ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

【映画】300〈スリーハンドレッド〉~帝国の進撃~…グラフィックノベル感は薄

2014-12-30 18:16:53 | 映画・DVD
年の瀬です。
また、何も成さなかった1年が終わろうとしております
(今年を振り返る行為をしていないだけかも知れませんが

今日、2014年12月30日(火曜日)は、模型店に模型誌を買いに行って、本屋に行って、「リーガル・ハイ」の一挙放送を観ながら年賀状作成している一日(※現在進行中)。
この後は「アメトーーク」を観る予定です



で、以下は映画観賞記録



「300〈スリーハンドレッド〉~帝国の進撃~」
(監督:ノーム・ムーロ、出演:サリバン・ステイプルトン、エヴァ・グリーン、レナ・ヘディ、2014年アメリカ合衆国)

TAYA DISCASさんから「オール・ユー・ニード・イズ・キル」と一緒に届いた一本。
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」より前の2014年12月13日(日曜日)頃(※不明確)に観賞しました(BD)。



あらすじ&概要
フランク・ミラーのグラフィックノベルを実写化した映画「300 〈スリーハンドレッド〉」の続編。
ペルシャ帝国のギリシャ侵攻に対し300人の精鋭だけを引き連れて立ち向かったスパルタのレオニダス王(ジェラルド・バトラー)。同じ頃、アテナイのテミストクレス将軍(サリヴァン・ステイプルトン)は一般市民からなるギリシャ連合軍を率い、ペルシャ帝国の海軍指揮官アルテミシア(エヴァ・グリーン)率いるペルシャ帝国海軍に立ち向かう。
詳しくは…http://wwws.warnerbros.co.jp/300movie2/





ピロEK的感想&点数
ストーリーとしては「300 〈スリーハンドレッド〉」の続編では無くて、同じ頃に別の場所で起こっていた話という体裁。
「機動戦士ガンダムSEED」と「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」のような関係で、当然ながら(残念ながら)こっち(※帝国の進撃)の方がアストレイ感強し。

前作は当時流行っていた「シン・シティ」以降のグラフィックノベルのビジュアルイメージをそのまま映像化…というやつで、コミックのイラストそのままのような特殊な映像美が主眼の映画だったのですが、今回(※帝国の進撃)は、随分と一般的な映像寄り…なので、見やすくも有り、逆に個性薄な感も有り。
コミックっぽい迫力あるシーンは健在だったので、これぐらいが良い塩梅なのかもね。

2007年の「300 〈スリーハンドレッド〉」の観賞記録の際に、

グロい戦闘と、
キタナイ顔の敵と、
無用なエロスが目立つ映画

と書いていますが、帝国の進撃では…

グロさは軽減(慣れただけかも
キタナイ顔の敵…はこちらも多分軽減
無用なエロス…は、エヴァ・グリーンが綺麗なので、無用なエロというよりはありがとうございました感(ということは、この点では評価アップ)。


ストーリーは…どうでもいい内容で、すでにあんまり記憶にない部分が多々。
クセルクセス王が、あんな感じの変態スタイルになった理由の部分は、まぁまぁ面白かったかな
その大それた黒幕である悪女…エヴァ・グリーン…が本来の主人公…ジェラルド・バトラー…じゃなくて、どこの馬の骨とも分からない…サリバン・ステイプルトンって初めて見ました…その他の人物に殺されちゃうのは、実に付け焼刃風味。


点数は4点弱(5点満点中)
この帝国の進撃は“スケールダウンした続編”風味を纏っている割には良く作られていると思ったし、シッカリ誠実に作った感じの映画という感じもしました
前作の点数は3.2点ですが、当時と現在では同じ点数でも評価が違います。比較すれば…おなじぐらいの評価というところでしょうか。
「300 〈スリーハンドレッド〉」との比較はさておき、「ほぼ300 〈スリーハンドレッド〉」よりは面白い事は間違いありません



(当ブログ内の関連記事)
2007年10月21日 300<スリーハンドレッド>…期待しすぎたの?私が??



では、今日はこのあたりで





★当ブログ内映画DVDレビューの検索はこちらで★


goo 映画goo 映画

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【映画】オール・ユー・ニー... | トップ | 【映画】トランセンデンス…は... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エヴァの (sakurai)
2015-01-13 10:07:44
迫力しか覚えてない!!

今公開の「シン・シティ」もほぼエヴァに浸食されてます。
エヴァ、恐るべしです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (銀幕大帝α)
300: RISE OF AN EMPIRE 2014年 アメリカ 103分 アクション/歴史劇 R15+ 劇場公開(2014/06/20) 監督: ノーム・ムーロ 製作: ザック・スナイダー 製作総指揮: フランク・ミラー 原作: フランク・ミラー 脚本: ザック・スナイダー 出演: サリヴァン・ス....
300 ~帝国の進撃~ (いやいやえん)
【概略】 前作で、100万人のペルシャ大群にたった300人で立ち向かったスパルタのレオニダス王と同じ時代、アテナイのリーダーとなったのは、テミストクレス将軍だった。ギリシア連合軍を率いる彼と対峙するのは、ギリシア生まれでありながら、ペルシャ帝国の女性海軍指揮...
300 ~帝国の進撃~ IMAX-3D/サリヴァン・ステイプルトン (カノンな日々)
待ってましたよ、この映画。フランク・ミラーのグラフィックノベルを実写化した『300 <スリーハンドレッド>』の続編です。今作は前作で戦場に散ったスパルタのレオニダス王に代わ ...
300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
2007年の映画『300 〈スリーハンドレッド〉』の続編 『300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』が 公開、アイマックスシアターでやっていたので3D字幕版 を観に行ってきました。 前作は家で鑑賞、シリーズ初の劇場鑑賞となります。 300 <スリーハンドレッド...
劇場鑑賞「300 <スリー・ハンドレッド> 帝国の進撃」  (日々“是”精進! ver.F)
自由のために、戦う… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406200000/ ★枚数限定ポスター★■サリヴァン・ステイプルトンVer■ [映画ポスター] 300 スリーハンドレッ...価格:6,800円(税込、送料別) 【楽天ブ...
300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (I am invincible !)
アテナイのテミストクレス(サリヴァン・ステイプルトン)は、マラトンでの戦いの時にペルシャのダリウス王(イゴール・ノーア)と共に息子クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)を殺しておかなかったことを、今更ながら悔やんでいた。
300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (だらだら無気力ブログ!)
エヴァ・グリーンがよかった。
『300 -帝国の進撃-』 2014年6月9日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『300 -帝国の進撃-』 を試写会で鑑賞しました。 3D対応した、よみうりホールは良いんだけど 映画の中身がね・・・ 【ストーリー】  100万もの兵を率いてギリシャ侵攻を図るペルシャ帝国を相手に、300人の精鋭と共に戦いを繰り広げた果てに命を落としたスパルタの...
300 ~帝国の進撃~ (いやいやえん)
【概略】 前作で、100万人のペルシャ大群にたった300人で立ち向かったスパルタのレオニダス王と同じ時代、アテナイのリーダーとなったのは、テミストクレス将軍だった。ギリシア連合軍を率いる彼と対峙するのは、ギリシア生まれでありながら、ペルシャ帝国の女性海軍指揮...
300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 今度の戦いは大海原での洋上決戦ときたもんだ(笑)
300 ~帝国の進撃~★★★.5 (パピとママ映画のblog)
フランク・ミラーのグラフィックノベルを実写化したヒットアクション『300 <スリーハンドレッド>』の続編。前作で命を散らしたスパルタのレオニダス王に代わってペルシャ軍に挑む、アテナイのテミストクレス将軍と彼が率いる兵士たちの激闘を活写する。メガホンを取るの...
「300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~」 前作踏襲だけど及ばない (はらやんの映画徒然草)
前作「300<スリーハンドレッド>」を観たときは、衝撃を受けました。 映画全体か
300 ~帝国の進撃~ (映画好きパパの鑑賞日記)
 2007年にスマッシュヒットした300の続編(時間軸的にはほぼ同じ)なんだけど、300が無敵の男たちが巨大な敵と戦う肉体美を描き続ける戦闘バカ映画だったのに比べて、こちらは、ちょっと単調な部分もあり、前作ほどの爽快感はありませんでした。  作品情報 2014年...
映画「300 帝国の進撃」@ワーナー・ブラザース試写室 (新・辛口映画館)
 今回、私はワーナーさん主催の日本最速試写会に参加した、客席は満席だ。試写会は字幕3D版が上映された。
『300 ~帝国の進撃~』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
監督: ノーム・ムロ 製作・脚本: ザック・スナイダー 出演: サリバン・ステイプルトン 、エバ・グリーン 、レナ・ヘディ 、ハンス・マシソン 、ロドリゴ・サントロ 試写会場: よみうりホール 公式サイトはこちら。(2014年6月20日公開) お誘いいただ....
映画:300 帝国の進撃 300 Rise of an Empire 肉弾戦に艦隊バトルが加わり、ド迫力増強! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
前作のラスト、300人全員が死んでしまい、もう次はないなと。 ところが復活! そのストーリーの組み立て方に感心。 前作全体を今回の文脈に「巻き込む」作りにしてあるのだ! このように、前作の勢いをそのまま今作にも生かす、という巧妙さに唸った。 前作もそう...
「300 帝国の進撃」☆ほどよい筋肉加減 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
戦いのシーンでほぼ間違いなく寝てしまう私が、唯一1ミリも眠くならなかった映画「300」 そのグロいのに美しい、唯一無二の映像美が私を虜にしたからだけど、さて今回は・・・・
300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【300: RISE OF AN EMPIRE】 2014/06/20公開 アメリカ R15+ 103分監督:ノーム・ムーロ出演:サリヴァン・ステイプルトン、エヴァ・グリーン、レナ・ヘディ、ハンス・マシソン、ロドリゴ・サントロ 最後の戦いは、大海原へ――。あの300人のDNAを継ぐ男たち。 ペ...
300 帝国の進撃 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 また少人数貧民VS大人数金持ちのマッチ
300 スリーハンドレット 帝国の進撃 (迷宮映画館)
てっきり、、、てっきり、、、
300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~ (ケントのたそがれ劇場)
★★★ 製作:2014年 米国 上映時間:103分 監督:ノーム・ムーロ  2007年に製作された『300 <スリーハンドレッド>』の続編であり、前作で命を散らしたスパルタのレオニダス王に代わってペルシャ軍に挑む、アテナイのテミストクレス将軍と彼が率いる兵
300 〈スリーハンドレッド〉 ~帝国の進撃~ (ダイターンクラッシュ!!)
2014年7月1日(火) 20:45~ TOHOシネマズ六本木ヒルズ1 料金:1400円(映画サービスデー+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 スケールダウンして、例によって戦っているだけ。 『300 〈スリーハンドレッド〉 ~帝国の進撃~』公式サイト 300人のスパルタ...
「300 帝国の進撃」 (Con Gas, Sin Hielo)
数が少なくてもギリシャは手強い。 前作のスマッシュヒットから結構経ってから作られた続篇。前作で全滅したレオニダス王のG.バトラーは出てこない(一瞬前作の場面が映るが)。 正確には、レオニダス王の戦いと並行して繰り広げられていたギリシャとペルシャ帝国のせ....