Banner

びっくりポンです!


 雨が降り、少し気温が下がったかのように思えます。季節は夏から秋へ。今日のお客様の中で珈琲はネルドリップで淹れるのが日常だと言う初めての青年客がいた。時には珈琲の焙煎もしていると言う。お客様との会話が進むと、出身地を訊きたくなるのが私の習性のようで、出身地はどこですか?と訪ねた。栃木県ですと言うので私も栃木よ!と言って二人で驚いた。そして青年客は、栃木出身の私がなぜここで焙煎珈琲店を?と思ったそうです。郷里に関する共通な話題が弾み楽しいひと時がありました。お客さんが帰られた後も、今度来てくれたら、何か良い提案が出来たらいいな・・と考えつつ作業を続け、今日はラスナマンデリン・サントアントニオショコラ・イタリアンブレンドを焙煎しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

時の思い・・・

 季節が徐々に夏から秋へ。猛暑から秋の気配を感じた時、夏の思い出がグルグルと頭の中を巡っていく。夏は暑さから抜け出す為、あれこれ行動をしている気がする。冷たいビールを飲むことだってその一つで、冷たくほろ苦い炭酸水がカラカラになった喉に染み込んでいく感触がたまらないと・・・
携帯のカレンダーを見ながら8月の過去を振り返ると、なんだかぎっしりとイベントづくしだったかのようで、もう4週目になっている。やりかけたことが終わってなかったり、少し焦りを感じる8月4週目。これは夏休みの宿題が追い込みになってくる子供の頃にも感じたことなのだろう。




8月カレンダーと時計。

 今日は午前中のうちに焙煎を済ませた。普段と違う手順で仕事をしていることになり、夕方になって徐々に何かが違う・・・と新鮮な思いがする。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

岐阜県下呂市 濁河温泉にて

 8月11日(山の日)に旅館御岳のテラスでオープンカフェを体験してきた。幸い天候に恵まれ、山を下って来た人や滝巡りをしてきた人、ドライブやツーリングで温泉につかりに来た人などなど。さまざまなお客様の話しを聞きながら珈琲で接待をした。話しが弾んで共感する話題などがあると互いに快く自己紹介する程の一期一会。



濁河温泉 旅館御岳のテラスにて。





テラスには濁河温泉の足湯があり、なんと熱いこと。おおよそ48℃の源泉が常時流れている。頑張る大人も子供もいたが私には頑張れない!


 10日の夜、店を閉めてから走り出した約250㎞の距離、標高1800m位のこの場所に到着したのは早朝4時、気温は15℃だった。
熱帯夜から10℃下がるとどんなに寒いかは驚きだった。寒い寒いと騒ぎながら、空を仰げば、満天の星空。寒暖の差と強行なスケジュールに少し疲労が
溜まったか家人は少々体調不調らしい・・・

8月14日、15日、16日はお休み致します。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

残暑お見舞い申し上げます。

 8月11日(山の日)は櫻珈琲、定休日です。
櫻珈琲は14日~16日までお休み致します。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

レジスター

 お店で使っているレジスターを見て、かわいいね・・・と言ってくれる人はたくさんいるが、まさかこれを真似して作ってしまう人はあまりいない。
が・・・この人はおもちゃのレジスターをまねて作ってしまいました。お見事です。長い間、造園業だったそうで、今は釣りの浮を作っている職人、そして用務員の仕事も
しておられるそうです。口数少ない寡黙な男性だが、こと浮の話になると熱のは入った話しっぷりについつい耳を傾け浮の世界に引き寄せられる感じがした。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

来週は県庁です!

 この花はささげの花だそうです。私は初めて見る花です、朝は淡い紫の花が咲き、夕方には白く変わっていると聞きました。
優しく楚々と咲く花に、癒される瞬間があります。梅雨が明け7月が終わろうとしています。8月1日、2日は静岡県庁本館1階、食堂入口での展示販売です。
時間は午前10時から午後3時まで。桜橋町のお店は櫻黒子にお願いしました。




ささげの花。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

部屋の深呼吸

 開店早々に焙煎したいと思うが湿度が高く風が弱い。やりにくいな~と思いながら、窓を閉め、送風機で空気を運びながら、深煎り豆とマンデリンの中深煎り豆を仕上げた。
送風機をすべて止めると部屋はシ~ンと静かだ。ミュージックをかけパソコンに向う。キーボードの音が不安定な心に落ち着きを取り戻しているように感じた。
夏になって親しい人が亡くなり、姉が亡くなり、気持ちの動揺は大きく、近い過去を振替っても、何をしていたのだろう!と。忙しく!悲しい!日々、空虚感が漂う。
休んだ後は焙煎をして、商品作りをして、配達や接客などと、いつもと変わらないのに何かをやり忘れているような気がしてならなかった。しかしもう大丈夫かな!!と言う気がして来た。焙煎の後、締め切った窓を開けたら、すーとさわやかな風が静かに流れるのを感じ、珈琲の香りも動き、部屋の呼吸と共に私も大きな深呼吸をしたら、気分が変わって来たようだ。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

梨農園訪問

 梨農園を訪問した。一月前に行った時より梨の実はグンと大きくなって順調に育っている。
農園では将来を見越して、新しい苗木を計画的に植えこんでいたり、古くなった梨の木を伐採した名残りが面白い。




ワイヤーを木の中に育んでしまって取れない姿。


 農園の片隅にある趣味の桃園は程よく色づいて来て食べごろが近付いている気配。
一つとって頂きましたが、まだ固かった。




趣味の桃園にて。


 栃木県の農業試験場が様々な袋をかけて試験中。農園主であれ、触れてはいけない、落ちてしまった実も裕ってはいけないと、にこやかに話してくれる農園主。



梨の実、試験中の樹木。


 そして私たちが注文できる梨は順調に育っていました。これから暑い夏の日差しをいっぱい受けて、甘くみずみずしい梨が出来上がります。



豊水の木。






-->
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

別れの日

 セミの鳴き声の中、葬儀を回想していた。
甲状腺がんが股関節の骨を襲っているのがわかって5年
体の痛みが止むことなく、痛みに戦い、死を迎える不安の
毎日を送っていた姉が気になり、頻繁に姉に会いに行った。
しかし最後は癌センターの緩和病棟で点滴を受けながら大きく肩で息をしていた。
声も出なくなり、会話が出来なくなっていた。
姉の肌は白くつやつやできれいだが、体内の癌は激しく生命を襲っていた。
そしてお別れの日が来てしまったが、これで果たして姉は楽になったのだろうか!?と疑問が残って今もそう思う。
この5年間で、今日は楽だよ!と言う日があったのだろうか・・・




姉の葬儀 2016年7月22日。

 悲しみのお休み頂きましたが、櫻珈琲は通常通り営業しております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

臨時休業のお知らせ



 7月20日~23日まで臨時休業させて頂きます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ