ゴルフ自問自答2

「自分が納得できるようなゴルフを目指す」
そんな日々の葛藤を気の向くままに綴ります

グリーンを知る

2016-05-26 17:50:40 | パッティング

ここ数回のラウンドは攻略メモやナビは使わなかったが
次回はグリーンのメモはとるようにしようと思う。

球の転がりを大雑把にでも記録しておけば
次につながるだろう。

同伴者のラインも記録すれば1ラウンドで4つの転がりが記録できる。

パッティングを1ラウンドで1打減らせればHDCPも1つ減らせるはず。

グリーン周りまではそこそこの当たりでも運べるはず。

勝負はグリーンなのだ。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

生まれて初めてのHDCP

2016-05-26 12:04:47 | ハンディキャップ

7月の競技の予約をしたらその後連絡があり

「HDCPはありますか?」

と聞かれたので

「もう10枚提出しています」

と応えると折り返し連絡しますと言われた。

待っていると連絡があり

「失礼しました、14.9で四捨五入ですので15です」

との回答。

まあ予想通りと言えば予想通りのHDCPだった。

GDOのHDCPは15、GORAは14なのでまあ適正と言えば適正なのだろう。

ここから1つずつ減らしていくのだ。

減らすにはネット68以下のスコアが必要なので68+15で83というスコアが必要になる。

70台を出せば一気に2つぐらい減らせるのかも。

6月12日は初参加なので表彰の対象外ではあるが
HDCPを減らすことは出来るはず。

83以内を目指す。

11ラウンドして83が1度だけなので今のレベルではダメ。

パット、アプローチ、ドライバーの精度を上げなければ。

 これでなんとなく目標がはっきりとしてきて落ち着いた。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

右手一本で運ぶ感じ

2016-05-25 11:20:46 | 超大切な注意点

いつもと違う練習場に行っていろいろな場所にヤード表示の看板や
かごなどがあるので適当に目標を変えて打ってみた。

球筋を打つ前にイメージして実際の球筋とイメージが近くなるように打つというのが
最近のアプローチの注意点だったが更に右手一本で運ぶ感覚だと
距離もイメージしやすい気がする。

ボールを下手で投げるとき、両手よりも右手だけの方がイメージしやすいのと同じ感覚。

マットの上なのでインパクトがどうなのかが微妙ではあるが
スピードのコントロールは悪くなさそう。

次回のラウンドは右手一本感覚でやってみよう。

パターも同じかも

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

3個のボールを使った練習方法

2016-05-25 08:51:12 | 超大切な注意点

今朝練習場のパッティンググリーンに行ってみたら
ボール3個使って適当にボールを目標に当てて練習しているおじさんがいた。

どんな感じなのか真似したかったが恥ずかしいので
一度フルショットの練習をしてからまた戻ってやってみた(笑) 

なんてことないのだがカップに入れるのではなくボールに当てるほうが
狙いが集中してイイ感じもする。

50cm程度の距離だとかなり厚く当てるのは難しくないことがわかる。

距離をあわせるというよりボールの中心に厚く当てることに集中するためか
ヘッドがスムーズに出る。

その後カップに向かって50cm程度のパットをやってみたが
カップの中心にボールがあると思って打つと、今までボールに当てて何も考えずに
打っていたようなスムーズなストロークが出来た。

「この距離なら確実にボールの中心の近くに当てることが出来る」

という自信が3つのボール当て練習で培われるのだろう。

今までは50cmでもなんとなく不安な感じがしていたのでストロークが弱々しかった気がするが
これならしっかりとストロークできる。

これを応用して1mのパットの場合50cm程度の位置にボールがあると思ってそのボールに
厚く当てる感じでストロークすると同じような感じでスムーズに真っ直ぐにストロークできる。

タッチに関しては2m前後まではあまり気にせず50cm先の仮想ボールに厚く当てるイメージで
ストロークすることで苦手なショートパットがかなり良くなる手応えがあった。

次回のラウンド前は3個のボール当て練習をやってみよう。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

3パットとダボ以上のホールの関係

2016-05-21 18:27:41 | コース攻略

鎌倉CCを11ラウンドして各ホールの3パットの回数とダボ以上の回数は

      3パット以上    ダボ以上

1      1          4
2                 1                        2
3                 2                        1
4                 0                        4
5                 3                        3
6                 3                        0
7                 0                        1
8                 4                        3
9                 0                        5
10               1                        6
11               1                        1
12               1                        0
13               2                        5
14               0                        0
15               1                        0
16               2                        6
17               3                        0
18               4                        5

3パットを減らせばダボが減るのではないかと思ったが
もちろんそれは言えるが意外に3パットの多いホールでダボ以上が多いとも限らないようだ。

ダボ以上が11ラウンド中3回以上の9ホールについて見てみると

1      1                        4
4                 0                        4
5                 3                        3
8                 4                        3
9                 0                        5
10               1                        6
13               2                        5
16               2                        6
18               4                        5

11ラウンドでの1ホール当たり3パットが出る数の平均は1.61回なので
2回までの1 4 9 10 13 16番に関してはダボになる原因がグリーン上ではなく
ティーインググラウンドからグリーンまでの間にあると言えるのではないだろうか。

逆に5 8 18番に関してはグリーン上やグリーン周りの問題がダボの原因になっていると思われる。

ただこの3ホールもグリーンんの近くに運ぶのも簡単なとは言えないが。

やはり簡単に攻略できるものではないんだなぁ。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

進歩してない

2016-05-20 16:50:50 | ハンディキャップ

今年は予定通り鎌倉のみで11ラウンド。

スコアは

89 83 85 90 92 84 91 86 84 88 88

スタートから5ラウンドの平均スコアは87.8で、ここ最近の5ラウンドの平均は87.4となって
ほとんど進歩が見られない。

コースのことが徐々にわかってきているのにスコアが伸びていかないとは・・・・

結局はこれが今の実力で、実力が上がってこないとハンデは減らないということ。

ハンデを減らすにはネットで最低-3がいると思う。

優勝とか2位とかでハンデが減るのではなくあくまでもネットスコア。

ただ平均スコアとかではなく一発のスコアがハンデを変えてしまうという点が
ちょっとフェアじゃない気もするが、ラッキーだけで70台が出るわけではないので
シングルハンデの方たちはそれなりの実力はあるのだ。

先日のBクラスの月例で50人から100人近い参加者がいて80台は5人前後しかいなかった。

やはりそんなに簡単なコースではないはず。

とりあえず6月16日の鎌倉での競技初参加はベスグロを狙う。

そうすればハンデも減るだろう。

まだハンデ来てないけど・・・(汗)

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

ダボ無しラウンドが出来る確率は

2016-05-20 12:25:09 | スコアメイク

過去11ラウンドの各ホールのダボ以上にならない確率は

1     64%
2              82%
3              91%
4              64%
5              73%
6             100%
7               91%
8               73%
9               55%
10             45%
11             91%
12            100%
13             55%
14            100%
15            100%
16              45%
17            100%
18             55%

ということは そのホールまでダボ以上が出ない確率は

1               64%
2               52%
3               47%
4               30%
5               22%
6               22%
7               20%
8               14%
9                 8%
10               3%
11               3%
12               3%
13               1%
14               1%
15               1%
16              0.8%
17              0.8%
18              0.4%

ということで前半がダボ無しラウンドできるのは約12ラウンドに1回で
トータルでダボ無しラウンドが出来るのは250ラウンドに1回ということがわかった。

思ったより厳しい現実がわかった。(計算が間違っていなければ・・・笑)

実際に今までのラウンドでのダボ以上の回数は

5 2 5 5 3 5 4 4 3 4 6 で

安定したダボ以上の数を記録している。

「ダボを無くせば70台」などと言っても現実的には今のままでは10年に1回というのが
客観的な答えだろう。

地道にダボの原因を探して苦手ホールのダボになる確率を1%でも下げていくしかないだろう。

シングルなんて夢なのだろうか・・・・ 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 第11戦 鎌倉CC

2016-05-19 21:32:36 | 鎌倉ラウンド

Kグリーン レギュラーティー  快晴 5〜7m程度の風 

3人×3組のコンペの一組に入れてもらった。
どの組にも一人ずつフリーのメンバーが入った。
70代のメンバーの方が大半のコンペで気楽。
ニアピンにも参加させて頂いたが2箇所とも乗せられなかった(笑) 

練習での調子は微妙だったが首は問題なさそうだった。 

10 418y M

1Wで右ラフ、3Uで50yほどしか進まず9Iでグリーン手前、パターで70cmに寄せたが入れられずダボ。
10番はやはり難しい。ボギーでしのげるチャンスはあったのに・・・・ 

11 397y M

1Wでフェアウェイ、7Iでサブグリーン、PWでカラーまでしか寄せられなかったがパターでOKに寄せてボギー。
このホールは相変わらず相性よし。 

12 122y S

9Iあたり薄くグリーン手前3m以内、8Iで60cmに寄せてパー。

13 426y L

3Uで右バンカー、PWで残り150y前後に運び6Iでサブグリーン手前
PWでピン上6mにつけてしまいファーストパット3mオーバーして入れられず3パットのダボ。
アプローチで下につけて2パットを確保しなければ。
ティーショットのミスを上手くしのいだのにやはり13番は鬼門。 

14 381y M

1Wフェアウェイ、4Uでサブグリーン、8Iが以外に食われてグリーン手前ねPWで80cmに寄せて入れてボギー。
ここも距離がそこそこあるわりにダボが出ない。
やはりグリーンが難しいとダボになりやすい。 

15 257y M

4Uでピンまで60y前後フェアウェイ。
ニブ56でグリーンをショート。意外にアゲている。
ニブ56で80cmに寄せて入れてパー。

このホールもダボ無し、グリーンの傾斜が少ない。
 
16 168y S

苦手ホール。
4Uでグリーン手前でもいいと思って打ったらナイスショットで左サイド奥のサブグリーンに転がって乗った。
PWでピン下5mにつけて2パットのボギー。

ここはボギーでよし。かなりフォローだったのだろうか。 

17 300y M

1Wでフェアウェイ、ニブ56で10mに乗せ2パットのパー。 

18 467y L

1Wで右ラフ、5Uであたり悪く残り140y前後、7Iでグリーン左ラフ。
ちょうど傾斜を降りた角のような場所にボールがあり寄せられる気がしなかった。
ニブ56でトップ気味にグリーン逆サイドに転がり落ちPWで2mに寄せて入れられずダボ。
 
前半45(15パット)

ダボすでに3つ。10番 13番 18番とやはりそこそこ苦手ホールで叩いてしまう。

ショットもタイミングというかバランスが良くない。

ドライバーはそこそこいいので最悪な感じはしなかったがあまりイイ感じもいない。

なんとか80台は死守したいと思い後半へ。

1 512y L

1W当たり悪かったがフェアウェイセンターに。
3Uで100y以内、48度でそこそこの当たりだったがフォローの風でピン奥9mの嫌な位置に。
ファーストパットで1m前後残ったが なんとか入れてパー。
ちょっと苦手ホールなのでパーは嬉しい。 

2 335y M

ここは今までダボ1回の得意ホール。
1Wで右ラフ斜面、あまり上手くいくイメージなかったが9Iで打つと右にしょぼい球が出て
グリーン右手前15m前後。PWでのアプそこそこイメージ通りにうてたが思ったほど曲がらず思ったより大きく
右奥のカラーに。パターでピンを5mもオーバーして入れられずダボ。
ここもグリーンの傾斜はかなりあるので上に外したら致命的。 

3 135y S

8I当たり悪くグリーンを5m弱ショート。
ニブ56で3mに乗せて入れられずボギー。 

4 368 M

前々回左OB、前回右OBを出している打ち下ろしの怖いホール。
今回はフェアウェイセンターに飛び、48度で5mに乗せ2パットのパー。
上げていたのでそこそこ距離が残り打ちやすかった。 

5 377y M

1Wで左ラフ、8Iでグリーン左サイドのバンカー、SWで4mに乗せたが
嫌な下りのラインで50cmショート、セカンドパットも入れられず3パットのダボ。
ここもグリーンの傾斜がきつい、左会苦から下っているので左に外すと厄介。 

6 159y S

8Iでそこそこイイ感じで打てたが止まらず奥に外した。
8Iで50cmにつけてパー。 

7 305y M

1Wかなりスライスしたが行ってみたら右ラフに残っていた。
48度ほぼ完璧だったが風に戻されグリーン手前。
ニブ56でOKに寄せてパー。 

8 335y M

1Wでフェアウェイ、8Iでグリーン奥に外した。
ここも上から速いグリーンでニブ56でピン上3mにつけて入れられず3パットのダボ。 

9 474y L
ボギーで89という状況だがダボ以上が今まで50%という苦手ホール。
1Wでフェアウェイ、 3Uで残り90y上り、PWで弱いかと思ったら
グリーンにキャリー下球が止まらず奥のバンカー。
SWでそこそこ上手くピン下1.5mに乗せ1パットのパー。 

後半43(17パット)

TOTAL 45/43(15/17) 88(32パット)

ダボが6回あったが8回パーがあったのでなんとか80台を死守。
3パット3回はやはり実力不足。

OBがなくてのこのスコアはいただけない。

ショットに関しては切り返しで力まずにインパクトでボールに力が伝えられるような
バランスとタイミングで打てると方向性はいいようだ。

アプローチとパットとドライバー以外のショットのレベルアップが必須。

3人の中に入ってもアウェイ感がなくて心地よかった。

元某国立大学の教授や元銀行マン、 ハワイアンのセミプロなどいろいろな方と一日話が出来るのだから
それだけでも価値があるかも。

「良かったらコンペに誘います」と言われたが、光栄なのだが木曜日しか休めないしいろいろな人と回りたいので
とりあえず連絡先などの交換はしなかった。

次回は来月第一週の予定。 

コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加

ラウンド速報

2016-05-19 21:32:36 | その他

鎌、インアウト、4543(32)

回避可能か不明だがダボ6回!

パーが8回あったのでかろうじて80台キープ。

下手くそだなぁ(笑)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

打てる感じの切り替えし

2016-05-16 11:14:46 | 超大切な注意点

前回のラウンド前の練習で首に痛みが走ってから数日経ったが
バイクで走行中に首を回したときや、寝返りをうったときなどに
激痛までとは言わないが痛みが走る日々が続いている。

血管とかではなく筋なのだろう。

とりあえず球が打てるのか確認するために練習場に行ってみた(汗) 

恐る恐る打ち始めたが問題なさそう。

それよりもシャンクの連発で首の痛みより心の痛みの方が大きくなった。

インパクトからフォローにかけての振り抜きだけに注意してバランスよく打てば
そんなに悪い結果にはならないはずなのにまともに打てない。

何をきっかけにそうしたのかは忘れてしまったが、切り返しのタイミングに注意して打つと
インパクト前に打てそうな感じがして結果も良くなってきた。

「インパクト前後のバランスの良い振り抜き」 さえ上手くいけばトップはどうでもよいと思っていたが
「タイミングの良い切り替えし」が出来なければバランスの良いインパクトは作れないのだ。

ニワトリが先かタマゴが先かという感じ。

ダウンスイング中に「打てる感じ」と「打てない感じ」がわかるのだから
「打てる感じ」 に下ろしてこれればいい。

打ち急いだら打てる感じでは降りてこないだろう。

トップでの間が打てる感じを作るような気がするがどうなんだろうか。

とりあえず首はスイングには問題ないみたい。

 

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加