちろん費用の軽減もできます。

そんな利便性から今は数社とオンラインコンサルティングを始めました。

しかし、現場確認のために時折伺うようにはなります。

また、次回のコンサルを有効にするために資料などを郵送していただいたり
連絡のやり取りは小まめにして頂きます。

そうすると、必ず手落ちの部分が見えてきます。


私に若いスタッフがいてくれるので、こんな方法もできるようになりました。
今は当たり前のようなのですが、私にこの発想はできませんね。
スマホですら苦戦しています。

パソコンにカメラが内蔵されていればOKだそうです。

私は言われたまま、パソコンの前に座るだけなので助かります。

まだホームページには載っていませんが、どうぞお気軽にお問い合わせください。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3部式のエンディングノートは「アクティブノート」といいます。

2017年02月18日 | エンディングノート
仕事柄、エンディングノートの書き方セミナーを依頼されます。

セミナー会場で配布されるエンディングノートは、実は私にとって使いづらいものばかりでした。

私自身がエンディングノートを書く年代なので余計に感じたのかもしれません。

それと高齢者向けの終活という場所にもかかわるようになって
本当に書くべきものは?と自分に問いただした事がありました。

私自身が求めたエンディングノートは、
ひとり住まいの方が「もしもの時に周囲の人が困らないように」という内容に特化することでした。

一人住まいの伯母を見送った経験がそこに影響を与えています。


そこで3部式のエンディングノートを考えました。

1冊目は
一人住まいで起きる緊急事態に駆けつけた救急隊が「知りたい情報」をすぐに見れること!
そのためにその部分を分けて置き場所も、玄関先にしました。

2冊目は
お金、財産に関することは、普段は人目につかないようにすることです。
そのために、別に保管できるようにしました。
叔母は私を頼りにしてくれましたが、死ぬまでお金の詳細は明かしませんでした。
一人だからこその防衛本能だったと思います。これは大事な配慮ですね。

3冊目は
日常生活の中で常に自分の考えを周囲に知らせるためのノートです。
死んでから見たのでは介護や認知や葬儀の対応や希望は役立ちません。


こんなノートが欲しくって
自分で作成したのが「アクティブノート」です。

書き方を説明したかったので、書店には置きませんでした。

葬儀社や士業の方がセミナーをしながら使ってくださることもありますが
ホームページやフェイスブックなどからの問い合わせが結構あります。

そのために、アマゾンに掲載し、先日からヤフーでも扱っていただくようになりました。
このところお申し込みが頻繁になっています。

現在までの販売数は5000部ほどです。

本来は書き方のセミナーを受けていただいたほうがより便利に使いこなせると思うのですが
日本各地からお買い上げいただくようになったのでガイドブックをお付けしています。

お求め頂いた方はしまい込まないで、どうぞ書き上げてください。
初めは赤いノートから書くのをお薦めします。
気軽に鉛筆書きでも大丈夫。
何度も書き直してください。
先ず書くことが大事ですよ。
それも今の時点で、の決断でいいんですよ。

人にとって「もしも」は明日かもしれませんから!

それでも書くのに迷いがあったら、メールでの相談は無料でお受けしていますよ!
申し訳ありませんが、対面相談と電話相談は有料なんです。
ホームページをご覧ください。

又、介護施設や葬儀社でアクティブノートの指導をご希望でしたら
それも有料ですがお受けしています。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葬儀専門学校での卒研です

2017年02月15日 | 葬儀専門学校
今年も運台トラベル&ほてる専門学校 葬祭マネージメント学科の生徒が卒業研修発表会をしました。


「駿台発 葬祭業界の行方」として3グループでの発表です。

①「新しい視点の4営業~葬儀単価の下落にストップ~」
  ここではあたしい視点の営業方法が必要と捉えて
  各自が葬儀社へ事前相談に出向き葬儀社の提案しているものから
  今の葬儀業界を見つめていました。

②「無縁供養野提案~新しい無縁の捉え方~」
  無縁の人達の葬儀をシェアして無縁者同士で葬儀を行う
  お墓もシェア墓地を企業が支援できないか、という提案です

③「GAP~業界のあるべき姿をピックアップ~」
  葬儀社、宗教者からアンケートを取りそれぞれの立場からの言い分を
  模擬葬儀社、模擬宗教者、駿台学生間でディスカッション形式で表しました。

それぞれに考えられた内容でなかなか面白かったです。
この学校の良さは、生徒の年齢層がバラバラなところです。
授業以外での学びがあります。
今年は50代の女性がいい意味でのキーパーソンでした。

詳しくは、フューネラルビジネスが取材に来ていたので記事をお読みいただければと思いました。


毎年講師として生徒を教えていますが、
私は一主婦からいきなり葬儀社の責任者になったので
比較的自由に消費者側から見たときの葬儀価値を作ってきました。
(私が退いた後は、また違った葬儀観になっています)

異業種の葬儀社立ち上げで誰も反対する人がいなかったので
独自のサービスを立ち上げることができました。
結果的にはお客様に喜んでいただけ成果を出せたので今この仕事をしていますが・・・


ただ私流を教えても、生徒たちが業界に出てからそのギャップに困惑しないか?
正直心配でもあります。

駿台では多くの講師が教えてくださるので、多分葬儀観もいろいろです。
私はほんの一部であると思っています。


私は駿台での生徒との関りが好きです。
今年もみんないい生徒でした。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大好きな叔母に逢いました

2017年02月08日 | 私の半径100メートル
私の大好きだった叔母がグループホームに入ったと聞き
逢いに行ってきました。

とても明るく活動的な人で、子供たちを育て上げ一人で生活していました。

自分より人のためにと動く人です。

連絡がつかないと、気にしていたところでした。


久しぶりに会った叔母は、前とあまり変まらないように見えます。

ホームから出て一緒に昼食をとりましたが、話も何とか通じます。

確かに今話したことを、繰り返し聞いてきますが
以前の叔母と同じように、優しい口調で語りかけてくれます。

自宅で1人の生活は、きっと難しいのだろう、と感じました。


人は衰えていくものですが、それを受け止めることが大変なんだと痛感。


施設内では多くの人から話しかけられ、相変わらず人気者でしたが

「これでも気を遣うのよ」といった言葉がでて

ここでも叔母らしい気遣いをしているのだと知りました。


ただ、一切愚痴らない姿を見て、自分はこの方がいいのだと
悟っているような気がします。


又、逢いに行きたいと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特別養護老人ホームでエンディングノートセミナーです。

2017年01月31日 | エンディングノート
横浜の青葉区にある特別養護老人ホーム内にプレイケアセンターという場所があります。

そこでは地域の方やホームの入所者や入所者の家族のために
シニアの交流の場を常設しています。

本来なら行政、地域包括等の企画で色々なセミナーや体操教室が催されていますが

この企画をプレイケアという会社が作り
特別養護老人ホームの中の部屋を借りて行っています。

とても珍しい取り組みです。

そちらでエンディングノートのセミナーをさせていただきました。



私の前に行っていた体操教室は満員でしたが、私のセミナー時間になると半分位の方が
集まってくださいました。

依頼されたときに「皆さん勉強より、楽しいことがお好きです」と
言われていたので「なるほど!」と・・・


しかしセミナー自体はとても和気あいあいと進行し
終わった時には、「よくわかった」「今日から書きます」「大事なことだ」との声が。

受付をしてくださったプレイケアの方も
「シニアだけでなく、親のために私の世代が聞きたい」
「とっても分かり易い」
「介護職員にも必要な内容」と言っていただきました。

今後介護の世界も、行政の手が回らなくなり
企業への協力要請が必須になってきます。

そして元気で賢いシニアを生み出す手段を欲しがっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葬儀社にも大ファンがいます

2017年01月31日 | 私の半径100メートル
葬儀社で行っている地域住民と会員との集いでの親睦会の模様です。



年末に行ったのは杉並高円寺でしたが、年明けは町田で行いました。

葬儀社で催すこのような集いはとても珍しいものです。
それも5年間継続されている貴重な取り組みです。

いまだに新しい入会者が後を絶ちません。

そして、この方たちは明らかにこの葬儀社の大ファンです。

皆さん、「楽しいから来年も来られるように健康に気をつけなくちゃ!」と言ってくれています。

私、この会社のおかげで楽しみが増え、終活もできてるの・・・

お1人ずつのご挨拶で、「ここのお陰」という言葉が何度も出てきました。

ちょっと付け加えさせていただければ
「この会と柴田先生のお陰」と言ってくださった方も沢山いて私も感激です。

地域の中にしっかり根付いてきた証拠です。


ここまで辛抱強く育ててくださった葬儀社さんの努力も大したものです。
すぐに利益になることではありませんが、高齢者の意識教育と葬儀社の姿勢は
確実に届いています。

その結果の大ファンです。

この方たちの周りには親戚や友人が少なからずいます

葬儀は頻度の少ない出来事なので口コミの評判は
恐ろしいくらい影響力を持ちます。

ただし、悪い評判も同じような力があるので
気を付けたいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加