柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

自然に死ぬこととは・・・

2018年02月14日 | 
高齢のおばあ様が入院先から延命をどうするか、問われている。

というご相談がきました。

病気というより高齢になって次第に体力低下がみられたそうです。

ご家族はまだ生きていて欲しい、との想いが強いのだそうですが

医師からは、胃ろうなどの処置は年齢的に無理かも…と伝えられらそうです。


死は誰にも訪れるものですが

「今ではなくもう少し先に」と考えるのも家族だからこそ、でしょうね。


私の義母も心臓が弱って入院しましたが

検査がこれからと聞いて、一度自宅へ帰って支度して…と思った矢先に
急変しました。

以前から「延命はしない」とお伝えしていたので

病院からの電話で急いで戻った私が見たのは

誰もいないベッドで安らかに寝ている義母の姿でした。

慌ただしい状況を想像していたのですが

死を確認したと同時に医療器具はすべて外されていました。

傍に座って他の家族が来るまで「これが延命をしないことなのか」と

悟ったのを覚えています。

これまで何回も入退院を繰り返し
良くなったようでも、一定期間が過ぎるとまた同じ状況になる。

昔なら入院せずに、家族が弱ってきた高齢者を見とどけていたはずですが・・・

死を延ばせることができる今、死の選択は難しいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

着物はどう処分?

2018年02月14日 | エンディングノート
遺族会での話です。

亡くなった奥様の遺品を整理した方が

「処分に困っているのは着物です。

子供達もいらないというし

嫁に聞いても着ないので…と言われて」

と質問されてきました。

そこで同調したのは

女性の方たちです。

「本当に処分に困りますね」

「リサイクルショップでもあまり歓迎されないし」

「引取り額をきいたら、あまりの安さに驚いて」

そんな話で盛り上がったことがあります。

確かに

「思いきって捨てちゃった」という話もよく聞きますね。

そこで今度、着物はどんな処分の仕方があるのか?
捨てるにしても、有効利用してくれるのはどこか?

そんなセミナーをしてみたいと思っています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高齢者は「死の話」を、避けません

2018年01月26日 | エンディングノート
高齢者セミナーのご依頼を頂くとき、不思議に思うことがあります。

セミナーを企画される側の気遣いが的外れな気がします。

「お年寄りには死とか葬儀を感じる話を嫌がるので

やんわりと話してほしいんですが」



とんでもない!

お年を重ねるほどあっけらかんと死を受け止めています。

70代の方でさえ「死は避けては通れない」「当然の話」と言われます。

そればかりか、大変興味をお持ちです。

その先に「若い者に迷惑をかけたくない」のお気持ちがありますから。


セミナーの演題を遠回しにつけると、集客できません!

葬儀の話でも、相続の話でも

具体的な内容を副題として付けると申込が多くなります。



葬儀社の人たちも、同じ感覚を持っています。

普通の人にとって葬儀社は来たい場所ではない・・・・と

確かに「縁起でもない」という人もいますが

その声が高齢者の声と思うのは違います。

葬儀社は敷居の高いところではありません。


人生の酸いも甘いも、経験してきた人はもっと自然体です。





反対に

「エンディングノートや相続の話をすると子供に怒られる」

という高齢者もいます。

それも違う気がします。

子供から「そうだね。書いておいて」と即座には言いにくい!

だから否定はするけど

「書かないまま、逝かれたらもっと困る、一応書いておいてくれたら、助かる」

私はこれが本音だと思います。


「遠慮せずに、エンディングノートでも遺言書でも書いておきましょう

子供から書いてくれとは言いにくいですよ」と伝えます。



私自身が死を考える年に

そして、子供にどう遺すか考える年になったので

自信を持って、言えます!







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老人ホームでお楽しみ会を準備

2018年01月24日 | sibatanoriko?
今週末に、母のいる老人ホームで
「歌の会」をしに行きます。

美声を披露する訳ではなく
皆さんと一緒に歌を歌いましょう!ということです。

友人の協力を得て、ボランティアで伺うので
楽しい時間を過ごしていただくことが目的。

歌の選択から、合間の進行まで
色々考えながら、準備してます。

今回で2回目ですが
母を楽しませたくて、始めました。

前回は音がうるさかったのか
肝心の母は途中退出!

他の方はとっても喜んで頂けたのですが・・・・・

さて今回はどうでしょうね?????

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終活セミナーの人気は意外にも「葬儀の話」

2018年01月16日 | エンディングノート
終活セミナーで人気講座の一つに

「お葬式」があります。

「葬儀費用」や「一般葬、家族葬」の演題をつけると人が集まります。

その中で、私は葬儀アンケートの結果を参考にして

一般葬と家族葬の違いを話します

自分の葬儀なら「家族葬」
・・・・何もするな、面倒はかけたくない

家族の葬儀なら「想いを込めたい」
・・・・せめて自分達が送った気持ちになりたい

友人の葬儀なら「行ってみたい」
・・・・家族じゃないから行きたくてもいけない、仕方ない、でも寂しい

この本音を解き明かします。

そしてかかる費用の解説をします
実際には遺族負担はそう変わらない、と

故人の為に集まった人たちの姿や言葉は
遺族にとって「かけがいのない宝」になると


葬儀社の人は信じないかもしれませんが
受講者の考えが、最後には変わってき始めるのです。

葬儀の本質を知った
そういう考えを知らなかった
自分は親をそう送ったが正しかった
そう送ればよかった
こんな話を聞いたことがなかった


お客様は葬儀知識がない
しかし、みんなと同じがいいのだとう、と勘違いをしている
何を選択するかはお客様ですが
多くの情報を提供して、その中から選んでいただくことが大事

多くの情報とは
葬儀の価格メニューじゃないことは確かです。


お客様はもっと葬儀を、死を、別れを知りたいのです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

経王寺のイベントが興味深いです

2018年01月15日 | 世の中
新宿の原町に経王寺という日蓮宗のお寺があります。

こちらのご住職はいろいろなイベントをされています。

驚くほど多彩です。

法話日和は仏教をわかりやすくお話ししてくれます。
春のテーマ「お釈迦様の家族」
 4月14日(土)「父の悩み 浄飯王」
 5月19日(土)「母の悲しみ マーヤー」
 6月23日(土)「妻の迷い ヤヨーダラー」
 7月21日(土)「息子の悲しみ ラーフラー」

 15時~17時
 1000円
 予約なし
 経王寺本堂
 新宿区原町1‐14
 03-3341-1314

仏教の法話に興味のある方は、多くいらっしゃいますね。

経王寺のご住職は、とても話し上手な方でいつもニコニコ顔の方です。

その他にも
「お経を読む」・・・お経の内容を知り読んでみる
「仏像でナイト」・・仏像の歴史や姿形について学ぶ
「心灯会」・・・・・毎月1日に行われる法話会
「一日修行」・・・・お坊さんの修行に1日だけ入門
「経王寺ヨガ教室」・瞑想ヨガ
「吉野の秘境 秘仏参拝の旅」

3月11日には
東日本震災東京慰霊祭 「アノニマスエイド」があります。
作家の田口ランディさんと共同開催
今年のテーマは「あの日を語り継ぐ」


私も行きたいと思いながら、中々うかがえないのですが
今年こそは・・・・

どうぞ、ご興味のある方は一度ご参加くださいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

専門学校では「おばあちゃん先生」です

2017年12月26日 | 葬儀専門学校
専門学校の授業風景です。

今年は11人の生徒で平均年齢21歳

全員がすでに就職が決まりました。

入学して8か月

個性がはっきり見えてきて

入学時とはだいぶ印象が変わっています。

私がケガをしたせいで

授業が延期となり

久しぶりに会った生徒から「危ない‼危ない‼」と

大事に労わられています

そりゃ、そうですね。

彼らから見たら

私はおばあちゃんのようなものなんです。

みんな頑張っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外見が元気でも、中身が誤魔化せません

2017年12月25日 | sibatanoriko?
骨折から退院したあと、リハビリに病院通いをしています。

院内にこのポスターを見つけ、思わず写真を撮りました。

介護が必要になった原因は骨折と関節の疾患がかなり多いようです。

しかも足の付け根の骨折が寝たきりを招くそうです。

まさしく私のケースですね。

運よく、退院後も普通に近い動きができるようになりました。

終活セミナーでも

骨折しないこと、
骨折で入院すると
高齢者は認知症になりやすい・・・

といつも話していた私です。

骨折後に行く病院では
どの科の先生にも
「柴田さん、骨粗しょう症の検査をしましょう」
と言われます。

その結果、やはり骨密度が不足気味と出ていました。

元気そうに見せていても
体の中では高齢化が止められませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終活セミナーは柴田流でさせて!

2017年12月01日 | エンディングノート
骨折後の仕事復帰は、地域包括ケアプラザのセミナーです。

偶然にも同じ時期に2カ所からの依頼が重なりました。

地域包括からはよくセミナーの依頼を受けるのですが

「単発のセミナーは受講者にとって意味がない」と以前から主張してきました。

私に来る依頼は、エンディングノートや葬儀のセミナーです。

特にエンディングノートは90分では実にならないのが現実です。

「あ、そうなのね」で終わってしまいます。

地域包括の目的は地域住民に、啓蒙し対処を促すことです。

それなら、「受講後に行動を起こしやすいセミナーをしましょう!」というのが私の主張です。

エンディングノートは私、

相続、後見、介護は各専門はにふらず

一主婦目線で、生活の中にそれらがどう関係してくるのかを話したい!と力説してきました。

初めに、取り組んでくださったところで夏に4回に分けて実施

広報に載ったとたんに、4回とも定員オーバーの申込が殺到したそうです。

これにはチラシの作成力が大いに関係しています。見事な表現でした!!!


行った結果が「大変為になった、よく理解できた」の声が多くて

今回、第2弾としての実施です。

もう一カ所は、やはり春から内容を検討していただき、3回の実施になりました。

こちらも申し込みが多く、ほとんどの方が3回連続の申し込みをされてます。

地域包括の職員さんが「自分達にも興味にある話だった。こういう切り口は今までになく初めてで面白かった!」と…


私も杖を突きながら伺いましたが

話始めると、夢中になるタイプなので

結局、マイク片手に、ずっと立ちっぱなしで話し続けてしまいました。

そんな感じなので、いつお写真を撮り忘れ、帰ってからスタッフに渋い顔をされます。

ということで、チラシのみを撮影しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

御無沙汰してます。やっと元気になりました

2017年11月20日 | sibatanoriko?
10月の初めに、母や妹、娘一家で食事に出かけ
楽しい時間を過ごした後、ちょっとした不注意で転倒。

母を施設の車に乗せ、見送るところだったので
何とか立って笑顔で送りましたが

足が動かないことに気が付きました。
それにすごい痛みがあり
そのまま救急車で病院へ

休日の救急窓口は混雑していて
レントゲンを撮りましたが骨折は見当たらないのでと
帰宅を促されましたを。

一歩も歩くことができず痛みも治まらず
松葉杖を借りて何とか帰宅しましたが
身動きが取れない状況

翌朝別の病院へ行き再検査したら
大腿骨の上部に3カ所の亀裂骨折が見つかり
即入院、二日後に手術となりました。

急なケガで、入院も長くなり
各方面にご迷惑をかけることになってしまいました。

約一か月療養をし、何とか歩けるようになりましたが
まだ杖がお友達です。

そんなわけで
暑くて半袖で入院したのに
コートがいる時期に一気に移動した感じです。


この間に、ご迷惑をかけた皆様
申し訳ありませんでした。
十分に休養させていただき、元気になりました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

死が怖い?是非この映画を見てください

2017年09月27日 | 
映画「生死」の紹介です

いきたひと読みます。

名も無き四児の母が、夫の生き様・死に様をホームビデオで撮ったドキュメンタリー

●プロローグ
●第1章 看取った人達
●第2章 臨命終時
●第3章 心医
●第4章 受け渡されたもの
●エピローグ





子供の体内記憶
から始まって
私の死への追求は今も続いています

もちろん
そこに看取りもあります。
何故生きるのか
どう生きたらいいのか?

いつも、いい時期に、偶然に
目の前に現れる情報があります。

監督とのトークセッションもあるので
私も見に行きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の介護が始まりました

2017年09月07日 | 私の半径100メートル
7月1日に母が老人ホームへ入所しました。

父が亡くなってから7年
車いす生活でしたが、独りで頑張ってくれました。


長男の見守りとヘルパーさんや訪問のお医者様、看護師さんの
お世話にもなりました。

しかし、物忘れと判断力が徐々に低下し
1人で過ごす夜に不安が募ってきました。

母から横浜のホームを見学したい、と申し出があり
早速、五月の連休に見学。
私の家から車で5分の場所です。
以前から、母を呼ぶならと、探していたホームです。


部屋の様子を見たり、食事もごちそうになり
気に入った様子に一安心


2か月後に連絡があり
とりあえず1か月の入所をお願いしました。


子供たちの考えでは
もう一人住まいは無理になってきた
夜中に幻覚を見て「すぐに来て」と電話することも多くなり
車いすから落ちて動けなくなり大慌てしたこともありました。

入所の連絡が来てからは
子供たちが全員揃ったところで
再度母に入所の確認をとりつけての決断でしたが


実際には入ったその日から
「早く帰る」「帰して」の一点張り
日ごとにその思いが激しくなりました。


ホームに入いると誰もが通る道、と聞いていましたが
思っている以上に大変なことでした。


私自身の為にも、母とのやり取りを整理しておきたいと思っています。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妻の体にドライアイスが・・・・

2017年09月04日 | 悲しみのケア
ご遺族との茶話会での出来事です。 

遺族会に初めて参加された男性は参加申し込みの時に
切々と自分の気持ちをメールで寄せてくださいました。

妻を失い、毎日が悲嘆にくれる日々。
苦しい、悲しい、
誰に話すこともできない
どうしたらいいのか、解らない・・・

そんなお気持ちでお越しになりました。

当日は早くからお見えになり
私の到着を待ってくださいました。

他のご遺族や私たちスタッフと話をするうちに
少しずつ心が落ち着いてくるのが見えてきました。

その時に出たお話です。

妻がなくなって自宅に安置した時に
まだ妻の体は温かかった。
それなのに葬儀社の人はあんなに沢山のドライアイスを体にのっけていた。

せめてもう少し体の温かみが無くなるまで
待ってもらえないものか・・・と


ご遺体は死後一時間から腐敗が始まります。
私が葬儀現場に出ていた時にも、いち早い遺体の処置に徹していました。

どんなご遺体でも感染症の危険があると想定しての対応が必要だったからです。
私たちは遺族と職場の人の安全を守る立場にあるので「多分大丈夫」は通用しないのです。

でも、故人に触った時の冷たさは、悲しみを更に深くするのも事実です。

葬儀社の責任者になってすぐに、ドライアイスを使わない方法を探し始めました。
いくつかの遺体保存剤の使用経験を経て,それなりの感想を持っています。

最終的に選んだ遺体保存剤は二酸化塩素のドムスでした。

この効用についてご意見はいろいろありますが
データー上の殺菌効果はかなり高く
各県警の鑑識課で扱われているものです。
私自身が実際にドライアイスなしで何年も使用した結果から
今でもこの商品を選んでいます。

「私たちはドライアイスを使用しません」
「ご家族が体に触れた時、冷たいと悲しくなられるので…」
「少し塩素の匂いがしますが、これはご主人のお体を最後まで守る薬剤を使用しているからです」
「できる限り安全なお体の処置をしていますので、どうぞご主人に触れてあげてください」

こういう説明は、ご遺族にはとても大切なのです。
私たちの考えや主旨が伝わることで、故人を大切にしていることを感じていただけるからです。
故人を大切にしてもらえることは、口にこそ出しませんが
遺族にとっては大きな慰めだからです。

葬儀社としては
葬儀式を無事に終わればいい、だけでないはず。


火葬されるまでは故人の体が存在することに
大きな意味があるのです。

その体を目で確かめて
手で触れて確かめて
まるで聞いているかのように話しかけて



その後に
顔も手も足もなくなり、骨となった故人を見て
もう触ることができない
話しても聞こえない

そうか、死んだんだね。もう帰ってこないね。

と悟られる気がします。

遺体の保存重視で
ドライアイス以外の商品を選んでいる葬儀社さんも
多くいると思いますが
まだ温かみのある体の存在も意味深いことを
あわせて知って頂ければと思います。


遺族会に来られた男性は 死後数か月たっていても
その冷たさを忘れていませんでした。
この感覚を誰かに訴えたかったのでしょうね。

後日、この方からメールが届きました。
「思い切って伺い、本当によかった。
こんな会があったんですね。
私もグリーフの勉強がしてみたくなりました。
そして皆さんのお役に立ちたいと考えています」

他の人をケアするお気持ちが出て来たようです。
まだ現役の方ですが「絶対にまた行きます」
と言ってくださいました。

お待ちしています!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホスピタリティ=接遇 じゃないからね

2017年08月17日 | 葬儀の世界
ホスピタリティを接遇と考えている人がたくさんいます。

たしかにお客様に対して接遇は大切ですが、ホスピタリティはもっと広範囲での考え方です。

「お客様の満足」から、更に上の気持ちを持っていただくことを示しています。

「感動した」「ここにきてよかった」「人にもこの素晴らしさを伝えたい」と思っていただくことです。


社員が働く上で何が喜びになるか?と聞き出すと

「お客様に喜んでいただいた時」と答える人が圧倒的に多いのです。

仕事に喜びがあるなら、やりがいも当然あり、会社が望むそのものですね。


「これをしたらお客様にもっと喜んでいただけるだろう」と気づいても

多くの会社はそれを自由にできない空気があります。

社員が勝手に動けない規則や環境です。

「一人で勝手なことをして」「1人がそんなことをしたら、皆がやらなくちゃならない」

現場でやる気を損なわせる言葉を何度聞いたことか。


ここに必要なのは、会社の経営方針です。

会社は本来、何を目的に企業をしているのでしょう?

商品をお客様に売って、利益を出し、社員に給料を払います。

お客様が喜んで買っていただけるように商品の開発は当たりまえの事

良い商品であるなら、後はお客様が買う動機や、買った後の対応を良くしていく必要があります。


それを行うのはお客様に接する社員です。

たとえ「こうしてあげたい」と感じても「余計なこと」と言われるようならしなくなります。

しなくなるということは、「してあげたいこと」を感じないようにすることです。

何も目にしないようにしている社員に新しい気づきは生まれません。

「一般的な」「事務的な」な対応をします。


他でしているのと何ら変わらない対応なら

商品の差さえなければどこも買ってもいいのです。

しかし次回、お客さんが自社を選んでくれることは疑問です。


本来、会社は、お客様の満足を得て、売上をあげることを目的にしています。

ということは、会社が社員に自社の経営理念をしっかり理解させ

そのために、何をすべきかを行動指針としてしめし

そこに即した社員の判断を、その場で社員自身に任せることができれば

社員はお客様のためにいろいろと考えます。

社員はお客様に喜んでいただき、褒めてほしいからです。

私も含め、社員が喜ぶ姿ややりがいを経験しているので太鼓判を押しますよ。


「この会社に入って、この会社と共に自分自身も成長していきたい

そのためにはお客様に喜んでいただく工夫をしよう」

と社員に思ってもらうことが必要です。


社員が会社を愛せるということは

会社が社員を愛しているという実態がないとできません。


「どんな手段を使ってもうちだけ儲かればいい

社員に良い給料を払えば文句なく、無理してでも働く」

社員にとって数字だけが課せられで、評価もそこだけであれば、やがて疲弊していきます。

仕事が辛くなり、会社を辞めていき、いつも人手不足で、更に過酷な仕事環境になります。


いつも対応がよく、社員がイキイキして、社会貢献もする良い会社と

世間から評価されれば、採用にも人が集まってきます。

評判の良い会社は社員には自慢の会社となります。


こういう経営がホスピタリティ経営といい、サービス産業が発展してきた時代の最強の経営と言われています。

私も本当にそうだと思います。


私は葬儀業界しかしりませんが

こここそ、商品で勝負するところではない気がします。

葬儀社はまだ未成熟なサービス産業だと思っています。

宗教儀式を施行するだけでお客様が喜んでいただけないと、気づいているなら

価格を安くすることが、いい葬儀社ではないと、気づいているなら

お別れしたい人が来れない葬儀がおかしいと、気づいているなら

ホスピタリティをもっと考えてみませんか?












◆エンディング産業展にて講演◆
今年もエンディング産業展にて講演をさせていただきます。
葬儀社の次世代経営を支えるホスピタリティ・サービスとは
日時 2017/08/24(木)12:30~13:30
会場 エンディング産業展 東京ビッグサイト東5ホール
費用 受講無料
【エンディング産業展ホームページ】
http://www.ifcx.jp/
【セミナー詳細】
https://drive.google.com/…/0B9UVOUd7vqZVZ0ZNNTA3SVdVQ…/view…
【申し込み】
http://www.ifcx.jp/seminar/
※フリーワード検索「柴田」と検索してください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身近な人を見送ったあなたに いちばん大切なこと

2017年08月07日 | 悲しみのケア
今年の4月に出版した
「身近な人を見送ったあなたに 一番大切なこと」
という本があります。

私の3冊目の本です。

今日、PHP出版社からメールをいただきました。

柴田先生のご著書『身近な人を見送ったあなたにいちばん大切なこと』ですが、
アンケートはがきが続々と集まっており、
「本を読んでとても癒された」「これを読んだほうがいいと親族からプレゼントされた」等、
感動の声をいただいております。
皆さん共通して、息を引き取られた日にちを必ず書いて下さっていたのが印象的でした。
この本が世に出て、本当によかったとみなさん仰っておられました。


なんと、嬉しいことでしょう。

私はグリーフの勉強はほんの少ししかしていません。
橋爪健一郎先生に教えていただいたことがあり、それが遺族ケアに引き寄せられたきっかけです。

葬儀後のご遺族と接する中で必要を感じ
「遺族ケアの会」を毎月開き、7年間続けてきました。

その後、コンサルタントになってからは、株式会社コムウエルで遺族会を5年行っています。

コムウエルさんには遺族会を作っていただけたことを大変感謝しています。
遺族会を含め、終活セミナーやカルチャー教室を地域の方々に提供している「ウエルビーの会」は
葬儀社として他社ではできない大きな、大きな社会貢献だと思います。

私はいつも、ご遺族の話を聞く一方で、何も教えてはいません。
今回の出版はご遺族から教えていただたことを本にしたまで・・・

人の縁は不思議なものです。
未熟な私でも、出版の話を頂き、誰かのお役に立つことが出来ました。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加