まちかど逍遥

私ぷにょがまちなかで遭遇したモノや考えたコトなどを綴ります。

南小樽の朝歩き

2016-05-24 23:24:01 | 建物・まちなみ
南小樽からの続き。

小樽は去年4年前と、2回うろついたことがあり、特に前回は北のウォール街あたりをかなりつぶさに
見たので、今回は長く留まるつもりはしていなかった。昨日の夜歩きでかなり楽しんだのだが、暗すぎて
よく見れないものがあったので、朝から散歩して再び見て歩く。


1932(昭和7)年築、旧小堀商店。案内板によると、木骨鉄網コンクリート造で、二重窓や全館スチーム
暖房を備えた当時の先進的な建物だったようだ。


海陽邸は見晴らしの良い高台に建つ元料亭で、魁陽亭、開陽亭、海陽亭と名を変えた。
明治初期の創業以降、火災で再建、大正期に増築された。政財界などの著名人も多く訪れ、
歴史の舞台ともなったらしい。


しかし明治〜大正の建築とはちょっと思えないなぁ。左側の棟のモルタル塗りの玄関周りは
戦後っぽいけれども。


メルヘン交差点にもほど近いまちなかでありながら、丘の上という抜群のロケーションに建つ海陽亭。
残念なことに今は空き家になっているようだ。旅館にしたらいいんじゃない?うまく使って欲しいなぁ。


昨夜は気づかなかったが、海陽亭の隣に猪俣邸という古い実業家の邸宅があった。
石蔵とそれに続く中国っぽい門が特徴的。塀は高さ3mもあるだろうか、城郭のようで日本離れしている。
1906(明治39)年。凝灰岩か竜山石のような、柔らかく粉っぽい石でできている。


こちらは今もお住まいのようで、門の内側には美しく保たれた主屋とお庭が見えた。


夜歩きでも見た「斎田産業小樽工場」のビル。タイルが落ちてくるからか、ネットをかぶっている。
・・・おや、隣のビルと一体だったのか!


間には丸窓もあって面白いが、このつながり方、パキッと割れそう(笑)。右側が増築部だな。

裏側は鉄筋がむき出しになっていたりと、、、構造上もかなり劣化してるようだ。

周辺にはまだいくつか目を引く建物があった。


この近くの函館本線のガード下では、少しずつ年代の違う古いレンガ造の橋台が三重に並んでいる。
踏切も魅力的だし、時間があれば鉄道風景もじっくり見たいところだが、もうそろそろ戻って
チェックアウトしよう。モーニングできそうな喫茶店はなかったなぁ。。。


さて、チェックアウトして南小樽駅へ早めに行き、お花見兼駅見(笑)。


切通しに架かる函館本線の橋の上がベストスポット!




複雑な駅構造と色あせたペンキの味わい深い色。そして満開の桜を心ゆくまで愛でる。。。


シャワーのような桜。


快速エアポートでこの跨線橋の下を通るたびに、うぉっ!と身体を振りかぶって見ていた南小樽駅。
ようやくこのホームに身を置くことができて、しかも最高のお花見もできて、う〜ん満足満足!!



このあとは、ひと駅小樽まで。

続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南小樽の夜歩き

2016-05-19 01:53:12 | 建物・まちなみ
小樽からの続き。

フェリー港から南小樽駅までタクシーで数分。
隣の小樽駅近くの方が宿も店も多いし、動きやすいのに、なんで南小樽に宿をとったのか?
それは前々から惹かれていた南小樽駅をじっくり見るため(笑)


この駅はちょっと変わった構造なのだ。駅舎が丘の上に建ちホームは切り通しの下にあって、
跨線橋で結ばれているのだが、その跨線橋が古くて、リベット打ちの桁や板張りの壁が
なんとも味わいがある。


そして南小樽駅では桜が見頃。うわぁ〜きれい〜!
切り通しの斜面から生えた桜の木がホームに覆いかぶさるように枝を伸ばしている。
大阪ではとっくに終わったのに、思わぬ夜桜に感激!


明日ここから乗る前にゆっくり見よう〜


魚松旅館にチェックインして荷物を置いたら夜歩きに。まずさっきタクシーの窓から見えた気になる
建物を見に行こう。
坂道を下って行くと、あった!瓦の乗った3階建ての黒い建物。お風呂屋かと思ったが違って、
旗屋さんのようだ。しかし暗くてよく見えないな。明日朝にもう一度来ないと。。


いったん南小樽駅へ戻り逆の方へ行く。これは南小樽駅の裏口。石畳と四角い箱型の建物は
表側とはずいぶん印象が違う。


黄色い灯りに照らされた踏切に佇む。北海道の踏切は隙間だらけで大らか(笑)。


南小樽駅周辺は、「大観光地・小樽」の片鱗すら感じさせない、ごく日常のまちなみである。
大阪のまちかどにありそうなこんな企業ビルを見つけた。でもネットがかかっているな。もう空家だろうか?


坂道を下りきって「メルヘン交差点」の方へ行ってみる。ここは七叉路で、角角には近代建築が残っている。
昼間は観光客でごった返しているであろうこの場所も、さすがに夜の22時では人っ子一人いない(笑)。

オルゴール博物館となっているのは、もと共成株式会社という米穀商。このあたりでひときわ目を引く
装飾豊かな建物だ。木骨組のレンガ造は北海道では珍しいのだとか。

銀の鐘一号館になっているのは、元中越銀行小樽支店。


スーベニールオタルカンというお土産物屋は、戸出物産小樽支店。


3棟の建物からなり、一番奥にはレンガ蔵が。


メルヘン交差点から堺町通りへ入ると大きな石蔵が何棟か並び建ち、北一硝子の工房や六花亭などになっている。
キャピキャピした観光地はちょっと勘弁・・・だが、ここらの店は建物が本物だからすごい。


誰もいない、全く別の顔が見れる、小樽の夜歩き。建物を見るには夜がいいね!


駅でゲットしたマップに載っていた「海陽亭」というのが、この近くにあるらしいので探して
うろうろしたら、あった、これか!・・・でも真っ暗で全く見えない。


これも明日の朝にするか。


続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憧れの船旅

2016-05-18 00:08:36 | 川・橋
豪華クルーズ船でなく庶民の足としての定期航路が好きだ。
関西から西へ向かう船はこれまで何度も利用してきたが、東行きの航路は乗ったことがなかった。
出航地である敦賀か舞鶴か名古屋まで行かねばならないことが最初のハードルだったのだが
それに加え、西へ行くより時間がかかるため短い旅程では使いづらいのも理由の一つである。
しかし今年のGWは有給を1日取って、未踏の航路を織り交ぜた船旅プランを立ててみた。


5月2日、18時過ぎに会社を脱出、三ノ宮からのバスで舞鶴港へ向かい、3日0:30発の
小樽行き新日本海フェリー「はまなす」に乗り込んだ。

以前レンタサイクルで巡ったことのある東舞鶴のまちはずれにある港は真っ暗で静まり返っている。
デッキから埠頭を見下ろすと、幌をかぶった自衛隊のトラックが闇に紛れている。
そう、乗客の半分は自衛隊員である。

乗船後1時間半あるのでひと通り船内探索してお風呂にも入り、いよいよ出航の0:30まで
あと2〜3分となったので再びデッキへ出てみると、、、あら!もう離岸してるじゃないの。
記念すべき船旅の始まりを危うく見逃すところだった。


心地よい温度の夜風に吹かれながらクルーズ気分満喫。
スマホでGoogleの地図を拡大して見ると舞鶴港がいかに地形に恵まれているかが分かった。
日本海自体、大陸と日本列島に囲まれた内海だが、丹後半島の陰に隠れた若狭湾の中の、さらに岬と
小島に隠された舞鶴湾の、複雑な入江の最奥部にある港なら、外海が荒れてもなかなか高波は
押し寄せないだろう。

港の灯りが遠ざかると、砂を撒いたような星空が見えてきた。いいねぇ〜

小樽到着は3日の20:45。約20時間の長旅になるためさすがに大部屋はないようで
カーテンで仕切れるツーリストAという寝台が一番お手頃。


私は端っこの壁際の席なので向かい合うベッドがなく、ほぼ個室のようにのびのび使える。



別府行きのさんふらわあは外国人客がワンサカいたが、こちらは外国人は皆無。
日本人客もそれほど多くないので静かだ。さすがに飛行機なら2時間弱で行ける北海道へ
20時間かけて行くようなのんびりした旅ができる人は少ないのだろう。

設備はだいたいさんふらわあと変わらないが、売店がすごい!東北・北海道フェアさながらの、
見たことない商品がいっぱい!ハタハタの甘露煮やゲンゲのみりん干し、ニシンの燻製、
ホッキ貝の貝ひも、、、また富良野ワインやジュース、チーズケーキ。。。うわぁ。。
そそられっぱなしだが、まだ旅は始まったばかり。旅の間中持ち歩くのは辛いので、、、


「野菜生活100北海道メロンミックス」だけ買おう。あっ、すみません、売店は1時閉店でしたか。
ちなみにこれ、メロン100パーセントジュースを飲んでるようでめちゃくちゃ美味しい!
北海道限定、季節限定、らしいが、大阪でも売ってくれないかなぁ〜


一方、船内でWifiが使えないのは残念。。。


朝はゆっくり起きたので日の出は見れず。デッキに出てみるが360度海ばかり。

現在秋田県の男鹿半島沖を航行中とのアナウンスが。へぇ〜もうそんなとこまで来てるのか。
そう、新潟や秋田までなら、関西から九州へ行くのとほぼ同じ10時間程度なのだ。
はじめは秋田と新潟を巡る案も考えたのだが、運航日が合わなかったのだった。

展望ラウンジでブログの文章を考えたり、お風呂に入ったり、デッキに出たり、昼寝したり、、、
あぁ、本を持ってくればよかった。極限まで荷物削減したので置いてきたのだった。


船に本ぐらい置いてるかと思ったがなかった。。。新聞も読みつくしたし、
ネットにつながらないとさすがに暇を持て余し気味(苦笑) 。


もう日が傾いてきた。うっすらと陸地が見え、雪を頂いた山々が近づいてくる。北海道だ!


そのうち灯りがチラチラ灯りだした。もうすぐ小樽。さすがに舞鶴と違って夜景が明るい(笑)


小樽に船で上陸。楽しいなぁ!フェリーの着く港は運河のある観光地からは少し離れた、南小樽の
端っこにある。南小樽駅までは2kmちょいの距離で、明るい時なら楽勝で歩ける距離だが、
さすがにもう夜だし早いところ宿へチェックインしたいので、タクシーでピュッとワープしよう。
・・・でも車窓チェックは怠りなく(笑)。

続く。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

星、否、人 昭和塾堂

2016-05-16 22:35:28 | 建物・まちなみ
覚王山の続き。

この日どこかで何かを(苦笑)目にしてふと知った昭和塾堂の存在。近くにそんな近代建築もあるのか、
それは見ておかねば。ということで歩きだしたが、ずいぶん遠回りしてしまったらしい、20分ぐらい
かかってようやく、到着。うわぁ〜、何かものものしいな!


その前に、通路を挟んで向かいにあった武道場、養心殿も見ておこう。


堂々と反った入母屋造の屋根に板張りの壁、入口庇の千鳥破風など、和風建築なのだが、何となく
洋館っぽく見えるのは、全体が白いペンキで塗られているからだな。


もうひとつ、懸魚の代わりにペディメントみたいな唐草模様のレリーフパネルが取り付けられている
せいかもしれない。




さて、昭和塾堂の方を。こちらは裏側にあたり、階段を上って正面へ回ってみよう。


おぉ〜っ!こんな大きな建物だったのか。左右対称で両翼の棟には半円アーチの縦長窓がずらりと並び、
中央のエントランスの両側にもアーチ。しかし壁から大きく張り出した屋根は垂木を見せたような
デザインで和風建築を思わせ、特に塔の最上段は寺院にある八角堂をぽんと載せたようだ。
和洋折衷のなんだか変わった建物だなぁ。


現在は愛知学院大学大学院歯学部研究棟として使われているようだ。






人の気配はしないのだが、車が停まっているし灯りも点いているから使われているのだろう。


そろそろと近寄り、入口のドアのガラス越しに覗きこんでみると、おお!!


床にはじゅうたんのような縁取り模様のモザイクタイルが。左右に階段があって八角形の塔の外側に
沿うように上っている。




橋の親柱のような高さ1mぐらいの円柱が見え、そこから上は赤いじゅうたんが敷かれている。


見ごたえありそうだが、まぁ当然非公開。


そのあとぐるっと回って建物の真裏に来てみてびっくり。あれっ!?
この建物もしかして、スターハウスじゃないの!?


昭和塾堂の説明があった。→こちら

それによると1928(昭和3)年に愛知県により建てられた「教化殿堂」「人づくりの殿堂」だとか。
名古屋市庁舎、愛知県庁舎に先駆ける帝冠様式の試作のような建物で、スターハウス状の平面は
「人」の字を表しているのだとか。ほぉ〜

最後にこんな面白い建物を見れてよかった。見ずに帰っていたら悔しい思いをするところだった。
この日揚輝荘のあと名古屋の中心部の建築めぐりもしようと思っていたのだが、全然無理。
やっぱりあちこちと欲張らずにゆっくりする計画の方がいいな!

終わり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭園ギャラリーいち倫

2016-05-15 20:24:16 | 建物・まちなみ
名古屋は覚王山の続き。

揚輝荘のある覚王山のまちは、日泰寺を核としてできた。
地下鉄の駅から門までまっすぐ続く参道には古くから参拝関連の商店や土産物屋、飲食店等が賑やかに
建ち並んでいたが、現在はオシャレな雑貨屋やカフェなども点在し、音楽祭など文化活動もさかん。
通りから一歩入ると閑静な住宅地で、西宮の山手あたりとイメージが重なる。


マップに1924(大正13)年築と書かれていた「敬愛の家」はもと敬愛幼稚園だったらしい。
敷地内に2つの建物が建っており、今ふと思ったがこちらは西原吉治郎設計の住宅の方か?
もう一方の平屋の建物は撮っておらず(汗)。


まちの雰囲気的に、あまり近づいて覗き込むことはできなかったのだ(苦笑)。。。


日泰寺の西側には黒壁の塀をもつ古い邸宅がいくつか残っている。


そのひとつが「庭園ギャラリーいち倫」というカフェになっていたので門を少し入ってみると、おぉ!
手入れされた明るいお庭、そして玄関とその横の応接室と見られる1室が洋風になったお屋敷。


ちょうどいい、見学がてら入って休憩しよう。


木、タイル、凝灰岩などを使った玄関周りはアールデコの時代っぽく私の好きな雰囲気。






ドアを開けて中に入ると結構狭いホールだが、足もとのランダムな石張り、崩した感じの格天井、
ひし形に桟を入れた小窓など、気になるディテールが多く目はキョロキョロ。


そして洋室とつながるドアは中国趣味を思わせる。


結構お客さんは入っているが、奥の座敷席の方が人気あるのか洋室の方は誰もいない。
ラッキーとばかりにお庭に面した明るい席を確保。


大理石のマントルピースは飾りのようだ。折上天井の中央部から下がった照明は繊細な模様入り。


窓は外開き。


お庭の眺めを楽しみながらぜんざいを頂いた。ほうじ茶のお茶碗がかわいいなぁ。


優雅なティータイムで、目も小腹も満足(笑)


続く
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加