まちかど逍遥

私ぷにょがまちなかで遭遇したモノや考えたコトなどを綴ります。

2018.5.26~27 太平洋フェリーきたかみ もくじ 兼エピローグ

2018-07-18 23:33:20 | Weblog
太平洋フェリーに乗りたい。かつ、仕事を休まず土日のみで行ける旅を。という2つの要求を満たす
ミニマムなプランを思いついたので実行してきた(笑)
土曜朝イチのピーチで仙台IN、日曜最終のピーチで新千歳OUT。そして宿泊を兼ねて仙台から苫小牧まで
太平洋フェリーに乗るという、効率のよいプラン。仙台でも北海道でも結構遊べたし満足した~~
但し、旅の前日は早く寝るべし・・・(汗)

太平洋フェリーの旅 プロローグ
白石のまちをうろつく
白石のまちをうろつく その2
鎌先温泉 最上屋と湯主一條
日本製紙岩沼工場の引込線
太平洋フェリー きたかみに乗ってきた!
太平洋フェリー きたかみ 続き。


エピローグとして船ひいきの独り言を。。。
私は船旅好きで、なかでも定期航路と渡し船が好きである。クルーズのように一生に一回きりのイベントでなく、
交通機関としての航路。中長距離フェリーは夜行も多く、旅のプランを組むときもできるだけ移動にフェリーを
うまく使えないかと考える。(もちろん行き先や日程によるが)

夜出て寝ている間に目的地に着きたいという「夜行」の需要は、現在はほとんどバスが引き受けているだろう。
しかし、最近のバスは進化しているとは言え、私はほとんど眠れないのだ。。。歳のせいか(爆)
パーキングエリアでの休憩以外動けないのも苦痛。寝不足のせいで翌日にフルパワーで動けないのは困る。
近年鉄道においては定期便の寝台特急が軒並み廃止され、現在夜行の定期便は東京と出雲・高松を結ぶサンライズ
しか残っていない。選択肢がどんどん狭められ、今やピンキリの「キリ」の方は切り捨てられた感がある。

それに比べ、フェリーは私のような庶民にも優しい(笑)。
実際、フェリーはめちゃくちゃ快適である。スピードは遅いけれど、平らなところで眠れるし、
お風呂も入れるし、レストランで温かい食事も食べられるし、デッキで風に吹かれながら景色も楽しめる。
離岸、着岸時のワクワク感、旅情はたっぷり。部屋のクラスはお客それぞれの要求に合わせて2等から
スイートまであるが、上記の楽しみは全員が享受できるのだ!こんな優しい移動手段が他にあるだろうか!?

千円高速など偏った政策のせいでフェリーは壊滅寸前まで追いやられてしまったが、その後船会社はたくましく
営業努力を行い、その甲斐あって近年は再び人気を盛り返して来ており嬉しく思っている。
また災害時の海路の有用性にも注目が集まっており、今こそが船の勢力を広げるチャンス!!
しかし航路によっては依然閑散としているところもあり、設備の切れ目が航路の切れ目にならないかと心配になる。。。
船好きの私としては実際に船を使い船旅の魅力を伝えることによって、微力ながら応援したいと思っている。
皆さん、船に乗ろう~~~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太平洋フェリー きたかみ 続き。

2018-07-13 00:32:05 | 川・橋・船
きたかみの続き。

翌朝はいいお天気。さっそくデッキに出て青い海の景色を楽しむ。うぉ~~爽やか!!




あっ、「きたかみ」の文字はここにあったのか!手を伸ばして激撮!?






11:00着なのでゆったり。陸が近づいて携帯の電波が入るので友達にメッセージを送ったり、ニュースを見たり。


昨日の夕方から15時間の船旅もいよいよラストを迎える。苫小牧入港。広々とした埋立地の間をゆうゆうと。


目的地に到着するうれしさ半分、船旅がもう終わりという寂しさ半分。。。




お客は皆早々と荷物をまとめてロビーへ降りているが、そんな急ぐ必要はない。ゆっくりデッキで着岸の様子を見物。
船上と地上の作業を上からの眺めるのはいつも楽しい。フェリーを岸壁に寄せるのはとても繊細な操作が必要とされる。


岸壁にはもちろん衝撃を緩和する大きなゴムの塊が取り付けられているが、船体が巨大なのでゆっくりした動きでも
すごい衝撃となって岸壁に伝わるだろうことは想像がつく。
それを、船の腹で岸壁に優しくタッチするように着岸するのだ。すごいなぁ~


11:00苫小牧港着。あぁ、無事に運んでくれてありがとう~~


前に乗った秋田行きの新日本海フェリーあざれあは、苫小牧東港からだったが、今回は西港だ。
同じ苫小牧でも東港と西港では全く別の場所であり、こちらはJR苫小牧駅から比較的近い。


とは言え歩くと30分ぐらいかかるので、バスを待つしかないな。
私は港からの直行バスで新千歳空港へ向かう。苫小牧西港から空港へは約40分。港と空港を直で結ぶバスが
あるのはとっても便利。札幌行きもある。ただ、せっかく11時に着いたのに11:30まで待たなければならないのは
もったいないが、、、苫小牧駅へ出るバスも同じく11:30頃にしかないので、仕方ない。。。
八戸行きのシルバーフェリーや大洗行きのさんふらわあの乗り場を見たりして30分過ごす。
それらの船も乗りたいと思っているので、またいいプランを考えよう。


そして空港に着いたら、飛行機に乗るのではなく、予約しておいた千円レンタカーに乗り換え(笑)。


空港から数時間で行って帰れるステキな温泉がどこかあるかな・・・あぁ、ここだ。再びの丸駒温泉旅館。
前回はここに泊まって夕方にも夜にも朝にも存分に楽しんだ。もちろん露天風呂へ直行。




今の季節はまだ虫がいないので大丈夫(笑)


先客が5~6人。結構お客が多いな。支笏湖とつながっていて同じ水位となる。今日は肩までゆったり浸かれる
水位があるが、相変わらずぬるい。


のぼせることがないからいつまででも入っていられる。


ゆる~~い時間を過ごした。


今回は北海道での予定は特に決めておらず、温泉のあとはのんびりドライブで道の駅に寄ったり、千歳市内で
ちょろっとお寿司を食べただけ。車を返して新千歳空港へ戻り、ピーチで関空へ。まぁ贅沢な週末旅だったな(笑)

おわり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

太平洋フェリー きたかみに乗ってきた!

2018-07-12 00:19:15 | 川・橋・船
岩沼の専用線を見たあとは眠くなるのを何とかガマンして仙台港付近まで戻ってきた。

今回めずらしくトヨタレンタカーを選んだのは、空港で借りた車を仙台港の近くの営業所で乗り捨てするため。
しかし営業所は港に隣接しているわけではなく、歩くのもちょっとつらい距離。送迎は最寄の中野栄駅までは可能と
書いてあったので、中野栄駅行ってから港へのバスに乗るかなと考えていたのだったが、朝、空港の営業所で借りる際に
念のために聞いてみたら、フェリー乗り場まで送ってくれるという。やった!直接聞いてみないと分からないものだな。
本当は前日までに連絡しないといけなかったようだが・・・いやしかし、助かった~~~♪

おかげで時間を有効に使うことができ、楽々フェリー乗り場に到着。地方の港、特にあまり徒歩客向けでない港の
ターミナルはワクワクするねぇ!!


おぉ、ターミナルの建物のむこうにきたかみの勇姿が。おぉ~~!!カッコイイ!!テンション上がる~~~!!
フェリーの船体のこの巨大さは、列車や飛行機の比ではない。船は単なる移動手段ではなく、数時間ではあるが、
この中で「暮らす」のだ。


出航は19:40。1時間ほど前だがすでに乗船は始まっているというので、早々に手続きをして乗船しよう。
実は時間があったら、仙台港を走る仙台臨海鉄道の線路を見に行こうかと思っていたのだが、今回は余裕なし(汗)




ターミナルの2階やボーディングブリッジの窓からもその雄姿が存分に眺められる。少し動くとアングルが変わりまた写真を
撮りたくなって、なかなか進まない。遠くで待っているスタッフの方はジリジリしたことだろう(笑)




ようやく船にたどり着き、乗船。
おぉ~~~っ、メインホールの吹き抜けにはきらびやかなシャンデリア。わくわくする~~~


今回は仙台から苫小牧、15時間あまりの船旅。今回はちょっと節約してA寝台を取ってみた。


教えてもらったCデッキへ行ってみると、カプセルホテルのようなユニットになった2段式のコンパートメント。


中に入ってみると、、、ちょっと狭いな。しかしカーテンでなくロールカーテンできっちり閉められて、各室に
テレビまで備わっているのが、B寝台と違うところだろう。




荷物を置いて船内探索。まずは売店の品揃えを偵察。
ちょうど2年前に乗った新日本海フェリー舞鶴~小樽航路のはまなすの売店は、さんふらわあやオレンジフェリーの
簡易な売店を見慣れている目にはとても衝撃的だった。見たことのないようなご当地物産品の豊富な品揃えに
さすが北前船ルートと驚き、購買意欲がそそられたものである(笑)。
このきたかみの売店は、、、う~んまずまずかな。タオルを持ってくるのを忘れたので購入。

懐かしいメダル販売機。文字も打刻できる。買おうかとちょっと本気で悩んだが、末路が見えたのでやめておく(笑)

展望浴場を覗くと、さすがにまだ誰もいない。出航までに入ってしまおう!!独占でゆうゆう、あ~極楽♪


19:40、そろそろ出航。お風呂を上がって体があたたかいうちにデッキへ出よう。
ちょっと出遅れて離岸の瞬間は見れなかった。




くるりと転回したきたかみは港を後にして真っ暗な外海へと出てゆく。少し走ったら灯りがもう全くなくなった。




風が強く、吹き飛ばされそうになるのを耐えながらデッキで過ごす時間もまた楽しい。
ほんとに、カメラを持つ手がビュービュー吹きつける風で全く固定できないので、後から写真を見たら
ほとんどの写真がブレブレ(笑)




ひとしきりデッキで遊んだら中へ入り、レストランを偵察。メニューは1500円のビュッフェのみだがどんなもんかな。
見に行くとなかなか充実している。ドリンクバーやスープバーもついていて、これで1500円ならいいか。
ここぞとばかりにサラダを山盛り。


たらふく食べて、バイオリンとキーボードのライブを楽しみ、もう一度お風呂に入り船内をうろうろしてから、
カプセルホテルのようなベッドでゆっくり眠る。。。


続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本製紙岩沼工場の引込線

2018-07-11 00:46:40 | 鉄道風景
鎌先温泉からの続き。

実は仙台空港から白石へ向かう前に、以前うろついたときに気になっていた日本製紙の専用線を見るため、岩沼に寄り道していた。
そして鎌先温泉からの帰りもスムーズに走って少し時間に余裕ができたので、もう一度立ち寄った。

専用線の線路は道路沿いでなく住宅地の裏手を斜めに走っているので、この辺か・・・と見当をつけて住宅街の道を入り込むと、
あった!単線の可愛い踏切が。遮断機はなく、トラ色のバッテンの警報機と、標識が乱立(笑)。


こんもりとした路盤は雑草をきれいに刈り込んであり、現役であることがわかる。うれしいなぁ~
向こうに水色のガーダーが見える。水路があるのか、あとで見に行こう。


専用線の踏切を越えて少し進むとJRの踏切もあった。うわ、こちらもよいなぁ!三本の線路を超える長い踏切。


東北本線と上りと下り、左へ逸れて行く単線は常磐線だ。




すぐ脇に細い水路があり、レンガの橋台が見えていた。中央が一番古いようだ。


赤レンガと焼き締めた黒っぽいレンガのしましま。


かわいい電車顔(笑)、これ好きだなぁ~!でも西日本では見かけない気がする。JR東日本だけだろうか。



帰り道に、専用線のまた別の踏切へも立ち寄る。


優雅なカーブ。いいねぇ~


あの水色のガーダーを見ようと、追って行ってみると、線路は住宅街の真裏を斜めに抜けているようで、
住宅街のいちばん奥にあった公園から、小川を渡るガーダーが見えた。よっしゃ~!


平日に来たら、ここを走る貨物列車か見られるのかなぁ~、見たいなぁ~~


JR線からの専用線の分岐部分と工場へ入る部分も見たかったが、なかなか追うのは難しい。。今回はこのくらいで。
さぁ、一路仙台港へ。

続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鎌先温泉 最上屋と湯主一條

2018-07-10 00:38:44 | 温泉・お風呂屋
白石からの続き。

白石から車で20分ほど走ったところに鎌先温泉はあった。数軒の旅館が狭い範囲に固まっている。


ひときわ目を惹く和風建築の最上屋旅館は戦前の建物。日本秘湯を守る会の会員宿でもあり、泉質は折り紙つき。
立ち寄り湯を受け入れていない宿もある中、ここは500円で気軽に入れるのも嬉しい。


開け放たれた玄関から立派な階段が見える。


おぉ、いいねぇ!!


お風呂は左奥へ続く廊下を進み、階段を上って下りて行った先の、別棟だった。ガラリと戸を開けると、誰もいない。
脱衣所は旅館らしく快適に改修されているが、木材を多用して素朴で雰囲気のある空間は好感度高し。


浴場は、、、おお、淡い色の長方形モザイクタイルが壁にびっしりと!
お湯はまろやかでちょうどいい温度。窓を細く開けて外気を入れればいつまででも入っていられる気持ちいい温泉だった。
せっかくなのでのんびり、1時間ほどゆっくりさせてもらった。
しかし、その間ずっと私だけ。。。ちょうどチェックイン前の時間帯だったからだろうか。。。




最上屋を出て、さっき渡り廊下から見えた石段の方へ行ってみる。「この先私有地」。この先にも旅館があるのか。
こんな奥まったところにあるのはどんな旅館なのか、気になって路地を入って行くと、、、


うわーーーっ!?なんだこれは、すごいぞ!!建物の陰からいきなり現れた、木造4階建ての大建築。
タダモノではなさそう。


上り坂に面して建てられたこの建物は坂の下では4階建て、坂の上の方は石積み基礎の上に3階の建物が載った形。
そういえば立ち寄り湯を調べていた時にちらっと写真を見たな。確かここは立ち寄りでは入れなかったんだ。


近寄ってみると登録有形文化財のプレートが。これはちょっと、見せてもらえるか聞いてみよう。


坂を上った上に玄関があった。その向かいにある新しい建物がメインのようだ。
フロントへ行ってお姉ちゃんにあの建物の中を見学させてもらえないかと聞いてみたが、上司に確認後、
うちは立ち寄りもやってないんでちょっと難しいです、とやんわり断られた。宿泊者のホスピタリティを重視するなら
そりゃそうだわなぁ。泊まれば見せてもらえるのかなぁ。外観の写真はいいか聞いたら快諾して頂けた。


「時音の宿 湯主一條」というのが宿の名前で、公式サイトによると、1428年開湯、創業約600年の老舗旅館。
現在の社長は20代目とか!!へぇ~~


木造4階建ての建物が元の一條旅館の「本館」で、1941(昭和16)年に完成。一條家所有の山から切り出した
100年生の杉を使用し、統制の時代で金物の入手が困難だったため継手や仕口も木を組んで作られているとか。
ガラスに顔をつけて覗くと、古い階段もそのまま残っていた。


湯治客向けの客室として使用していたが、湯治客が減ったため、建物そのままに「個室料亭 匠庵」として
リニューアルオープン。「別館」もリニューアルされ、スイートルームなど8種類の客室をもつ高級旅館となっている。
奥には美しいお庭が広がっているようだ。
公式サイト


しかしまるで鳥かごのようなこの繊細な建物が、よくぞ今まで地震や台風なんかにも耐えて来たものだなぁ!!
しかも現役で使われているというのが素晴らしい。客室には使えなくても食事処にするというのはナイスアイデア!


2016年に、本館の上手に接続する湯向棟、蔵と共に登録有形文化財となった。これから先また50年、100年と
使い続けてほしいなぁ~

調べてみるとべらぼうに高くはなさそう。機会があれば泊まってこちらの本館もじっくり見せてもらいたいな。
路地を入って来なければこの建物に気づかず帰ってしまうところだった。あぁ、見つけてよかった!


このあと、旧小原郵便局を見に車で20分ほど走る。こちらも温泉地で、谷あいの旅館街へ下っていく途中に
木造下見板張りの建物が、崖を背にして建っていた。


こじんまりかわいい洋館。


川石を積んだ石垣も素敵だなぁ~

ここの温泉地もレトロそうなのでうろついてみたかったがもう時間がない。ここから仙台まで戻るのに十分
余裕をみておかねば・・・

続く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加