そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

魍魎の匣

2007-12-25 | 劇場映画れびゅー
豪華なキャスティングと、東京事変の曲に誘われて『魍魎の匣』を観てきました。
★★

京極堂シリーズ第二段なのか…
えー!これって『姑獲鳥の夏』と同じシリーズだったの?
などと、観終わって帰ってから気がついた俺。
いくら『獲鳥の夏』が★1個しか付けない程に面白くなかったからと言っても、全く気づかなかった俺って根本的にヤバイw
ほとんど同じ出演者なのに、キャスティングが面白そうなんて思いながら観に行ったり、「京極堂、京極堂、どっかで聞いた名前だなぁ」なんて思いながら最後まで気づかずに観てしまったり(汗)

ほとんど印象に残ってない前作と比べるのも何だけど、今回はフツーに映画として一応楽しめたので★2.5個。
日本の当時の雰囲気と、妖艶な空気を生む為に、中国を中心としたロケで、ここは日本と言い張っている点も面白い。
今更だけどメインの大物俳優達の安定した演技は頼もしかったし、そういう点だけに着目するとかなり質の高い映画に仕上がってる。

でも、スピード感を狙った演出なんでしょうけれど、テンポが速いのと説明不足が祟って、何のこっちゃかわからんままクライマックスまで一直線。
正確には一直線感を無くす為なのか、途中までは時系列を弄ってるんだけど、余計に訳が分からなくなってしまい、クライマックスで全部が明かされるまでは「分からないところが分からない」状況に陥ってしまった。

こりゃ2回観ないと理解しきれないな。

きっと、噂の分厚い原作本を読んでいるファンには、『ハリー・ポッター』のように楽しめるんでしょうねぇ。



姑獲鳥の夏

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エンジェル | トップ | AVP2/エイリアンズ VS. プレデター »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
魍魎の匣 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ハコの中には 何がある?』  コチラの「魍魎の匣」は、京極夏彦さんのベストセラー京極堂シリーズ映画化第2弾となる、12/22に公開されるすべての人の想像を超える超高速展開サスペンス!!なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪  2005年に公開された「姑...
魍魎の匣 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ミステリー&サスペンス  監督:原田眞人  出演:堤真一      阿部寛      椎名桔平      黒木瞳 【物語】 終戦から7年後の1952年。探偵の榎木津礼二郎は、元映画女優の柚木 陽子から失踪した娘・加菜子の捜索を依頼される。同じ頃、...
「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木瞳、マギー、堀部圭亮、荒川良々、笹野高史、大森博史、大沢樹生、右近健一、寺島咲、谷村美月、清水美砂、篠原涼子...
魍魎の匣 (Akira's VOICE)
原作ファンの皆さん! 予習はしないでおきましょう!
【映画】魍魎の匣 (新!やさぐれ日記)
■状況 シネマックス足利店にてレイトショウで観賞 ■動機 篠原涼子ファンに連れられて ■感想 いや、面白かったんだが、なんだろう・・・ ■あらすじ 戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し、探偵の榎木...
「魍魎の匣」 やはり映像化は難しいか (はらやんの映画徒然草)
「姑獲鳥の夏」に続く京極夏彦さんの京極堂シリーズの二作目です。 僕は原作の大ファ
魍魎の匣 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
京極夏彦さんの本が大好きなので、原作は刊行当時に読んでいま~すでも内容はうろ覚え(汗)・・・映画を楽しむには丁度いいよねっ【story】戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し、探偵の榎木津(阿部寛)が行方...
魍魎の匣 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
それは決して開けてはいけない匣__箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物――箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。 物語の舞台は1952年の晩夏。東京で行方不明になった少女たちの四肢が、箱詰めで見つかる...
魍魎の匣 観たっ☆ (せるふぉん☆こだわりの日記)
公開初日、早速観てきましたよ~。 昨夜は原作を読みきらなくては・・・・!と夜中
魍魎の匣 (ネタバレ映画館)
戦時中、日本軍はゾンビ兵計画を企てていた?
「魍魎の匣」京極堂のはしゃぎっぷり (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
待ちに待った『魍魎の匣』 どんだけ応募したか分からないのに、ついに試写会は当たらず、なんとか手に入れたものの京極堂を愛してやまないねえね(高2)に取られてしまった。 このたび、ようやく公開を待って観る事ができた。
「魍魎の匣」映画館レビュー 映画愛 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
久々の映画館で映画。映画を観て、幸せ。
【2007-192】魍魎の匣(もうりょうのはこ) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 匣の中の少女 匣だらけの 匣みたいな家 匣に取り憑かれていた それは決して開けてはいけない匣 ハコの中には 何がある?
匣の中身は何じゃろな【魍魎の匣】 (犬も歩けばBohにあたる!)
京極夏彦のベストセラーシリーズ映画化第2弾 「魍魎の匣」を見てきました。 第1弾
『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
三連休中日、日曜日の夜、レイトショーで『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』を見てきました。
魍魎の匣 (Diarydiary!)
《魍魎の匣》 2007年 日本映画 街で話題になっている少女バラバラ殺人事件、
魍魎の匣 (映画鑑賞★日記・・・)
2007/12/22年公開(2008/01/04鑑賞)監督:原田眞人原作:京極夏彦 『魍魎の匣』(講談社刊)出演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木瞳、宮藤官九郎、柄本明 ハコを開けちゃだめ~だけど開けたくなるものだ。
魍魎の匣 (eclipse的な独り言)
 これも1000円になるのを待ちました。原作のファンには不評ですよね・・・・(1
映画【魍魎の匣(もうりょうのはこ)】~劇場~ (もうひとつの 【YUKIKO of Dream】)
製作年度:2007年 製作国・地域:日本 監 督:原田眞人 脚 本:原田眞人 原 作:京極夏彦 音 楽:村松崇継 出 演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木瞳、宮藤官九郎、柄本明、清水美沙、篠原涼子、マギー、堀部圭亮、荒川良々、笹野高史 ...
魍魎の匣 (お気楽に映画で極楽)
京極堂シリーズの中で「魍魎の匣」が一番お気に入りなだけに、楽しみにしていました。監督も変わったので一作目のウブメ程、酷くは無いだろ...
[遅ればせながら、映画『魍魎の匣 』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
▼公開から三週間ほども経過したのだが、いつものMOVIX昭島に『魍魎の匣』を観に行った。 面白かった^^ 私は、原作の京極夏彦著作に人並みにはまった時期があって、京極堂シリーズ第四作の発売『鉄鼠の檻』発刊の時にはサイン会にも赴いたほどだ。 その時、応援...
魍魎の匣(もうりょうのはこ) ~ 何だかわからない気持ちの悪さこそが… ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 何だかわからない気持ちの悪さこそが… ~ 直木賞作家・京極夏彦のベストセラー「京極堂(百鬼夜行)」シリーズの映画化第二弾、『魍魎の匣』(2007年/日本)。05年に映画化された『姑獲鳥の夏』に続き、今回も憑き物落とし・京極堂、人の記憶が見える探偵・榎木津...
今回の事件はまるで魍魎だ! (Ondul Blog ver.β)
映画 『魍魎の匣』 感想 2008年1月5日、記念すべき今年一発目に鑑賞した映画です。 一言で言えば、見る人を選ぶ映画ですね。キャスティングだけ見て安易にこれをチョイスすると痛い目に遭うかも(笑前作以上にコアな人向けというか、この『解る人だけ見てね♪』っていう...
★「魍魎の匣」 (ひらりん的映画ブログ)
今週は平日連休が取れたので、シネコンはしごでもう2本。 その1本目。 ヤケに難しい漢字ばっかり使う京極夏彦原作の映画化第二弾。 第一弾の「姑獲鳥の夏」も劇場鑑賞したけど、記憶薄っ。
『魍魎の匣』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「魍魎の匣」  □監督・脚本 原田眞人 □原作 京極夏彦「魍魎の匣」 □キャスト 堤 真一、阿部 寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木 瞳、柄本 明、宮藤官九郎 ■鑑賞日 1月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5...
真・映画日記(1)『魍りょうの匣』 (          )
JUGEMテーマ:映画 1月4日(金)◆675日目◆ この日もお休み今年は休みが1週間以上あり、のんびりできる。 7日にその反動がきつそうだけど…… 昼に外出。 シネスイッチ銀座で『呉清源 極みの棋譜』を見ようとしたが時間を間違える。 仕方なく新橋に出て「ニ...
mini review 08324「魍魎の匣」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
累計500万部を超えるベストセラー・シリーズの映画化第2弾。第49回日本推理作家協会賞に輝き、シリーズ最高傑作の呼び声も高い同名小説を原作に、古書店主の“京極堂”こと中禅寺秋彦と仲間たちが、3つの事件にかかわる恐るべき秘密を追う。監督は『突入せよ!「あさま山...
【映画】魍魎の匣…原作にとらわれない(?)作品 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
毎回記事の冒頭には近況だの雑談だの書く私ですが… 今回映画記事の内容が長すぎて、投稿限界イッパイイッパイなのです{/ase/} なので早速、本日{/hiyoko_cloud/}は映画鑑賞記録です{/ase/} 「魍魎の匣」 (監督:原田眞人、出演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、2007年...
『魍魎の匣』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し探偵の榎木津(阿部寛)が行方を追うことになる。一方、作家の関口(椎名桔平)と記者の敦子(田中麗奈)は不幸をハコに閉じ込める教団に遭遇。榎木津、関口、敦子ら...