まちかど逍遥

私ぷにょがまちなかで遭遇したモノや考えたコトなどを綴ります。

岩手旅 大慈寺界隈

2021-04-10 22:25:53 | 建物・まちなみ
2020年3月の岩手旅の続き。

鉈屋町界隈を歩く。


一本裏手の寺町を歩いていくと、旧料亭川鉄の建物が見えてきた。


その手前に、さっきの大慈清水とそっくりの「青龍水」があった。ともに平成の名水百選に選ばれている。


4つに区切られたマスは上流から、飲み水、米磨ぎ水、洗い物、足洗い、と用途が決まっている。
伝統的なルールが守られ長年にわたり維持されているこういう共同井戸がまちなかにあるのは、景観としても
美しいし、地域のコミュニティが生きていて健全なまちだということが一見して分かる。


さて川鉄だが、塀越しにお庭の木や二階家が見えるもののやはり今は使われていないようで、閉まっている。


玄関はどこだ?ぐるっと回ってみると、「時環」という看板が出ていた。建物の一部でカフェをやっているのか。


店名の読みは「ときたま」、その名の通り時たま店を開けているらしい。残念ながらこの日は営業して
いなかったが、料亭の浴室をリノベーションして作られお庭を眺められるとか。また旧料亭本体の方も
時々公開日があって、座敷でうなぎなどを食べられるらしい。しかし、ネット検索では2019年までは
出てくるが、やはりコロナ以降はストップしているのだろうな・・・


川鉄から少し進んでいくと少し高みになったところに特徴的な楼門が見えてくる。
大慈寺は宇治の万福寺を本山とする黄檗宗のお寺で、原敬の菩提寺としても知られている。
1884(明治17)年の大火で消失後1905(明治38)年に再建されたこの山門は、竜宮門と呼ばれる
形式で、盛岡市の景観重要建造物に指定されている。ちょっと見て行こう。


おや、これは・・・山門の床は石畳でなく敷瓦が敷かれている!
測っていないが18cm角ぐらいだろうか、対角線上に溝が彫られている。黒っぽいものから赤っぽいものまで。


しかしこれ、つい最近見たことあるぞ。紺屋町近くのなまこ壁に使われていたのと同じじゃないの!?
中央に釘穴はないが、質感も同じ感じだな。




よく見ると溝の中に赤っぽい釉薬が溜まっている。これがオリジナルの色だろうか。


硬そうに見えてもろい感じ。明治38年の建造時のものだが製造地は不明という。

天井に龍が二匹描かれているというが、下ばかり見ていて天井を見なかったな(汗)

山門と本堂は正対しておらず斜めに通路が伸びている。
本堂も大火後の再建で、丸窓付き、裳階など、黄檗宗特有の形態を踏襲している。


反り返った入母屋屋根。こちらにもてっぺんにしゃちが載っている。


開いていた入口から中を覗くと、ここにも敷瓦が。万福寺と同じく真っ黒な大判の敷瓦が四半貼りされている。
きめ細かそうで、山門の床にあったものとは明らかに違うな。
中国風の建築様式を取り入れている禅宗寺院では敷瓦が使われているところが多い。


チューリップのようなかわいい雨水受け。「大正八年七月」の文字が見える。


境内の片隅に古いしゃちほこが置かれていた。本堂の上に載っていたものだろうか。それとも山門の?
しかし、さわったらケガしそうなイガイガ!!龍のような顔、パイナップルの葉のような体に大きなヒレ。
しゃちってこんなんだったか。


そして目を引いた、六角形の建物。日本離れしたデザイン、中国風なのか、洋風が入っているのか??
このサイズの建物というと、宝物殿とか、経蔵か何かだろうか。


ネット検索してみると、盛岡市先人記念館で2013年に開催された企画展「葛西萬司」の図録、「建築で
近代都市を描く 葛西萬司と盛岡の建築」という本の中に、葛西萬司が設計した大慈寺宝物庫が大慈寺境内に
現存する、という内容の記述があるのを見つけたのだが、それがこれなのだろうか。→こちら
もしそうだとすると、大正14年設計、昭和2年3月竣工、鉄筋コンクリート造。
葛西萬司は盛岡出身で辰野金吾に師事し、盛岡銀行や盛岡貯蓄銀行など盛岡の名だたる近代建築を設計している。


しかしこの建物の周りにはロープが張られており、危ないので近寄らないでください、と。
確かに、軒先のコンクリートが崩れ落ちていた。縁に巻かれていた薄い銅板も一緒に落ちており、細かく
切り込みを入れて曲げられているのが分かる。丁寧な細工、職人の技を予期せず目にすることができた。



「寺ノ下寺院群」には他にも立派なお寺があるが、このくらいにしておこう。

右文字のたばこタイル発見。横一列でなく少しずつずらして並べてあるのがイカスねぇ~~
白タイルをわざわざ細く切り欠いてはめ込んである。


「叶」の文字のレリーフ。


ぐるっと回って消防新番屋に戻ってきた。町家物語館でお土産を物色してから、ちょっと移動しよう。


続く。
コメント

岩手旅 鉈屋町のまち歩き

2021-04-07 23:40:08 | 建物・まちなみ
最近書き始めるとすぐに眠くなって一向に進まない・・・(汗)

2020年3月の岩手旅の続き。

鶯宿温泉の石塚旅館を後にして一路盛岡へ戻ろう。途中の御所湖から見えた優美な岩手山の姿に目を奪われ
しばし車を停めて休憩。。


仙北町駅の木造駅舎を見に立ち寄る。盛岡駅から東北本線で南へひと駅。主要駅の隣には木造駅舎が残っている・・・
というよくあるパターン。


ちょっとホームを覗く。向こうに見えるのは貨物ホームかな。


さて今度は昨日歩いた紺屋町あたりからちょっと離れたところにある、鉈屋町へ。ここにも古い町並みが残っている。


これはだんじり庫かな。看板建築みたいな壁が立ち上がっている。


江戸時代には湧水池だった場所にある大慈清水は、共同の水場として今も用水組合により維持されている。


飲用水としての最上流から足洗い用としての最下流まで、用途で使い分けるルールが設けられている。


並びの町家は皆妻入り。内部を見学できる町家があったので入ってみよう。


天井が高くとても立派な神棚があった。


吹抜けに明り取りの天窓。部屋の真ん中に階段があり空中通路が架けられている。梁は細い替わりに
縦横に何本も渡っている。




スクラッチタイル貼りのビルディングは、旧鎌田薬店


ここには文字タイルがはまっていた雰囲気。「タバコ」かな?


鉈屋町の端まで歩いてくると大きな建物が目に入る。奥行き方向にすごく長く続いている。


こんなレンガ積みの建物もあった。


これは木津屋池野籐兵衛家住宅。現在も木津屋本店総務部として使われている。
この建物は1834(天保5)年の大火で焼けたあとに入念な防火対策を施して建てられたもの。
火消用具も完備され、おかげで以降の大火でも焼失を免れたという。


木津屋本店は、池野籐兵衛が筆や紙・炭・薬・雑貨などを販売する店として1638(寛永15)年に創業。
現在も、オフィス家具・文房具・紙製品・OA機器の総合商社として営業されている。
初代の元々のルーツは京都の山城国の木津村で、屋号の木津屋の名はそこからつけたようだ。


バス通りに面したこの店舗と、さっきのレンガの蔵など一連の建物も木津屋のものだろうな。


明治橋の方へ歩いていく。この大きな蔵は江戸時代後期に建てられた米蔵で「明治橋際の御蔵」と呼ばれる。
盛岡藩では度々大飢饉に見舞われたため備穀が奨励され、ここに保管された。深い軒、高床で、断熱や
防湿の工夫がされている。


すぐ前には北上川が流れていて、かつては北上川舟運の要衝として栄えた「新山河岸」という場所であった。


旧奥州街道筋には御番所や船宿や蔵が建ち並んでいたという。この立派な町家は商店か、旅館か?
今はすでにしもたやになっているが、御蔵とともに当時の趣を感じさせる街並みが残っている。


少し裏手にはこんな蔵も。こうじ屋、との文字が見える。


その名の通り糀屋さんだが、細重酒店という立ち飲みできる酒屋も営業されているようだ。


周辺を歩くと他にも古い建物が目に付く。間口の広い町家の美しい格子、飾り金物。


こんな町家がぎっしり隙間なく並んでいたのだ。


こちらは前庭のある邸宅風の建物。さぁここは何だったのか。医者や旅館でもなさそうだし・・・
インテリの住まいといった感じだな。




まちなかにぽつぽつ散在する古い建物の凝った造りからは、当時の街の繁栄ぶりが伝わってくる。


続く。
コメント

岩手旅 鴬宿温泉石塚旅館のタイル

2021-04-01 23:33:04 | ディテール
2020年3月の岩手旅の続き。



盛岡でレンタカーを借りたら、今宵の宿のある鶯宿温泉へ向かおう。
鶯宿とはなんと美しい名前なのだろう。この温泉のある雫石(しずくいし)という地名もまた、
みずみずしい春を思わせる響き。
田舎道を走るのは楽しいが、知らない場所で日が暮れたら街灯も少ないし道に迷うので、暗くなる前に
宿へ到着したい。

石塚旅館は川沿いのひなびた鶯宿温泉街の中ほどにあり、細い細い坂道を鋭角に曲がって下りねばならず、
車をこすりそうでヒヤヒヤしながら何度も車を切り返してようやく建物の前の駐車スペースに到着した。。。


あぁやっと、来ることができた。学校の校舎のような横一文字の建物。中央に玄関。
この近くの国見温泉というところにも「石塚旅館」という名前の旅館があり、入浴剤を入れたような黄緑色の
温泉が湧いている。私も日帰りで1度と泊まりで1度、行ったことがある。→過去の記事 こちらこちら
そこが有名なのでこちらの宿が間違われることがちょくちょくあるらしく、予約するときに、国見温泉の
石塚旅館ではないことを念を押される(苦笑)。当然分かってますよ!大丈夫です!私には目当てがあるんです!!


わくわくしながら玄関のガラス戸をガラリと開けて入ると、床の乱貼りの水色のモザイクタイルがお出迎え。
おぉ、いいねぇ!玉石タイルのようだが見たことのない形と色だな。


内部も年季の入った木の色。部屋に荷物を置いたら早速館内を見学。
石塚旅館は、1940(昭和15)年頃に建てられたという。何度か改修されているというが、
そこここに当時のままと思われる部分も残っており、また昭和3~40年代の香りも。




さぁ、わざわざこれを見るために鶯宿温泉までやって来た、お目当てがここに。


ドアを開けると・・・うひょ~~~~っ!!!
この水色の花柄の床!!これが何と、クッションフロアではなく、マジョリカタイルなのだ~~~!


湯治宿のような簡素な宿、トイレは共同なのである。3つ並んだうちの2つは様式便器に変更されているが
左端のひとつは、昔ながらの常連さんのためか、和式のまま残されている。


日本でもめったにお目にかかれない4枚1組の大きな花柄のタイル。佐治タイルか不二見焼の製品だろうか。
京都の船岡温泉に色は違うが似た感じのタイルがあるほか、台湾の金門島やシンガポールのエメラルドヒルでも
よく似た模様のタイルがあったが、見比べるとやっぱり違う。


改修時にもタイルが剥がされなくてよかった!!


すり減ることもなくいい状態。


和式便所がいちばんタイルがよく見える。蓋があればよかったんだけど・・・穴は真っ黒なのでご容赦を(笑)




まわりの壁は白無地タイル貼りだが、上端にアイリス柄のマジョリカタイルがぐるりと巻かれているのが
おしゃれだね!




役物を使って丁寧に仕上げられた角や端部。背景のピンク色はムラがあって味わい深い。


翌朝おばあちゃんに話を聞いたところ、トイレのタイルは当時からのものだという。
岩手国体を前に改修したとか。岩手国体とは、1970(昭和45)年の秋季大会のことだろう。
時は高度成長期、国体の出場選手や観客が県内外からたくさん訪れたのだろうな。


現在70いくつというおばあちゃんはここで生まれ、子供の頃トイレのタイルを覚えているという。
お風呂場ももともとはモザイクタイル張りで、改修前は富士山や金太郎の壁画があったとか。
戦前のモザイクタイル?見てみたかったなぁ。


温泉は、国見温泉のような黄緑色ではなかったが、いいお湯だった!


朝からもまた鑑賞しにトイレへ。他にお客がいなかったので見放題だった(笑)。
あぁ、他はそれほど装飾もない簡素な温泉宿のトイレに、こんなゴージャスなマジョリカタイルが
敷き詰められていたなんて。臭い汚いイメージのトイレを明るくするには、当時はクッションフロアもないし、
鮮やかな色というとやっぱり焼き物のタイルになったのだろう。そして80年たった今もその色は全く
あせていない。


この石塚旅館、10年前の東日本大震災では大丈夫だったというが、コロナ禍で打撃を受けているだろうな。。。
心配だなぁ。頑張ってほしいなぁ。


来るとき苦労して旅館の前まで車を入れたのだったが、実は、そこまで苦労しなくても入れる道があり、
帰りは楽々出ることができたのだった(苦笑)


続く
コメント

岩手旅 まちなかの人魚

2021-03-29 23:32:31 | 建物・まちなみ
2020年3月の岩手旅の続き。

この通りには旧岩手銀行本店本館旧第九十銀行本店の他に、現役の金融機関である盛岡信用金庫本店の建物もある。

旧盛岡貯蓄銀行ととして建てられたもので、巨大な円柱を並べたギリシャ神殿風のファサードが古風に見えるが、
先の2つの建物より新しく1927(昭和2)年の築である。鉄筋コンクリート造。


裏から見るとモダニズムな雰囲気が感じられる。
ここは現役の店舗なので土日は閉まっていて内部は見れていないが、今も実用されているというのは貴重だな。


付近には小さくてもおしゃれな意匠が施された商店建築がちょこちょこ残っていて、眺めて歩くだけでも楽しい。
看板建築みたいだがアシンメトリーなファサードは台湾の鹿港の老街で見かけた建物などと似ているな。
同じ頃の建物なのだろう。






かわいいリンゴの看板。リンゴといえば青森だが、お隣の岩手県もまたリンゴの産地なのだな。


唐たけし写場の建物もアシンメトリー。入口の上にロンバルディアバンドのような装飾が入っていたり
入口脇に細いアーチの小ドアがあったり、文字のフォントもちょっとメルヘンチックな雰囲気の建物だ。
この建物も前回も見たのだが、おや、灯りが点いている。お店になっているのか?
「お茶とてつびん engawa」。へぇ~~、入ってみよう。


建物が活用されたんだな!奥の和室にセンス良く並べられた南部鉄瓶は、小さな急須サイズでシンプルな形や
カラフルな色付きなど、かわいらしくお手軽に使えそうな製品。思わずほしくなったが、やはりちょっと
衝動買いというわけにはいかないな(苦笑)


さて観光スポットのつらなるエリアを歩いてきたが、ここからちょっと繁華街の中へ入っていく。
お目当てはこちら。角地に建つ小さな建物だが、壁面に巨大な人魚のレリーフがあるのだ!


うひゃ~~~!すごい!!
人魚は両手で何かを持ち上げているような格好をしているが、どうも店名の看板があったらしい。


1階から2階までを貫く銀色のレリーフ。これは鋳物だろうか。背景全体にも波のような模様が入っている。


店先にショーケースか屋台のようなものがあるので、喫茶店か?それとも夜の店か!?と思うが、建物の
角部分に「小原写真」の文字が。元はこの下に「館」の文字もあったのだろう。
写真館もインパクトで競い合う商売だったのだな。


こちらの窓の上の花模様は何でできているのだろう。風変りな意匠。この建物はいったいいつのものかなど
詳細はネットでも出て来ないが、戦後、昭和3~40年代ぐらいなのかなぁ・・・


近くにあった喫茶店、「茶廊車門」。蔵をリノベーションしてあるようで、ちょっと覗き込んだらとっても
いい感じ!しかし今日はゆっくりお茶している時間はないなぁ。明日盛岡に戻ってきたときに来れたら・・・


夕方から車で宿へ移動する予定なので、前回見た建物たちを眺めながら駅の方へ向かう。








あぁ、この美しい医院建築、船山内科クリニックも無事だった。




マップに載っていた「南昌館」というのが気になってちょっと見に立ち寄ったら、なんかすごいお屋敷じゃないの。
しかしもう閉館らしい。ま、どちらにしろ今は時間がないので、明日戻ってきたらもう一度来よう。




どんどん歩いてずいぶん遠くまで来ていたので、戻りが遠くてちょっと疲れた・・・


続く
コメント

岩手旅 旧第九十銀行本店のタイル

2021-03-26 22:01:56 | ディテール
2020年3月の岩手旅の続き。



岩手銀行旧本店(元盛岡銀行本店)のほんの近くに建つ、旧第九十銀行本店本館は、赤レンガの華やかな
盛岡銀行とまた全然違った趣で、花崗岩とベージュ色のタイルをまとったおとなしい色合いの建物であるが、
構造はレンガ造で、ロマネスクリバイバル様式の外観はやはり銀行建築らしく重厚で威厳が感じられる。
現在は「もりおか啄木・賢治青春館」として公開、盛岡市保存建造物に指定されている。
それにしても電柱と電線がじゃまだな・・・


ライバルの盛岡銀行に対抗して、盛岡出身の若き建築家、横濱勉に設計を依頼し、盛岡銀行より5か月早い、
1910(明治43)年に竣工。
あまり知らなかったが、横濱勉という人は司法省営繕技官を務め、大阪控訴院、大阪監獄、奥多摩監獄、
東京区裁判所などを設計した。そして、愛日小学校もこの人の設計だったのか!


窓台と水切りを兼ねたボリュームのある花崗岩の部材。盛岡市内、川目産の石が使われている。


中に入ると元営業室も天井は高いが吹抜けではない。館内各部屋には石川啄木と宮沢賢治という二人の偉大な
文学者に関するさまざまな資料が展示されている。


天井に桜のマークのレリーフ。


内部は比較的すっきりしており、セセッションの影響も見られるという。


この旧第九十銀行本店では暖炉にビクトリアンタイルが使われている。日本タイル博物誌の本に載っているのを
ずっと見ていて、今回こそはとタイルを見るのを楽しみにしていた。
説明書きによると暖炉は5ヶ所あり、今でも火を入れて使えるようになっているという。順に見て行こう。

まずは喫茶室にあるこちら。木製のマントルピースに茶褐色のレリーフタイルが、コの字型に貼られている。


時々見かけるもので、人の立ち姿のようにも見え、花と葉のようにも見える、アールヌーボーのデザイン。


暖炉の前の床にはあめ色の無地タイルが敷かれている。




そしてこちら。部屋の角に作られた少し小ぶりな暖炉だが、グリーンのタイルがはっと目を引く。


描かれているのは植物模様?チューブライニングの線が白く浮き上がり、3つの円の部分はレリーフに
なっていて球体のようなグラデーションがついている。


見たことのないデザインで、これもアールヌーボーのビクトリアンタイルだ。


床には黒い無地タイル。


こちらの部屋の暖炉は壁にはタイルが貼られていなかった。
球を埋め込んだような美しい木部の彫刻。


床の無地タイルのみだが、ローズピンクというかピンクがかった茶色というか、何とも言えず深く品のある色合い。




2階へ上ろう。


階段の手すりが壁に突き当たる部分のデザインが素晴らしい!アカンサスの葉だろうか。


2階には広い総会室があるが、ホワイエのようなところからさらに階段を6段ほど上って入口があるという、
ちょっと変わったつくりになっている。


たきぎのようなデザインの持ち送り。


総会室に入ると講堂のような広い空間で、ここにもいろいろと展示されている。そして・・・暖炉があった!
1階で見たものよりもずっと大きく豪華で凝ったデザインである。
しかしこの真ん前に、カウンター机や椅子やファンヒーターが置かれ係の方が座っていた・・・(汗)


あのー、ちょっと暖炉のタイルを見たいんですが・・・おずおずと声をかけると、はい、と言って脇へ避けて
くれたが、立って待ってもらっているので申し訳なくて、ファンヒータを退かす勇気もなく、ささっと数枚だけ
写真を撮った。カウンターを暖炉の真ん前でなくちょっとずらしておいてくれたらなぁ。。


ここはタイルも他とは違い、多色使いのタイルが使われている。睡蓮をモチーフにした、チューブライニングと
レリーフ併用のいわゆる「マジョリカタイル」。おそらくこれも外国製、英国製か、ドイツ製かな?
水色がとても鮮やかできれい!




あと一つは・・・館内を何度も探して回ったが見つからない。なんで!?
2階に一部屋、締め切りの部屋があった。スタッフルームのようだが・・・もしやここに!?
係の人に聞いてみると、やっぱりその部屋にあと1つの暖炉があるらしい。暖炉を見れないですか、と尋ねたが
非公開の場所なので、と。ええーっ、残念。。。しかも一番かわいいタイルなのに(涙)
せっかくだから暖炉のある部屋は公開してほしいなぁ。。。
ということで、コンプリートはできなかったけど、4ヶ所の暖炉のタイルを見ることができた。

床下の換気口。


続く。
コメント