ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【映画】ダーリンは外国人…面白く無かった

2011-10-11 16:11:29 | 映画・DVD
色々考えた挙句、困って“…面白く無かった”とダイレクトなサブタイトルにしちゃったピロEKです

昨日2011年10月10日(月曜日・体育の日)は前の記事での予告通り、部屋の掃除をしました。私の部屋は寝室とオタクアイテム保管(の一部)を兼ねており、オタアイテムを避けるとそこには多めの寝埃といった具合で…私はホコリに極端に弱いため大変でした。今現在でも鼻孔が変な感じです

本日2011年10月11日(火曜日)からの一週間は夜勤。今週は土曜日までお仕事の予定なので(昨日まで三連休取っている事はもう忘れて)凹み具合の週がスタートです。まぁ頑張るけどね



以下は映画観賞記録です。



「ダーリンは外国人」
(監督:宇恵和昭、出演:井上真央、 ジョナサン・シェア、国仲涼子、2010年邦画)

TSUTAYA DISCASさんから「グリーン・ホーネット」と一緒に届いた一本。2011年7月16日(土曜日)の夜に半分、翌17日(日曜日)の午後に半分を観賞しました(DVD)。



ストーリー
小栗左多里の同名コミックエッセイの映画化。
漫画家志望のさおり(井上真央)は、漢字の美しさに一目ぼれして来日したという語学マニアのアメリカ人・トニー(ジョナサン・シェア)と出会い付き合うようになるが、二人は日本とアメリカの文化の違いを実感し…。





ピロEK的感想&点数
トニー・ラズロ本人のカメオは分かりやすくて気が付いたけど、小栗左多里には気が付きませんでした。

…と、批判じゃない意見はココまで

中古屋で見つけ嫁さんが(100円で)買ったので読んだことのあった原作コミック(のシリーズ)は、文化の違いやトニーの性格(?)から起こる事件の数々をオモシロ可笑しく羅列しただけのものだったのですが…
映画の方は何故か“障害ある恋愛”が中心のラブストーリー仕立てに(原作者は恥ずかしかったんじゃないでしょうか)。原作には出てこないさおりの父親を“わざわざ登場”させ“わざわざ葬る”…てな創作具合。原作テイストも残そうと、申し訳程度に国際結婚のオモシロエピソードを語る国際結婚夫婦の映像とか入れたりもしてな。

まぁどちらにしても、テンポもバランスも悪かったという感想

白けて彩度の低い映像もどちらかというとキライ(日本映画はこの手の映像が何故か多い…何故なのかちょっと研究してみたい部分ではあります)。


ということで、簡単ですが
点数は2点弱(5点満点中)
私はよく、日本映画が面白くないという事を記事に書きますが、これはその典型的なひとつかなぁ。
企画ありきで、あとは、その企画に対して仕事を受けてくれるスタッフが従来の日本的な(?)映像手法でとりあえず映画にした…みたいな印象です




補足・蛇足
井上真央という顔のキツめの女優さんはあまり好みじゃないので、出演作ってあんまり観ないですね。
未だに他人に説明する際は「キッズ・ウォー」の女の子とか言ってしまう始末。
「キッズ・ウォー」といえば第5シーズンに入る際の急展開は、いくらなんでも急過ぎると思います(※同意求む)。



では、今日はこのあたりで
お仕事頑張ってきま~す





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】デイブレイカー…前半... | トップ | 【コミック】水域(上) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
著しく (sakurai)
2011-10-13 11:39:53
同感です。
あたしも原作読んだことありますが、なんでわざわざ感動作!!みたいなもんに作り直さなきゃならないんだ!と。
先日「ツレがうつになりまして」を見に行ったのですが、まるで同じ空気を感じました。
まあ、ツレのほうが役者がうまいんで、映画としては体を成してましたが。
★★コメントありがとうございます★★ (ピロEK(sakuraiさんへ))
2011-10-23 23:23:52
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます。

>あたしも原作読んだことありますが、なんでわざわざ感動作!!みたいなもんに作り直さなきゃならないんだ!と。

世間にウケた原作を映画化するくせに原作のテイストは変えちゃうという本末転倒ですよね。
…しかも個人的には感動もしていませんし

>先日「ツレがうつになりまして」を見に行ったのですが、まるで同じ空気を感じました。
>まあ、ツレのほうが役者がうまいんで、映画としては体を成してましたが。

そちらは原作を未読な私なので、映画の完成度さえ高ければ変な空気を味わう事も無いとは思うのですが…観賞候補としては低くしておきます。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ダーリンは外国人』の後味は? (映画のブログ)
 「ぶん殴る」の「ぶん」て何だろう?  アメリカから来たダーリンの質問には、日本に生まれ育った人でもタジタジである。  しかし、言葉やカルチャーギャップからくる笑いを楽しみたければ、『日本人の...
デイブレイカー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
人類の大半がヴァンパイアと化した近未来を描くSFアクション・スリラー。監督は「アンデッド」のピーター&マイケル・スピエリッグ兄弟。出演は「ニューヨーク、アイラブユー」の ...
ダーリンは外国人 (映画的・絵画的・音楽的)
 チョット軽めのラブコメでもと思って、『ダーリンは外国人』を渋谷のヒューマントラストシネマで見てきました。 (1)見て少々驚いたのは、この手の映画にしては、随分といい俳優が脇役を務めているなという点です。  なにしろ、主人公さおり(井上真央)の母親が大竹し...
ダーリンは外国人 (単館系)
ひょんなことからアメリカ人のトニー(ジョナサン・シェア)と交際することになったさおり(井上真央)。漢字に一目ぼれして日本にやって来たトニーは、数か国語を操る根っからの語学オタク。そんなトニーとの...
ダーリンは外国人 (だらだら無気力ブログ)
小栗左多里の同名コミックエッセーを『花より男子』の井上真央を主演に 迎えて映画化したラブコメディー。 異文化で育った外国人と日本人のヒロインとのあいだで起こる日常の悲喜 交々やギャップをユーモラスに描く。漫画家を目指してイラストレーターをしているさおり...
ダーリンは外国人 (いい加減社長の映画日記)
ゴールデンウィークを控えているせいか、観たい映画がたくさん^^; 土曜日(といっても1週間前だけど)は、朝とレイトショーの変則ダブルヘッダー。 まず朝は、原作は読んだことがないけど、コメディっぽくて面白そうなので、「ダーリンは外国人」を鑑賞。「UCとしまえん....
「ダーリンは外国人」言葉と文化の壁を乗り越えた先に待っている国境なき結婚 (オールマイティにコメンテート)
4月10日公開の映画「ダーリンは外国人」を観賞した。 この映画は小栗左多里原作のコミック・エッセイ 「ダーリンは外国人」を映画化した作品で 漫画家を目指す女性がある ...
ダーリンは外国人 (やっぱり最終的には自分じゃないの)
漫画家を夢見るイラストレーター、さおりは中学時代、英語のテストで4点を取るほど、英語は大の苦手。そんな彼女が恋に落ちた男性は、語学オタクの外国人、トニーだった。漢字の美しさに一目惚れして日本に来ただけに、日本語はペラペラ。しかし、外国人のトニーの言動は....
ダーリンは外国人 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ダーリンは外国人 [DVD]国際結婚(カップル)に苦労はつきもの。“外国人なダーリン”を持った女性の日常をユーモラスに描くストーリーだが、恋愛の悩みは普遍的なので共感できる。 ...
ダーリンは外国人 (LOVE Cinemas 調布)
小栗左多里の人気コミック・エッセーの映画化。語学オタクの外国人と漫画家志望のヒロインが繰り広げる笑って泣けるラブコメディー。主演は『僕の初恋をキミに捧ぐ』の井上真央。共演にはジョナサン・シェアがオーディションで抜擢。他に大竹しのぶ、國村隼、戸田菜穂、国...
普通のラブストーリーになっちゃった・・・。『ダーリンは外国人』 (水曜日のシネマ日記)
人気コミック・エッセー「ダーリンは外国人」を実写版映画化した作品です。
ダーリンは外国人/井上真央、ジョナサン・シェア (カノンな日々)
劇場予告編での「ぶん殴るの”ぶん”ってどうして”ぶん”なの?」がやたらとツボにハマってしまいました。たしかにどうして”ぶん”なんでしょうね?でも”ずん殴る”も”どん殴 ...
ダーリンは外国人 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。小栗左多里原作、宇恵和昭監督、井上真央、ジョナサン・シェア、国仲涼子、戸田菜穂、國村隼、大竹しのぶ。さおり(井上真央)とトニー(ジョナサン・シェア)のカップル、 ...
ダーリンは外国人 (迷宮映画館)
見たかったものとは、まったく違ってた。
『ダーリンは外国人』 ('10初鑑賞54・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 4月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 15:20の回を鑑賞。
ダーリンは外国人 (勝手に映画評)
小栗左多里氏の人気コミックエッセー「ダーリンは外国人」の映画化。 さおりがトニーと付き合い始めた頃から、結婚するまでの時期が、舞台に設定されています。映画化されているこれらのエピソードが実際にこの時期のモノかは不明ですが、エピソードそのものは、原作本で...
ダーリンは外国人・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
漫画家志望の日本人女性と、語学オタクのアメリカ人男性の恋を描いたラブコメディ。 「ダーリンは外国人」というタイトル通り、作者の小栗左多里が実際のパートナーのトニー・ラズロとの恋愛から結婚、子育て...
「ダーリンは外国人」 夫婦はカルチャー・ギャップの擦り合わせ (はらやんの映画徒然草)
人気の漫画エッセイの映画化です。 原作の存在は知っていましたが、まだ読んでいませ
「ダーリンは外国人」 (Con Gas, Sin Hielo)
選ばれし人、井上真央。 井上真央には運がある。 昼ドラの子役から「花より男子」のサプライズヒットで一躍主役級になったのも、起用当初は複数人の有名人の末席だったのが今や堂々とメインを張っているみずほ銀行のイメージキャラクターも、彼女には流れを引き寄せる....
ダーリンは外国人 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ダーリンは外国人」監督:宇恵和昭出演:井上真央、ジョナサン・シェア、国仲涼子、大竹しのぶ、戸田菜穂、入江雅人、川岡大次郎、坂東工、國村隼配給:東宝概要:漫画家を夢見 ...
「ダーリンは外国人」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「ダーリンは外国人」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・小栗佐多里 監督・宇恵和昭 「予告編」がかなり笑えたので、軽いノリで観に行って参りました。 そう言われてみると、“ド胆”って、抜かれ...