Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

たまり家@新潟 新潟最新new wave系は海老ラーメンのお店!

2008-09-12 03:09:16 | 中部


新潟のラーメン界は、新旧どちらもすごい。伝統的な新潟の黄金色あっさり煮干し醤油ラーメンとは別に、若きラーメン職人たちが次々に台頭しており、ラーメン王国の名にふさわしい快進撃を見せている。

その中で気になったのが、「GOIN GOIN」というお店と、その関連店。特に新潟駅近くの「なんばん屋」のラーメンは独創的っぽくて行ってみたくなった。が・・・

地図に従ってその場所に行っても、ない!

その代わりと言ってはなんだが、新しいお店が開業していた。それが「たまり家」。居抜きで、店内の雰囲気はラーメン本の写真と酷似していた。今年の7月にオープンしたばかりの新潟最新ラーメン店のようだ。店主さんはまだ若く、勢いがありそう。聞くところによると、どうやら店主は武蔵で修行した人の下でラーメン作りを学んだのだそうだ。東京のnew wave系の影響をチラホラ感じつつも、新潟の駅近くで新たな風を呼び起こそうとしている。

このお店は、新潟では珍しい海老ラーメン専門のお店で、さらに昼はラーメン、夜はダイニングという昼夜二毛作系のラーメン店なのだ。まさにnew wave系にふさわしいお店といえるだろう。

今回は、ラーメンとつけ麺を注文!

ラーメンは、写真を見ても分かるように、茶色くて、白濁したスープのまわりに海老油がのっている。これが海老の味となっている。スープは濃厚で、動物系スープが強いことが分かる。さらに和風ダシも使っている感じで、重層的な味わいがした。このところシンプルなラーメンが続いていただけに、ちょっとほっとするような(new wave世代なもので・・・)。

トッピングも、new waveらしく、どれも凝っていた。特に味付け玉子の味がなんともいえない味わいで、酒粕かなんかに漬けた味がした。ただの味付け玉子じゃなさそうだ。チャーシューも、やはり抜群で、いい部位の肉を使っているのかな、と。メンマは、他とそんなに変わらないような。新潟のメンマはどこも抜群の食感だ。

つけ麺は、ラーメンとうって変わって、さっぱりとした温かい和風のゴマつけスープで、また全然違ったベクトルを向いていた。スープの温度が若干低いのが気になった。味はとにかくゴマ~、open sesami!って感じでした。そばタレのような感じの和風ダシで、クセがなくて、女性に受けそうな味わいだった。麺も、こちらでは珍しい太い平打ち麺。

こちらのチャーシューは、炭火焼をしたようなジューシーなお肉だった。焼肉っぽい感じで、ご飯が欲しくなった。おいしすぎる焼きチャーシューと言っていいかな。

さらに、別皿でシソの薬味がついていた。シソをスープに入れると、また味が変わり、味に立体感が生まれる。Wテイスト系と言っちゃおうか。

全体的にこ洒落たお店で、女性客も多かった。トレンディーな音楽が結構大きい音でかかっていて、老舗店にはない新しい要素が存分に散りばめられていた。こういうお店も、新潟にはたくさんあるんだろうな。若手もガンガン出てきているし、今後の新潟ラーメン文化はどうなっていくのかな。老舗の名店の味と新しい風を呼ぶnew wave系の味、この戦いは是非注目したいところだ。地方のラーメン文化は今後どうなっていくのか。

  

エビ拉麺酒場 たまり家
新潟市中央区米山2-2-9
025-247-6830

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来味@新潟 ラーメン10年、中... | TOP | 中華のカトウ@新潟南浜店 ... »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。