柴田典子の葬儀の話でごめんなさい

葬儀の未来に命を賭ける、エンディングデザインコンサルタント、柴田典子のブログです。

3部式のエンディングノートは「アクティブノート」といいます。

2017年02月18日 | エンディングノート
仕事柄、エンディングノートの書き方セミナーを依頼されます。

セミナー会場で配布されるエンディングノートは、実は私にとって使いづらいものばかりでした。

私自身がエンディングノートを書く年代なので余計に感じたのかもしれません。

それと高齢者向けの終活という場所にもかかわるようになって
本当に書くべきものは?と自分に問いただした事がありました。

私自身が求めたエンディングノートは、
ひとり住まいの方が「もしもの時に周囲の人が困らないように」という内容に特化することでした。

一人住まいの伯母を見送った経験がそこに影響を与えています。


そこで3部式のエンディングノートを考えました。

1冊目は
一人住まいで起きる緊急事態に駆けつけた救急隊が「知りたい情報」をすぐに見れること!
そのためにその部分を分けて置き場所も、玄関先にしました。

2冊目は
お金、財産に関することは、普段は人目につかないようにすることです。
そのために、別に保管できるようにしました。
叔母は私を頼りにしてくれましたが、死ぬまでお金の詳細は明かしませんでした。
一人だからこその防衛本能だったと思います。これは大事な配慮ですね。

3冊目は
日常生活の中で常に自分の考えを周囲に知らせるためのノートです。
死んでから見たのでは介護や認知や葬儀の対応や希望は役立ちません。


こんなノートが欲しくって
自分で作成したのが「アクティブノート」です。

書き方を説明したかったので、書店には置きませんでした。

葬儀社や士業の方がセミナーをしながら使ってくださることもありますが
ホームページやフェイスブックなどからの問い合わせが結構あります。

そのために、アマゾンに掲載し、先日からヤフーでも扱っていただくようになりました。
このところお申し込みが頻繁になっています。

現在までの販売数は5000部ほどです。

本来は書き方のセミナーを受けていただいたほうがより便利に使いこなせると思うのですが
日本各地からお買い上げいただくようになったのでガイドブックをお付けしています。

お求め頂いた方はしまい込まないで、どうぞ書き上げてください。
初めは赤いノートから書くのをお薦めします。
気軽に鉛筆書きでも大丈夫。
何度も書き直してください。
先ず書くことが大事ですよ。
それも今の時点で、の決断でいいんですよ。

人にとって「もしも」は明日かもしれませんから!

それでも書くのに迷いがあったら、メールでの相談は無料でお受けしていますよ!
申し訳ありませんが、対面相談と電話相談は有料なんです。
ホームページをご覧ください。

又、介護施設や葬儀社でアクティブノートの指導をご希望でしたら
それも有料ですがお受けしています。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葬儀専門学校での卒研です

2017年02月15日 | 葬儀専門学校
今年も運台トラベル&ほてる専門学校 葬祭マネージメント学科の生徒が卒業研修発表会をしました。


「駿台発 葬祭業界の行方」として3グループでの発表です。

①「新しい視点の4営業~葬儀単価の下落にストップ~」
  ここではあたしい視点の営業方法が必要と捉えて
  各自が葬儀社へ事前相談に出向き葬儀社の提案しているものから
  今の葬儀業界を見つめていました。

②「無縁供養野提案~新しい無縁の捉え方~」
  無縁の人達の葬儀をシェアして無縁者同士で葬儀を行う
  お墓もシェア墓地を企業が支援できないか、という提案です

③「GAP~業界のあるべき姿をピックアップ~」
  葬儀社、宗教者からアンケートを取りそれぞれの立場からの言い分を
  模擬葬儀社、模擬宗教者、駿台学生間でディスカッション形式で表しました。

それぞれに考えられた内容でなかなか面白かったです。
この学校の良さは、生徒の年齢層がバラバラなところです。
授業以外での学びがあります。
今年は50代の女性がいい意味でのキーパーソンでした。

詳しくは、フューネラルビジネスが取材に来ていたので記事をお読みいただければと思いました。


毎年講師として生徒を教えていますが、
私は一主婦からいきなり葬儀社の責任者になったので
比較的自由に消費者側から見たときの葬儀価値を作ってきました。
(私が退いた後は、また違った葬儀観になっています)

異業種の葬儀社立ち上げで誰も反対する人がいなかったので
独自のサービスを立ち上げることができました。
結果的にはお客様に喜んでいただけ成果を出せたので今この仕事をしていますが・・・


ただ私流を教えても、生徒たちが業界に出てからそのギャップに困惑しないか?
正直心配でもあります。

駿台では多くの講師が教えてくださるので、多分葬儀観もいろいろです。
私はほんの一部であると思っています。


私は駿台での生徒との関りが好きです。
今年もみんないい生徒でした。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大好きな叔母に逢いました

2017年02月08日 | 私の半径100メートル
私の大好きだった叔母がグループホームに入ったと聞き
逢いに行ってきました。

とても明るく活動的な人で、子供たちを育て上げ一人で生活していました。

自分より人のためにと動く人です。

連絡がつかないと、気にしていたところでした。


久しぶりに会った叔母は、前とあまり変まらないように見えます。

ホームから出て一緒に昼食をとりましたが、話も何とか通じます。

確かに今話したことを、繰り返し聞いてきますが
以前の叔母と同じように、優しい口調で語りかけてくれます。

自宅で1人の生活は、きっと難しいのだろう、と感じました。


人は衰えていくものですが、それを受け止めることが大変なんだと痛感。


施設内では多くの人から話しかけられ、相変わらず人気者でしたが

「これでも気を遣うのよ」といった言葉がでて

ここでも叔母らしい気遣いをしているのだと知りました。


ただ、一切愚痴らない姿を見て、自分はこの方がいいのだと
悟っているような気がします。


又、逢いに行きたいと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特別養護老人ホームでエンディングノートセミナーです。

2017年01月31日 | エンディングノート
横浜の青葉区にある特別養護老人ホーム内にプレイケアセンターという場所があります。

そこでは地域の方やホームの入所者や入所者の家族のために
シニアの交流の場を常設しています。

本来なら行政、地域包括等の企画で色々なセミナーや体操教室が催されていますが

この企画をプレイケアという会社が作り
特別養護老人ホームの中の部屋を借りて行っています。

とても珍しい取り組みです。

そちらでエンディングノートのセミナーをさせていただきました。



私の前に行っていた体操教室は満員でしたが、私のセミナー時間になると半分位の方が
集まってくださいました。

依頼されたときに「皆さん勉強より、楽しいことがお好きです」と
言われていたので「なるほど!」と・・・


しかしセミナー自体はとても和気あいあいと進行し
終わった時には、「よくわかった」「今日から書きます」「大事なことだ」との声が。

受付をしてくださったプレイケアの方も
「シニアだけでなく、親のために私の世代が聞きたい」
「とっても分かり易い」
「介護職員にも必要な内容」と言っていただきました。

今後介護の世界も、行政の手が回らなくなり
企業への協力要請が必須になってきます。

そして元気で賢いシニアを生み出す手段を欲しがっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葬儀社にも大ファンがいます

2017年01月31日 | 私の半径100メートル
葬儀社で行っている地域住民と会員との集いでの親睦会の模様です。



年末に行ったのは杉並高円寺でしたが、年明けは町田で行いました。

葬儀社で催すこのような集いはとても珍しいものです。
それも5年間継続されている貴重な取り組みです。

いまだに新しい入会者が後を絶ちません。

そして、この方たちは明らかにこの葬儀社の大ファンです。

皆さん、「楽しいから来年も来られるように健康に気をつけなくちゃ!」と言ってくれています。

私、この会社のおかげで楽しみが増え、終活もできてるの・・・

お1人ずつのご挨拶で、「ここのお陰」という言葉が何度も出てきました。

ちょっと付け加えさせていただければ
「この会と柴田先生のお陰」と言ってくださった方も沢山いて私も感激です。

地域の中にしっかり根付いてきた証拠です。


ここまで辛抱強く育ててくださった葬儀社さんの努力も大したものです。
すぐに利益になることではありませんが、高齢者の意識教育と葬儀社の姿勢は
確実に届いています。

その結果の大ファンです。

この方たちの周りには親戚や友人が少なからずいます

葬儀は頻度の少ない出来事なので口コミの評判は
恐ろしいくらい影響力を持ちます。

ただし、悪い評判も同じような力があるので
気を付けたいものです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葬儀社は真似されるような技量を持ちたいものです

2017年01月19日 | 葬儀の世界
各地の葬儀社さんから、こんな問題を聞きます。

色々な研修やコンサルを受けて、自社の広告を作ったら

翌月、他社がそっくり真似て同じような広告を作っていた!


この悩みは結構お聞きすることがありますね。

真似をすることは簡単ですものね。

特に見積もりはパクられるようですね。


まあ、葬儀の見積もり内容はそう変わるものではないので仕方ないと諦めるらしいのですが・・・

同じような会館

同じような見積もり

同じような施行

どれも簡単にまねされそうですね。


お客様は目先の案内だけで葬儀社を選定するのでしょうか?

あまり頻繁に葬儀をすることがないので、つい目先の案内に頼りがちかもしれませんが

そいうとばかりは言えません!

全てをライバル社に真似てみたけれど施行は伸びない‥‥というところもあります。


一番の問題は遺族を含めて来た人が、葬儀社からどんな対応やどんな考えを見せられたか、だと思うのです。

こういう考えは男性陣には、あまりうけがよくないかもしれませんけど。



多くの葬儀社はお客様の本質を捉えていない気がします。


対応はマナーとか資格認定の問題じゃないと思うのです。


それがしっかりしていればチラシを真似されても、見積もりを真似されても

人の心を癒す対応や、葬儀への確固たる考えを盗むことはできないのです。


だから広告宣伝もさることながら、人材育成が大事だと思うのです。

人真似は必ずメッキが剝がれますからね。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葬儀イベントの準備中です

2017年01月15日 | 葬儀の世界
2月に葬儀社主催の葬儀イベントをお手伝いします。

すでに過去数回の催しを行っていらっしゃいますが、今回は私なりの企画提案をさせていただいてます。

葬儀社が葬儀だけを注力していい時代ではなくなりました。

「終活」はもう古い、と言われ始めていますが

高齢者が増え続けている現状で、巷の人々は何の解決ももたないままです。

葬儀業界が言葉遊びのように「終活」を盛り上げて、おしまいにしていいはずがありません。

「終活」という言葉が適さないという意見も目立ちます。

言葉ばかり打ち出しても実態がなければ、同じです。




自分の今後、親の今後

どちらにしても情報が行き届いていません。

葬儀社が地域で信頼される為に、地域とのいい関係つくりが大切ですね。

そのためのイベントを作りたいです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絆を深める忘年会

2016年12月28日 | 私の半径100メートル
今年もあとわずかです。

葬儀社で行っているウエルビーの会(遺族会・終活セミナー・体験カルチャーの会)でも
忘年会がありました。

毎年好評で、今年も人数制限をして集まっていただきました。

3時間半があっという間に過ぎるほど楽しんでいただきました。

「セミナーも楽しみです」「来年も勉強します」
「ここに来るのが楽しみ」「こんなに良い会があるなんて」
「コムウエルさんには感謝です」

と、開催している葬儀社に皆さんが好意を寄せているのがよくわかりました。

お客様と葬儀社は、こんなにも絆がふかまるのか!と感激しました。


楽しい食事の時間です


業界内でもあちらこちらで忘年会がありました。

都合がつかず、失礼した会もありましたけど・・・

終活カフェ「ブルーオーシャン」の忘年会では多様な業界の方とご挨拶ができ新たな絆が持てました。

ここで出たお料理の美味しかったこと。

なんと父の葬儀の時にお手伝いしていただいた料理屋さんだと分かり
あの時もお客様から「食事が美味しいですね」と褒められたのを思い出しました。

これは入口の写真ですが




ご縁とは、自然につながるものなのですね。
特に今年は、不思議な糸で操られているようなご縁がたくさんあって
感謝するばかりです。


今年は今日で仕事じまいです。

明日から、母と一緒に年越しをします。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス会でオフィス・シバタの出し物は?

2016年12月27日 | 老後
地元で開催している「大人の学校」で親睦会をしました。

女性スタッフによるハンドベルをご披露しています。

1週間目から練習を始め

何とか本番です!

ミスがあってご愛嬌といいますが

やり直しをしたり、でかなり笑いを取りました。

私もマジックを披露



数日後にオフィスの隣の部屋の方から

「クリスマス会は終わりましたか?」と聞かれ???

練習のベルの音がかなり聞こえていたのだと
その時、知りました!

美しい調べとは言えない状態でしたので
ご迷惑をおかけしてしまいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葬儀社のイベント風景です

2016年12月27日 | お葬式
前回の記事に写真が載せられなかったのでここでご披露です。



佐賀の葬儀会館リニューアルのイベントでは

館内のセミナーやイベントが盛りだくさん



館外での催しは販売もいろいろあり


来場者を楽しませていました。

会員入会の契約成立の札まで並んでいました。

葬儀社のイベント力も上がってきましたね。


私のセミナーも看板にありました!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「後悔しないお葬式」というセミナーを佐賀県でしました

2016年12月18日 | お葬式
佐賀県の葬儀社で会館のリニューアルイベントに行き、お客様向けセミナーをしました。

こちらの会社では2度目のセミナーです。



今回は「後悔しないお葬式」という演題です。


最近のお客様の葬儀傾向…家族葬が流行っているが、実は自分の葬儀と送る側の葬儀観は違うということを話します

家族葬の捉え方は…小さい葬儀というけれど30人でも他者の会葬を受けるなら一般葬と同じ支度
         普通の葬儀で50人来ると考えても30人しか来なかったのと同じ考え方等説明です


葬儀に行きたい人は…家族以外に葬儀に行きたいと思うのは、親戚より友人の葬儀が多いと説明
          葬儀社の社員に聞いても「友人の葬儀は行きたい」と
          セミナーに来ているお客様に聞いても「友の死にはお別れがしたい」と
          「でも家族葬だと遠慮しちゃう」という意見をその場で聞いていきます

何故葬儀はするのか?…葬儀の期間が遺族にとってどれだけ必要か   
           葬儀現場から見た遺族の様子を話します

葬儀費用はいくらなのか…その地域での葬儀を例にとり、その葬儀社での価格を具体的にみせ
            30人なら総額がいくら、香典はいくら、結局遺族の負担金はいくら
            それでは50人なら、100人なら、と説明をします

良い葬儀社を選ぶポイント

で最期を閉めます

皆さん一生懸命にメモを取ります。でも私のセミナーは事細かな資料にしてあるので
少しメモれば大丈夫


こんな話は、日本全国どの地域でもとても喜ばれます。

お客様の反応が手に取るようにわかるので、一般セミナーは私自身も楽しいんですよ
            


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葬儀社のイベントはどう作るのか?

2016年12月05日 | お仕事
11月は大変でした

高級ドレスの納棺式講座を開催。

サービス高齢者住宅の入居希望者へ向けてエンディングの講演

九州の葬儀社さんと事前にウエブ会議をし、その後に打合せで訪問

3カ所で事前相談セミナーを開催

更に、葬儀社イベントの重要性や作り方の講座

地域での終活セミナーも2カ所で開催

葬儀社さんでの遺族ケアと終活セミナー

その間に打合せと取材がありました。



私と同様の仕事をされている方には、ごく普通の仕事量かもしれませんが」

年相応に、呑気に仕事している私にとっては過酷な月でした。

通常はもっとゆったり日程です。




でも新しい試みもありました。

葬儀社ですべき「イベント作り」を考えてもらいました。

イベントを計画するには
そこで集めた人に何を求め、今後どう繋いでいくか?が必要です。

目的、告知方法、内容・・・・・タイムスケジュール、動線などなど。

午前中に考え方や重要なポイントを話して、午後からグループ分けをして

それぞれにイベントを計画してもらったのです。

「感謝祭」
「施設見学会」
「追悼祭」

皆さん真剣に取り組んでいただき、最後に発表をしていただきました。


終了時には、「是非これを実行したい!」という逞しいお言葉もいただけました。

出来上がったイベントには、是非、私も招待してください

楽しみにしています





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お一人様の安否確認は葬儀社だからこそできる 5⃣

2016年11月30日 | 老後
地域に住む1人暮らしの安否は誰が行ったらいいのでしょうか?

行政では、単独所帯の高齢者に、具合が急変したら通報できる装置を貸し出しています。

急変した時に自分で押すと救急隊が駆け付けるシステムだと思います。
地域によっては民生委員の駆けつけもあり得ます。
でも仕事量の多い民生委員は担い手は減少しており、負担は増大です。


いま、民間業者が行政の不足分を賄うことが求められています。
高齢者の安否確認も当然そうなります。

私はその中に「葬儀社」が入るべきだと思っています。

葬儀をするたびに、配偶者を亡くした親が独り住まいになっていきます。
子供たちが同居をするのは稀なことです。

介護度が高ければ、高齢者の施設入所を考えるでしょうが
まだ1人で何とか頑張れる間は、住み慣れた家にいたいと思う人が多いのです。

その方を見守ってあげる役目を葬儀社がして欲しいと考えています。

葬儀を承ることで遺族から得た信頼やご縁をここで切ってしまっていいのでしょうか?



1人になられた高齢者は、葬儀社で行うイベントにお誘いしてほしいのです。

様々な高齢者用のセミナーに、楽しめるイベントに、他の人と参加できるカルチャーに、
そして故人を思い出す慰霊祭に

お誘いする機会があるほど、遺族とのご縁は深くなっていきますし
悲嘆から抜けていくご様子も感じることができます。

そして普段の生活が不自由なくできるからこそ、万が一にケガや体調不良で動けなくなった時に
いち早く見つけることができる、安否確認をしてほしいのです。

是非、葬儀後に遺族向けに安否確認システムのご案内をしてください。

万が一の事態が発生したら、子供たちが駆け付けることは、非常に困難な現実があります。

そこで葬儀社が代わりに安否確認に駆けつけてあげてほしいのです。

1人で住む親に何かあったら早めに対処したい・・・・・
でもすぐの駆けつけるのは無理・・・・・・

そんな思いを受け止めて、子供の代わりをして欲しいのです。


葬儀社の体制があるからこそ、年中無休で支えることができます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安否確認「ミーテル」はいくら?高い?安い?  4⃣

2016年11月20日 | 老後
さて、安否確認機器「ミーテル」の費用を説明します。

ミーテルは3つのセンサーがセットになっています。

代金は¥97,200円(税込)です。

ただ取り付け後のランニングコストはほぼかかりません。
本体の電源、異常通報時の電話代、センサーの乾電池代(10年ボタン電池)のみです。

3年使用しても10年使用しても ¥97,200です

この説明をすると「高い!」という声が聞こえます・・・・




それでは他の機器と比べてみましょう。
(以下は一般の方がネット検索できる範囲での調査です)

もし、ガスの使用量などで安否確認をすると 初期費用¥ 5,400  月額¥1,050 3年使用では¥ 41,940

もし、ポットで安否確認をすると      初期費用¥ 5,400  月額¥3,240 3年使用では¥122,040
 
もし、自分でオン・オフを操作しセンサーで一定時間動きがない安否確認
                     初期費用¥24,300  月額¥3,348 3年使用では¥144,828

もし、ボタン操作で、警備員が駆け付けた安否確認をすると
                     初期費用¥     0  月額¥3,196 3年使用では¥115,059

もし、ホームセキュリテイとセンサーで警備員が駆け付ける安否確認をすると 
                     初期費用¥69,000  月額¥6,200 3年使用では¥262,200 


これはあくまでも目安です。

もちろん機能も違いますし、安全安心の度合いもそれぞれに違います。 

使用する人の状態で見極めるべきでしょう。

「ミーテル」の場合は
取り扱う会社や行政が、利用者にレンタルし、使用期間中、費用を集金することも可能です。

オフィス・シバタから直接お買い上げいただいたお客様にはクレジットカードも利用できるようになっています。



もう少し、続きます!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安否確認「ミーテル」の機能は…優れものです  3⃣

2016年11月20日 | 老後
10月21日に書いた安否確認機器の続きです。
「何のこと?」と思った方は、前の記事をお読みください。

わたしが選んだ安否確認機器は 「ミーテル」といいます。

製造された会社から販売の許可をいただき自社で名前を付けました。

使用方法を説明します。

取り付けるのは3つのセンサーです

1つめのセンサーは玄関に取り付けます。  (これで在宅?留守?の目安をつけます)
 このセンサーでドアの開閉を感知します  (ドアが開閉しただけの時もあります…宅急便など)
 もう一つの働きは、人の玄関通過を感知します(ドアを人が通過したかどうか…ただし友人が来て出入りする可能性もありますね)

2つめのセンサーはよく居る部屋に取り付けます (更に在宅?留守?の再確認をします。おおむね居間や台所でしょうか)
このセンサーで部屋での動きを感知します (ドアの通過がなく居間での動きがあれば在宅している!と判断します)
                     (ドアの通過があっても、部屋での動きがあれば誰かが出て行ったが在宅していると判断)
                     (ドアを通過し、居間に動きがないことを感知すると留守と判断します)

3つめのセンサーはトイレの中に取り付けます (トイレを使用を判断します)
 このセンサーには一定時間(標準8時間)を設定したタイマーが内臓されています
                     (一度トイレを使うとタイマーがカウントダウンを始めます)
                     (8時間以内に次のトイレ使用があるとタイマーはリセットされます)
                     (他の2つのセンサーが留守と判断するとタイマーは自動で停止し作動しません)  

もし、在宅しているのにトイレを8時間使用しない状態が発生すると、「動くことができない異常事態が発生した」と判断します。
2つめの居間に設置したセンサーは電話回線につないであり本体機能を持っています。
異常事態を察知すると、本体から電話回線を使用して希望した連絡先に発信し音声で異常を伝えます。

「ミーテル」は
機器が留守か在宅かを判断し、在宅なのに8時間トイレを使用しない時に、家族に異常事態を通報する安否確認機器なのです


前回で書いたことを思い出してみて下さい

私が選んだポイントは

・自分でオン・オフのスイッチ操作がない (つい操作を忘れがちで誤作動が起きます)
・留守をするときに連絡する必要がない (予定外の外出も気兼ねなくできます)
・定時に連絡する必要がない      (拘束感を感じない)
・一定時間動かなくても大丈夫     (時には昼寝や、軽い風邪などで寝込むこともある)
・費用が安い

私が選んだ対象者は
・単独で生活することができる人     (要支援、要介護であっても自宅で暮らしている)
・トイレを使用することができる人    
・一人住まい、または夫婦所帯の人     (どちらかが留守になったときに在宅者の安否確認がとれる)
・昼間に一人でも過ごすことが多い人


とても使いやすい機器だと感じました。

しかし短所もあります。

自分で緊急事態を知らせる機能はありません。

私の懸念は、体調が急変した時、自分で押せる状況にあるのか?という思いでした。

押せる場所で具合が悪くなったらいいけれど、そこまで移動するのであれば自分で電話がかけれるので?
と考えました。

続きますよ!




  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加