Banner

青葉公園に出店の為・・・


 12月8日(木)は「あっ朝市」のメンバーと共に葵区の青葉公園へお店を出します。時間は午前9時半から夕方4時頃までです。ご来店をお待ちしております。
尚、清水区桜橋町の櫻珈琲のお店はお休みさせていただきます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

朝焼け。

 お客さんが「ほらほら見て!」と指をさすので振り向くと東の空が朱色に染まって綺麗でした。みんなで綺麗だね~と感嘆の声を上げながら眺めました。あっ朝市へのご来店ありがとうございました。
12月5日、6日は静岡県庁職員労連合冬期総合展示会に出店しています。




エスパルスドリームプラザから見た朝陽が昇る頃の東の空。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

師走が近い・・・

 桜橋の高架を急ぎ足で上がり、家に向かう時、夕日が沈んだ。明るかった今日の終わりを告げるかのような夕日の風景。
2日後の師走初日から4日間、静岡県庁での展示販売が始まります。日曜日の早朝6時からは「あっ朝市」もあります。
それから12月8日(木)は葵区青葉公園にて「しみずあっ朝市」がお店を開きますので、その日は桜橋町のお店はお休みさせて頂きます。




桜橋高架を渡る時、どうして桜橋町と名前が付いたのだろうね!?とお客さんに聞かれたことを思い出した。「そうだ!調べないと・・」と呟きながらシャッターを切った。


 ほぼ毎日焙煎をしていますが、今日はブラジル、グアテマラ・アンティグア、ブルボン・アマレロ、ラスナ・マンデリンを焙煎しました。
珈琲が美味しい季節です。温かく香り高い珈琲でほっこりして、気持ちの切り替えに役立てていただきたいと思います。




マンデリンの焙煎豆。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新しい商品を帯包装で・・・

 お薦めの美味しい珈琲豆を1杯抽出用にパックして3個包装したのを準備しました。今回はコスタリカSHB・ブラックハニーです。
コーヒー好きの方へのちょっとした手土産に。一杯だけでも香り立つフレッシュパックです。手軽に一杯の珈琲でくつろぎたい時もありますね。
そんな時にもお役に立てると思い、作りました。




港町珈琲物語の包装紙に包んだコスタリカ・ブラックハニー「一杯だけでも香り立つ。」




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

配達の途中。

 この長い塀の末端当りのお客さん宅にコーヒー豆の配達をした。長い塀は500m程あるのだろうか。



清水第二中学校と岡小学校グランド南側の塀。


 その一か所から校庭が見えたのでちょっと覗いてみたら、その向こうに富士山が大きく見えていた。2校を合わせた広いグランドと富士山の風景にカメラを向けていると「今日は富士山が綺麗だね!」とおじさんが声をかけながら通り過ぎていく。「校庭から富士山が見えるなんていいですね!」と交わしたがこんな対話がこれからは多くなる清水なのです。



清水第二中学校と岡小学校グランドと富士山_11月25日。




桜ヶ丘交差点の歩道橋からの富士山_11月25日。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

休日の朝・・・


 11月23日『勤労感謝の日』は櫻珈琲定休日です。
紅葉が深まる季節、甲府行きを予定していたが、都合で取り止めにした。ちょっと残念だがやることはいっぱいあるので、その順番を考えながら家事を済ませ、数日分の新聞を拾い読み、パソコンでスマホ情報を拾い読み。そうなの・・まだスマホを手に入れてないので、それもこれもとやりたいこと、やらなきゃならないことが続々と。それでは行動開始します。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

小春日和の良き日

 多くの人が今日体験した事を対話するとするならば、私の今日は、早朝「あっ朝市」で150gの珈琲を松屋式で繰り返し抽出して、白いデミタスカップで大勢の方にコーヒーを飲んでもらい、大勢の方に珈琲豆を買ってもらいました。朝の一仕事は8時で終了し片づけをして、午後からの開店支度を済ませ、清水東口広場で開催している「清水においでよ!」と題したイベントに遊びに行って来た。「シミフェス」や「清水みなと屋台まつり」などのイベントを見てきた。シミフェスに出店していた知人R荘さんが焙煎したコーヒーを淹れてもらい飲んできた。深煎りで香ばしく甘い!時にはこんな時間も必要かなと思いながらのんびりと寛いできました。



あっ朝市抽選会の様子。


 家人は知人が出店する蓄音機と射的の応援に駆け付けたが射的の担当になっていて、子供たちと共に楽しんでいた。威勢の良い声が遠くまで聞こえていた。亭主元気で留守がいいとはこのようなこと・・・!?



シミフェスで射的担当する家人。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雨上がり・・・


 暖簾に西日が当たっているのに気がつき、明日の「あっ朝市」は大丈夫ね!と一安心してあっ朝市の準備を進めました。ご来店をお待ちしています。



なかなか雨が上がらないなと思いながら仕事をしていたら、いつの間にか明るく西日が差してました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

水上バスから・・・

 穏やかな秋晴れ、『あっ朝市』が終わり、店の開店準備が出来た頃、家に居るのは勿体ないな!と思い、水上バスに乗ってみることにした。
幸い自転車もいっしょに船に乗れるというので江尻埠頭で降りて自転車で帰ってこようと。水上バスは日の出埠頭から三保、三保から江尻へ。出航すると、かもめたちがいっしょについてくる。まもなく水上バスのアナウンスがあり、かもめは渡り鳥でシベリア方面からやって来たと話してました。




水上バスは日の出埠頭から三保、そして江尻に向かいます。


 白い帆を張ったヨットがゆったりと浮かんでいるのが、豊かな風景を引き立てて美しく感じました。



三保から江尻に向かう水上バスからの風景。

 私は江尻の河岸の市に行って、買い物をして自宅へ戻りました。余暇時間を利用したちょっとバカンスが気持ちよく終了。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

休日編:「カモと農夫」

 海の畑でもろもろの作業をしていたら正午になったが、昼食に家に戻るのはもったいない陽気なので、マーケットでお寿司屋とタコ焼きとビールを買ってきて、海岸で食べることにした。青く穏やかな海を眺めながら乾杯をしていたら、いつの間にか近くにカモが来ていた。カモは時折、立ち上がり、声を出してはまた座ったりを繰り返していた。私たちの行動には微動することなく、羽根を休めているように見えた。



寝ているのかと思うと立ち上がり、歩き出し、あたりを見回したりしている。


 海を背景に写真を撮ろうと思い、カモの周りを静かに歩き、位置を変えたら、その向こうで初老の農夫がポーズをとるのでカモといっしょに写真の構図となった。その後、農夫が大きなくしゃみをしたらカモは飛び立って行った。が、くしゃみに驚いたのか偶然くしゃみと一致したのかはわからない。



農夫とカモ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ