柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

葬儀の小規模化にどう向き合うか?

2016年09月23日 | 
宮崎県の葬儀社の集まりに伺い、講演をしてきました。
こちらの団体では、毎年集会と講演を兼ねて開催しています。

いつも感じるのですが、講演の初めと終わりでは集まってくださった方の
オーラが違って見えます。
初めは私一人が発信者なのですが、途中から受講者からの発信が感じられてきます。
不思議です。




地方においても小規模化は、ジワジワト押し寄せているようですが
それでもまだ会葬者の数は100を超える状況です。
これは、素敵な現象だと思います。

小規模化を恐れる前になぜ、葬儀が疎ましくなったのか?
を考えないといけないと思いませんか。

集まった葬儀社の方に毎回質問をします。
「あなたと一緒に働いていた同僚が亡くなったら、あなたは葬儀に行きたい?」

全員が「行きたい」と答えます。

同僚って、家族以外の人ですよね。
家族葬ならこの人たちは参列を遠慮するのでしょうか?
家族にとっては知らない人になりますものね。

時々ランチを食べに行く奥様グループの人が亡くなったら?
やはり葬儀に行きたいと答えます。
しかし、家族葬なら声をかけてもらえないかもしれませんね。

そう考えると、小規模化って簡単におきますね。
家族葬だから、声かけなくていいよね!
家族葬だから、会葬は遠慮しないとね!

葬儀の小規模化は家族や会葬者の意識問題だけではありません。

別れに行きたくなるような葬儀を作るには、
葬儀社の葬儀への取り組みも大きな問題です。

高齢社会で縁が薄くなった、経済的に苦しい、という社会の判断にまかせ
葬儀社がすべき改善を忘れてはいないでしょうか?

葬儀の場を提供するにはいろいろな方法があります。

大事な人を亡くした時、故人を取り巻く人々に悲しみや苦しみがあるから葬儀は生まれたはず。

葬儀が葬儀社にしかあつかえないのであれば
別れが必要な人たちに別れる場を作ることが、今は大事なのではないでしょうか?

親しい人が亡くなったのに、別れることができない・・・・変ですね。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノンストップの余波

2016年09月09日 | お仕事
フジテレビの「ノンストップ」を見て、週刊誌の女性自身から取材の申し込みがありました。

9月13日発売の女性自身で「今変わる葬儀の形」という特集だそうです

そこのパート1で檀家制度を無くしたお寺の話
パート2,3で埋葬と葬儀費用の話を依頼されました。

葬儀関連の企画を持った製作者は、同じような番組や雑誌をチェックしているのですね。

ここの担当者の方も始めは
「森林葬だけじゃない最新葬儀のあれこれ」
「気を付けよう悪徳葬儀社の手口」
という内容で取材が来ました。

樹木葬は葬儀ではないし
悪徳といわれるような葬儀社はいない、とは言い切れないが極小だと思うので
(悪徳って最初からお客様をだます目的、と私は判断したので)
この題名はおかしい!!!
とお伝えし、担当者の側も協議してくださって納得したうえで題名も変えてくださいました。


テレビ局の場合も雑誌の場合も「知らずに作っている」場合が多いのですね。
売らんがために題名は魅力的なのでしょうが、説明をするとよく理解してくださいます。

一概にマスコミが間違った情報を出している、とは言い難い!
取材に協力する側の姿勢も大いに関係するのかもしれません。

取材にあたった記者の方はとても綺麗な女性でした。
実はお父様の葬儀を経験した方だったので
私の話に、何度も頷かれて聞きこんでいました。

記者の方が共感してくださるとそう意図のずれは生じません。



先日原稿のチェックがありました。
私の部分は「埋葬」と「葬儀費用」というコラムに載るそうです。

コラムということは他の記事もあるのかも
その内容は拝見できなかったのですが・・・

この取材もご縁がつながった結果です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンディング産業展の余波

2016年09月03日 | 世の中
エンディング産業展の終了直後に
フジテレビの「ノンストップ」という番組から出演依頼がありました。

8月30日午前9時50分からの生放送です。

「オーダーメイド葬儀からインテリア仏具まで ここまで来た!最新葬儀事情」

という特集でした。

内容を検討するうちに、1日葬、直葬、手元供養、納骨堂を特に取りあげています。

このような葬儀がすごく多い!
定額制の葬儀なら安心
葬儀トラブルは予定外の請求が主な原因

・・・のような捉え方から企画されていましたが、なるべく担当者に実情を話して
誤解のないような内容に変えてもらうよう試みました。

聞けば窓口担当者のディレクターのも32歳とのこと
情報量は一般消費者と変わらないし、身近な葬儀経験はなしでした。

でも1週間ない時間の中で何回もメールや電話のやり取りがなされ
出張中のやり取りは午後10時ころから翌朝の4時まで続けられました。

おかげで何とか、私が飲み込める内容にまで変更されて一安心。

更に本番になったら、そのコーナーを仕切るアナウンサーのほうから
台本にない部分まで「ここは柴田さんから話をしていただいたほうがいい」と
きめ細かい支持が出て余分に説明することもできました。

放送直後から色々な方が感想など送っていただいたようで
有難うございました。

私はまだビデオも見ていないのですが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンディング産業展2016

2016年09月03日 | エンディングノート
東京ビックサイトで「エンディング産業展」が8月22日~24日まで開催されました。

オフィス・シバタではブース展示をしています

葬儀社のための遺族サポート対策として・・・「高齢者見守りシステム ミーテル」
お独り住まいの安否確認と死後事務委任をまとめた・・・「見守りパック」 
見る時期と、保管場所を分けた3部のエンディングノート・・・「アクティブノート」
葬儀社の社員教育や講演、イベント企画作成、終活セミナーなど・・・オフィス・シバタのコンサル内容

そしてエピローグサロン「光の庭」との共同開発・・・「エピローグドレス納棺式」

以上の5点をご紹介しました。

しかしその他にも
墓地の狭い寺院様向けに、「森林葬」のご紹介も少しですがしています。
遺骨の上に苗木を植樹し、その後少し大きくなった苗木は
山深い寺院の里山に植樹します。
遺骨は元の寺院で合葬か、または苗木とともに里山の寺院にお預けすることもできるシステムです。


エンディング産業展は僧侶の方のご来場も多いのでご紹介してみました。
狭い墓地を有効利用できるので、とても関心を引いたようです。

葬儀社だけでなく、士業、不動産業、遺品整理業、寺院関係者など多くの業界の方が見えるのが
子のエンディング産業展の特徴です。

もちろん一般のお客様も来られます。
お陰様でいろいろな方との出会いがあり楽しい時間でもありましたが
しかし、3日間は正直疲れました!

展示場の中にセミナー会場が設けられていて
そこで「私らしいエンディングの作り方」を1時間お話ししました。

他の会場で華道家・仮屋崎省吾氏の講演があったのですが
こちらのセミナーもほとんど満席状態になり、ホッとしました。

このような展示会ではほとんどが告知目的で終わります。
この後が問題なのでしょうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京ビッグサイトで 人生最終章のドレス をご覧ください

2016年08月18日 | 葬儀の世界
介護施設で看取りまでする時代になってきました。

死後は、自宅へ帰ってお葬式をする方と
施設から直接火葬場へ向かう方といます。

自宅へ帰らない場合は、ほとんどが火葬のみの直葬だと伺いました。

葬儀社にお願いをして、棺に納め
他の入所者の目に触れないように出棺をする・・・・

どうして他の方に知らせないかと伺うと
同じ入所者の死はショックを受けるから
そっと見送って、聞かれたら「亡くなった」と伝えるそうです。

死って、そんなに伏せるべきことでしょうか?
高齢の方々は「死は当たり前」と考えていると思います。

同じ境遇の人の死を後から知らされたら
「自分の時も、きっと誰にも知らされず逝くのか?」と思われるでしょう。


施設の方も「そんな送り方は嫌だ」と考え始めています。
多少なりともその方の人生を垣間見た施設スタッフなら、
もっと手をかけて送ってあげたい・・・と思われるようです。

仕事関係の方に「エピローグドレス」という死装束を作成している方がいます。
高級な死装束なので、展示会では多くの葬儀社さんが足を止め見入っています。
しかし、葬儀現場でこれをどう活用していいのか???と迷われているようで
実際には活用していただけません。



ホームページから、このドレスを見つけたのが、介護施設の方々でした。
介護施設で亡くなった方を温かく見送りたい、という要望が届きました。
そこで私とエピローグドレスの会社とで「エピローグドレス納棺式」を企画開発しました。

5万円~の死装束ですが、評判を呼んでいます。
祭壇を設けない葬儀形式でも、故人自身に手をかけ、想いをかけた納棺式は
十分に送る側の満足度を高めます。


この方法を介護施設だけでなく、葬儀社さんにも一般のお客様にも見ていただきたく
22日から24日まで東京ビッグサイト「エンディング産業展9-38ブース」でご案内をすることにしました。


実は介護施設だけでなく、直接個人のお客様から
「親や自分用に買っておきたい」という問い合わせが来るようになっています。
「自分の好みにデザインしてほしい」という電話も今週にはありました。


葬儀を出せるのは葬儀社さんなのですが、葬儀社さんは「安い」「お金をかけない」ことしか
目に入らないようです。

人の価値観は、様々です。

葬儀一式にかける価値と、故人にかける価値とでは
遺族感情においてどうなのでしょうか?

葬儀社によって考えが違い、その違いをお客様が選択できるといいと思うのですが・・・・

お時間のあるかた、興味がある方は是非、お越しください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シルバーフォト撮影会

2016年08月18日 | エンディングノート
近所で開催している学びの場「大人の学校」で
写真撮影会をしました。

遺影写真のための撮影会と思われがちですが
「自分の素敵な写真」て意外とお持ちじゃないんですよね。

今の自分をきれいに撮るって、なかなかチャンスがないので
こういう機会にとることをおすすめします。

よく葬儀社で遺影写真撮影会と、何かのイベントの中でしていますよね。

亡くなる時期も定かではないので、今に自分を残すつもりで是非参加してみてください。

きれいな出来栄えだったら。素敵な額を買って
おうちの中に飾りましょうよ!

自分一人だけ飾るのは抵抗がある?人は
家族写真やそれぞれのベストショットを一緒に飾ったらどうですか?


写真撮影は一回すればいい、ではなくて
何回でもトライしてください。

次は横向きとか
少し斜めからとか

楽しくなりますよ。

「大人の学校」でも撮影会に参加した方は
皆さん、ウキウキしてとても楽しそうでした!


写真撮影風景です


写真を選んでいます。
これがまた真剣なんです。


こんな撮影風景だったとか
出来上がりは、こんな風とか
お知らせすすると、次回の参加が必ず増えます。

はじめは葬儀写真と思うと、二の足を踏むにかもしれませんね。

そうではなく。「今のベストショット」と考えましょうよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高齢者に大事な保険活用

2016年07月28日 | エンディングノート
終活セミナーで「保険の活用」をお話ししました。

保険がなぜ大切なのか?
高齢になると見直しが必要になります。
効果的な保険を残すことこそが、良い相続にもつながってきます。

このセミナーでは、ファイナンシャルプランナーの方をゲストに招いて
お話をしていただきます。

お招きする前に講演内容を検討させていただき
わかり易いセミナーを作っていただいています。

今回の講師はお若い方なのですが
とてもわかり易い説明をしてくださいます。

実は説明だけでは、何の解決にもならないんですよ
自分の保険を見比べて要不要を判断することは大変難しいのです。

そこで直接相談したい人を募集します。
相談料金を伝えることは、とても重要なポイントなんです。

きちんと相談内容や仕事内容と費用を説明していただきます。

私の各所で行うセミナーに3回ほど来ていただいてますが
初回の時は、相談料をはっきりとお話ししなかったのですが
お客様から小声で「一体いくらかかるの?」とささやきが、聞こえました。

2回目はきちんと提示してもらっていました。
そうしたら、相談者が1名出てきました。

3回目では数名の方からご相談が入りました。

皆さん、保険はいくつもお持ちなのですが
その内容はご存じないのですね。

お役に立ったと思います。

これからも「終活セミナー」はより良い変更を重ねていくつもりです!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「大人の学校」で延命問題を取り上げました

2016年07月22日 | 尊厳死宣言とは
7月10日の大人の学校で「延命問題」を取り上げました。

この日は参議員選なので、参加人数が気になりましたが
介護施設で最近までケアマネージャーをしており
現在は看護師として働いている醤野良子さんをお招きしました。

醤野さんは三鷹で「自分の死を考える集い」を主宰しています。

延命問題は、私もエンディングノートの書き方セミナーの中では
必ず最初に時間をとってお話しする問題です。

ある程度の年齢になれば、死を考えますし
その死に方も考えます。

今の医療は大変進んでいて、死に際を延ばすことが可能になりました。

延命問題を問われるとき、自分に意思表示が可能であればいいのですが
家族にその決断をさせるのは、酷な気がします。

また決断をした後でも、「本人にとってこの決断は正しかったのか?」という思いは
亡くなった後でも心に引っかかるものです。

しかし延命そのものも知らずに自分で決めるのは、又難しいものですね。

栄養や酸素を鼻や口から導入するビニールの管や
胃瘻で使われる器具を実際に見せていただきながら
延命の現状を伺いました。

いつまでも、生きていいてほしい、と願う気持ちと
その代償にある苦痛や苦悩も知っておくべきだと思いました。

その先で、自分の意志表示をしていただければと願っています。

もう何回も、醤野さんの話を聞いていますが
今回は特にわかりやすく
と言って重苦しい雰囲気もなくお話を伺えました。

いつもご協力いただいて感謝しています。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教え子とBBQ

2016年07月18日 | 葬儀専門学校
先日、数年前に卒業した葬儀専門学校の生徒が数人集まり
庭でBBQをしました。



卒業後に会うことは珍しいのですが、私の娘もここの卒業生で
その仲間は、時々飲み会をしています。
もちろん、私は抜きでです。

卒業後の進路は様々で葬儀業界以外で働いている人もいます。

最近の生徒は平均年齢22歳位と若返りましたが
ここに集まっている生徒の時は30~40歳の人が多い時でした。

久しぶりの再会で、みんなの近況が聞けて楽しい時間をいただきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛媛、横浜でお話ししますね。

2016年07月03日 | 私の半径100メートル
これから愛媛に行ってきます。
エンディングノートン書き方を教えに行きますが
場所はサービス付き高齢者住宅です。
入居の方へではなく、お世話をされているスタッフの皆さんにです。

最近では、このような場所で、終活活動も行い始めました。
また、施設内で看取った方を大切に送りたいから、と
価値ある葬送の方法を探られています。

私はちょっと豪華なエピローグ納棺を勧めていますが
お見せすると、びっくりされてとても興味を持たれます。

月曜日の夜に愛媛から帰ってきますが
翌日はパシフィコ横浜でフューネラルシンポジュームの講演が待っています。



ちょっと慌ただしい今日この頃です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハープの音色に癒されて、慰霊のひととき

2016年06月28日 | 悲しみのケア



毎年恒例の慰霊祭です。
こちらの会場ではハープの奏者が来てくださいます。
なんとふくよかな音色なんでしょう。
会場のスペースは限られており100名様のお席の支度で精一杯・・・
その空間でも、進行や挨拶を邪魔することがありません。

毎回、工夫を凝らして
何度ご参加いただいても、新たな気持ちになれるよう
企画しています。

場所の関係で故人様のお名前は
この1年間のお見送りした方に限らせていただいてますが
それでも
ご遺族は熱心に名前を追って亡き家族を探されます。

ご招待も過去1年のご遺族にご案内しますが
毎年必ず自ら参加される方が多くいます。

式半ばで、ご遺族代表者にお言葉をいただくのですが
何日もかけて書き上げてくださいます。
いつも胸を熱くする内容です。

そして不思議なことに
このお役をしていただいた方は
必ず同じことをおっしゃいます。
「はじめは躊躇したが、やってみて本当によかった。自分が変わっていく気がした」と。

他の参加者の方にもメッセージカードをお配りするのですが
年々、メッセージの文章が長くなっています。
皆さん、時間をかけて丁寧に書いています。
書き出すと、きっと伝えたいことがあふれてくるのでしょう。


追悼祭での司会進行係は毎回長い台本が手渡されます。
そして毎回、司会者を選びなおします。

葬儀の司会進行とは違って
明るいスタートで始めるように指導しています。
普段はあまりしない、語りかけや、励ましの要素が入っています。

この練習で、担当した司会者は
数段、スキルを上げます。


今年は遺族サポートのスタッフからも
葬儀後のご遺族の頑張りをほめる、挨拶をしてもらいました。


「私、泣かないようにしていたのに、○○さんから
よく頑張りました!って言われたとき、涙があふれたの」

そう言ってくださった方が何人もいらっしゃいました。

担当したスタッフからも言葉を伝えてもらい
この場にいる全員が故人を囲んで言葉を掛け合いました。


その間中、ハープは心地よい波のように流れ続けました。

この空気をを読み込む奏者にも感謝、感謝です。


「本当に来てよかった」
「こんなに感動したことありません」
「この会はいつも裏切られないんです」

企画は決して楽なものではありませんし
社員も葬儀の準備をしながらの作業です。
しかし
ご遺族の言葉がすべての苦労を吹き飛ばしてくれます。

そして毎回社員の、かかわり方が違ってきているのを
とても嬉しく見ています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大分の「終活フェア」とてもよかったです。

2016年06月25日 | 葬儀の世界
1年前に福岡で終活セミナーの話をしたことがあります。
とても熱心に質問をされた方がいて
「私どもでも終活セミナーを実施する予定でいます」と
力強くおっしゃっていました。

数か月前に講演の依頼をいただき
訪れてみると、なんとその受講者でした。

初めての「終活セミナーとフェア―」だそうですが
正直、とても上手に企画されていて感心しました。

私は葬儀社なら、必ず葬儀の学びの場を作るのが務めと思っています。

また楽しい展示や催しでなければいけない。


そして動線の取り方や、サインの出し方がとても大切なんです。

できれば地域にも積極的に参加していただきたい!
これらのことがうまく取り入れられていました。


他もしているから、同じように人集めしよう・・・
そんな気配は感じません。

少しのヒントしか差し上げていないのに
本当によく準備されたと驚かされて帰ってきました。

地域に知らせたチラシもA4のものですが
上手に興味を引き、一目で時間と内容がわかる案内でした。

7月の5日にパシフィコ横浜で葬祭のイベントつくりの話をしますが
この終活フェアを拝見したことで、また講演内容が膨らんできた、と
思っています。

大分での第2回目がすごーく楽しみになりました。
次回はさらに問題提起の受け皿ができるいいなーと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

別府でみ~つけた!

2016年06月24日 | 不思議
別府にホテルをとったとき
食事前に近くをブラブラと散策しました。

商店街で見つけた大きな天狗


「やよい天狗みこし」というものです。

別府温泉への感謝と火災厄除けとして
天狗みこしを祭っているそうです。

商店街から少し外れた道路の向こうに
目を見張る光景が・・・・・



建物の裏手のようなのですが
小さな出入り口の屋根に
大理石風の彫刻が?

道路を渡って建物の書面側に行くのはちょっと大変なので
気になりながらも通りすごしました。



でも写真は撮りました。

なんだかわかりません????

別府の町は
探索ガイがありました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご依頼いただく地域に、ご縁があるのでしょうか?

2016年06月22日 | お仕事
先月に高知
今月に入って大分
先週始めは長野の佐久平
先週末は長野の松本
今週は高知
来月は愛媛、長崎への出張があります。

同じような地域から
同じような時期にご依頼をいただく事が良くあります。

いつも不思議に思いますが、、
その土地が私に縁を下さっているような気がします。

どういうわけか、昔から東日本が少ないのです。
ご縁が薄いみたいですね。

「終活セミナーをはじめたい」という声が多く
このところはその依頼が増えました。

よく考えてみると
世の中「終活ブーム」といいながら
実践しているのはほんのわずかな葬義社さんなんですね。

事前相談がやっと根付きはじめたのが現実です。

葬儀社が葬儀だけの接点で地域とつながるのは
もはや困難になってきましたね。

以前は、地域の葬儀社はそう多くはありませんでしたから
待っていれば、お客様のほうから声がかかりましたけど

今は声をかける先が、地域に沢山あるから
難しくなりました。

地域との接点つくりに終活は一役買うはずです。

その話を聞きたいところが増えました。


来月のフューネラルビジネスフェアのなかで
行われフューネラルシンポジュームの講演も
その時流を捉えての内容です。

「葬儀社がてがける 葬祭集客イベントの再考」です

講演を聴いてくださった後に
ご希望の葬義社さんと面談を予定しています。

多分、一社30分位かとおもいますが
講演の中で感じた疑問や
以前から気になっていた質問を受けようと思います。
情報交換の場ですね!


皆さん遠方からいらっしゃるので
この時間を利用して頂けたらと考えました。

どうぞ、前もってでも
その時にでも
お申し込みくださいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホテルのレストランで、淋しい想い

2016年06月12日 | 世の中
あるホテルでの事です。

朝食のために、レストランで食事をしていました。

隣のテーブルに男性3人が座りました。

その中の比較的若い方が、右半身が不自由で杖をついています。

年配の男性二人がその方を座らせ、ビュッフェ形式の食事を取りに向いました。

テーブルに食事が並びはじめた頃

私はホールスタッフの女性に歩み寄り

「私の隣のテーブルに右手が不自由な方がいるので、フォークをお持ちしたらどうかしら。
黒いシャツを着ている方だけど」

と伝えました。

会場の何処にもフォークがなかったからです。

「はい、ありがとうございます」とそのスタッフは厨房に姿を消しました。


やがて、そのスタッフが隣のテーブルに近づいてフォークを差し出しました。

「宜しかったらこのフォークをおつかいください」といって去りました。

しかしその相手は、右手の不自由な男性ではなく

その中で一番高齢の男性でした。

隣の人たちは意味が分からずポカーンとしています。

右手の不自由な方の横には杖が立てかけてあります。

その高齢の方は向かい側に座っています。


このスタッフは勝手な思い込みで、高齢者にフォークを提供しました
この方は白いシャツを着ています。

テーブルを立つ時、事のいきさつを隣の方たちに話し
「余計な事をして申し訳ありませんでした」と伝えました。

「ご親切にありがとうございます」といって頂きましたが・・・


たぶん30代後半か40代のスタッフです。

フォークは無駄にはならなっかtけど

私は、がっかりして、淋しくなりました。


今までこんな気遣いをしたことがなかったのでしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加