ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】トランセンデンス…は少し期待外れだったという記事と新年のご挨拶

2015-01-03 22:49:07 | 映画・DVD
あけましておめでとうございます。
本年も…
…あんまり更新しないとは思いますが
…頂いたコメントも放置してしまいますが
…気まぐれにTB送ったり、送らなかったりですが
何卒、宜しくお願い申し上げます

2015年です
「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で、1985年のマーティー・マクフライがやって来る30年後の未来に辿り着きました…というネタで長く語ろうと計画中でしたが、正月明けからのCFで淀川長治先生のCGが大々的に語っちゃいましたのでパクリ風味になるので止めます(「ジョーズ」は19作まで到達しなかったですね…というか「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」よりも前の段階で打ち止め)。



さて、以下は今年最初の映画観賞記録
2年分ぐらいの観賞履歴をすっ飛ばして今年(2015年)最初に観た映画からです



「トランセンデンス」
(監督:ウォーリー・フィスター、出演:ジョニー・デップ、レベッカ・ホール、ポール・ベタニー、2014年イギリス/中国/アメリカ合衆国)

TAYA DISCASさんから「ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック」と一緒に届いた1本。
2015年1月2日(金曜日)の早朝(AM6:00頃までにかけて)に観賞しました(BD)。



あらすじ&概要
人工知能PINNを開発研究するウィル・キャスター(ジョニー・デップ)は講演会の後に反テクノロジーを叫ぶ過激派の手によって銃撃され、弾丸に含まれていた有害物質が原因で余命数週間と宣告される。ウィルの妻で同じ研究者のエヴリン・キャスター(レベッカ・ホール)は、ウィルの頭脳をPINNにアップロードする。ウィルと融合したPINNは、人間以上の超高速処理能力を手に入れる。
詳しくは…http://transcendence.jp/





ピロEK的感想&点数
製作総指揮にクリストファー・ノーランが名を連ね、監督もノーラン組(?)の方の初監督作品。
出演者もノーラン組なキリアン・マーフィー、モーガン・フリーマン…そこに加えジョニー・デップとか、ポール・ベタニー等、ハズレ率少なめの布陣
テーマは私の好物なガチSF…と、期待タップリで観賞に臨んだこの映画。


高性能コンピューターに人格を移植
…この手の設定を、おそらく最初に知ったのは「鋼鉄ジーグ」で主人公の父親がコンピューターに頭脳と記憶を移植しているというもの
当時、小学生だった私にも十分理解できた設定なので、そんなに深くも無い程度のものなのでしょうが、意外と同じ設定のモノって他には思い浮かばないですかね…「攻殻機動隊」などでサブ設定としては見かけますが、主設定としては使いづらいものなのでしょうか

この「トランセンデンス」では、コンピューターに人格を移植=アップロードした事で、人類の脳よりも高度にモノを考える事が可能、人間では今まで到達できなかった技術も実現できるようになるけど、人類の脳以上ゆえに、彼が人間の味方なのか違うのかというのがキモ(?)であり、他のコンピューター反乱モノには、あんまり見かけない部分です。
で、そのキモ部分の答えがオチ近辺で明らかになるのですが、これがどうもスッキリさせていないくてキッチリオチていない風味

私の理解度では、主人公=コンピューター人格、は自衛のために戦っていただけで、人類を支配というか革新させるつもりは無かったって事なのか、あそこで壊されなかったら全世界を平和裏に統治するため全人類にナノマシン注入するつもりだったのかが分からず

コンピューターウィルス注入後に、ナノマシンがダメになって、障害者の人達がバタバタと電池キレたみたいに倒れたあたりのくだりもイマイチ理解出来ず。彼らはナノマシンだけに頼って生きてたって事なのでしょうか…と、後半に向けて理解できていない事(というよりも描ききれていない事)が多々

…で、そんなこんなが理解できていないのに、結局“愛”みたいな(無理矢理感の伴う)オチを見せられるという…うーん

はい。期待し過ぎたのでしょう
ノーラン組はノーランにあらず
簡単なSF設定なのに、あんまり他で扱わないのは落とし所が難しいからなのでしょうか


あとは、点数に関係ない部分で、気になったキャスト面をチョイ。

ポール・ベタニーは、いつものクセが薄めになっていて、最初誰か気が付きませんでした

レベッカ・ホールは、他の映画で見かけた時よりも、何割か増しで随分美人に思えたのですが、何か頑張ったのでしょうか
いつもは好みと違うなと感じる彼女ですが、今回は割と好みでした。


ということで、最後は女優さんを褒める感じで文章を終えましたが、
点数は4点(5点満点中)。
面白くない訳でもないけど、期待していたほどでは無かったです。



補足・蛇足
「鋼鉄ジーグ」の話をしましたが…
「鋼鉄ジーグ」のエピソードの中で(朧げですが)主人公の乗っている自動車に爆弾が仕掛けられていて、ある程度の速度以下になると爆発するので速度を落とさずに走り続けないと行けない…というものがあったと思います。こっちは「スピード」と同じ設定です。「鋼鉄ジーグ」は「スピード」よりも20年ぐらい前なのに、記憶を掘り起こすとともに何か「鋼鉄ジーグ」を見直しました


では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】300〈スリーハンドレ... | トップ | 【映画】おおかみこどもの雨... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あけましておめでとうございます (yukarin)
2015-01-05 23:06:36
昨年はお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

キャストはとても良かったんですが、
ちょーっと面白い!!とまではいきませんでしたね。
これは (sakurai)
2015-01-07 12:56:18
期待外れでしたね。
製作面のメンツを見ると、期待するなっていう方が難しいけど、その期待を見事に裏切ってくれました。
改めて考えてみるまでもなく、ジョニーさんがお出になってる映画で、傑作ってあんまりありませんよね。
★★あけましておめでとうございます(1)★★ (ピロEK(yukarinさんへ))
2015-01-10 23:26:41
★yukarinさんへ★

いつもコメントありがとうございます
&あけましておめでとうございます

>キャストはとても良かったんですが、
>ちょーっと面白い!!とまではいきませんでしたね。

キャストもスタッフも期待させる布陣だったんですけどねぇ。
期待し過ぎたのもイマイチの要因かもしれませんね。

では、また来てくださいね。
今年も宜しくお願いいたします。
★★コメントありがとうございます(1)★★ (ピロEK(sakuraiさんへ))
2015-01-10 23:28:32
★sakuraiさんへ★

いつもコメントありがとうございます

>製作面のメンツを見ると、期待するなっていう方が難しいけど、その期待を見事に裏切ってくれました。

期待させる部分が多過ぎるんですよねコレ。過度な期待をしていたことは否めません。

>ジョニーさんがお出になってる映画で、傑作ってあんまりありませんよね。

…あー、確かにあんまり思い浮かびません。

では、また来てくださいね。今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トランセンデンス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(11) 科学専門分野からの評価は高いが映画としてどうかと。。。
『トランセンデンス』 2014年6月17日 EX THEATER ROPPONGI (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『トランセンデンス』 を吹替え版完成披露試写会で鑑賞しました。 イベントに登場したのは、戸田奈津子が紹介され少し期待した私がバカだった。。。 期待外れの合成音声のジョニー・デップだった 後は、坂上忍とバービーというどうでもいいような2人だった ちなみに、EX...
「トランセンデンス」☆超えそうで超えない (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
スクリーンのジョニデは手を伸ばせば触れられそうで居て触れられない。 しかしモニターの中の夫と心を通わせて、ついには同化してしまう妻エヴリンは、そのとき超越(トランセンデンス)して、常に彼のそばで彼を感じていた。
トランセンデンス (だらだら無気力ブログ!)
う~ん、つまんなくはないんだけど面白くもない。
『トランセンデンス』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
'14.06.14 『トランセンデンス』(試写会)@ユナイテッドシネマ豊洲 過去形になりつつあるけどジョニー・デップのファンなのと、クリストファー・ノーラン製作っていうことで気になってた作品! 試写会応募しまくったけどハズレ お友達のおこぼれに与って行ってきた ネタ...
トランセンデンス (映画的・絵画的・音楽的)
 『トランセンデンス』をTOHOシネマズ六本木で見ました。 (1)余り好まないSF物ながら、ジョニー・デップの主演作というので映画館に行ってみました。  本作(注1)のタイトルクレジットの後(注2)、舞台はカリフォルニア州バークレーとされます。  全体に酷く荒廃し...
『トランセンデンス』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Transcendence 監督: ウォーリー・フィスター 出演: ジョニー・デップ 、モーガン・フリーマン 、レベッカ・ホール 、ポール・ベタニー 、キリアン・マーフィ 、ケイト・マーラ 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。(2014年6月28日公開)...
トランセンデンス  監督/ウォーリー・フィスター (西京極 紫の館)
【出演】  ジョニー・デップ  レベッカ・ホール  ポール・ベタニー  モーガン・フリーマン  【ストーリー】 人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル。だが、妻エヴリンの手によ....
トランセンデンス (いやいやえん)
【概略】 死の間際、コンピュータに意識をインストールされたウィルは、あらゆる情報を手に入れ究極の進化を遂げる。 SF インストールされた頭脳。それは世界に拡散し、全人類の脅威となった。「彼」は私が愛した夫だった―。 ジョニデ?ノンノンノン、私の目...
トランセンデンス (IMAX)/ジョニー・デップ (カノンな日々)
クリストファー・ノーランが製作総指揮を務めジョニー・デップの主演で天才的な頭脳を人工知能へとアップロードされた亡き科学者の意識が巻き起こす予期せぬ事態を描いたSFサスペ ...
トランセンデンス/her/世界でひとつの彼女 (あーうぃ だにぇっと)
6月28日公開の電脳映画2本@よみうりホール
「トランセンデンス」 あまりに「神」過ぎる (はらやんの映画徒然草)
人工知能を研究する天才科学者ウィルは、進化し過ぎる科学に危機を感じるテロリスト集
トランセンデンス / Transcendence (勝手に映画評)
人の意識をコンピュータにアップロード。コンピュータは意思を持ち、独自に進化を始める。SFと言うか、スリラーと言うか、サスペンスと言うか・・・。そう言う内容です。 人の神経伝達系の信号は、電気信号だと言われているので、その電気信号を解析できれば、もしかした...
トランセンデンス (2014) TRANSCENDENCE 119分 (極私的映画論+α)
 夢の共演・・・しかし(謎)
トランセンデンス/TRANSCENDENCE (我想一個人映画美的女人blog)
クリストファー・ノーランは本作で監督ではなく制作のみ。 名前が大きく出てる割に、主演ジョニー・デップだけど出番は ポール・ベタニーの方が多め 監督は「インセプション」でアカデミー賞撮影賞を受賞したウォーリー・フィスター。 試写にて。 やっぱり...
トランセンデンス (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ウォーリー・フィスター 出演:ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、ポール・ベタニー、レベッカ・ホール、キリアン・マーフィ 【解説】 『ダークナイト』シリーズなどのクリストファー・ノーラン監督が製作総指揮を務めるSFサスペンス。亡き科学者の意識が....
トランセンデンス (試写会) (風に吹かれて)
究極の夫婦愛 公式サイト http://transcendence.jp6月28日公開 製作総指揮: クリストファー・ノーラン 人工知能の研究の第一人者のウィル・キャスター博士(ジョニー・デップ)は、
映画『トランセンデンス』観たよ (よくばりアンテナ)
ジョニー・デップ主演ですからね~ 見逃すわけにはいかないです。 人工知能PINNの開発研究に没頭するも、反テクノロジーを叫ぶ過激派グループRIFTに銃撃されて命を落としてしまった科学者ウィル(ジョニー・デップ)。だが、妻エヴリン(レベッカ・ホール)の手に...
トランセンデンス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【TRANSCENDENCE】 2014/06/28公開 アメリカ 119分監督:ウォーリー・フィスター出演:ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、ポール・ベタニー 、レベッカ・ホール、キリアン・マーフィ、ケイト・マーラ、コール・ハウザー もし、コンピュータに科学者の頭脳をインス...
トランセンデンス (迷宮映画館)
ついチープ感を感じてしまったあたし。
トランセンデンス (銀幕大帝α)
TRANSCENDENCE 2014年 アメリカ 119分 SF 劇場公開(2014/06/28) 監督: ウォーリー・フィスター 製作総指揮: クリストファー・ノーラン 出演: ジョニー・デップ:ウィル・キャスター モーガン・フリーマン:ジョセフ・タガー ポール・ベタニー:マックス....
トランセンデンス (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第351回「すっかり・・・思いっきり勘違いをしてしまいました。」 今回の作品「トランセンデンス」は、私が注目している監督、クリストファー・ノーラン監督の作品と聞いて、かなりワクワクしていました。ここ最近の彼の撮る作品のクオリティーの高さは知っていたので....
トランセンデンス (心のままに映画の風景)
人工知能PINN研究の第一人者ウィル・キャスター(ジョニー・デップ)は、反テクノロジーを標榜する過激派集団の銃弾により、余命わずかとなってしまうが、その意識をスーパーコンピュータにアップロードすることを決断。 妻エヴリン(レベッカ・ホール)と親友の科学...
PCがゾンビをつくる映画ですねん・・(違)~「トランセンデンス」~ (ペパーミントの魔術師)
ちょうど1年前に公開されたジョニデの映画、WOWOWで録画鑑賞。(^_^;) 妻は夫に死なれたくなかった、夫は妻の願いを叶えたかった。 実はそれだけの話なんですが これが科学者の知識と意識をコンピューターにインストールしちゃったばかりに 人を超越していく存在となり....