ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】めがね…騙されませんし萌えませんよ

2008-07-27 11:32:32 | 映画・DVD
暑いですねぇ
現在、少しならお金も暇もある週末を過ごしているピロEKですが、
…暑くて外に出る勇気がありません
…家で27時間テレビ観てます



さて、今日も映画鑑賞記録の消化です



「めがね」
(監督:荻上直子、出演:小林聡美、もたいまさこ、光石研、2007年邦画)

TSUTAYAさんでレンタル。
2008年7月7日(月曜日)の深夜から~明け8日(火曜日)にかけて鑑賞しました。
こちらも途中にパソコン故障と連続出勤を挟んじゃったので、鑑賞から時間が経過


ストーリー
南の島にあるハマダという宿泊施設にやってきたタエコ(小林聡美)。この宿に出入りしている人物は、この季節に海辺でかき氷屋を開くサクラ(もたいまさこ)や高校教師のハルナ(市川実日子)、宿の主人ユージ(光石研)も含めた彼らの間では独特の空気が流れ、それに馴染めないタエコは戸惑うことに…。
詳しくは…http://www.megane-movie.com/



ピロEK的感想&点数
「カモメ食堂」が嫌いじゃない作品だったので手に取ってみました。
映像的には秀逸
食べ物が映る時には特に綺麗な映像でした。
タエコが到着した直後に出される水のグラスがすごく綺麗で水が美味そうで…
他にも、
外で食べようとしているお弁当とか、
頂き物なお肉でのバーベキューとか(あの鉄板が欲しくなりました)、
光石研が厨房で作っているもの全てがかなり拘って撮影されている様子
…私の目には「カモメ食堂」よりも料理が美味しそうに映りました。
…エビは美味しそうに思わなかったですけどね…エビやカニは食べるための労力に見合うほどの味がしないと思うんですよね個人的に…面倒でしょ(?)殻を剥くのって



「カモメ食堂」の記事で色々書いたのと同じ内容になりそうなので、このあたり割愛しますが、映像的には満足な作品です


お話のほうですが…
とにかく何にも起こらない、何にも分からない…サクラさんの正体も、タエコさんが旅行に来た理由も分かりません…ってなストーリーは許容なのですが…

キャラ全員イヤ~ンと思っちゃったんですよね
全員、義務の前に権利がある的な事を普通に思っていそうな…人に何かを強要する発言は悪だと思っているのに、自分の考えと外れた人とは付き合わない的な…今となっては前時代的な考え(?)の方々ですよね、この方々。個人的には…気持ち悪いし、鬱陶しくもあります…で、胡散臭いです

特にもたいまさこ演じるサクラさんの表情から行動から、あの体操でのアクションまで嫌で…

…ああだと知ってたら、あの宿には泊まらんなぁまず
…朝起きて横に人がいたら苦情言うし…当然
…あのかき氷も食べた後に通常の貨幣システムの範疇外のものだと知ったら気分害すると思うんだよね私の場合(最初に確認しない方にも責任あるけど)…ある意味ボッタクリ感も感じると思う
…メルシー体操自体は許容するけど、あの体操を周辺の子供たちにやらせてるのって何となく気持ち悪くないですか(?)…なんとなく新興宗教の香りとかしません

…兎に角、あの“ハマダ”が、薬師丸博子の“マリンランド”と(精神的に)大差あるとは思えないんだよね


点数…映像だけなら高得点なんだけど、気持ち悪さと差し引いて…
3点(5点満点中)。
「カモメ食堂」では感じなかった押しつけがましさを感じた作品でした



補足・蛇足
「めがね」なるタイトルのこの作品ですが、最近流行り(?)の
「めがね萌え」要素は皆無
キャストを見れば当然ですけどね…唯一若手な女性の市川実日子も低萌え度です。

最近流行りだしているのに乗っかっている風に思われるし、私のようなある程度の年齢の者が敢えて言うことでもないので、恥ずかしいからあんまり言わないのですが、私は割とメガネフェチ傾向があります
こんな本…



も買おうかどうか悩むぐらい(買っていませんよ)。

そんな私にも何らピンと来ることが無い「めがね」なので、勘違いなさらないように
そういう風にメガネ好きな方はご注意ください。



もうひと蛇足…

光石研は会社の前の上司(※トニック師匠)の同級生らしいです。北九州出身らしいので身近に光石研の知り合い、探せば多そうです。

で、光石研といえば博多っ子純情(

で、博多っ子純情といえばうまかっちゃんのCF()ですが、

…初期のうまかっちゃん版博多っ子純情CMに出演していたのは僕の中学の1コ上の先輩です(そのCF、多分当時は九州ローカル)。
私が高校生の頃、この先輩とバスで一緒になった際、ヤンチャな別の先輩から「うまかっちゃん!」なんて何の捻りもなく冷やかされていたのを無視していたうまかっちゃん先輩(※この人の本当の名前忘れました)が今でも印象に残っています



ではグダグダ感も漂いながらですが…今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (66)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】フライボーイズ…の記... | トップ | 【映画】アイ・アム・レジェ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました♪ (sakurai)
2008-07-27 15:21:20
DVDで見たら、きっと寝るか、早回しそう。
映画館で、独特の雰囲気を楽しむ・・・。そこもエッセンスの一つかもです。
まあ、上映のときはかなりZZZの音も響いてましたがね。
去年は光石研、かなり出てましたね。
今年はあまりお目にかかってません。
去年のよくでてたで賞は、この人と、松重豊にしたいと思います。
こんばんは~♪ (ミチ)
2008-07-28 21:28:19
朝枕元にもたいまさこが座っていない分だけ【マリンランド】の方がいいのでは?と思ってしまいます。
薬師丸ひろ子もいますしね(って、違っ)

私もメガネ男子好きですよ~☆
この映画では加瀬君のメガネ姿が嬉しかった。
ちなみに私はメガネが全然似合いません。
あ、誰もそんなこと聞いていませんよね。
正常 (kimion20002000)
2008-07-29 21:53:05
TBありがとう。
この映画にある種の気持ち悪さを感じたあなたは、とても正常です(笑)
こんばんは~。 (hyoutan2005)
2008-08-02 23:06:21
お返しが遅くなりました。
うわ~、だめだったのですね。
この映画結構好き嫌いがはっきりしているようで、ダメな方が多いんですよね。
私は結構このまったり感が好きなんです。
もたいまさこさんの「枕元座り」は、ちょっと怖いのですが(笑
人それぞれ、って感じですね(笑
あ、食べ物が美味しそう・・・って言う所は意見が一致しています(笑
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(sakuraiさん、ミチさん、kimion20002000さん、hyoutan2005さんへ))
2008-08-03 17:11:11
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>まあ、上映のときはかなりZZZの音も響いてましたがね。

この作品で眠くなるってのは…プラス評価な部分かもしれないですねぇ(?)α波を出す的な…

>去年は光石研、かなり出てましたね。

光石研は結構何処にでも出てきますよねぇ。全部脇役だけど
松重豊も何処にでも出てきますねぇ…確かに。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★ミチさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>朝枕元にもたいまさこが座っていない分だけ【マリンランド】の方がいいのでは?と思ってしまいます。

部屋の中に侵入の上、寝顔を観られてるなんて…「これがこの宿泊施設の持ち味です」では済まないと思うんですけどねぇ。
下手したら警察沙汰ですよね

>薬師丸ひろ子もいますしね(って、違っ)

薬師丸ひろ子といえば…先日TVドラマ版の「ホームレス中学生」で田村少年の母親が彼女で、学校の先生が渡辺典子でした。
あと原田知世さえ出てくれば角川三人娘が再集結だったのに残念です。フジテレビも気が利きません。

>ちなみに私はメガネが全然似合いません。

私も顔が長めで頬骨が高いせいか、メガネが似合いません。
サングラスとかすると無理している感じ(?)になります。
ちなみに帽子も似合いません。なので困っております。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★kimion20002000さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>この映画にある種の気持ち悪さを感じたあなたは、とても正常です(笑)

肯定のご意見(?)ありがとうございます。
他の方のブログ読んでてもチラホラ同様の意見を見かけました。
このキモチ悪さって確信犯的に意識してのことなのか?、良かれと思って作った結果なのか?…どっちなんでしょうねぇ。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。




★hyoutan2005さんへ★

いつもコメントありがとうございます

>うわ~、だめだったのですね。

だめだったというよりも、こんな設定で残念という感じです。
食べ物の映し方は凄く良かったんですけどねぇ…。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
Unknown (moriyuh)
2008-08-03 22:36:01
TBありがとうございました。
お返しが遅くなりすみません。

>朝起きて横に人がいたら苦情言うし…当然

アレはあのスタイルだからいいのですが、チョイ引きますよね?

でもあの食事だけで許せてしまう私がいます。
あのメルシー体操は?ですけれどね、旅ですから…ってことで許しておきます。

まぁ突っ込みどころ満載の作品でしたね。

★★コメントありがとうございます~その2~★★ (ピロEK(moriyuhさんへ))
2008-08-13 01:58:37
★moriyuhさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>お返しが遅くなりすみません。

とんでもありません、丁寧にコメントまでいただき本当にありがたく思っております。
私の方こそトラックバックは投げっぱなしだわ、頂いたコメントへの返事は遅いわ…で、申し訳なく思っております。

>でもあの食事だけで許せてしまう私がいます。

お話の中身は気にせず、あの食事の映像だけを楽しむのが正解なのかもしれないですね。
メルシー体操自体は厭じゃなかったのですが、もたいまさこさんの踊り方だけが癇に障った私です。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
もたいさん・・・。 (Ageha)
2008-11-02 17:53:04
うん、映画の中だから、
他人事として笑える。
自分がああいうひとに直面したら
確かに引くな・・・。

なんていうか、あのひとはちょっと
不思議な存在というかなんというか、
不気味と笑いの紙一重のところで
うまくバランスとってるような気がします。

映画でありながら、食べ物のおいしさが
やたら伝わってくる。
その辺は裏方さんの勝利ですね。

家で見たら寝ちゃう作品ですよ、コレは・・・。

どんなに傷心でヘトヘトでほっといてと思っても
人はやっぱ誰かとつながってたい、
その辺はケータイを手放せないことにも
つながるんですが、

タエコさんは結局あの空気になじみます。
さて、自分に置き換えたら
・・・私は無理かな?
そもそも寝てたいし、規則正しい生活を
旅行先でしないし、
せっかく来たのにボ~ッとしたくないし。
・・・・あれれ、いつの間にか酷評???
★★コメントありがとうございます~その3~★★ (ピロEK(Agehaさんへ))
2008-11-16 21:59:51
★Agehaさんへ★

いつもコメントありがとうございます
返事が遅くなってしまい申し訳ありません

>うん、映画の中だから、

フィクションの中の人物というのは前提なんですけどねぇ…
私としては…それでも気持ち悪いというか…こういう人物像を描こうというコンセプト自体が認められないというか…そんな感じです。

>映画でありながら、食べ物のおいしさが
>やたら伝わってくる。
>その辺は裏方さんの勝利ですね。

食べ物は素晴らしいんですけどねぇ。
あの煮た小豆とか…食べたいです。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。
Unknown (nata)
2010-01-12 23:17:32
私はこの映画大好きですけどね!

実際にあったら
楽しそうだし
メルシー体操も
いいなって思います


ゆるーい感じ
たまりません!!


もたいまさこが
朝部屋にいたのも
小林聡美だからだと
思うんですよね


逆に
もし自分が泊まって
朝もたいまさこが
居たらビックリだけど
居なかったら
なんだか残念だな

認めてもらえなかった
みたいな


映像もきれいで
大好きな映画です!
★★コメントありがとうございます~その4~★★ (ピロEK(nataさんへ))
2010-10-03 15:50:47
★nataさんへ★

コメントありがとうございます。
そして長い間のコメント放置、申し訳ありません
…この返事がnataさんへの目に触れている事を祈ります

>私はこの映画大好きですけどね!

映像なんかは綺麗なので、変な勘ぐりをしなければ良い作品と思えるのかもしれないのですが、私はダメでした。
前作の「かもめ食堂」は色々考える事も無く好きだったんですけどねぇ。
この「めがね」の影響で、「プール」も「トイレット」も観るのを躊躇している状況だったりします。
…考え過ぎなのかもしれませんね。

では、また来てくださいね。今後ともよろしくお願いいたします。
Unknown (Unknown)
2016-10-21 10:46:03
ビデオで観た後、気持ちわるさをどうしたものかおもって
ググったらこのページと出逢いました。
あーほっとした。ありがとう!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

66 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『めがね』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「めがね」□監督・脚本 荻上直子□キャスト 小林聡美、市川実日子、加瀬 亮、光石 研、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、橘ユキコ、中 武吉■鑑賞日 9月24日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★ (5★満点、☆は0.5) ...
めがね (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『何が自由か、知っている。 今度は5人で、南の海辺。 一瞬のようで永遠のような、 たそがれどきの物語。』  コチラの「めがね」は、昨年大ヒットし多くの方のハートをじんわり癒した「かもめ食堂」のスタッフとキャストが再結集した癒し系のヒューマン・コメデ...
『めがね』 (2007) / 日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:荻上直子出演:小林聡美、市川実日子、加瀬亮、光石研、もたいまさこ、橘ユキコ、中武吉、荒井春代、吉永賢、里見真利奈、ケン、薬師丸ひろ子公式サイトはこちら。<Story>春の浅い頃、タエコ(小林聡美)はとある海辺の町の空港に降り立った。大きなト...
「めがね」たそがれ・・・? (ももたろうサブライ)
監督 荻上直子ちょっとあらすじ 海辺の小さな町にやって来たタエコ(小林聡美)は、民宿ハマダの主人・ユージ(光石研)や謎の女性・サクラ(もたいまさこ)らに出会う。何日かを過ごしたタエコは違和感を覚え、別の宿へ移ろうとするが、そこは共同で農作業を行なうとい...
めがね (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
「かもめ食堂」 のスタッフによる作品です。「かもめ食堂」の世界をより突き抜けたものにしたらこうなったといったところでしょうか。 春の浅い頃、タエコはとある海辺の町の空港に降り立ちます。大きなトランクを引き摺って、民宿「ハマダ」へとやってきます。観光...
めがね (そーれりぽーと)
何度でも観たくなる異国での食を通じたコミュニケーションを描いた『かもめ食堂』に続く、荻上直子監督×小林聡美×もたいまさこの『めがね』を観てきました。 ★★★★★ 究極の癒し系ヒューマンドラマ。 俺にとって旅行に行く理由は、非日常に身を置く事(つか逃避)...
めがね (ひめの映画おぼえがき)
めがね(3枚組) 監督:荻上直子 出演:小林聡美、市川実日子、 加瀬亮、光石研、もたいまさこ、橘ユキコ、中武吉、荒井春代、吉永賢、里見真利...
「めがね」普通に面白かったけど、こんな宿はイヤだ(苦笑) (ポコアポコヤ 映画倉庫)
普通に面白かったんだけど、細かい部分で、私とは合わなかった・・・。 この旅館に泊まりたいと思わなかったな(^^; (追加)先日、荻上直子...
めがね (迷宮映画館)
【めがね】かけてないと、ハマダに泊めてもらえないのかなあ。。。。とめてえ。
「めがね」 (大きな栗の木の下で)
2007年 日本 監督・脚本:荻上直子 出演:小林聡美、市川実日子、加瀬亮、光石研、もたいまさこ 【内容】 春の浅い頃、タエコはとある海辺の町の空港に降り立った。大きなトランクを一つ提げて、民宿「ハマダ」に宿をとった。観光する所もない田舎町だが、ハマダの近くに...
mini review 08287「めがね」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
海辺の町を訪れた主人公の女性を中心に、そこで旅館を営む宿の主人、旅館に集う人々などの穏やかな人間模様をつづったヒューマンドラマ。監督の荻上直子を始め、大ヒット作『かもめ食堂』のスタッフが結集。主人公の女性・タエコを『かもめ食堂』にも出演していた小林聡美...
「めがね」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
めがね(3枚組)VAP,INC(VAP)(D)このアイテムの詳細を見る 春まだ浅い南の小さな海辺の町。空港に小さなバッグを手にタラップを降りてきためがねの女性は、 迎えの人に深々と一礼する。同じ飛行機から降りてきたもう一人の女性、タエコ(小林聡美)。 大きなトランクを引き...
めがね<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <ヤクルトホール> 監督:荻上直子 企画:霞澤花子 脚本:荻上直子 春。海辺の町の小さな空港に降りたタエコは、予約していた宿「ハマダ」へやってきた。出迎えた宿の主人の商売っけの無さに、とまどうタエコだったが・・・。 奇麗な海辺の町で、...
めがね (瑞樹録)
 「めがね」2007年 日本 1時間46分 監督: 荻上直子 出演: 小林聡美、市川実日子、加瀬亮、光石研、もたいまさこ 配給: 日活 物語: 春、この世界のどこかにある南の海辺。 人生の一瞬にふと立ち止った女性が、白い砂浜とどこまでも澄む青空に不釣....
めがね (POCKET BASE)
大好きな『かもめ食堂』と同じ、萩上直子監督の映画『めがね』を観てきた。小林聡美、もたいまさこが、『かもめ食堂』に続いて出演している。今回は南の海辺を舞台に、三人の女と...
『めがね』 & 舞台挨拶 (Sweet*Days**)
監督、脚本:萩上直子  CAST:小林聡美、もたいまさこ、光石研、市川実日子、加瀬亮 春。旅をするタエコ(小林聡美)はある海辺の宿...
『めがね』 (ラムの大通り)
----これ。『かもめ食堂』の荻上直子監督の新作と言うことで注目されてるよね? 「うん。北国フィンランドから一転して、 こんどは与論島でロケしている」 ----えっ?沖縄じゃニャいの? 「うん。そこも一つのミソだろうね。 沖縄が日本に戻るまで 与論島は日本の最南端の...
『めがね』 劇場鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
アンコール上映で劇場鑑賞できました。1,000円ですし、主人も観たそうにしていましたが、残念ながら仕事のため上映時間には調整つかず。。。法事の粗供養をお願いしてる間に、ひとりで観てきました(^^)v娘のお迎え時間にも、ぎりぎりセーフ(^^;).。゜+..。゜+.  .。゜+....
めがね (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
めがね(3枚組)何もないことそのものを描いたと言われればそれまでだが、あまりに芸がない。海辺の小さな町で“たそがれて”すごす人々の交流を描く癒し系映画。見ている間は気持ちがいいが、見終わって「だから何?」という気も。めがねというタイトルもどこかピントがズ...
「めがね」小林聡美主演 (コレ、いいかも☆)
南の海辺の小さな町に降り立ったタエコ(小林聡美)は小さな宿ハマダに辿り着く。周囲のマイペースさに耐え切れなくなったタエコはもう一軒の宿に向かうが…。あの人は何者なのか?なぜ、島にいるのか?なんて事を気にして見てはいけません(^_^.)島独特の時間の流れが心地...
めがね・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
なんで「めがね」? 昨年、単館系ながら口コミで異例の大ヒットとなった、「かもめ食堂」のスタッフ・キャストによる二匹目の鰌。 監督の荻...
自分が自由になる方法。『めがね』 (水曜日のシネマ日記)
海辺の町にある旅館での生活を舞台にした物語です。
「めがね」 (the borderland )
めがね族なんで見逃せません。 昔と違って、めがねの値段も安くなってきてるんで、1年に1つペースで買っていたら、プライベート用4つ、仕事用で2つになってしまった。視力は落ちるところまで落ちたんで、全部使えるんですけど、結局一番新しいやつをずっと使っちゃう...
終日のたりのたり哉~『めがね』 (真紅のthinkingdays)
「梅はその日の難逃れ」って言葉、知ってました?『かもめ食堂』のスタッフ、一部 キャストが再結集して製作された本作は、携帯の繋がらな...
映画『めがね』 (健康への長い道)
昨日、会社帰りにシネリーブル神戸で『めがね』を鑑賞しました。 Story 春まだ浅い頃、タエコ(小林聡美)は南の小さな海辺の町の空港に降り立った。大きなトランクをゴロゴロ引き摺りながら、「あまりお客が増えないように」小さな小さな看板を掲げた宿ハマダにやって...
めがね (to Heart)
製作年度 2007年 上映時間 106分 監督 荻上直子 出演 小林聡美/市川実日子/加瀬亮/光石研/もたいまさこ 海辺の小さな町にやって来たタエコ(小林聡美)は、素朴で小さな宿・ハマダに到着。宿の主人・ユージ(光石研)とその愛犬、さらには不敵なほほ笑みをたたえた...
めがね (ルナのシネマ缶)
「かもめ食堂」は結構お気に入りの 映画だったので、楽しみに していた作品です。 まあどうしても二番煎じ的な感覚は 否めませんが、 今回も素朴な料理の数々が ホントに美味しそうで、 お腹がすく映画でした。 舞台は、フィンランドから南の島に移って、 時間...
めがね (シャーロットの涙)
梅はその日の難のがれ・・・
「めがね」 2007年 日本 (僕は映画に恋をする)
『人生急がず、たまにはたそがれてみませんか?』    監督:荻上直子(「かもめ食堂」) 出演:小林聡美(タエコ)        市川実日子(ハルナ)     加瀬亮(ヨモギ)     光石研(ユージ)     もたいまさこ(サクラ) あらすじ...
めがね (悠雅的生活)
南の島のたそがれは 甘い氷の味がする
「めがね」 (It's a wonderful cinema)
 2007年/日本  監督/荻上 直子  出演/小林 聡美      市川 実日子      加瀬 亮      光石 研      もたい まさこ  「かもめ食堂」の荻上直子監督が再び小林聡美主演で撮った癒し系ムービー。  春の島の海辺に一人やってき...
「めがね」と舞台挨拶 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
9月23日、京都シネマにて「めがね」舞台挨拶。 小林聡美さん・もたいまさこさんが好きな方、 米米CLUBのフラッシュ金子が好きな方、 たー坊こと大貫妙子が好きな方、 ほぼ日が好きな方、 ワタシはそのどれもが好きで好きで大好きで、 その好きなすべてが合わさるなんて、...
めがね (ネタバレ映画館)
かもめ、めがね、ねこがすき・・・
「めがね」試写会招待券 (雲九のもくもく覚書)
「めがね」の試写会の協賛はやっぱりめがねやさんでした。抽選の景品もめがね。 でも登場人物がみんなめがねをかけているってだけで特にめがねについての話じゃないのね。 たそがれることが必ずしも得意な訳ではないのに 結果的にたそがれてしまうということなら時々あり...
めがね(*^^)vたそがれるって? (銅版画制作の日々)
   何かいいねぇ~~メルシー体操音楽のリズムも最高   そしてサクラを演じるもたいまさこも、あの飄々とした雰囲気の存在感がたまらなくなんだよね。タイトルの『めがね』は皆めがねをかけているからなのかな?と色々なことを思いながら鑑賞した。10月16日...
めがね(映画館/舞台挨拶付) (ひるめし。)
何が自由か、知っている。
めがね (えいがの感想文)
2007年 監督:荻上直子 出演:小林聡美、市川実日子、    加瀬亮、光石研、もたいまさこ 「かもめ食堂」のスタッフ&キャストが再集結。 って聞いたら、もう観ずにはいられません。 ユル可笑しい、ユル心地良いこの感覚。どう表現すればいいんだろう?...
めがね (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「めがね」の感想です
映画「めがね」 (日々のつぶやき)
監督:荻上直子 出演:小林聡美、市川実日子、もたいまさこ、光石研、加瀬亮、薬師丸ひろ子 「南の小さな島にタエコは降り立った。手書きの地図を頼りに小さな宿ハマダにたどり着く。宿の主人ユージ、犬のコージ、常連客でかき氷屋のサクラ、教師のハルナ、少し風変
「めがね」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「めがね」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:小林聡美、市川実日子、加瀬亮、光石研、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、他 *監督:荻上直子 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気...
めがね (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
美しい海を背景にした心地よい暮らしの風景、おいしい食卓、心に響く音楽を、一瞬一瞬、丁寧にフイルムに収めた作品。映画「めがね」になかにきっと見つかるあなただけの海で、心ゆくまでたそがれどきを過ごしてください。 春の浅い頃、タエコはとある海辺の町の空港に...
めがね (楽しい株主優待生活)
テアトルの優待で観てきました♪ 良かったです、とっても{/hearts_pink/} 映画を見終わった後は、体と心から変な力が抜けてスッキリ♪ 「かもめ食堂」といい「めがね」といい、映画の中の御飯が美味しそうで(笑) 朝御飯はモチロン、バーベキュー、エビ、かき氷・・・ ...
めがね (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  めがね戦隊たそがれんじゃー!!  
映画 【めがね】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「めがね」 『かもめ食堂』の監督・荻上直子やスタッフが結集し、またまた穏やかなヒューマンドラマを綴る。 おはなし:海辺の小さな町にやって来たタエコ(小林聡美)は、素朴で小さな宿・ハマダに到着。宿の主人・ユージ(光石研)とその愛犬、さらには不敵...
『めがね』 (映画館で観ましょ♪)
「春の南の島」 と聞くだけで、 雪解けを願い、遅い春を待つ北国に住むワタシはワクワクしてしまう。 何の変化もなく事件も起きない映...
めがね 50点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
それは…、メガネくんだーっ!! 公式サイト 『かもめ食堂』でヒットを飛ばした荻上直子監督による最新作。 引き続き小林聡美ともたいまさこが出演しているなどから見ても、上映規模が大きくなっている事も含め、前作ヒットを意識しての商業的な狙いを感じさせられも...
『めがね』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
春の浅い頃、タエコはとある海辺の町の空港に降り立った。大きなトランクを一つ提げて、民宿「ハマダ」に宿をとった。観光する所もない田舎町だが、ハマダの近くには不思議な人々が集っていた。毎朝、浜辺で行われる「メルシー体操」、近所でぶらついている高校教師のハル...
めがね (シネ・ガラリーナ)
2007年/日本 監督/荻上直子 <京都シネマにて鑑賞> 「押しつけないこと、というメッセージの頑固さが逆に押しつけがましい」 映画館はもの凄い人で「かもめ食堂」の人気が いかにすごかったかをまざまざと感じさせられました。 が、しかし。 新作は、...
めがね (映画大好き)
2007年 日本 出演 小林聡美、市川実日子、加瀬亮、光石研、もたいまさこ、薬師丸ひろ子 ★荻上直子監督が描くスローライフ・ムービー。 春のある日、海辺の小さな町にプロペラ機でやってきたタエコが、トランクを引きずりながら、たどり着いた小さな宿ハマダは、ち...
めがね (日々緩々。)
『めがね』観てきました。 公式サイト→http://www.megane-movie.com/ 率直な感想は…うーん、微妙?!{/kaminari/} 『かもめ食堂』がとても良かったので、ちょっと比べすぎた所もあるかも。 以下ネタバレもあります。 携帯の通じない場所に来たかった、というタ...
めがね (映画を観たよ)
たそがれは得意ですか?
「めがね」 (てんびんthe LIFE)
「めがね」シネセゾン渋谷で鑑賞 私が行こうとするといつも満席「お立ち見です」という案内が出ていてなかなかゆっくりみることができなかった作品。今日も銀座でみようとおもって席を取ってもらおうと思ったら2時間前で既に満席。連れがチケット持っていて今日しか見...
『めがね』 (・*・ etoile ・*・)
'07.09.30 『めがね』@TOHOシネマズ市川コルトン これは見たかった。『かもめ食堂』のスタッフ&キャストが再び集まって撮った映画。『かもめ食堂』は好きだった。 「プロペラ機で南の島に降り立ったタエコ。手書きの地図をたよりに浜辺の宿ハマダに到着する。宿の主...
『めがね』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 夏じゃなくて「春」だからこそ、「かき氷」がより鮮烈に映るのかも。 『めがね』 2007年・日本・106分 監督・脚本:荻上直子 プロデューサ...
[cdb] #141 めがね (色とりどりの日々)
本日、初日。この日を待っていましたよー。 とにかく早く観たくって、 バイオリンを抱えたまま整理券をゲット、 さて、この大きな荷物をどうにかしなくっちゃ、 そう汗を拭き拭き悩んでいたらスタッフさんが、 よろしかったらこちらでお預かりしますよ、と。 まあ、...
【映画】めがね (新!やさぐれ日記)
■状況 109シネマズ佐野にてサービスデー価格で観賞 ■動機 めがねとか好きだから ■感想 大人のたそがれ映画 ■あらすじ 海辺の小さな宿・ハマダに到着にやって来たはタエコ(小林聡美)は、宿の主人・ユージ(光石研)とその愛犬・コージ、さらには不思議な女...
海とカキ氷のある風景~めがね (ひょうたんからこまッ・Part2)
『めがね』 (2007年・日本/106分) 公式サイト ? その小さな島の海辺の宿では、「時」が不思議なリズムを刻む。 その捉えどころの無い「時」を捕まえ、 「逃がす」ことの出来る能力・・・ いや、才能? そう、「そこ」では「時」の呪縛からするりと逃...
めがね (夫婦でシネマ)
『かもめ食堂』の荻上直子監督の最新作。この映画は、物語を期待して観に行った人はちょっとダメかもしれません。
『めがね』たそがれには海が似合う。 (キマグレなヒトリゴト)
たそがれるのにはコツはあるんでしょうね。きっと。 ぽちっとプリーズ。
めがね [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「めがね」(荻上直子:監督・脚本)  を観てきました♪                              (C) めがね商会  荻上監督、小林聡美さん、市川実日子ちゃん、  もたいまさこさんの4名の方が来場しての  舞台挨拶付きでした♪  前から...
ひねもすのたりの不思議空間。~「めがね」~ (ペパーミントの魔術師)
公式サイトはコチラ。http://www.megane-movie.com/ いやもうこれはもたいさんの あのなんとも言えないキャラがあれば十分かと。 一つ間違えたらものすごく退屈な映画に なってしまうぎりぎりのラインで とにかく絶妙の間と笑いを提供してくれる。 加瀬亮くんもとぼけ...
めがね (観劇★感激★カンゲ記)
公式サイト→コチラ 私は一人でいることが好き。どちらかというと他人と過ごすのは苦手。っていうか3人以上はアウト。でもそんな性格を結構秘密にしてたりもする。 だからといってたそがれること得意なんだろうか・・・。 この「めがね」に出てくる人たちって...
映画評:めがね (映画と写真のブログ)
春が巡ってきた。 ある晴れた日。青い空を、一機の航空機が横切る。 「来た」 季節が巡るように、サクラさんはやってくる。 季節が巡るようにサクラさんはやってくる。 長回しの多い映画だが、編集の速度は一定している。このカットスピードが、『めがね』が持つ魔...
『めがね』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ春の浅い頃、タエコは大きなトランクを一つ提げてとある海辺の町の空港に降り立ち、民宿「ハマダ」にやって来た。観光する所もない田舎町だが、ハマダの近くには不思議な人々が集っていた。毎朝、浜辺で行われる「メルシー体操」、近所でぶらついている高校教師の...
めがね (いやいやえん)
ゆるゆるだ~。「かもめ食堂」のスタッフさんが製作した本作、やはりゆるリラックス作品でした。 なんとも言えない間と雰囲気に癒される。登場人物は皆めがねをかけていて、舞台は「南の島の海辺にある民宿」という曖昧な場所。そこで出会う仲間たちとの交流。 心地...
[映画] めがね (日々の書付)
「めがね」は不思議な映画です。 見終わった後、映画館をでてからしばらくの間、 自分の立っている場所がどこかわからなくなった。 こんなにも、見ている人を映画の中にひきずりこむ 映画は久しぶり。 それもぐいぐい引き付けられるのではなく、 気が付いたらい...