Dr.keiの研究室2−Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学 全国/千葉のラーメン 新宿心音会 VISUAL系/音楽 ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

◆TOP PAGE◆

2020-03-04 19:02:28 | あてどなき日々(日記)

−きっと誰もが楽しく生きられる・・はず-

Welcome to Dr.keiの研究室2
【contents:Philosophy,Education,Welfare,Ramen,Tusk,Visual-kei,German+Dialy】
 

    

【ご挨拶&MORE】

本ブログにお越し頂き誠にありがとうございます!こちらは、若輩教師/研究者(教育学・社会福祉学・解釈学)のkeiによる気ままなバーチャル研究室でございます。日々の研究の成果をご覧くださいませ。なお研究室なのにラーメン記事が多いのは気のせいですのでご了承ください。
Danke dafür, diesen blog zu besuchen! Dieser Blog(Weblog) ist ein eigensinniges virtuelles Laboratorium von kei als einem japanischen jungen Forscher(Fach:Pädagogik Sozialarbeit Hermeneutik) und einem Lehrer von Deutsch. Blick auf Ergebnis eines täglichen Studiumsbitte. Außerdem, bitte verstehen Sie, daß es Humor ist, daß dieser blog viel ramen-Artikel hat.

 [E-mail] inderweltseinアットマーク(@)goo.jp


【Dr.kei's collection】

 『学びの実践学−教師に必要なこと、ラーメン店主の学びにあり
2015年2月18日発売!
amazonでの購入はこちら! 
詳しい解説はこちら! 

 赤ちゃんポストと緊急下の女性−未完の母子救済プロジェクト−
2013年5月30日発売
amazonでの購入はこちら!!
詳しい解説はこちら

 「学校とは何か?!」を現代的に徹底的に論じています!
2011年1月24日発売。
amazonページはこちら  
詳しくはこちらを参照

 離婚家庭の子どもにかかわる全ての人に読んでもらいたい一冊です!  
2007年12月発売。
Amazonで購入できます

 (←をクリックするとHPにいきます)
昴教育研究所
⇒大学院受験(M,D院試対策)、翻訳業、英語・フランス語・
ドイツ語・ロシア語の読解力の向上などをサポートする研究所。

 Dr.keiのオススメラーメンリストはこちら!(更新!)

 第四土曜日の会-Think about Practice!
2015年4月4日(土)16:00〜です!(仮) 
*次回は一週ずれて、4月第一土曜日の開催となります!


(画像をクリックすると、NEIN! OFFICIAL SITEに行きます☆)

NEIN! TO NEXT STAGE, WAIT!

Comments (52)   Trackback (1)

五十番@立川 20年前に生まれた立川の幻のご当地『うどラーメン』!

2015-05-30 21:50:55 | あてどなき日々(日記)
今日は従兄弟の結婚式で、立川に向かいました。立川は僕の第二のふるさと。愛着は半端ないです。

ラーメンフリーク的にも立川は素晴らしい街です。僕もこれまでたくさんの立川のラーメン店に行ってきました。が、肝心のラーメンを食べていませんでした。

それが、『立川うどラーメン』であります。うど生産量日本一の立川を盛り上げようと、今から20年ほど前に作られた、『立川、幻の地ラーメン』であります。立川で、うどラーメンを食べていないというのは、フリーク的に恥ずかしい限りです。

『立川うどラーメン』と言えば、『五十番』ですよね。他にもありますが、代表的うどラーメンといえば、五十番の『うどラーメン』でしょう。

五十番は、ラーメン複合施設『たま館』のちょっと先にあります。立川駅から徒歩6分程度かな。

五十番は、見るからに、昔ながらの中華レストラン。聞けば、なんと昨年、『創業50年』だったんですって! 1964年創業ってことかな?! 現在は二代目の方が継いでいるようです。

五十番には、現在三種類のうどラーメンが提供されています。餡かけ風の元祖『うどラーメン』、それに辛うどののった辛醤油風の『辛うどラーメン』、さらに新たに作られた『うどパイタン』。どれもおいしそうで、困りました。

とりあえず元祖となる『うどラーメン』を頂きました。まずはやはりこれかな、と。



出てきたラーメンは、かなりボリュームのある、野菜たっぷりの餡かけ醤油ラーメンでした。器隅側のスープを飲むと、こちらのスープがとても美味しいだろうことが分かります。

驚きは、種類豊富な具の数々です。竹の子、ニンジン、白菜、豚肉、ハム、イカ、キクラゲなどなど。そこに、たっぷりの『うど』が入ります。

うどのしゃきしゃきっとした食感がたまりません。このうどと麺を同時に食べると、『つるつるしゃきしゃき』とした目眩く官能な世界が待っています。

この『うどラーメン』にして大正解だったかな、と思いました。『うど』はそれ自体としては『味』になりません。食べ方としては、こういう野菜の餡かけにして食べるのがベストかな、と。

ただ厳しく見れば、『ご当地ラーメン』としては高く評価することはできないかな、と。うどをたくさん使った中華餡かけラーメンですからね。

なんか埼玉のキンピララーメンに近いものを感じました。

でも、ラーメンとしてはとても美味しかったです。是非、また来たいと思うお店でした。次は辛うどラーメンを食べたいです。

遂に、念願の『立川うどラーメン』に出会えました。こんな駅から近いなら、もっと早く来ればよかった…(;_;)
Comment

鶏そば七星@千葉 かつお節踊る「濃厚つけ麺」はなかなか魅力的!

2015-05-30 07:50:59 | 千葉市 中央区

ちょい久々に「七星」にやってきました。

前回の記事はこちら

およそ1年ぶりの再訪ですね(汗)

なかなかコンスタントにお客さんが入っていました。

学生たちの間でも、「七星ってウマいよね」という話がちらほら出てきます。

少しずつ安定気流に乗りつつあるようです。

開業3年半が経っていますからね。頑張っています。

一年前とメニューはほとんど変わってないなぁ、、、

僕は一応、全部食べてるんだなぁ、、、

となれば、、、

僕的にここのイチオシのつけ麺をば、、、

基本的に、都内で近年主流の「鶏白湯ラーメン」系のお店です。

昔、両国で、「鶏白湯ラーメン」を食べて、むちゃくちゃ感動したよなぁー。

でも、今はもうどこもかしこも「鶏白湯」。

悲しい運命でもあります。

ただ、ここのつけ麺はちょっと変わっていますよ。

こちらが、七星の濃厚つけ麺です。

チャーシュー増しにしました。

ポイントは、麺の上にのっかっているたっぷりの「かつお節」。

これが、既食感ある鶏白湯に、新しい風を吹き込んでいます。

和風鶏白湯、といいますか。

そういう感じになっていて、僕的には好感もてるんですよね。

これだけたっぷりとかつお節がかかっていて、、、

幸せですね。

煮干も美味しいですけど、やっぱかつお節の風味は最高ですよ。。。

はー、日本人〜。

あと、七星といえば、この焼き鳥トッピング。

最初出てきた時は、かなり感動しましたねー。しかもスープに合ってます。

これも、「七星ならでは」という感じがします。

***

一年前に食べた時とほとんど印象は変わりません。

ある意味で、「確立」されてしまったのかな、と。

でも、まだまだ若いお店ですし、色々と試行錯誤をして、チャレンジをしてほしいなぁ、と思います。

僕はまた来年、、、かな?!

Comment

麺処まるわ@作草部 満身創痍の夜に食べるタンタンつけめんに涙ポロリ。

2015-05-30 07:50:35 | 千葉市 若葉区 稲毛区

今週のいつだったかに「まるわ」に行きました。

この日がいつだったのか分からないくらいに、疲れていました。

最近、色々と仕事等があり過ぎて、毎日満身創痍という状態で、、、

疲労感が半端ない、、、、

そういうときは、、、

これを食べて、少しでも元気を取り戻すのみ。

いやー、もう、語ることないですねー。

勝浦のタンタンメンをモチーフにした個性的な辛いつけ麺

程よく濃厚で、程よく辛くて、最後まで飽きることのないつけ麺。

途中で、魚粉を入れて、「味変」もできるつけ麺。

何度食べても、いつでも感動できるつけ麺。

麺も選び抜かれたちょい太麺。

なお、画像のは「プチ特製トッピング」バージョンです。

このプチ特製という選択肢はナイスだなぁ、と思いますねー。

程よくお腹いっぱいになれる、というか。

いつまでもすすっていたいつけ麺ですね。

なんか、疲れきっていたせいか、極限にお腹が空いていたせいか、

とてつもなく美味しく感じられて、涙が出てきそうでした(苦笑)。

最近、余裕ないんだよなぁ、、、と思いながら、、、

***

で、これを食べていたら、何やら、ちゃらい男が来店。

「うわー、ちゃら男〜」

って、思ったら、かつての教え子でした(苦笑)

「写真、マジ、勘弁してくださいよー」

「やだよ〜♡」

と言って、無理やり撮ったバージョンです(苦笑)

この顔に似合わず、意外とシャイな奴で。。。

色々と紆余曲折しながら、頑張って生きているみたいでよかった。

いつか、夢を実現させてほしいなぁ、と。

Comment (1)

不二家、『数量限定』の「リブロースステーキガーリックソース」がウマい!

2015-05-29 22:53:02 | ラーメン・グルメのコラム

何気に、このブログでよく登場する「不二家」♪

新作?

数量限定
リブロースステーキガーリックソース

なかなか美味しそうですよー。

こちらが、リブロースステーキガーリックソース、です。

まさに、ステーキですねー。

ガーリックソースが美味しすぎます。

たまーに家でもステーキを焼くんですけど、こううまくいかないなぁ、と。

もちろん国産の高い牛肉なら、どうやっても美味しいです。

が、外国産の安いステーキ用の牛肉は、とにかくかたくて食べにくい。

味も美味しくない。

ここの牛肉って、どこの牛肉を使っているんだろうなぁ。

全国チェーンのお店だし、海外の牛肉を使っているように思うけど、、、

それにしても、柔らかくて、美味しかったです。

どこの国の牛肉なんだろうなぁ、、、、

そんなことばかり考えていました(汗)

こんなしゃれたプレートメニューもありました♪

 

不二家は僕も昔ちょっとだけアルバイトしたことがあるし、愛着があるんだよなぁ。

かつては、ひたすらお店の二階で、生クリームを作ってたなぁ、、、

遠い昔の話。

あの時に一緒に働いていたバイトのお姉さんたち元気かなぁ。

みんな、とても優しくしてくれて、「お姉さん好き」だった僕は結構幸せでした(苦笑)

Comment

ドイツ・フランクフルトに燕三条系ラーメン店「JUN」が登場する?!

2015-05-29 11:40:36 | あてどなき日々(日記)

ちょっと衝撃的なニュースが飛び込んできました。

なんと、ドイツのフランクフルトに、燕三条系のラーメン店がオープンするんですって!!

Ramen Jun Frankfurt(Facebook)のページはこちら

ん?

燕三条?

JUN?

ってことは、

潤?

燕三条潤?

ってことは、

ここ?!

あの石神さんをうならせた潤さん?!?!

 

この夏、フランクフルトに行くので、突撃取材しないと!!!!

気になります!

Comment

麺屋玲@都賀 限定「アジ煮干塩ラーメン」+本格「勝タンつけめん」!

2015-05-27 23:51:09 | 千葉市 若葉区 稲毛区

一同、玲!

というわけで、またまた玲さんにやってきました。(一週間ほど前の話です)

この日の限定が「アジ煮干し」ということで、期待MAXでやってきました。

あと、今回は、考えたらこれまで食べていない「勝タンつけめん」も頂きました。

いやー、初めて食べるラーメンはどれもワクワクしますねー。

こちらが、アジ煮干塩ラーメンです。

ヴィジュアルは、まぁ、いつもの「安定系」で。

このヴィジュアルの「ブレさな」は、かなり凄いかも?!

だって、いつも、このヴィジュアルなんだもん、、、

でも、スープは、全然違いますよー。

今回は、「アジ煮干」。

こんな料理ブログ記事もあります

ちなみに、僕も昔、アジの煮干しを買って色々とやったんですけど、、、

すごい(激マズ)スープを作り、かるくトラウマになっています。。。汗

今回の玲さんのアジ煮干塩ラーメンのスープは、煮干+チー油+塩ダレのみ。

なので、動物系の骨は使っていないようです。つまりは魚介ラーメン。

なんですが、チー油が入るおかげで、かなり動物系の味の仕上がりになっていました。

これは好き嫌いが分かれそうかな、と。

チー油の味が、想像以上に効いていて、僕個人的には少し違和感を覚えました。

チー油とアジ煮干の組み合わせって、どうなんだろう、と。

でも、きっとこれもまた一つの「実験的試み」なのでしょう。

そういう試みを続けているところに、このお店の最大の強みがあります。

アジ煮干のラーメンの可能性はまだまだありそうです。

今後に期待したいと思います。

(現在、提供されているかどうかは不明です。玲さんのブログでチェックしてみてください)

麺はいつもの平打ち麺です。

この麺、ホント好きだなぁー。

で、こちらが、「勝タンつけめん」です。

何気に、こちらの勝タンつけめんを食べるのは初めて。

なんとも、「はらだインスパイア系」なんだとか?!

まさに、そういう感じの王道勝タンつけめんでした。

ウマい!!

そして、辛い!!

これは、癖になる味ですねー。

で、意外とあっさりな感じです。

玲さんに来たら、刻みチャーシュー入りチー油ご飯も是非!

これ、やっぱ、個性的だし、端的に美味しいです!!!

この日も、また幸せでした。ごちそうさまでした!

Comment

ラーメンチェーン『幸楽苑』の期間限定、『塩あさりらーめん』!

2015-05-26 23:47:08 | ラーメン・グルメのコラム

久々に、幸楽苑に行きました。

ご存知、日本を代表する「ラーメンチェーン」です。

みんな、誰でも一度は行っているんじゃないかな?!

僕は、実に四年ぶりの再訪です

メニューはこんな感じ。

限定もちゃんとありました♪

塩あさりらーめんに、味噌あさりらーめん。

味噌あさりというのも、ちょっと気になったけど、、、

塩あさりらーめんを注文しました。

じゃじゃーん♪

これ、「幸楽苑」という名前を伏せたら、なかなかなラーメンだと思いません?!

それくらい、頑張ってる限定麺って感じです。

お味は、あさりの風味が優しく感じられるあっさり塩ラーメン。

ほんと、「優しい味」というのがピッタリ。

チェーン店ならではの「軽さ」があって、マニアな僕にはちょっぴり新鮮でした。

麺もなかなかでした。

幸楽苑ですからね。研究はいっぱいされていると思います。

サイドメニューの「玉丼」(280円)と共に。

これで、1000円未満ですからね。

ちょっぴり贅沢気分♪

まー、ちょっと寂しい丼ですけど、、、

でも、これを混ぜ混ぜして食べると、意外にも美味しかった♪

暑い夏のためのメニューも始まっています。

なかなか充実してますねー。

***

広い店内ですが、ぽつぽつちゃんとお客さんが入ってきています。

僕が普段行くようなラーメン店とは全く違う客層でした。

ラーメンに興味のなさそうな若者や高齢者、家族連れに、女性のみのグループなど。

ラーメンフリークには「OUT OF 眼中」のお店ですが、別の客層からは支持されています。

チェーン店というのも、ホント不思議な存在ですよね。

でも、チェーン店だからこその「入りやすさ」というのもあるんですよね、実際。

Comment

『学びの実践学』が昨日の「日本教育新聞」で紹介されました!

2015-05-26 21:46:59 | あてどなき日々(日記)

 

昨日の「日本教育新聞」の書評欄のトップに、『学びの実践学−教師に必要なこと、ラーメン店主の学びにあり−』が紹介されました!

書いてくださったのは、文教大学の大久保俊輝先生。

面識はないのですが、とても丁寧に読んでくださいました。

感謝感謝です。

僕の、教育者(=実践者)への危機感を、分かりやすく伝えてくれています。

340ページほどある分厚い本で、お値段も高めなので、あれですけど、ホント、力を入れて書きました。

今のところ、主に大学の先生を中心に、とてもよい反応を得ています。

でも、この本を読んでもらいたいのは、「ラーメン好きな教師」の方々です。ないしは、ラーメン好きな福祉、心理、医療、看護等にかかわる実践者のみなさんです。

あと、なかなか時間もないでしょうけど、「ラーメン店主さん」、ないしは「これからのラーメン店主さん」に読んでもらいたいです。

「現場の実践者」はやはり強くないと!!という気持ちで書きました。

今、どの領域においても、現場の実践者たちは満身創痍、あるいは疲れ切っています(と思っています)。

でも、実践者の弱い現場に、希望も未来も可能性もありません。

政治的にも、かなり「抑圧」、「管理」、「従属」の色が強まっています。

でも、この国は、法治国家であり、民主主義国家です。

民主主義国家では、現場の実践者が強くなければならないんです。

政治家や官僚に「支配」され、「隷属」を求められても、「NO!」と言える強さが必要なのです。

そんな希望が、この本にはあります。そんな希望を託しています。

是非是非、(関係すると思われる人には)読んでもらいたいです。

そして、熱い実践に向けて、頑張ってもらいたいです。

なかなか書店等には置いてもらえませんが、ネットでは色んなところで注文可能なので、是非ご活用ください。


Amazonで購入できます(販売開始!)

楽天ブックスで購入できます(発売中)

JUNKUDOでも購入できます!(丸の内、池袋)

e-honでも購入できます

 

更に詳しくはこちらをご覧ください

Comment

味噌らーめんねむろ@新橋 創業2年、生姜風味「サンマラーメン」が個性的!

2015-05-25 23:52:05 | 東京 中央 港 千代田

都内に住んでいない人間にとって、東京のラーメン屋さんを選ぶのはとても難しい。

単純に、「ラーメン屋さんがあり過ぎる」から。

あり過ぎるだけじゃない。次々に新たなお店が登場するんです。

とても一人で「追える」ような場所じゃない。

千葉や埼玉、その他首都圏とも比べようがないくらいに、出てくるんですから。

東京のラーメンブロガーの人って、だから、本当にすごいと思います。

なんていうか、「気の遠くなりそうな感覚」になるっていうか。

「あ、またあそこに新店が、、、あ、今度はあそこ、で、あそこ…」、みたいな。

ま、僕なんか、千葉内だけでもついていけてないのであれですけど、、、

つまりは、ホント、行動派のラーメンフリークの人はすごいですよ、、、

さて。

この日の夜は、新橋に向かい、ちょっと不思議なお店に向かいました。

その名も、

味噌らーめんねむろ

と申します。

何が不思議かっていうと、、、

こちらのお店、実は隣にある「根室食堂」が経営しているお店なんです。

ん? 根室食堂って、渋谷になかったっけ?

僕も行ったことなかったっけ?!

行ってた、、、(汗)

根室食堂@渋谷って、すごいインパクトがあって、記憶に残ってます。

そんな根室食堂が新たに始めたのがこちらのお店なんです。

もちろん、ラーメン店としては初の出店。

気合いも入ってそうです。

しかも、年中無休+中休みなし!

それも、「根室食堂」とセットでやっているからでしょうね。

客としてはありがたい限りです。

魅力的過ぎるラインナップです。

このお店も地下にありますので、階段を下ります。

なかなか風情のある感じで、まさに「根室食堂ブランド」の店内です。

漁船が掲げるような旗が飾ってあって、なんか迫力があります。

看板メニューは、「根室の蟹味噌らーめん」みたいです。

店員さんと話していて、常連さんは白味噌、辛ねぎらーめんをよく注文するそうです。

でも、僕の中では、「根室のサンマらーめん」が気になって仕方ありませんでした。

サンマのラーメン、、、

池袋で人気の「生粋」を思い出しますねー。

で、サンマ節というと、「麺屋武蔵」、か。

では、ここの「サンマラーメン」はどうなんでしょう?!

ほー、「たっぷりのサンマ節」!!

あと、店員さん曰く、「生姜の味が強いラーメン」なんだそうで、、、

生姜×サンマ?!

テンションはMAXに上昇します。

ジャジャーン!!

すごいスープの色、、、汗

かなり個性的な色のスープですよ、、、

ヴィジュアルからだと、全然味が想像できません。

スープを飲むと、うわー、、、

生姜の味が強烈に効いています。生姜ラーメンだ、、、

サンマの風味は、さほど感じられません。でも、和風な感じはします。

なので、なんていうか、サンマ節を使った生姜醤油ラーメン、という感じ。

どろっとした感じはなくて、どちらかというとオイリーでさらさらなスープ。

やや濃い目のあっさりスープ、という感じですかね。

これはなかなか、ヤミツキになりそうな味わい。

生姜×サンマ節が苦手じゃなければ、かなり感動できると思います。

僕自身、かなり感動しました。

麺は、意外と無難な感じで。

でも、スープがこれだけ個性的なので、これで十分だと思います。

スープを美味しく食べるための麺という感じがします。

いやー、凄かった。

チャーシューもなかなかいい感じでしたし、デフォで煮玉子も半分。

メンマは「渡なべスタイル」。

いやー、いいですねー。

再訪したいです。全メニュー制覇したい!!

壁にはこんなイラストと言葉が、、、

素敵です。

次は絶対、蟹味噌らーめんを頂きたいです。

赤味噌をつかっているみたいだし、期待できそうです。

お隣(あるいはラーメン店舗の上)は根室食堂。

ここでも呑んで、語りたいなぁ、、、

しかし、新橋っていうのも、都会ですねー。

最近、千葉県内ONLYなので、こういうビル群を見ると、感動します。

でも、やっぱ千葉がいいや♪

Comment