川の向こうに
九州釣行回遊録
 



毎年、この時期フライで楽しむ釣りといえばチヌです。
昨日は雨も結構降ったのですが、釣り出来る時間がこの日この時間帯しかなかったので短時間前提で気合でホームグランドに行きました。

やはり濁りも結構強く、得意のサイトフィッシングがなかなか成立しない状況。ならばということで表層のポッパー戦に専念することにしました。

エキスパートFislandさんのような素晴らしい誘いはできませんでしたが、挨拶がわりになんとか出てくれました♪


結構出ますけど、なかなかフッキングしない状況が続きました。その後掛けた魚はここ独特の落下をさせてニコパチ無し。

さらにまだまだシュポシュポ出ますけどフッキングが(×_×)

少し移動してガリガリ君発見。ポッパーで誘ったら高活性でバイト、フッキング成功したものの不覚にもすぐ外れました。
でもよく見ると、まだ「俺の餌はどこだ?」的に探していたので、フライを得意のサイトパターンに変えたてキャスティングも決まったら、一撃で吸い込みバッチリフッキングしました!



いや~よく引きました。
長さ的には泣き50cm、厚みもあり良い魚でしたよ。
食べ物もそうですけど、やはり旬のことは旬に楽しまないといけませんね♪

その後もう1匹、ボーンフィッシュ的にバッチリ掛けました。しかしまたまたここ特有の事情でニコパチ無しで本日は終了となりました。

雨具無しで熱中していて、気が付いたら全身びしょびしょになってました(×_×)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ようやくキャッチできました!


ルアーの磯際ピンポイントキャスティングが決まらないと全く反応しないし、掛けても繊細なファイトをしないとバレます。
難しい釣りだと思います。

この日も船縁で2バラシをしました(×_×)


ボートヒラスズキのエラ洗いジャンプと強弱のある走りは、私のようなフライでシイラ、カツオ、マグロ、ジグでの青物とかで鍛えたファイトとは少し違うような感じです。トレブルフックでフッキングが難しいためファイト中にバレ易いです…

本当トレブルは難しいですね!

いろいろな経験できてとても楽しいです♪


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




やはりこの時期の山岳渓流は外せないでしょうということで、昔のホームグランドに明太子さんと出動しました。


イワナがはびこっていますので、かなりの高比率でヒットします。

昨年は渓流で釣りはしてないので、この日の天気と渓の雰囲気だけで酔いしれます。
歳のせいか、自然環境が創り出す原始の光景を目の当たりにするだけで感動の度合いが年々大きくなっているように思います(^^ゞ特にイーズグリーンの偏光グラスを装着すると、この環境とはまりすぎて数倍の相乗効果のような感じです。



あまり大きな魚との出逢いはありませんでしたが、数的にはぼちぼち釣れて楽しい時間を過ごせました。


途中で人生初となる大きな高巻きの往復、出渓地点を目指していたものの一瞬迷いそうになった遡上ルートもありましたが、ホームグランドエリアであることを考えるとじっくり行けば問題無いという安堵感があったのかもしれません。無事に入渓地点に戻れました。

さて、釣り的には無垢なヤマメ達が好意的にフライに反応してくれて、とても楽しい時間を過ごせました。


今回初の試み、素晴らしい経験になりました♪



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




今シーズンから投入するSD#6

ラインはシングル#8用と共通するようなので、いろいろな場面で多用できそうです。



特にボートからのナブラ撃ち、フォルスキャストが出来ない限られたスペースの中でのキャストに有効のような気がします。

戦略は練りましたので結果が付いてくれば改めて紹介したいと思います。

しっかし、最近のSDシリーズのブランク性能はめちゃめちゃ良いと思います。締め上げられた感覚がとっても好きです。
いい仕事してくれそうな感じです♪

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨年のこの時期はヒラマサがよく釣れたんですが、どうも今年はタイミングと天候がうまく合わずに沖にジキング行く回数も少なくなっています。


GW前半玄界灘に出撃!



なんとか丸々したブリをキャッチできましたが、昨年の今頃にはほど遠い釣果でした。

多分今から良いような気がします。

ジギングはドンとくる感覚がなんとも楽しいですね♪


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ