まちかど逍遥

私ぷにょがまちなかで遭遇したモノや考えたコトなどを綴ります。

マラッカの面格子&モザイクタイル

2018-06-21 23:31:05 | ディテール
マラッカの連載の最後に、マラッカで見かけた素敵な面格子と、モザイクタイルの数々をまとめてご紹介。
既出の写真もあるがご容赦を。。


やっぱり美しいセントピーター教会の格子。


レトロなカフェのスクリーンの格子は新しいもののようだがとってもラブリ~!


路地に面した裏口につけられた格子ドア。防犯上の機能だけでなくおしゃれ心も忘れない。


同じく路地に面した裏口の格子ドア。アイアンの魅力が感じられるデザインだな!


くるくる唐草の模様がかわいい格子の門扉。


中国寺院の入口の格子扉は雷文と蓮の花。素敵~~~


民家の入口の格子扉も模様が細かくてきれい。


窓の内側に入れられた面格子。


店の軒先にも格子。


こちらの店の軒先の格子は卍や文字?が入っていて宗教めいているな!?


次はモザイクタイルをいろいろ。しかしこちらではタイルの形のバリエーションは少なめ。
モザイクタイルは日本で言うと昭和30~40年代がピークであり、マラッカはそれよりももっと古い町だからだろう。


インド人街のあたりに比較的多い。そのあたりは新興市街地だったのだろう。






複雑な形のパズルモザイクはあまり見られず、四角の大小の組み合わせが多いな。この風車形がまだいちばん
複雑なぐらいかな。。。


柱から床からみっしり貼りつくされている商店は1960代前後に建てられたものだろう。






床の無釉モザイクタイル。うちの実家の建て替える前は玄関がこういう無釉タイルが玄関に敷かれていたなぁ。












美容院の角丸窓に沿ってきっちりと貼られたモザイクタイル。いい仕事している!


同じ美容院の床のタイル。これはちょっと珍しいかな。


錯覚系のタイル。ふくらんでいるように見えるが・・・実際にふくらんでいる(笑)


こちらも同じシリーズのタイルの少し大きい版。


これらのモザイクタイルも日本から入って来たものなのだろうか!?

マラッカではシンガポールと同様マジョリカタイルがすごすぎてモザイクタイルまであまり詳しく見れていないが、
それでもこのぐらいはあるのだ。ほんとに、タイルパラダイスだな!!タイル好きな人は是非行ってみて~~

おわり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイル旅マラッカ(15) プトラモスクに寄り道

2018-06-20 23:12:13 | 建物・まちなみ
マラッカの続き。

さて、丸2日間マラッカを満喫したので、最終日は朝食を食べたらもうチェックアウトして、出発の準備を。
クアラルンプール空港へ向かう前に、プトラジャヤにあるプトラモスクに寄り道しようという計画だ。

プトラジャヤは空港とクアラルンプールのちょうど中間ぐらいにある人工都市で、行政の中心地である。
マラッカセントラルのバスターミナルから空港行きのバスは出ているのだが、プトラジャヤ行きというのは
あるのかどうか分からないので、うろうろして時間をロスするのも嫌なのでタクシーで直行しようと、
mayumamaさんが以前使ったことのあるエージェントの窓口で前日に予約しておいた。

朝ちゃんと時間通りにホテルまで迎えに来てくれたタクシーに乗り込み、何度となく歩き回ったマラッカの町に
別れを告げ、一路プトラジャヤへ。運転手のおっちゃんはおしゃべり好きで英語でいろいろと話をしてくれる。
ヒーレンストリートは1641年に造られ、当時は家の裏は海だったがどんどん埋め立てられて、中国人が
邸宅を建てていったのだとか。少しまちを外れると、広い敷地に邸宅が建っているのだがどれも空き家。。。
世代が変わると市街地に住む方を好み郊外の邸宅は廃れていったという・・・日本も同じだなぁ


また、5/9に選挙があり政権が変わるのだと教えてくれた。あぁそうなのか。どうりで道路わきに旗が
乱立しているし、コマーシャルもあちこちで目にした。熱い戦いのようだ。
昔インドネシアを旅している途中にも選挙の時期にあたったことがあるが、その時は危ないから外へ出るなと
言われ数日間宿にこもっていた。実際、各政党の色の服を着た人々が車にてんこ盛りに乗ってまちなかを
走り回ったりしていてちょっと怖かったのを覚えているが、ここではそんな危ない雰囲気はない。
日本に帰ってからまもなく選挙が行われ、元首相のマハティール氏が返り咲いたというニュースを聞いたのだった。


さてエージェントで聞いていたよりも時間がかかったが、プトラジャヤへやって来た。
目の前には首相官邸(プトラビル)の青い玉ねぎが見えてきた!!こちらもあとで時間があれば見に行こう。


プトラモスクにタクシーで横付け。こちらは1999年に完成したモスクで、湖に張り出すように建てられている。
この色からピンクモスクと呼ばれ、フォトジェニックな姿を見ようと観光バスの団体様が次々と押し寄せる、
絵に描いたような観光地だ。
あぁ滞在時間がもう30分ほどしかない。駆け足で内部を見ようと思うが、中に入るためのガウンを借りるのに
すでに長蛇の列。。。大人しく並んだがすでに15分くらいかかってしまった。ガウンを渡すお姉ちゃんはうつろな目で
手だけが機械的に反復する。朝からいったい何千人にガウンを渡してきたのだろう。ちょっと同情してしまった(苦笑)。


遮光カーテンのような通気性最悪のガウンを羽織って小走りでモスクの中へ。


おぉ・・・デカイ!!観光客がどっと来ていても外観を撮っている人がほとんどで、内部は意外と静かでガランとした感じ。


中もいちめんピンク!
バラ色がかった花崗岩で作られているというが、もちろんそれはサーモンピンク色の壁の部分であり、
ドーム屋根の濃いピンクは塗装だろう。上の方の壁も、天然石ではないように見える。


ミフラブ文の絨毯もいちごミルクのようなピンク色でとってもラブリーだなぁ!!




植物文様で隙間なく埋めつくされたドーム天井。余白恐怖症という言葉が頭をかすめる(苦笑)。
見ていると息苦しく感じるのはやはり日本人の感性だろう。


ドームの周囲の高窓も万華鏡のようなとりどりの色ガラスがはまっているようだが、ステンドグラスなのか、
どういうものなのかは遠すぎて分からないなぁ。




そうだ、ゆっくりしていられないんだ。ぱぱっと写真を撮ったらそそくさと外へ出てまた小走りでガウンを返しに行き
預けておいたバッグを取ってバス乗り場へ急ぐ!!


さっきガウンの列に並んでいる時にちょっと抜け出して帰りのバスを偵察に行ったのだが、タイミングよく停まっていた
プトラジャヤ駅行き路線バスの運ちゃんに聞いたら、バスは30分毎にここに来るということだった。
それでその場所へ行って待つが、待てども待てども路線バスは来ない。入ってくるタクシーは皆客を乗せてきて
戻りを待っているのであり、流しのタクシーは皆無。時間には余裕を見ていたがさすがに焦ってくる・・・
路線バスを見つけて、あれだ!!と追いかけるが、停まらず大きなロータリーをぐるっと回って行ってしまった??
訳が分からず焦りだけがつのり・・・乗ってきたタクシーに待っておいてもらえばよかったと後悔(汗)
しばらくして、ロータリーの出口側に停まっているバスを発見、バッグをゴロゴロ引きながら50mぐらいダッシュ!!
あぁやっぱり外国のバスは怖い。。。わけが分からん。

青い玉ねぎの首相官邸を見に行く時間などまったくなく・・・(汗)
遠回りして走る路線バスにイライラしながらも何とかプトラジャヤ駅に到着、KLIAエキスプレスで無事空港へ。

これでようやく、7泊7日(機内1泊)という長い長い旅は終わり。
シンガポールに入ったのがもう遠い昔のように思われる、毎日毎日が超充実の旅だった。いや~楽しかったなぁ!
いろんな方々に親切にしてもらって本当に感謝です!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイル旅マラッカ(14) 感激のお宅訪問、WILD CORIANDER

2018-06-19 23:48:04 | ディテール
マラッカの続き。

窓からタイルが見えたお宅へ行ってみる。ここに来るのは今日3回目(笑)。
三度目の正直でピンポンを押すと住人の方が出てこられた。
私たちは日本人です、あなたの家の中の素晴らしいタイルを見せてもらえますか、などという幼稚な会話で
よく家の中に入れてくれたものだな!窓から家の中を覗いたことがバレバレじゃないか(苦笑)
よっぽど私たちが信頼のおける風貌だったのか(爆)。あぁもしかして隣のおっちゃんが話しておいてくれたのかも?


何はともあれ、家の中に入れてもらってタイルを見ることができたのだ!!
1番目の部屋と2番目の部屋の仕切りの袖壁に貼られたこのタイルを!!


うぉ~~~!ほとんどが銅板転写タイルで、数枚のみチューブライニングのマジョリカタイルが使われている。
緑色のは淡陶だろう。黄色い花のタイルはベルギー製かな?




タイルは両側にあり左右対称になるように貼られている。どちらも半分は荷物などで隠れていたが、
さすがに退けてとは言えない。・・・と、mayumamaさんが退かせようとしているじゃないの!やめとき~~!!


床タイルも1色のシンプルなデザインだがきれいだなぁ。

見せて頂いてほんとにありがとうございました!!

福章書店、というお店。覗くと、中国風の家の内外でよく見かける立派な木製の扁額を、ここで作っているようだ。
ちょっと見て行こう。


すごく緻密な木彫のゴージャスな扁額が展示されていた。


こちらも。


達筆な筆書きの文字を板に写して、彫っていく。


あぁ、「書店」って、そういうことか。本屋ではなく、「書」店なんだな!


ここも3回ぐらい前を通っていたレストラン、ワイルドコリアンダーに、ようやく食べに来た。
午後に通った時はもう開いていたのでお茶しようかとメニューを見たら、ここは食事のコスパが高そうだったので
夕食に来ようと言っていたのだった。ちょっと時間が早いがまぁいいか。


足元のざくろのタイルは手描きだな。よく似ているが全部線が違っている。


お店の内装はほっこり家庭的な感じの雰囲気。


そして室内にもタイルが貼られている!


緑にピンクがかわいらしい花模様のレリーフタイル。、




壁にはざくろの絵が描かれている。棚の上にあることが多いようだ。




この手描きのざくろ柄のタイルは数ヶ所で見かけたが、あとから写真を見てみるとかなり違っていることを発見。


こちらはホテルプリに併設しているレストランの足元のタイル。ワイルドコリアンダーのと比べると、
職人の個人差というレベルでなく、図柄が違っているなぁ。
下書きの印をつける型紙が、コピー機のない時代に何度も手描きによる写しを繰り返されているうちに
デフォルメされていったのかも・・・と想像。


日曜の夜はナイトマーケットが開かれるというので、ジョンカーストリートへ行ってみる。
まだ日が残る時間帯だが、お店はそろそろ準備を完了して営業を始めているようだ。


どこのまちでもマーケットは面白い。目を惹く演出やそそる香りの食べ物に惹かれあっちへふらふら、こっちへふらふら・・
色とりどりのシュウマイ?饅頭?いろいろ買い食いしたいのだが、お腹いっぱいで・・・少しお腹を空けておくんだった(苦笑)


ドラえもん、キティちゃん・・・ラブリーでフォトジェニックな食べ物たち(笑)


きれいな翡翠色のムール貝や新鮮そうなホタテ、シャコなど海の幸も。


結局お菓子などのお土産をいくつか買っただけだったが、週に1回のナイトマーケットをちょうどマラッカ最終日の夜に
楽しめるなんてラッキーだったな!

続く。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

タイル旅マラッカ(13) 5HEEREN、図書館のタイル

2018-06-18 23:03:14 | ディテール
マラッカの続き。

フェイスブック情報でチェックしていた物件、5HEERENというホテルを、朝イチ見に行ったら閉まっていて
裏口のピンポンを鳴らして出てきたおばちゃんが11時以降なら人がいると言っていたので、昼ごろ見に行く。
マラッカ川に面した側が正面で、1階のカフェも今は開いていた。

中へ入ると・・・うおぉ、これだ!カフェの奥にとりどりの柄のマジョリカタイルが貼られた壁があった。
中央上部にピンクのリボンのタイル。中央部の額縁状に囲んだ中にはイギリス製と見られる4枚組の花のタイルと、
5HEERENの「5」をかたどったタイルが。特別感があるなぁ!


周りのタイルは、ほとんど日本製とベルギー製のようだ。
シンガポールのWANDERLUST HOTELのファサードを髣髴とさせる。
この壁はトイレらしい。ホテルに改装したときにデコレーションしたものだろう。


部屋の中にもタイルが貼られているようなのだが、突然スタッフが写真はダメとか言い出したので見れず。。。
なんでやねん!?ホテルはどこでも快く見せてくれたゾ~~


玄関先には各種床タイルのアソート。




このあと買い物するというmayumamaさんと別行動でヒーレンストリートをうろついたりしてから
ホテルへ戻る。

ショップハウスの構造がよく分かる。

クアラルンプールから日帰りで遊びに来た二人の友人と合流して、昨夜に続きBISTRO1673でランチを。


絶対すべらないおいしさ。そしてお手頃価格。夜でも昼でも間違いない!!




食後はマラッカのコロニアル建築めぐりをするという2人と別れ、私たちはまたタイルめぐりに・・・(笑)
床タイルの美しいアンティーク家具屋に入ってみる。


奥へ奥へ、行けるところまで行ってみるが、めぼしいタイルはなかった。


これは、床タイルのオーダーカタログだろうか。施工例の写真もあり、ここで注文を受けているようだ。
いろんなパターンのタイルがあり、見たことのあるようなものも。
ははぁ、これまで見た床タイルのうちには新しいものが結構あったのかもしれない。
床タイルについては情報が全くなく、セメントタイルなのか象嵌タイルなのか、古いものなのか新しいものなのか、
見分けに自信がない。。。

以前ペナンで見つけたタイル屋に、象嵌タイルの製造過程が展示してあり、こういうタイルは全部象嵌タイルだと
思っていたのだが、セメントタイルも混じっているようで、ちょっと分からなくなってしまったのだった。

取り外した古い面格子を売っている店もあった。


ちょっと休憩。。。グラムラカがたっぷりかかったナタデココ入りの氷を。ウマ~






壁には桃(?)のレリーフが。


また歩いていると、「図書館」という建物が目に入る。こんなの前からあったっけ???
図書館なら公共施設なので入れるな!


私設図書館なのか、入口で受付するようになっていた。ちょっと見せてと言って中へ入らせてもらうと・・・
おぉ!!ここも、さっきのカレー屋と同じく階段の蹴上、踏み面共にタイルがびっしり!


こちらは蹴上の部分にチューブライニングのタイルが使われ、踏み面には銅版転写タイル。


光庭には井戸の飾り台もあった。おや、よく見るとここにも銅板転写タイルが・・・




明るい光庭の横でDVDを見ている子供を尻目に、大人の外国人がタイルばかりに夢中になって
写真を撮っている・・・我ながら異様な光景・・・スミマセン(汗)


よく見ると入口脇の柱や壁の足元にもタイルが使われていた。あぁ、ここも収穫だったなぁ!




図書館の近くの建物のベランダの見付部分。


通ったことのない道を歩いてみると、高床式の木造家屋に出くわした。おや、これはマレーハウスじゃないの。


通りに面した建物は展示用のようだったが、路地を入った裏手には実際に人が暮らしているマレー集落があった。


風通しのいい高床式の家。床下は涼しく安全な子供の遊び場だ。


マレー村と言えばヴィラセントーサのあたりに固まっているのを前回見に行ったが、チャイナタウンの片隅に
こんな現役のマレー集落が残っているなんて驚いたなぁ。


続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイル旅マラッカ(12) セントピーター教会と路地歩き

2018-06-17 23:59:33 | 建物・まちなみ
マラッカの続き。

古い商店が並ぶブンガラヤ通り(Jalan Bunga Raya)。飾らない日常生活のお店だが建物はモダニズムっぽいものや
昭和レトロっぽいものなどいろいろあって楽しい。


モザイクタイルに覆われた薬屋。


15分ほど歩いてマジェスティックホテル(The Majestic Malacca)に到着。前回もヴィラ・セントーサからの帰りに外観だけは
見たのだが、内部は見ていない。中へ入りおっちゃんに建物を見せてというと快諾。但し写真はダメと。えぇ~っ、そうなの~~

手前にある2階建ての建物が1920年代に建てられたの古いコロニアル建築を残したもの。
元はレオン・ロン・マンという中国系のお金持ちの邸宅だったという。美しい床タイルが広がっていて、
シンガポールで見た大臣の家を改修したレストラン、MAMANDAと印象が似ているな。
外観写真をあと数枚は撮ったのに、なぜか無くなっていた・・・カメラのエラーのせいか!?

そしてセントピーター教会。ぽつんと建っている。1710年にポルトガル人が建てたカトリック教会である。
正面に立ち上がった壁の縁のラインが曲線でメルヘンチック。


東南アジアに現存する現役のキリスト教会で最古の建物なのだとか。
中央部がかまぼこ型のドーム天井。


床のタイルは象嵌タイルかな、くすんだ色が落ち着いた雰囲気。


一部には滑り止めのクリンカータイルが。四隅がつながって花模様になるのがカワイイ。


左右の側廊に並ぶ先頭アーチ型の窓には古そうな絵入りステンドグラスがはまっていた。美しい~~
その下の色ガラスのはまった窓と面格子の組み合わせも素敵だなぁ。


「PASSION ROOM」への入口の格子はこんなに華麗!!




セントピーター教会をあとにして歩いていると、ちょっと変わった建物が。ん~、これは病院?お店??


中を覗いてみるとバザーのような感じで物を売っていた。「馬六甲明星慈善社」と書いてある。
ははぁ、救世軍みたいな慈善事業をやっているのかな?


内部の柱が全体人研ぎだぁ~~~!


近くにはこんな大きなモダニズムビルも。


インド人街が近いのでこんな建物も。服屋さん?


マラッカ川を渡りチャイナタウンへ戻ってきた。路地をうろうろ。


まるで地中海の島かどこかにいるみたい!?マレーシアにいることを一瞬忘れる(笑)。






素敵な面格子付のドア。錆び具合もいいねぇ~


あらっ、この猫ちゃんは目の色が黄色と青。少し行ったところにまた3匹いて、そこにも同じ目をした子がいた。兄弟かな。


カンプンクリ通り(Jalan Kampung Kuli)の金工の店を覗いたり。


そこにあった切子の鏡がカワイイ~~


おしゃれなカフェ。裏の路地へも抜けられる。




ちょっと見せてもらう。


タイルはなかったが、古いショップハウスをセンスよく使った居心地のよさそうな空間だった。
こういうお店が増えると街はどんどん楽しくなるなぁ~。新しいビルをどんどん建てなくても、いや、建てない方が
街は魅力的だと思うなぁ~




続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加