柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

青葉茂る仙台でした

2016年05月18日 | 事前相談・アフターサポート
仙台の街は街路樹が美しい! といつも思います。

高速道路の両側は新緑が連なり、目が癒されるようです。

山の木々に野生の藤が絡まり、見事な藤の花が咲いていました。

車で行けども行けども、藤の花がそこかしこに見られます。

惜しい事に、写真を撮らないで見とれていました。


今回は宮城県で「終活セミナーから導く葬儀事前相談」の研修です。

4年連続でお招きいただいてます。

研修依頼の担当者の方が、葬儀への想いや取り組みをきちんとお持で
こちらも、何とかそれに応えたいと出向きます。


事前相談は「近いうちに葬儀をしなくてはならない」ご家族が多いのですが

今後は家族に託せない方や、親と離れて暮らす方々も相談に見えるでしょう。


葬儀だけでなく、高齢者の抱える問題や不安も

どこかが受け手にならないといけませんね。


そのためには、終活イベントはその問題を気付かせる手段になります。

葬義社も葬儀の相談だけではなく、あらゆる問題を聞く場所になってもいいのではないでしょうか。



研修が始まる前は講師と生徒ですが

終わる頃には皆、仲間になります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終活、介護、看取り、そして葬儀、できればその後も面倒見てください!

2016年05月12日 | エンディングノート
最近では高齢者施設で看取りまで行うところが増えてきました。

年を老いて、自活できなくなって、お世話になった施設ですから、

「死ぬ時もそこで」は、極、当然だと思うのですが・・・

むしろ終の棲家としてその場所を選んだのなら

最後の最後まで面倒見てくれることを、入所者は望んでいるのではないでしょうか。

見取りも、葬儀も、納骨も、死後の整理も。



その気風が高まった為か

介護施設から、終活の話をのご依頼が増えてきました。

取材も高齢者方面の業界から問い合わせが来るようになりました。


その、影響でしょうか

葬儀業界からも終活を交えた研修や、講演が増えています。


葬儀業界には数年前から提案をしてきているのですが

他が動き出して、やっと手があがってきたようです。
なぜか、「ご一緒に!」が好きみたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィークなのにお腹か痛い・・・

2016年05月11日 | sibatanoriko?
長期休暇は、毎回母と一緒に過ごします。

今年は妹一家、娘一家、息子と総勢13人という大所帯でした。

休みに入った途端、腹痛にみまわれます。

どうやら腎臓結石のようです。

以前にも体験していたので
病院から痛み止めを貰っていました。

病院は休みだし、母は年を取ったせいか、異常に心配をします。

妹が来てくれていたので、薬を飲みながらなんとか誤魔化して

一週間を乗り切りました。

思い返してみると

5月、6月は毎年体調不良があります。

「木の芽どき」とはよく言ったものです。

以前は痛みに驚いて緊急で病院に駆け込みましたが

今回は、ジット痛みが去るのを我慢です。


その合間に近所に陽気な音楽が・・・・

あら、珍しい「チンドン屋」さんでした。記念に1枚




みんなが帰り、慌しさのため、母の日だった事も忘れ

慌ててお花屋さんへ

年老いた母が手入れに困らないように

アンスリウムを妹と合同で送りました。





結石は、今は落ち着いてくれています。

母には何も悟られずに無事通過できました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葬祭会館のリニューアル

2016年04月27日 | 喪服もおしゃれに
葬式を葬祭会館で行うようになって、かなりの年月がたちました。

初期の頃は、多くの会葬者を収容できる目的で会館が造られましたが
建物の老朽化に伴い、リニューアルがされ始めています。

先日お伺いした葬儀社さんも、古い会館をリニューアルオープンしました。

外観は以前のままですが、館内がとても素敵に様変わりしていました。

家族葬会館と謳ってはいますが、70席程の用意があります。

以前は、遺族控室は広い日本間でした。

私自身が膝が悪く、日本間はとても苦手というより辛い状態でした。

遺族には高齢者が多く、同じような悩みを抱えている人は多いはずです。

今度の会館は、その問題がクリアされていました。



控え室内にソファーセットもありますが、ロビーの各所にも椅子が多く設置してあり座る場所は十分です。




最も気に入ったのは、玄関前のスペースにも椅子が置かれています。



これから気持ちよい季節になるので、ここは重宝しそうです。


こちらで、介護と認知症の話を、終活セミナーとしてお聞き頂きました。
会館のリニューアルもあって、予約はすぐうまりでお断りしたお客様もいらしたそうです。


再オープンしてまだ日も浅いのですが、既に葬儀施行が続いています。
それも、会葬者数が多く、少し手狭であったのに、ここがご希望だったそうです。


社員の方々が家具の設置で頑張っている姿を見ていたので、私も嬉しいです!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葬儀業界を目指す人々

2016年04月22日 | 葬儀専門学校
今年も葬儀専門学校の授業が始まりました。

東京の巣鴨駅近くに「駿台ホテル&トラベル専門学校」があります。

その中に「葬祭マネージメント学科」があり、そこの講師をしています。

1年間の夜間学校です。

昼間はアルバイトや学校に行きながら、夕方から学んでいます。


専門学校としては1年間は短いのですが

現場主義の葬祭業には向いているような気がします。


今年は高卒の生徒が多く入学しています。

一度就職した人たちも数名いるのが、この学校の良いところです。

社会の風を体験した人達と同じ教室で学ぶ事は貴重な体験です。

一番の年長者は50歳代の素晴らしいキャリアを持つ女性です。


若い人たちの入学動悸は、近親者の死と映画のおくりびとです。

1年後には、葬儀業界へ進んでいく後姿を見送ります。



今日は昨年の卒業生2名が

ユニフォーム姿て学校訪問に来ていましたが、とても大人びて見えました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「もし、倒れたら誰が見つけてくれるの?」 にお応えします。

2016年04月21日 | 世の中
以前にもお伝えしましたが
私のライフワークは、高齢者のエンディングデザインです。

終活セミナーをしていると、なんとお1人暮らしの多い事か!

配偶者を亡くし、お1人暮らしになった方も多いのです!


お1人住まいの方の心配事は「もし、倒れたら誰が見つけてくれるの?」です。


私の1人住まいの叔母も、突然の心臓発作を起こし亡くなりました。

一番近くに居るのが私です。

市のから貸与された「安心電話」があったにもかかわらず
私の家にダイヤルを回したのが最期でした。

無言の電話に異常を感じすぐに駆けつけましたが間に合いませんでした。

そこで、お1人住まいの方に異常事態が起きたら
勝手に察知し、指定された先に連絡が入る安否確認センサーを広めていく事としました。




安否確認センサー「ミーテル」です

センサーを室内に3箇所取り付け、人の動きを感知します。

在宅中なのに、長時間トイレを使わないと、動けない状態と判断します。

在宅か留守かはセンサーが自動で判断するのです。

高齢者が自ら操作する必要がないので
誤作動は生じにくく、信頼感があります。

そして、異常を5箇所に通報します。



さて、異常事態を何処に通報するかです。

家族がいない、又は
近くに居ない場合は、どうするの?

誰が駆けつけてくれるのか?も気になります。


そうなんです。

そこを解決しないと駄目なんですね。

ここ数ヶ月、その方法を模索していました。


色々な関係者からアドバイスを頂き、どうやら目処が見えてきました。

安否確認ができても、受け皿がないと活用はできません。




家族がいても、近くに居ない人
家族が居ない人
昼間だけ1人の人
2世帯住宅だけど、生活は分けている人

異常をきたすのは昼間とは限りません。

遅くとも数時間以内に異常通報が届きます


安否センサー「ミーテル」は、9万円で購入していただくようになりますが
それ以後の維持費はかかりません。

取り扱って欲しいのは
1人住まいの遺族を間近に見ている葬儀社さん。

地域の住宅に関与している、不動産屋さんです。



一緒に「孤独死対策」を考えませんか?

http://www.townnews.co.jp/0110/2016/03/17/324671.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葬儀社は余計な事をきいてはいけない?

2016年04月19日 | 葬儀の世界
葬儀社の研修で気づくのは
ご遺族に、余分な話をしてはいけない、聞いてはいけない・・・
と思っているふしがあることです。

葬儀打合せでは
葬儀見積に必要な質問
手順の説明
価格の説明
喪主のやるべき事
時間制限のある注文品など

細かな話をしてくるのですが・・・

故人はどんな人?
職業は?人柄は?長所や短所は?
この地域に長年すんでいる?
家族との中は?
死因は?
闘病の様子は?

遺族の家族関係は
遺族観の仲は?
何処に住んでいる?
職業は?
子供孫の年齢は?
故人をどうおもっていたのか?

こんな事まで聴き取る担当者はめったにいません。

葬儀に対応するスタッフも

案内、説明はしますが
余計な話はしないようにしているみたいです。

私は現役時代、遺族や親族、会葬者の方々と
様々な話をしてきました。

その会話から気付くことが一杯あり
その対応をして、喜ばれたり理解しあえた事が多くありました。

実はそれを学んで欲しくって
研修に反映させています。

担当者には
打合せから聴き取った情報を社内で共有するための書類

アシスタントには
式中にお客様対応から得た反応を記入してもらう書類を
作成してもらっています。


始めは、正直いって何も聞き取れないものばかりでしたが
数ヶ月しかたたないのに
驚くべき効果が出始めています。

全員とは言いがたいのですが
明らかに、お客様への視点が変っていて
気付きが見え始めてきました。


そこで感じたのは
できないのではなく
学んでいいなかっただけだ、ということです。


素晴らしい感性を持った人たちが出てきています。
職場にその感性が見え始めると
他の人々も変ってくるはずです。

これは、とても楽しみな事です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研修 in みやざき

2016年04月19日 | エンディングノート
4月のはじめに宮崎に行きました。

葬儀社さんの研修です

あいにくのお天気で残念!



ホテルは素晴らしいオーシャンビューなのに・・・・

でも海の雄大さを満喫しました。


突然のご依頼でしたので急遽決まった研修です

ご縁は大事ですね!


こちらの館長が以前に講演を聞いてくださり
いつかは自社内で研修を・・・と心に留めておいてくださいました。

そしてやっと実現した次第です。


社員数名の葬儀社さんですが
新人さんが2名加わったのがそのキッカケになりました。

歓迎していただいたのがよく判ります。
会館内での研修でしたが
講師席の後ろに演題の紙面を作成してくださいました

2日間にわたる研修でしたが
とても熱心に受けて頂き
感謝するばかりです

人口も多くはない地域ですが
その中でも、何とか頑張って行きたい!
そんな想いが伝わってきました。

期待していますよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魂を送る場だから・・・追悼を

2016年04月11日 | 
いくつもの追悼祭を企画してきました。






原点は、葬儀社の立ち上げをして1年目

平成11年の事です

亡くなった方を送るのが葬儀社の仕事ですが

関わるのは、故人の魂と遺族の想いです

そして私達葬儀社もご縁をいただいて

同じ時間を過ごします

毎日の仕事ではありますが

事務的になってはいけない仕事です

その空間には、いつも人の想念、魂が存在していると思っています


だから1年ごとにご遺族とともに故人を偲ぶべきだと考えて

追悼祭をはじめました。

コンサルタントになってからも

各社で追悼祭を提案企画してきました







音楽会で追悼をしていた葬儀社が

今年初めて、追悼式を行いました

故人も、遺族も、葬儀スタッフも全員参加で行います


始まってすぐに涙をぬぐう遺族がいます


遺族の言葉に、スタッフの言葉に

あの日を、あの時を思い出しているようです


「ばあちゃんの時も、ここで送ってあげたいね」

「今日は来てよかった!感激です」


ご遺族の会話に

携わったスタッフは追悼する意味を実感しました




追悼祭は遺族も、葬儀スタッフも

心が癒される気がします





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葬儀社の惑いって・・・

2016年04月05日 | 葬儀の世界
各地の葬儀社さんへ講演や研修に行く機会が多くあります。


どちらの会社でも、極端に施行数が減少しているのではないが

葬儀代金が上がらず、会葬も小規模化している状況です。

経営陣は「このままで将来は大丈夫か?」と漠然とした不安をもっていらっしゃいます。


葬儀施行はそこそこ地域のお客様に満足頂いているが
他社より、リードしている訳でもない

お客様が、例え会員であっても、他社に依頼する可能性が大きい
では、どうすればいいのか?????


葬儀社の担当スタッフは、葬儀を施行する考え方がまちまちです。

お客様の為を目指す人、効率を主軸とする人、先輩からの教えだけが葬儀手法と思っている人・・・

遺族と接する時は、それぞれに一生懸命対応しているのですが
その結果には、大きな差がある



「事前相談研修」をさせて頂いてその理由がわずかながら解かった気がします。


葬儀社が行う葬儀は何の為なのか?

家族葬や直葬や一日葬が遺族にとっていいことなのか、よく解からないし
納得できる説明ができない


この問題は、葬儀を遺族の為に行う葬儀社にとって基本になる問題なのですが
社内で話しあわれていることが殆どないように見受けられます。


多分、社内ミーティングの内容は

お客様の単価を上げるための工夫とか、会員数を増加する対策とか
安価な価格変更が主ではないでしょうか?


私は一番大事なのは
葬儀社として「葬儀を・・・・のように考える」という方針を決める事かと・・・

担当スタッフはお客様に説明する言葉も持たず

何を可とし、不可とするかの判断基準を持つことが出来ずにいます。

もしかしたら、そこにも気がつかないかもしれません



こんな事が、葬儀の施行数をあげ、会員数を増やし、売上増につながるのか?
と訝しく思われるかもしれませんが、結果としてそうなります。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たな活動を目指します

2016年04月01日 | sibatanoriko?
長年、葬儀社へのコンサルと一般生活者へセミナーを行ってきました。

高齢者の仲間入りをした私が、今後何をすべきかを考えています。

葬儀社の抱える迷いは、何でしょう?

単に受注を増やす為に単価を下げる事でしょうか?

私は違うような気がします。

死を軽んじている傾向が見えますが

それは皆さんの望んでいる事ではないと思います。

葬儀をするのに納得できる理由が欲しいのではないでしょうか?

それは翻せば、葬儀を行っている人たちにも言えることです。

そこをきちんと把握しないと、葬儀社は葬儀をすすめられない気がします。

それを私なりの解釈ではありますが、知らせるべきだと感じています。

数年行っている「事前相談セミナー」は、いつの間にか、相談の手段ではなく「葬儀の本質」を

教える内容が多くなってきました

また、曖昧な講義ではなく、実際の言葉や会話をより具体的に教える必要を感じています。


一般生活者の方々のグリーフケアや終活のセミナーでは

能書きより、必要な手段や方法を教えないと、きっと役立たないと思い始めています。

アクティブノートをどう使うのか

おひとり様、子供と別居の方のすべき事は何か?

これは以前からの私のライフワークのようなものです


少しでも具体的に役立つよう、活動していきたいと思います

真剣に考えます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

搬送業務のセミナーです!

2016年03月07日 | 葬祭スタッフ
葬儀の搬送といえば
病院で死亡したときのお迎え
安置場所から葬儀式場へ移動する寝台搬送
葬儀式場から火葬場への霊柩車の搬送があります


搬送に集中したセミナーは珍しいのですが
霊柩車や寝台車を扱っている協会から2度ほど
講師依頼がありました。

「搬送時の接遇を」と依頼があったのですが
ただの礼儀作法では搬送業務とはいえないと思い

病院からの受電の重要ポイントや
感染症を考慮した遺体搬送や安置方法
遺体の処置や遺族への説明
そして出棺前の遺族心情と霊柩車のなかでの会話ポイント
などをセミナーしてきました

このようなセミナーで感じる事は
葬儀の仕事がどうして必要なのか?
自分達がお客様に伝えることは何なのか?
を把握している葬儀関係者が非常に少ない事です

家族葬ばかりが増える
葬儀単価が低くなった
会葬者が激変
このままでは直葬が多くなる

日本全国の葬儀社で聞かれる言葉ですが
葬儀社としての葬儀理念がないことが
全ての原因ではないか?
不安になるこの頃です・・・・

老婆心でしょうか????
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生最終章のドレスで納棺式

2016年02月25日 | 
エピローグドレスというネーミングが
グッと胸に入り込みました。

このドレスでお見送りをしたいと、久々に葬儀に携わりたい気持ちが湧いてきました。

生きてきた人生の最終章に着るドレスです

とても高級な死装束です。

ウエディングドレス仕様の生地で
寝ている体に合わせてデザインされています。

寝ていて着るドレスは
普通は洋服が立体的ではなく平たくなります。

エピローグドレスは寝ていても立体的な厚みがあり
ドレスの美しさを象徴しています。

もちろん高価なドレスです。
5万3千円から20万円位まで既製服としてあります。

「死ぬときにお金をかけたくない」という声を聞きますが
自分なりに一生懸命に生きてきた人生です

自分を褒めてあげてもいいのでは?

人は生まれてきた時は裸でも
両親や祖父母に囲まれて初めての祝い事がお宮参りです。
親の気持ちで赤ちゃんの祝い着を着せてくれます。

人生を閉じてこの世を去るときに
今度は子供や孫たちが送り出してくれる衣裳があってもいいはずです。

葬儀の必需品は柩と骨容器と霊柩車
宗教が関われば、その為に欠かせない道具があればOKです。

祭壇が欲しい人もいますが
祭壇にかける費用をもっと故人にかけたほうがいい、という方もいます。
それなら故人を讃えるドレスが5万3千円でも高くない気がします。

世の中の変化と共に
故人との別れのけじめをつける葬儀であるならば
故人を中心にした遺族や親族、そして本当にその場にいたいと
思う人が織り成す葬儀があってもいいのではないか?

そんな気がします。

このドレスを使ってエピローグ納棺式を考え出しています。
故人と家族と親しい知人との新しい別れ方です。



http://hikarinoniwa.co.jp

ご参考までにご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/8葬儀社様向けセミナーのお知らせ

2016年02月24日 | エンディングノート
※事務局よりご案内です

◆3/8(火)受注率を高める葬儀事前相談の進め方◆

ただのパートのおばさんが、独自の鋭いお客様目線で葬送サービスを改革!
電鉄グループ葬儀会館の支配人を経て独立後、全国をまたにかけ
葬儀社様へ人材教育コンサルティングを行っております。

3/8都内にて公開セミナーを開催!

お客様の「不安」と「思い込み」を解消する適切な対応が、信頼獲得と受注率アップにつながる!
事前相談が苦手な方、これから事前相談に力を入れていきたい葬儀社様ぜひご参加ください。

------------------------------------------------------------

日時 2016年3月8日(火・友引前) 10:00〜16:30
会場 飯田橋レインボービル 会議室
東京都新宿区市谷船河原町11 TEL 03-3260-4791
参加費 43,200円(1名様につき)
(消費税および地方消費税 3,200円含む)
※昼食代、テキスト代含む
お申し込み http://sogo-unicom.co.jp/pbs/school/2016/0306.html

------------------------------------------------------------

■参加者の声(受講後のアンケートより)

 「早速実践したい、楽しみ」
 「充実した内容、分かり易い」
 「自社の不足が補充できる」
 「今後は話を引き出すことができそう」
 「ロープレがあり緊張感があった」
 「きっと今までより良い対応ができる」
 「心の部分の説明が参考になった」
 「相談者の心をつかむ方法がわかった」
 「社員よりまず自分が、と思って参加したがとても良かった」
 「葬儀社ならではの事例、気づかなかった部分を再認識」

など、実際に事前相談の実務に関わっている多くの方々から、
高い評価をいただいております!

詳しくはこちら→http://sogo-unicom.co.jp/pbs/school/2016/0306

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高齢者施設で看取られ、そこで別れの場を・・・

2016年02月21日 | 
「介護・医療セミナー」に出向く機会が多くなりました。

先日のセミナーでは
〜『看取り』の先を見据えた葬儀事業参入へのメリット〜
という葬儀展開を高齢者施設に推奨するセミナー と

〜『看取り』によって強い事業体質へ転換〜
という看取りに特化した施設のセミナーを受けました


人が年を重ね次第に衰弱し、死を迎える
極、当り前の事ですが、医療や介護に関わっている方々は
葬儀業界との連携を快く思っていない・・・

そんな風潮がありましたが
死までを受け止め、死後の分野まで関わろうと動き始めたようです。

私は高齢者施設での葬儀は一番自然なものだと考えていますので
今後の動きにとても興味があります。

施設内の葬儀に一般の人たちが関われるのか?
それとも切り捨てるのか?

そこも大いに気になるところです。

人が亡くなる
それを悼む人がいる
そこに線引きをせずに、施設でのお別れが出来ないものでしょうか????

コメント
この記事をはてなブックマークに追加