ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵…あの頃も良かったし、ゾットも良かった

2013-01-03 16:00:51 | 映画・DVD

改めまして…
皆様、明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願いいたします

さて、2009年ぐらいから、ずっとなのだけど、ブログに頂いたコメントへの返事が滞っていて、更には去年などブログ更新自体が滞る始末。最近では貰った(個人宛の)メールへの返信も儘ならない感じ
ネットや電子機器に振り回される気は無いにしても、ちょっと余裕に欠けるかなぁ…という感じの昨今でした。
なので2013年の抱負は『余裕を持つ。で、その余裕をダラダラ過ごさない』にしようかと思います
具体策はまだ考えておりませんが、とりあえず頑張ってみます



で、映画観賞記録(2012年残務整理開始



「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」
(監督:窪岡俊之、声の出演:岩永洋昭、櫻井孝宏、行成とあ、2012年邦画・アニメーション)

TSUTAYA DISCASさんから「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」と、一緒に届いた一本。2012年6月24日(日曜日)の午前中に観賞しました(ブルーレイ)



あらすじ&概要
三浦建太郎のコミック「ベルセルク」のアニメ映画化作品(シリーズ序盤~中盤の“黄金時代編”を映像化)。
長剣を使う凄腕の傭兵ガッツ(声:岩永洋昭)は、ある戦場で敵の名のある騎士バズーソ(声:ケンドーコバヤシ)を打倒し、それを観ていた傭兵集団“鷹の団”を率いるグリフィス(声:櫻井孝宏)の目に留まる。傭兵の報酬を受け取った後、ガッツは鷹の団の一部の者達から襲撃を受け、結果グリフィスと相対する事になるが、簡単に倒されてしまう。この事を切欠に鷹の団に入ったガッツは、仲間たちと共に数々の激戦を潜り抜け、固い絆で結ばれていく。
詳しくは…http://www.berserkfilm.com/index.php





ピロEK的感想&点数
以前(といっても20世紀に)、テレビアニメでやっていた「剣風伝奇ベルセルク」よりは随分進化したアニメとは感じたのですが…ナニブンにも“知ってる話のダイジェスト版”感は拭えず(3部作なのにダイジェスト感が少しあるのは…欲張り過ぎなんだろうなぁ)。

あと、黄金時代篇は、原作でも一番盛り上がる部分で、題材的には良いモノなのでしょうが、絵的にはキャラクターの表情の付け方だったり、他の演出的にも原作者の荒削り部分が出てる時期のマンガ。改めて見せられると恥ずかしい感じのあるところも多々。
原作のテイストをコピーしようとするよりも、現行の(洗練された)ベルセルクのイメージで再構築とか上手い事出来なかったのでしょうか…とか思わされる部分も少し残念。

アニメ的には綺麗な絵には見えるけど、モブシーンなんかがCGっぽさが分かる感じで…ドラゴンズドグマとタイアップというだけあって、丁度ゲーム画面みたいな感じも

何も知らないで観れば、結構良く出来てるアニメだとも思うんだけどねぇ。
原作付きとか、過去に映像化されたモノ…とかだと上記のようにアラがどうしても目立っちゃうんですかねぇ
(何も知らないで観たら、逆にストーリーとかキャラクター設定が良く分からないかも知れないですが

声優は仮面ライダーバースの(ニセエクザイルみたいな)人。
特にそこまで有名でも無い俳優の起用は意味わからず。下手じゃ無かったから、話題性というよりは実力で起用…って事なのかも知れませんけど。


良かったと思った所は、ゾットとの戦いのシーン。
怪獣との戦い、迫力がありました。過去に観たファンタジー映画の中でも結構上位かも知れません


点数は4点弱(5点満点中)
不満足では無いけど、そこまで楽しめた映画でも無し。といった感じですかね。
2作目以降に期待(とかいいながら、記事書いてる時点で、既に2作目は観賞済み)。


…あと、キャスカが全然可愛くなかったなぁ、このアニメ。



補足・蛇足

【あの頃の話】
コミック「ベルセルク」との出会いは、20年ぐらい前に交通事故の怪我(頭部裂傷)で入院していた頃に、暇つぶしに待合室で読んだヤングアニマル。
丁度、ゾットと初めて会った後の話で、まさにこの映画で描かれていた部分。
『なんか面白いマンガがある』と思った私は、入院中に外出してだったか(?)退院直後だったかに速攻買いに行って、1~3巻の体たらく(?)を耐え抜いた一人です。

この思い出は…“ヤングアニマル”とか、初めて知ったし  ああ、“少年ジェッツ”の流れをくむヤツね 等々へとリンクして行くのですが、それは別の機会に

と、それからずっと読んでいるのですが…そろそろ決着付けてくれても良いんですけどねぇ



では、このあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2013年 | トップ | 【映画】タンタンの冒険/ユ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
明けましておめでとうございます (メビウス)
2013-01-05 22:19:02
ピロEKさんこんばんわ♪明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたしますっ。

自分はファン視点もあってかちょっと甘々な評価となりましたね^^;本作で取り入れられていたCGと手書きのハイブリットアニメなどは実験的な試みも踏まえているせいなのか、確かにキャラの動きが少々ぎこちなかったりもしましたね。モブキャラが露骨にギクシャクしてましたし(笑
でも世界観やストーリー展開をあまり崩していない所は個人的には好印象でもありましたし、ベルセルクの世界を全て映像化するなんていう大それた事も言ってるくらいですので、荒削りな部分は将来的に洗練されるんじゃないかな~?と、これまた原作の方と同じく先の見えない未来に僅かながらの期待をしちゃってたりします^^;
★★あけましておめでとうございます★★ (ピロEK(メビウスさんへ))
2013-01-14 20:16:03
★メビウスさんへ★

あけましておめでとうございます

>自分はファン視点もあってかちょっと甘々な評価となりましたね^^;

私も古くからのファンの一人なのですが、それ故にという事でも無いのですが、ちょっとアラの目立つアニメだったかなぁとも思っちゃいましたね。まず、基本的に何故今アニメにするのかの意味も実は伝わっていないというか。
逆にそこまで不満と言う映画でも無いんですけど。

では、また来てくださいね。今年も宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵/岩永洋昭 (カノンな日々)
『ベルセルク』って原作コミックは読んだことはありませんけど、もう随分前の作品だよね?と思っていたら連載が始まったのは1989年のことなんですね。20年以上にも渡って長期連載し ...
映画:「ベルセルク 黄金時代篇? 覇王の卵」~劇場で (David the smart ass)
劇場版「ベルセルク」(『ベルセルク 黄金時代篇? 覇王の卵』)を見てきました。公開日に、劇場で。 → 公式ページ → Gyao:冒頭10分イッキ観せ!のページ アニメを見に行くのは、正確には思い出せ...
『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』 (beatitude)
身の丈を超える長大な剣を自在に操る屈強な剣士ガッツ(声:岩永洋昭)は、ある日、傭兵集団“鷹の団”を率いるグリフィス(声:櫻井孝宏)と出会う。グリフィスは、己の夢の実現のためにガッツを団に引き入れ、やがてガッツとグリフィス、そして鷹の団の仲...
『ベルセルク 黄金時代篇 PART? 覇王の卵』 2012年6月2日 ワーナー試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ベルセルク 黄金時代篇 PART? 覇王の卵』 を試写会で鑑賞しました。 実は興味無かったんですが、?、?が一緒に観れるということだったので 興味本位で観ることにしましたが、中々面白いじゃないですか まさしく喰わず嫌いでした。スイマセン 【ストーリー】  戦乱...
ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵  監督/窪岡俊之 (西京極 紫の館)
【声の出演】  岩永洋昭(ガッツ)  櫻井孝宏(グリフィス)  行成とあ(キャスカ) 【ストーリー】 孤独な剣士ガッツは、百年戦争に揺れる地を傭兵として渡り歩いていた。身の丈を超える長大な剣を自在に操り、強大な敵をいとも簡単に倒すガッツ。そんな彼に目をつけ...
ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵 (とりあえず、コメントです)
1989年から連載されていた人気コミックを3部作で映画化したダークファンタジーアニメの第一弾です。 原作コミックもテレビアニメも未見なのですけど、ついチャレンジしてしまいました。 出だしからハードな戦闘シーンに目を丸くしながら、主人公たちの心の行方を見つめて...
ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 (だらだら無気力ブログ!)
面白かった。続きが気になる。
ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 (Kathura West…Art-Mill)
アニメは読んだことないし、詳しい物語は知りませんが、《絵》は多少は知っているので、観てきました。今後の展開として、アニメらしい《相当スケールな世界観》は予想できるし、色彩も鮮やかでした。《どぎつい血しぶき》が飛んだりとグロっぽいところ(子供向けだろう...
[映画『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆このブログを以前から読んでくれている方なら分かろうが、私が、この20年以上描きつがれている人気作を読んだのは半年ほど前に過ぎない。  故に、テレビアニメ版も知らないので、動いているガッツを観るのは初めてだ^^  あの巨大な剣を自在に振り回す姿に感動!...
『ベルセルク 黄金時代篇 I  覇王の卵』 ('12初鑑賞16・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 2月4日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:00の回を鑑賞。
我が青春はあの大空とともに (MESCALINE DRIVE)
「ベルセルク 黄金時代篇? 覇王の卵」を観た。 白泉社はヤングアニマルに不定期連載中、三浦健太郎による日本ダークファンタジーの金字塔である「ベルセルク」が原作。 また、「ベルセルク」は日本テレビ系列で深夜、「剣風伝奇ベルセルク」のタイトルで放映していた。こ...
「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」 キーワードは夢と友 (はらやんの映画徒然草)
20年以上も連載が続くコミック「ベルセルク」の映画化作品です。 いつものごとくな
ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵 (銀幕大帝α)
11年/日本/80分/ファンタジー・アクション/劇場公開(2012/02/04) -監督- 窪岡俊之 -アニメーション制作- STUDIO4℃ -主題曲- 平沢進『Aria』 -声の出演- ◆岩永洋昭…ガッツ ◆櫻井孝宏…グリフィス ◆行成とあ…キャスカ ◆梶裕貴…ジュドー ...
『ベルセルク 黄金時代篇? 覇王の卵』をHTC渋谷1で観て、合戦血みどろでええやんふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★血みどろ血みどろぴっちぴっちちゃっぷちゃっぷらんらんらん】 マンガは直前2,3巻前まで、 昔やってたTVアニメは一通り見た。 血みどろだねえ。 ...
ベルセルク (がらくた新館)
人気コミック原作で、以前に深夜アニメもやっていました。友人に「いい!」と勧められ
ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】窪岡俊之 【声の出演】岩永洋昭/櫻井孝宏/行成とあ/寿美菜子/藤原貴弘/松本ヨシロウ/矢尾一樹/豊崎愛生/三宅健太 【公開日】2012年 2月4日 【製作】日本 【ストーリー】 暗黒の時代...
ベルセルク 黄金時代篇1 覇王の卵 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第255回「むやみに実写化されるよりは、なんぼかマシかな?」 今回の作品「ベルセルク 黄金時代篇1 覇王の卵」はヤングアニマルで連載中のマンガ「ベルセルク」が原作だ。この原作を知ったのは、もうずいぶんと前になる。自分自身では持っていなかったが、マンガマ...
映画:「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年2月10日(金)。 映画「ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵」。 【監  督】窪岡俊之 【監  修】岩尾賢一 【脚  本】大河内一楼 【原  作】三浦建太郎 【作画監督】恩田尚之 【キャラクター】    岩永洋昭 (ガッツ)・櫻井孝宏 (グリ...
ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略 ベルセルク 黄金時代篇III 降臨 (いやいやえん)
漫画「ベルセルク」の映画化。1~3作目まで弟と一気に観ました。 私これ昔漫画を集めてたんですよね~今どうして刊行されてないんだろう。不定期連載にもほどがある!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ 昔のTVアニメ版もよくできてたけど(特に音楽、サントラもってるよ)...
ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略 ベルセルク 黄金時代篇III 降臨 (いやいやえん)
漫画「ベルセルク」の映画化。1~3作目まで弟と一気に観ました。 私これ昔漫画を集めてたんですよね~今どうして刊行されてないんだろう。不定期連載にもほどがある!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ 昔のTVアニメ版もよくできてたけど(特に音楽、サントラもってるよ)...
映画 ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
漫画原作を一応読んだことのある三浦建太郎の大長編ファンタジー、ベルセルク。原作が遅々として進まない中、アニメ映画化されていたようで・・・(^_^;)  三作目の「黄金時代篇III ...