社会保険労務士 土屋留美の日記

企業法務・労務管理に関する話題、日々の業務を通じての所感など

今年の桜

2016-04-04 17:28:06 | 日記

こんにちは。

4月になりました。

今年のお花見は千鳥ヶ淵です。

4月の2日(土曜)の千鳥ヶ淵

 

相変わらず今年も混雑しておりました。

 

 

そしてお花見の後は、九段下 寿司政さんへ 

楽しみにしていたお寿司を食べに

 

※HPからお店のお写真をお借りしました。

寿司政さん独自の赤酢のお寿司が

美味しかったです。

ガリも甘くありません。

まだ、11種類の寿司ダネをちらした

ちらし寿司を食べていないので

ぜひ、こちらも食べてみたいと思っています。

楽しみが増えました。

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

外資系企業のメンタルヘルス担当者様へ  「中小企業のメンタルヘルス対策」

2016-02-02 19:23:53 | 企業法務・法改正情報

こんばんは。

今日は外資系企業様の人事やメンタルヘルスの担当者様にむけ

お知らせです。

外資系企業は、かなり仕事上の成果や結果が

個人の評価に繋がる面が強い特徴があります。

その中で、

かなり仕事の成果を達するために

社員個々のプレッシャーやストレスも強まるときがあります。

社員の心身の健康を保ち、活力に繋げるために

社員のメンタルヘルスの不調を防ぐ方法や

担当者様にも役にたつ書式や規定を掲載しています。

宜しければ、覗いてみてください。

ストレスチェック制度にも(平成27年12月施行)にも対応しています。

第一法規「中小企業のメンタルヘルス対策」

 

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

第一法規「会社法務A to2 Z」2月号 「ヘルシーカンパニーになるために」

2016-02-01 15:55:34 | 企業法務・法改正情報

こんにちは。

 

1月25日に発売されました第一法規の

「会社法務A to2 Z」で

「ヘルシーカンパニーになるために」の原稿を書かせて頂きました。

この原稿では

会社が従業員の健康を守り、長く働いてもらうことの利点や必要性について

様々な視点から、その理由を解説しています。

興味のある方は、ぜひ第一法規さんのHPから覗いてみて下さい。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

36協定(時間外・休日に関する労使協定)を労使で締結していますか?

2016-01-22 17:43:29 | 企業法務・法改正情報

こんばんは。

明日は東京はまた雪となるのでしょうか?

寒いのが嫌いなので、雪は降ってほしくないですね。

さて36協定についてです。

会社が従業員を雇用し、働いてもらうとき

1日8時間以内で、週では40時間以内で働いてもらうことが

原則となります。

しかし、この原則の労働時間を超えて、働いてもらうときには

会社と従業員で36協定(時間外・休日労働に検する協定)を締結して

残業時間や、休日に出勤する場合の労働時間を決めておく必要があるのです。

この36協定を締結していないときや

協定で定めた残業時間を超えて働かせることは

労働基準法に抵触する恐れがありますので

どうぞ、ご注意ください。

 

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

翌日、雪や暴風雨の警報がでている場合の社員対応

2016-01-20 17:36:05 | 企業法務・法改正情報

こんばんは。

雪が降ると、やはり東京の交通網は弱いですね。

まして電車の運行本数を朝から減らしているのに

通勤する方の人数はかわらないのですから・・・

電車に乗ろうにも、乗れない、駅構内に人があふれるということにもなります。

 

業種や職種にもより出来ない場合もありますが、

大雪や暴風雨の予報が出たならば

出勤時刻を1時間ずらし、時差出勤にしたり

自宅勤務やモバイル勤務の制度をとるというのも

会社が社員にできる対応策の一つかと思います。

どうぞ、検討してみて下さい。

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

過重労働による労働災害や事故などを防ぐために

2016-01-15 20:34:59 | 企業法務・法改正情報

こんばんは。

本日もバスによる大きな事故がありました。

バスによる事故が続いています。

本日のバス事故の原因はまだ不明ですが、

 

過去にあった事故の原因の一つは過重労働からくる疲労等でした。

バスの管理会社は運転手の定期健康診断も、しっかりしていなかったようです。

 

大きな事故が起きてからでは遅いのです。

勤務時間の管理、定期健康診断、その他にも過重労働からくる労災事故などを防ぐため

長時間労働による医師面談も安全衛生法に要件が定められています。

外部の目として産業医等の健康チェツクを受けることも大切です。

 

昨年からは常時50人以上の規模の事業場では

ストレスチェック制度が昨年12月から実施されています。

労働者自身のストレスの状況を把握するほかにも、10人以上の部署では

集団分析をするのも良いでしょう。部署ごとの労働環境による負荷がわかるでしょう。

 

会社様はどうか下記の3つの実施をしていない場合は

再度、ご検討してみて下さい。

…蟯健康診断

長時間労働者への医師面接

ストレスチェックと集団分析

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

定期健康診断を受けるということ

2016-01-13 16:45:41 | 企業法務・法改正情報

こんにちは。

急に寒くなり、びっくりしています。

 

先ほど、人間ドックの申込みをした私です。

やはり、定期的に健康診断を受けるということは

自分の生活を守ること、働いていくことに繋がると思うからです。

会社では

常時雇用する労働者に1年に1回の定期健康診断を行います。

深夜労働や薬剤などを使う職種の方は年2回となることもあります。

これは法律で会社の義務となっています。

働いている方は

「仕事が忙しいから、健康診断なんて受けたくない」

と思うかもしれません。

しかし、健康で働き続けるためには必要です。

ぜひ、定期健康診断を受けて下さい。

また、会社側も、忙しい従業員が定期健康診断を受けやすいように

場所や時間、必要な個人ごとのオプションも含め

検討してみると良いでしょう。

「中小企業のメンタルヘルス対策」第一法規

この本の中にも、定期健康診断や長時間労働者への面接指導への助言も

書いています。よかったら、ご覧下さい。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

会社はインフルエンザに感染した社員への対応をどうするか

2016-01-07 17:56:29 | 企業法務・法改正情報

こんばんは。

そろそろ、インフルエンザが流行しそうな気配ですね。

さて、社員がインフルエンザに感染したら、どうしましょう?

学校では、インフルエンザに感染した生徒には、5日間の登校が禁止

されます。

しかし、会社などの職場では、特に法律的な制約はありません。

あるとしたら、就業規則による取り決めによります。

就業規則では、

インフルエンザに感染した場合は、おおむね5日程度の休養を自宅でとること、

もしくは主治医に受診し、出社しても他者への感染がおきないよう状態を

確認してから出社するなど、取り決めをしておくと良いでしょう。

 

またこの自宅待機の期間を有給を利用するのか、特別休暇とするのか

などの取り決めをしておくとトラブルが少ないでしょう。

繁忙期や納期などで、なかなか休めないとう気持ちもあるでしょうが、

インフルエンザやノロウィルスなどの感染で、無理して出勤しても

職場で回りの労働者にさらなる感染を引き起こしたら、

困ったことになってしまいます。

 

まずは、医師への受診と自宅での安静が必要ですね。

まだ用意をしていない会社は、うがい薬や手洗い洗剤などの用意も検討してください。

「中小企業のメンタルヘルス対策」第一法規

外資系、IT企業、中小企業などが従業員のメンタルヘルスの管理

について、無理なくできる内容となっています。 

 

 

 

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

人を雇用する際は「労働条件」を通知する

2016-01-06 18:42:09 | 企業法務・法改正情報

こんばんは。

今日は「労働条件の通知」についてです。

さて、正社員を雇用する時に、雇用条件を通知します。

この賃金や労働時間、休日などを示した「労働条件明示書」を

書面で通知します。

この労働条件の明示は、正社員だけでなく

パートやアルバイトにも同様に雇い入れ時に通知する必要があります。

また、学生のアルバイトを採用した際も通知します。

最近、ブラック企業やブラックバイトを改善するため行政も動いています。

学生アルバイトも含め、労働者とのトラブルにならないよう

労働条件の事前の通知や

適正な労働条件を確保するなど、会社も注意が必要です。

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

2016-01-04 17:13:09 | 企業法務・法改正情報

平成28年1月4日

今年も、また1年が始まります。

社会保険労務士としての顧問業務や

原稿関係の仕事も含め、また新たな気持ちで進んでいけたらと思います。

今年も、どうぞ宜しくお願い致します。

 

社会保険労務士 土屋留美

 

 

 

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

今年の仕事納め

2015-12-28 18:18:07 | 企業法務・法改正情報

こんばんは。

今年も無事に仕事納めとなりました。

毎年、この仕事納めの日が来ると

何だか、ほっとするものです。

 

今年は、おかげ様で書籍に関する仕事の多い年でした。

これも、ご縁と編集担当の方々や、多くの方のおかげです。

来年も、法改正など様々あり

原稿関係の仕事も、多くのご縁が繋がりますようにと

願っております。

来年も、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

社会保険労務士 土屋留美

 

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

書籍 「中小企業のメンタルヘルス対策」が発売となりました

2015-12-26 20:16:21 | 企業法務・法改正情報

12月25日に

第一法規から「中小企業のメンタルヘルス対策」が

発売されました。

思いがけなくクリスマスの発売となりました。

産業医選び方、役割について

ストレスチェック制度の規程例など

解説をさせて頂きました。

従業員のメンタルヘルスへの対応にお悩みの担当者様は

どうぞご覧になってみて下さい。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

11月終わりの頃の京都・・・大原

2015-12-26 19:10:46 | 企業法務・法改正情報

11月の終わりの頃、

京都の大原に行ってきました。

まず新幹線に乗る前に、東京駅の「祭り」で

お弁当をじっくり探します。

この日は「えび千両ちらし」という、卵焼きの下に、ちらし寿司のお弁当にしました。

このお弁当は、TVでも紹介されていて、食べてみたかったからです。

そして、京都駅から地下鉄と京都バスで大原へ

大原 三千院

 

紅葉は今年は異例なことに

赤く紅葉する前に黄色くなってしまい残念なこととなっていました。

三千院のさらに奥にあるのか来迎院です。

耳についてのお願いをする方もいるようです。

 

ここから実光院でお抹茶を頂き、秋から春まで咲く「不断の桜」と庭園を拝見し

次に勝林院へ

こちらの本堂は、実際はもっと迫力があります。

 

そしてJR東海のCMでも有名な宝泉院へ

CMにように額縁に入ったような絵のようなお庭でした。

こちらの松の木は樹齢が500年以上だとお聞きしました。

「桃山の血天井」なども拝見できました。

ご住職のお話も楽しく、所どころに、お花が活けてあり素敵でした。

そして

寂光院、こちらは初めてお邪魔しました。

健礼門院ゆかりのお寺です。

ここで平家一門の冥福を祈ったのですね。

尼寺のせいなのか、とても雰囲気がやさしいのです。

 

この大原のエリアは

しば漬けが有名ですが

最近は、大原の柚子や野菜を使ったドレッシングや

白みそを使ったデザートなどのオリジナルのお土産も展開しているようです。

足湯カフェも良いですね。

 

本当は2日目は高雄の神護寺と高山寺に行きたかったのですが

なんせ神護寺の急な石段に足がもつか不安だったので

 大原からタクシーで出町柳まで行き

地下鉄で東福寺へ

 

なぜ、東福寺かというと

コーヒーのCMに出てくる有名な東福寺の通天橋が見たかったからです。

外国からの観光客も含め、ものすごい混雑でした。

通天橋から見た紅葉は綺麗でしたが、

なんせ人ごみにつかれました。

次の機会にもっとじっくり行きたい。

 

 

そしてJR京都駅で京都伊勢丹へ

お買いものは、いづうの鯖寿司

季節ごとにかわる包装が楽しみです。

今回は紅葉の絵柄でした。

さばに厚みがあります。

JR京都駅の8条口の改装も終わり

新しい和菓子やカフェが入っていました。

また、いけたら嬉しい京都です。

がんばって働きましょう。

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスとサンタクロース

2015-12-26 18:26:05 | 日記

こんばんは。

暖かいクリスマスでしたね。

 

私のクリスマスの楽しみは

実は、ケーキやクリスマスの料理も楽しみますが、

 

他に何が楽しみかというと

北米放映司令部のクリスマスイブ限定のの「サンタ追跡」です。

本来は米国とカナダの防衛を担う役割ですが、

クリスマスにネットや電話で政界中の子供たちに

サンタが今、どこにいうのかを伝えています。

もう、60年になるそうですが、

夢があり、暖かいい「サンタ追跡」が

どうか、これからも続きますように!

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

平成27年度労働者派遣法改正 特定労働者派遣の事業主様へ

2015-12-22 13:42:30 | 企業法務・法改正情報

平成27年9月30日に労働者派遣法が改正されました。

この改正により特定労働者派遣事業を営んでいる事業主は

一般労働者派遣事業の区別が廃止されます。

すべtの労働者派遣事業は、新たな許可基準に基づく許可制となります。

そこで

特定労働者派遣事業の事業主は

平成30年9月29日までは、許可を得ることなく引き続き特定労働者派遣事業を

行うことができます。

つまり特定労働者派遣としては、平成30年9月29日以降は派遣が出来なくなります。

今後も一般労働者派遣事業として行う希望がある場合は、

この期限までに新たに一般労働者派遣事業の許可を受ける必要があります。

許可申請のための書類の用意や、

必要とされる基準資産の要件も高く、複雑になります。

これから、特定労働者派遣から一般労働者派遣への切り替えで

お困りの事業主様は

当事務所にご依頼ください。

当事務所にご来所を頂いてのご相談対応とさせて頂きます。

 

 

 

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加