Dr.keiの研究室2−Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学 全国/千葉のラーメン 新宿心音会 VISUAL系/音楽 ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

◆TOP PAGE◆

2020-03-04 19:02:28 | あてどなき日々(日記)

−きっと誰もが楽しく生きられる・・はず-

Welcome to Dr.keiの研究室2
【contents:Philosophy,Education,Welfare,Ramen,Tusk,Visual-kei,German+Dialy】
 

    

【ご挨拶&MORE】

本ブログにお越し頂き誠にありがとうございます!こちらは、若輩教師/研究者(教育学・社会福祉学・解釈学)のkeiによる気ままなバーチャル研究室でございます。日々の研究の成果をご覧くださいませ。なお研究室なのにラーメン記事が多いのは気のせいですのでご了承ください。
Danke dafür, diesen blog zu besuchen! Dieser Blog(Weblog) ist ein eigensinniges virtuelles Laboratorium von kei als einem japanischen jungen Forscher(Fach:Pädagogik Sozialarbeit Hermeneutik) und einem Lehrer von Deutsch. Blick auf Ergebnis eines täglichen Studiumsbitte. Außerdem, bitte verstehen Sie, daß es Humor ist, daß dieser blog viel ramen-Artikel hat.

 [E-mail] inderweltseinアットマーク(@)goo.jp


【Dr.kei's collection】

 赤ちゃんポストと緊急下の女性−未完の母子救済プロジェクト−
2013年5月30日発売
amazonでの購入はこちら!!
詳しい解説はこちら

 「学校とは何か?!」を現代的に徹底的に論じています!
2011年1月24日発売。
amazonページはこちら  
もっと詳しくはこちらを参照

 離婚家庭の子どもにかかわる全ての人に読んでもらいたい一冊です!  

2007年12月発売。
Amazonで購入できます

 (←をクリックするとHPにいきます)
昴教育研究所
⇒大学院受験(M,D院試対策)、翻訳業、英語・フランス語・
ドイツ語・ロシア語の読解力の向上などをサポートする研究所。

 Dr.keiのオススメラーメンリストはこちら!(更新!)

 第四土曜日の会 Surume-Ika -Think about Practice!
2014年5月24日(土)16:00〜です!
→2014年5月の第四土曜日の会は、5月24日(土)、16:00〜です! 


(画像をクリックすると、NEIN! OFFICIAL SITEに行きます☆)

NEIN! TO NEXT STAGE, WAIT!

Comments (43)   Trackback (1)

中華料理 大輦@船橋 …あれから3年。船橋ソースラーメンの代表店になりました!

2014-09-20 13:03:37 | 千葉 市川 船橋 鎌ヶ谷

あれから3年経ちました。

思えば、「船橋ソースラーメン」って、我が悪麺友らんちばさんが、どういうわけか、調べ出して、再評価されたラーメンなんですよね。懐かしいなぁ。

ふと、らんちばさん、「船橋のソースラーメンって、まだ食べられるお店があるみたいだよ」、と言いだしたんですよね。

もちろん、僕も千葉のラーメンフリークですから、船橋になにやら「ソース味のラーメンがある」、ということは知っていました。それこそ、2000年代初頭に、「千葉拉麺通信」のスレッドでも少し話題になりましたから。でも、そのスレッドでは、「異色扱い」で、それほど話題にもなりませんでしたし、盛り上がることもありませんでした。再評価されるなんて、夢にも思いませんでした。

らんちばさんが(どういうわけか)、「ソースラーメン」を調べ出し、見つけ出したのが、「大輦(だいれん)」でした。

何の自慢にもなりませんが(苦笑)、らんちばさんより先に大輦のソースラーメンを食べたのは、ワタクシです!(苦笑)。

あの時のことも、よく覚えています。僕的には、当時、「勝タンLOVE」でしたし、たしか我孫子の「カレーラーメン」にも惹かれていて、あまり「ソースラーメン」には関心が向きませんでした。が、当時は「ご当地ラーメン」「ご当地グルメ」のブームの只中で、「船橋ソースラーメンかー、それもありっちゃありだなぁ」って思う程度で、興味本位で食べに行きました。

この当時、つまり今から3年前の証言では、この大輦(それと「浜町一番」、その他数店舗)以外で、ソースラーメンを提供しているお店はほとんどありませんでした。

ところが、この大輦のソースラーメンがとにかく美味しくて、ビックリしたのを今でもはっきりと覚えています。

3年前の大輦のレポはこちら!(フリークのネット記事としては最も古いものだと思います!)

懐かしいなぁー。

当時は、ホント、地元のおじちゃん・おばちゃん限定のお店って感じでしたからね。

それが、今や、、、

全国、日本中で知られる「有名店」になりました!

素晴らしいです!!

あのふなっしーのDVDにも登場しているそうです。ふなっしーも大好き、ソースラーメン!的な?!

今や大輦は、「船橋ソースラーメン」の代表格ですからね。

お客さんも次々に入ってきていました。

面白いなぁって思ったのは、カウンター席に座った全ての人が、カメラやスマホでソースラーメンの写真を撮っていたこと。「うわー、全員、写真を撮ってる!!」って。もちろん、フリークさんではなさそうで、「写真を撮ってもいいですか」の声はなし。フリークの間では、散々、「写真を撮る時は許可を得て!」ってうるさく言うんですが、「世の中」はそうはなってないみたいですね(苦笑)。

でも、それほど、世間、巷、世の中に、このお店が浸透している、ということですよね。

大人気店になったせいか、店主さんにも「貫禄」を感じました。3年前は、華奢そうな二人の御兄弟が細々と頑張っていたように思います。それが、3年で、「名店の店主さん」になったわけですからね。御兄弟仲良く、頑張ってほしいなぁって思いました。

人間って、売れたり、評価されたりすると、人格が変わるじゃないですか。調子に乗ったり、人を下げずんだリ、バカにしたりするようになる。謙虚さを失うんですよね。そういう風になって、どんどん空気が悪くなる。それはどの世界にでも言えることなんですけど、、、

そうならないように願うばかりです。

ま、僕なんか、それこそ小学生の時から、「売れたい」、「評価されたい」って思いつつ、売れることも評価されることも全くなく30代を終えようとしていますからね。それはそれでよかったかな、と思います。

大輦は、まさに今、売れて、高く評価されているわけですからね。足元を誰かに掬われないでほしいものです(切実に)。

さて。

今回は、ソースラーメンではなく、「たまごラーメン」にチャレンジしてみます。

なんせ、セットメニューの,砲△襯瓮縫紂爾任垢らね。

大輦の看板メニューと言えそうです。

(なのに、検索しても、このたまごラーメンの記事はほとんど見つかりませんでした。ひねくれ者の僕は、にやりとしました)

 

こちらが、大輦の「たまごラーメン」です!!!

これがねー、もう、震えるほどに美味しかった!!!

シンプルなんですよ。生卵をスープに入れて、ゴマ油をたっぷり投入したラーメン。

シンプルな卵とじごま油醤油ラーメン。

なんだけど、これが、もう神秘的なほどまでに旨い!

やはり、大輦って、本当に力のあるお店なんですね。痛感いたしました。参りました。

僕の中では、インスタントの「出前一丁」が思い出されました。

ゴマ油味のラーメン、不味いわけがないだろ、と。

あと、特記すべきは、チャーシュー!!! ソースラーメンにはチャーシューが(たしか)入ってなかったと思うんですが、こちらのチャーシュー、めっちゃめちゃに美味しかったです。次回は、もう迷うことなくチャーシューメンかな、と。

いやー、凄いです。

ソースラーメンだけでも凄かったのに、こんなラーメンを提供していたとは、、、

是非、一度ソースラーメンを食べに行かれた方も、この「たまごラーメン」を食べに再訪してもらいたいですね。

単純に、「旨い!」って叫べるラーメンだと思います。

それから、チャーシュー丼も♪

こちらも、チャーシューの美味しさがきらりと光る絶品チャーシュー丼になっていました。

幸せ〜〜〜って思える極上のミニチャーシュー丼です。

キムチも別皿でついてきます。素晴らしい!!!

定休日は火曜日になったみたいですね。

大輦、今後も陰ながら応援したいと思いました。

ソースラーメンも定着するといいですね!!!

「千葉」をフィールドにしているラーメンフリークとして、船橋ソースラーメンが話題になることはとても嬉しいことです。

ふなっしーにももっと頑張ってもらわねば!!!

(ただ、僕はクマモン派ですけど、、、苦笑)

Comment

いさりび@船橋 無念、、、の定休日(涙)

2014-09-20 12:55:34 | 千葉 市川 船橋 鎌ヶ谷

近くて遠いのが船橋駅。

都内に出る時や、都内から帰ってくる時に必ず通り過ぎる駅。

でも、なかなか降りることはない。。。(昔は気力で、どんなに疲れていても降りていたけど、、、)

用事という用事もそれほどなく、、、(昔は結構来ていたりもしたんだけど、、、)

で、たまたま、今回仕事で船橋方面に来たので、、、

前々から気になっていた「いさりび」に向かうも、「定休日」(涙)

食べたかったなぁー。

らんちばさんの記事

「ネオ中華そば」、、、

食べたかったなぁー。

でも、場所も分かったし、駅から近いし、今度、近いうちにまた来たいと思います。

というのも、こんなのがありましたから!!!

ドイツ語!!!!

ウムラオト!!!!

ここに来たら、ビールを飲んで、ラーメンを食べて!って感じですね。

もう人気店っぽい貫禄たっぷりです。

船橋の京成側にはいっぱいラーメン店があるんですが、こっち側ってあんまり知らないなぁ。。。

船橋は、色んな意味で、ラーメン密集エリア。

もっと自分に余裕があって、時間があったら、ぶらぶら、ラーメン食べ歩きしたいなぁー、、、しみじみ。

Comment

中国麺飯 HAO!@浦安 湾岸エリアで人気のあのHAO!の姉妹店が浦安にあった!

2014-09-20 10:28:39 | 千葉 市川 船橋 鎌ヶ谷

出張で、浦安に来ました。

浦安駅周辺には、色々とラーメン店はあるのですが、「フリーク的」に「お!?」と思うお店があまりありません。
(特に昼時は、、、) 

ならば、「足」で動こうと、駅周辺を散策していました。

すると、、、

HAO!と書かれた お店を見つけました!!!

HAO!、?!?!

あのHAO!ですか?!

間違いありません。

あのHAO!です。

店員さんに聞くと、あの新浦安の名店HAO!の姉妹店とのこと。

しかも、もう既に開業10年以上、というから驚き。知らなかった。

HAO!に来たら、やはり坦々麺を注文したいところですが、、、

お店の人におススメを聴くと、浦安店オリジナルの「四川麻婆ラーメン」、とのこと。

麻婆ラーメン、いいじゃないですか。

こちらをお願いしました。

  

もう、見ただけで、絶対に美味しいって思えました。

僕のテンションはMAXでした。(お腹が空いていたのもある)

こちらの麻婆ラーメン、ヤバいです。激ウマです。なんだろう、この不思議な深い味わいは、、、

「日本の中華レストランの極み」、というべきでしょうか。

辛さも結構あるのですが、辛さよりも美味しさ・旨さが際立っています。辛い中に強烈な旨みがある、というか。

ラー油や山椒の味のいずれかが突出しているわけではなく、全体としてのまとまり具合が半端ない。

「全体」として、美味しさが口の中に広がる感覚。

麺も、素朴ながらも、しっかりとした歯ごたえの麺になっていました。

細くもなく、太くもなく、ちょうどいい太さの麺でした。

辛さ、しびれ、旨み、甘み、あらゆる「味覚」が一つに溶け込んだ麻婆豆腐かけラーメン。

これは、文句なく「絶品ラーメン」の一つに入るかと思います。

いやー、旨かった。

涙がでるほどに。。。

ちなみに、お隣は「ラーメンたかし屋」。

なかなか眼には見えない「戦い」がありそうです。

どちらも頑張ってほしいですね。どちらも千葉のお店ですしね♪

Comment

茶居銘@都賀 2014年もめっちゃ旨い!最強の冷やし中華だ!

2014-09-20 02:21:30 | 千葉市 若葉区 稲毛区

帰国して三日目。

家族総出で、「茶居銘」へと向かいました。

都賀の人気中国レストランです。ホント、人気なんだから!

考えたら、2014年、ここの冷やし中華を食べてない!!!

ってことで。

 

じゃじゃーん!!!

茶居銘の夏の名物、冷し中華です!!

な、な、なんと!!!

ヴィジュアルが変わっていました。

昨年の記事はこちら

全然違うでしょ?!?!

キャベツの代わりに、大量のレタスがどーんと麺の上に乗っています。

これ、すごい迫力でした。

それにしても、見事な冷やし中華です。。。

日本では「非凡な味」。

こういう冷やし中華、中国にあるんですかねー。

まさに、茶居銘ならではの、唯一無二の冷やし中華です。

これ、らんちばさんに食べてもらいたいなぁー、、、。本当にすごいんだから!!!

茶居銘に来たら、絶対唐揚げ!!!

できたてで、アツアツで、さっくさく!!!

野菜も、中華の技法にかかれば、あれよあれよのうちに、絶品野菜炒め!!!

餃子は、かなりワイルドです。

こういう餃子がいいんですよねー。

海老チリ!!!

これは、まさに、もう「The 海老チリ!!!」

そして!!!

メニューにない中華風コロッケ? なんて言えばいいんでしょうね。

これが、めちゃめちゃ旨かった。野菜の入ったサクサクフライ、みたいな感じかな。

感動しました。

***

茶居銘はこの日も満員御礼でした。

本当に人気のある実力派レストランになりつつありますね。

僕も変わらず応援させていただきます!!!

Comment

中国名菜 華蓮@千葉 実は何気に本ブログ初登場という、、、汗

2014-09-19 23:48:19 | 千葉市 中央区

ドイツからの帰国後、次の日に、食べに行ったお店です。

何気に、何気の何気に、本ブログ初登場でした、、、

あれー、おかしいなぁ。このお店で食べたことは何度かあるんだけど、、、

というのが、「中国名菜 華蓮」です。

いやー、どう探しても、このお店の記事が見つからない、、、

灯台もと暗し、とはこのことかな?!

***

ドイツやその他欧州でなかなか食べられないのが、つけ麺でした。

つけ麺に飢えていたので、つけ麺を注文しました。

中国レストランでつけ麺って、何気に、意外と珍しいですよね。

味も、なかなか個性的でした。甘かった。

なかなか素直に「美味しかった」って言えない何かがありますが、帰国直後だったので、「おお〜」ってなりました。

メンマも嬉しいですねー。

ジャパン・クオリティーなつけ麺でした。若干、和風チックな。

なんか、平凡にして非凡なつけ麺、という印象が残りました。

食べたことのない人がいたら、(マニア的には)食べてもいいと思います♪

画像はばーち君から提供してもらいました☆

***

この後、久々に、実に半年ぶりにNEIN!のメンバーで音を合わせました。僕的には、もうただただ幸せでした。バンドができる喜び、バンドをやらせてもらえる喜び。それだけで幸せを感じるんですね。

もう遅いけど、皆さん、お疲れ様でした。僕はNEIN!を愛しています。

Comment

デュッセルドルフ空港から直行で成田へ

2014-09-17 22:45:37 | あてどなき日々(日記)

デュッセルドルフ空港です。

なんか、すごい近未来的な空港でした。

この巨大な流線型の建物は、モノレールです。

画像奥に、モノレールのレールが見えるかと思います。

ドイツ鉄道デュッセルドルフ空港駅と空港を結ぶ小さくてかわいいモノレールでした。

***

8月13日からのおよそ1ヶ月の訪欧の旅が無事に終わりました。

空港に着いて、チェックインして、ようやくほっとできます。

チェックインした時のあの安堵感はいつになっても格別です。

「あー、無事に終わることができた」、と。

何度来ているとはいえ、日本から10000km離れた異国ですからね。やはり緊張感はあります。

所持金も少ないので、ぼーっと、空港を色々と眺めていました。

***

今回の旅で、僕のこれからの研究の方向性がほぼ見えてきました。

ようやくこれで、自分の研究を進めていくことができます。

よかった。。。

これまでのどの時よりも充実感がありました。

と、同時に、「さあ、いよいよ長い戦いのはじまりだ」、とも。

心理学に始まり、福祉教育を学び、現象学的アプローチに魅了されつつ、そこから離れていき、、、

そして、また再び、、、

20年前から、実は根本的には変わっていないんだなぁ、とも。。。

けど、こうやって、20年間、「学問の世界」にしがみついてこられたことに、感謝したいです。

「ドイツ」と出会わなければ、今の自分はないよな、、とも。

産みの親は「日本」だけど、育ての親は「ドイツ」なんだよなーって。

また、近い未来、またドイツに来られることを祈りつつ。。。

ホント、素敵な空港でした。

 

しかし、帰りの飛行機の中では、ほとんど眠れませんでした、、、orz...

地獄でした。。。

いい思い出ですけれど、、、

Comment

なにわ NANIWA@デュッセルドルフ 実は何気に強烈なラーメンだったり…

2014-09-17 08:07:26 | 必見!海外のラーメン・グルメ

帰国の日、最後の最後に、なにわに向かいました。

時間的にはかなりギリギリだったんですけど、今回はせっかくのデュッセルドルフ→成田の空路なので、無理して来ました。

なにわは、もう欧州のラーメン好きで知らない人はいないくらいのお店になっています。

常時人気店。常に人が押し寄せてくるお店。

ある意味で、こっちで初めて大成功したラーメン専門店だと思います。

このなにわ、本当にメニューが充実しているんです。

カレーラーメンも、ワンタンメンも、スタミナラーメンもあります。

今回は、前回、うーんと考え込んだ、「醤油ラーメン」を頂きました。

8ユーロ。1100円くらいかな。こっちとしては割とリーズナブルなお値段かな、と。。。

(それでも、ドリンクを頼むと、10ユーロ超え。決して安くはないです)

 

醤油ラーメンです!

最初、食べた時の感覚としては、「うわー、やはりノスタルジックだ〜」って感じでした。

あっさりとした普通の昔ながらのラーメン、そんな味わいでした。

が、その後、じっくりスープを味わっていくと、どこか「豚骨」の味わい(コク・風味)が強くなっていくのを感じます。

しっかり味わってみると、意外にも、かなり強烈な豚骨臭がしていて、そこに醤油の味が加わります。

つまり、こちらの醤油ラーメン、実はれっきとした豚骨醤油ラーメンなのではないか、と。

考えたら、ここまでワイルドな豚骨醤油ラーメンって、こっちにないなぁ、と思います。

決して濃厚ってわけでもないですし、ドロドロしているわけでもありません。

なんていうか、関西系の豚骨醤油ラーメン、みたいな。

僕的には、岡山ラーメンとかなり近い類のラーメンだったかな、と思いました。(岡山ラーメンも、他県の豚骨醤油ラーメンよりはライトでありながら、豚骨臭はかなり強いタイプなので)

この発見は結構大きかったかなぁ。。。

麺も、日本人好みの麺で、よかったなぁー。

たしか、自家製だったような、、、(自信なし)

チャーシューは脂身の少ないパサパサタイプ。

メンマもしっかり入っています。ここのメンマ、絶品ですから!!

毎度、なにわでは、いい意味での刺激を受けます。

「世界のラーメン」を語る際に、絶対に外せないのがこのお店。

異国の地、ドイツで生まれ、そして、そのドイツで成功し、そして今も戦い続けている。

その姿に、僕はただただ敬意を表します。

いつか店主のKさんとお話したいなぁ、、、(いつも混んでて難しいけど・・・)

頑なに厨房に立ち続ける店主さん、カッコイイです!!!

近くにある教会は工事中でした。

これにて、2014年夏の欧州ラーメン記事は終了です。

ちょっと寂しいなぁ、、、

Comment

ドイツ、最後の日にふらりと立ち寄ったカフェで。。。

2014-09-17 01:00:17 | あてどなき日々(日記)

もう、あれから1週間か、、、

先週の水曜日、午後。

ふらりと、デュッセルドルフ郊外にあるカフェに立ち寄りました。

珈琲が飲みたくて、、、

今思えば、1ヶ月、あっという間でした。

一つ思うのは、ヨーロッパでの生活は、ホント、自由でいいなぁってことでした。

日本に戻って1週間。

日本に欠けているのは、「自由な感覚」かな、と思います。

日本にいると、どうしても他人の顔色をうかがわざるを得ない部分が強くあります。それを、「世間」と言ってもいいし、「空気」と言ってもいい。

とにかく、そういう「他有」の意識に支配されます。「自己」を出してはいけない国、、、

それに逆らおうとしても、なかなかそれはできない。極めて難しい、、、

皆で同調し合い、浮きでないようにとことん配慮する。

それが、日本の、ある意味での文化なのかな、と。

見渡せば、日本には、日本人(あるいはそれらしく見える人)しかいない。

他者のいない国、日本。

いない、というか、いないことにしている国、日本。

同じ日本人しかいない日本で、どう、「差異」を強調しようと、それは通用しない。

差異を消すことでしか、存在し得ない日本。

島国ゆえの宿命なのかもしれない。

ドイツに限らず、欧州は、差異で溢れている。

違う人間を認めなければ、成立し得ない。

「自分と考えが全く相いれない人間がいる」、ということを。

その中で、どうやって、共に生きていけばよいのか。

そのことを真剣に考えてきたのが、ヨーロッパという世界なのかな、と。

僕は、ヨーロッパの思想をそのまま受け入れている人間だけど、そろそろ気づいてきた。

日本では、ヨーロッパの思想はなかなか受け入れられない、と。

…そんなことを、ちょっと考えました。このカフェで。

ヨーロッパは、差異で溢れているからこそ、自由が浮き出てくる。

日本には、逆に差異がないから、自由が際立たない。

日本で、「違いを認めろ!」というのは、もしかしたら、そもそも無理な話なのかもしれないなぁって。。。

島国ゆえなのかな、、、と。

Comment

START MUSICというお店

2014-09-17 00:52:12 | ミュージック・コラム

日本にも色んな楽器店があります。

同じように、ドイツにも色々な楽器店があります。

これまで、あまり「ドイツの楽器店」には興味がなかった、というか、そこまで見る余裕がなかったというか、、、

そういう感じだったんですけど、、、

ようやく、そういう余裕もちょっと出てきました。

昨年、JUST MUSICと出会い、色々と学ばせてもらいました。

今回は、START MUSICというお店。

HOME PAGEはこちら

ドイツ各地にある楽器屋さんです。

さすがに、JUST MUSICほどの品揃えではありませんでしたが、、、

必要最低限の楽器はしっかりと置いてありました。

このベース、欲しかったなぁ、、、っていう。。。

ドラムは、ちょっとイマイチだったかなー。。。

これからは、もう少し、色々と調べてみたいなって思いました。

Comment