ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】宇宙兄弟…宇宙を描く能力が(日本映画に)無いのならば作らなければ良いのに。

2014-04-28 14:54:41 | 映画・DVD
仕事とお酒が原因でブログの更新を滞りさせ続けているピロEKです
お酒の方は、言うほど呑んでいないのだけれど、ほろ酔いになると、パソコンに向かうというテンションでは無くなる感じですかね

で、ここ数カ月の近況(※憶えている範囲

2014年3月1日(月曜日)は、娘の高校の卒業式に出席

2014年3月9日(日曜日)から10日(月曜日・有給休暇)にかけては、嫁さんと娘との三人で福岡に遊びに行きました。本当はもっと遠くまで温泉にでも行こうかと思っていたのですが、計画を立てる暇もなくてですねぇ。主にショッピングに終始。

2014年3月11日(火曜日)から12日(水曜日)にかけては、娘が高校の友人と卒業旅行で別府に。楽しかったらしい。

2014年4月5日(土曜日)は、職場の飲み会。一次会は幹事が用意した居酒屋。二次回はアイリッシュパブブーティーズでギネスとフィッシュ&チップス。三次会はスナックで後輩からおごってもらう始末。今度埋め合わせします。

2014年4月12日(土曜日)は、娘の看護専門学校の入学式に出席
(この学校がチョイ左巻きなのが気になりましたが、娘には影響され過ぎないように言い聞かせておきます)

2014年4月26日(土曜日)は、娘が自動車学校の卒業検定、で合格。但し、看護学校があるので、夏休みまで免許証は取りに行けないようです

2014年4月27日(日曜日)は、家族(いつもの)3人で、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」を観にリバーウォークへ。映画館は大盛況なのに、「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」は結構ガラガラ気味(※多分「アナと雪の女王」あたりが人気なのでしょう)。「キャプテン・アメリカ」自体は満足。「ダークナイト」と同等とは言いませんが、近いところまで迫っていると思える良作でした



で、そんな良作の話はさておき、以下は駄作と私が思う映画の観賞記録です。



「宇宙兄弟」
(監督:森義隆、出演:小栗旬、岡田将生、堤真一、2012年日本)

TSUTAYA DISCASさんから「ハンガー・ゲーム」と一緒に届いた一本。2013年1月19日(土曜日)の午後に観賞しました(BD)。
…1年以上遅れの記事アップ


あらすじ&概要
小山宙哉によるコミックの実写映画化。
子供の頃に宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟ムッタとヒビト。大人になった2025年、弟のヒビト(岡田将生)は夢をかなえて宇宙飛行士になっていたが、一方、兄のムッタ(小栗旬)は会社を解雇されてしまい意気消沈の日々を送っていた。



ピロEK的感想&点数
オープニングの宇宙開拓史的なヤツは好きだったんだけど、ここが映画のピーク

勿論内容はあんまり憶えていませんが、今となっての印象は、テンポが悪いというか、展開が遅いというか、シッカリ予算も手間もかけていない感じの空虚感が漂う海外ロケとか(あんな感じにしかならないのならば海外ロケ自体が無駄)…私がいつも言っている日本映画のダメな部分を大いに踏襲

もちろんハリウッド映画みたいな予算なんてかけられないでしょうから、安っぽさは仕方ないと言ってしまえば、仕方ないんだろうけど、予算不足というよりも、ケチった感とセンスの無さを強く感じてしまう作りの拙さ
NASAにロケに行くとか、アポロ11号の人(月に最初に降りられなかったとか言って捻くれているという噂で、トランスフォーマー3にも出てた爺さん)の出演とか、そういう小手先のことは良いからちゃんと面白く作る努力をしてほしいところ

本当に映画としてキッチリ作る事に、予算的・才能的に無理があると言うのならば、宇宙が題材のコミックの実写映画化とか言いださなければ良いのに
宇宙で起こる事故を中心に映画を作りたいのならば、今後は「ゼロ・グラビティ」ぐらいのレベルに届きそうもなかったら作らない…なんていう規範でも定めて欲しいところ(※2014年1月現在、「ゼロ・グラビティ」は未見)。

ストーリー自体もオチに向けて(そもそもオチていないコミックの映画化ということもあってか)尻切れ感有り。
原作がどうなのかは知らないけど、ただ根性論だけで宇宙の事故を解決ってのも面白くない要素

出演者は日本映画にはこいつらしか居ないのかというメンバーのメジロ押しでフレッシュ感無し。
出演者で映画の個性を出す気も無く、ここでも手抜き感有り


…等々、観賞当時の草稿を元に記事にしてみました。くそみそですね


ということで、点数は2点(5点満点中)

マンガが当たったから、人気なうちに無理矢理映画を作りました感が強い
現実世界では(アメリカだのロシアだの)海外でしか有人ロケットを打ち上げられないのだから、外国ロケが中心で、外国人俳優が沢山出てきて、そこでドラマが繰り広げられるってのが(ハリウッド映画なら)リアリティを求める上での条件。
月で事故が起こったのだから、そこだけつめても面白い映画を作れる要素だと思うのにイイカゲンに処理

…なんて事も(他にも沢山草稿に)書いていましたが、同じ悪口がダラダラ続くだけなのでこのあたりで



補足・蛇足
そういえば、途中お兄さんの方がアストロノーツ候補者の試験を受けてるシーン。
「仮面ライダーフォーゼ」で、まんまパクった部分がありました。一人がコッソリ悪役になったりする部分ね。「フォーゼ」も子供番組って事で観る側を甞めてますね(パロディだという受け取り方も可能ですが
度々の映像化であの試験内容が一般化したら不適正を見破られる人が減るんじゃないかとも心配になったりもして



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】ローン・レンジャー…ハ... | トップ | 【映画】スノーホワイト…私と魔... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
完全に (sakurai)
2014-05-08 12:29:59
岡田君目当てで行った作品でしたが、テンポの悪さは無性に覚えてます。
毎週、アニメは見ていたのですが、そっちの方が100倍よくできてるかと思います。
安直感はありましたね。
今度、アニメの映画があるようですが、どうしようかなあ~ですわ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
宇宙兄弟 (佐藤秀の徒然幻視録)
何から何までテキトー 公式サイト。森義隆監督、小栗旬、岡田将生、麻生久美子、濱田岳、新井浩文、井上芳雄、塩見三省、堤真一、バズ・オルドリン。お調子者で注意力散漫の弟の ...
宇宙兄弟 (あーうぃ だにぇっと)
宇宙兄弟@東商ホール
映画「宇宙兄弟」@東商ホール (新・辛口映画館)
 日曜日の試写会という事で、小学生位のお子さんから大人まで幅広い客層だ、客入りは8割くらい。
宇宙兄弟 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(13) とあるシーンで劇場全体が鼻をすする
『宇宙兄弟』 2012年4月29日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『宇宙兄弟』 を試写会で鑑賞しました。 面白かった そして、泣いてしまった 【ストーリー】  子ども時代に、宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟ムッタとヒビト。時は過ぎて2025年、弟ヒビト(岡田将生)が夢をかなえて宇宙飛行士となった一方、兄ムッタ(小栗旬)...
『宇宙兄弟』をHTC渋谷2で観て、麻生さん一択ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
   五つ星評価で【★★★ドラマの構築方法が普通とは違うので面食らうが、悪い訳ではない。試験に残る6人のアンサンブルはおもろいし、うまい】 これが女中を目指す『女中 ...
映画『宇宙兄弟』★なんて素敵な兄弟\(^o^)/約束が未来を結ぶ! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    映画レビュー(ネタバレ表示)です。 http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id340850/rid79/p1/s0/c1/     前評判の高さで楽しみにしていました。 この兄弟はいいなあ~との想いが心に残りました...
「宇宙兄弟」夢の続きを歩んだ先にみた少年時代に描いた壮大な夢の実現 (オールマイティにコメンテート)
「宇宙兄弟」は小山宙哉原作の「宇宙兄弟」を映画化した作品で小さい時兄弟で宇宙飛行士になる事を誓った少年が大人になり弟が先に宇宙飛行士になり兄はサラリーマンをクビになっ ...
「宇宙兄弟」 原作ファン的には×! (はらやんの映画徒然草)
原作のマンガは今年になってから読み始め、たちまち夢中になりました。 映画化される
宇宙兄弟  監督/森 義隆 (西京極 紫の館)
【出演】  小栗 旬  岡田 将生  麻生 久美子  堤 真一 【ストーリー】 星空を追い続けていた兄弟─天然パーマの兄・南波六太とツンツンヘアの弟・日々人。幼い2人は「2人で一緒に宇宙に行こう」と約束を交わす。時は過ぎて2025年。ヒビトは約束通り宇宙飛行士とな...
宇宙兄弟/小栗旬、岡田将生 (カノンな日々)
小山宙哉さんの原作コミックは講談社マンガ賞と小学館漫画賞をW受賞したほどの人気作品だそうですね。私もだいぶ前のことになりますが、シネコンで配布されていたお試し版コミック ...
宇宙兄弟 (Akira's VOICE)
出来すぎな理想像だが良い!!  
宇宙兄弟 (だらだら無気力ブログ!)
夢に向かって頑張る姿は見ていて何かイイな。
宇宙兄弟 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】マンガを1巻だけ立ち読みしました。コ
宇宙兄弟(2012-070) (単館系)
宇宙兄弟 ユナイテッド・シネマ浦和 週刊モーニングに連載中の小山宙哉のベストセラーコミックを実写映画化。 幼い頃に宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟、弟は夢を叶えたが兄は諸事情で挫折していた。 しかし弟が月に行くことになったのをキッカケに兄は再び宇...
宇宙兄弟・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
宇宙(そら)を向いて歩こう。 エリート宇宙飛行士の弟と、人生の再出発から宇宙を目指す兄の絆を描く、小山宙哉原作のベストセラー漫画の映画化である。 主人公のモジャモジャ頭の六太を小栗旬、生き方もルックスも対照的な弟の日々人を岡田将生という旬の若手二人が好...
宇宙兄弟 (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 西暦2025年。幼い頃に兄弟で交わした「二人で宇宙飛行士になる」という約束通り、弟・ヒビト(岡田将生)は宇宙飛行士となったが、兄・ムッタ(小栗旬)は、会社をクビになり無職となってしまう。大きく異なった運命を歩んでいた二人の兄弟。そんなある日、ヒビ....
宇宙兄弟 (勝手に映画評)
先日の『テルマエ・ロマエ』と同様、漫画が原作の映画。映画化に際しては、JAXAの全面協力の他、NASAの協力も得ています。 原作を読んだことが無いので、この映画が原作上でどのあたりに位置するのか全くわかりません。もちろん、原作はまだまだ終わっていませんし、雰囲...
ふたりで行こう~『宇宙兄弟』 (真紅のthinkingdays)
 幼い頃から宇宙に憧れ、いつか一緒に宇宙に行こうと約束を交わした南波六太 (小栗旬)・日々人(岡田将生)兄弟。夢に向かって一直線に進んだ日々人は、日 本人初のムーンウォーカーとして月に向かうが、兄の六太は失業中・・・。  大人気コミックの映画化。小...
宇宙兄弟 (はるみのひとり言)
宇宙兄弟見て来ました。原作も今やってるアニメも見てなくて、ただ小栗旬くんと岡田将生くんを見るのが楽しみで行ったんですが、なんか感動してウルっとなってしまいました。原作を知ってる人には、物足りないような声が上がってましたが、私には2時間でしっかりまとまっ...
宇宙兄弟 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2012/05/05公開 日本 129分監督:森義隆出演:小栗旬、岡田将生、麻生久美子、濱田岳、新井浩文、井上芳雄、塩見三省、益岡徹、森下愛子、吹越満、堤真一 夢の続きを、始めよう。 子ども時代に、宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟ムッタとヒビト。時は過ぎて2025....
宇宙兄弟 (迷宮映画館)
わたし目、なによりよかったのが、子役のお二人だったのですが。。。
『宇宙兄弟』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「宇宙兄弟」□監督 森 義隆 □脚本 大森美香□原作 小山宙哉 □キャスト 小栗 旬、岡田将生、麻生久美子、濱田 岳、新井浩文、井上芳雄、       塩見三省、堤 真一、野口総一、バズ・オルドリン■鑑賞日 5月5日(土)■劇場...
宇宙兄弟 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年6月2日(土) 15:40~ TOHOシネマズ日劇2 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) 『宇宙兄弟』公式サイト 「宇宙鉄人キョーダイン」みたいなタイトルだが、ロボットではなく、生身の人間だ。 賢弟愚兄な話だが、愚兄が努力し、兄弟で宇宙へ飛び立つと...
[映画『宇宙兄弟』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆かなり面白かった。  幼い頃から宇宙を目指していた兄弟・・・、  成長するに従って、兄の大いなる影響を受けてまっすぐ育った弟は、NASAの宇宙計画に参加する宇宙飛行士にまでなっていた。  しかし、兄のほうは、多くの才能に恵まれども、サラリーマンとして...