ゴルフ自問自答2

「自分が納得できるようなゴルフを目指す」
そんな日々の葛藤を気の向くままに綴ります

大きなミスをなくす

2017-06-26 16:06:14 | スコアメイク

2006年11月からの約10年間のラウンドデータはGDOで記録している。

総ラウンド数は106回で平均ストロークは88台。

過去10ラウンドの平均スコアは86.2なので多少は進歩しているのだろうが
それでも大した進歩ではないことがわかる。

ただ、今回のラウンドで83というスコアだったのだが
かなり大きなミスを繰り返してもこういうスコアで回れるということがわかったのは
なんだか自信がついてきた。

ミスが多いのはもちろん大問題だが、ミスしても意外に冷静でそのときに出来る最善策を
とり続けようという感覚はもう自分の中に根付いてきている感じがする。

まだG25に替えてから2ラウンドなので確信は持てないが、ドライバーに関しては
今までよりも距離も出て方向性も良くなっていると思うし十分シングルレベルだと思う。

パットもすごく上手くはないが、凄く下手というレベルはもう脱したと思う。

ショットはまあまあだったのだがそれが練習不足からかまあまあではなくなってきている。
ここをなんとかまあまあにできれば今回のラウンドでも70台近づけたと思う。

更に大問題はアプローチ。中途半端な距離を残したばあいにグリーンに乗せることすら出来ないことが多い。
今まではショットがそこそこだったので極端にグリーンまで距離を残すことはあまりなかったのだが
大きなミスでグリーンまでかなりショートすることが多くなったのと、5Wを使うようになりロングのセカンドで
今までよりグリーンの近くまで行くようになり中途半端な距離が増えたということもあるだろう。

フルショットできる距離を残すというマネジメントも大切かもしれないし、中途半端な距離のアプローチの
レベルアップをすることも大切。

ドライバーとパットが今の状態を維持できるのかは疑問だが、それが出来ればやることはわかってきた。

HB3での大きなミスショットを減らすことと、アプローチで最低でもグリーンに乗せること。

70台を出すのにそんなに難しいことはいらない。

来月6日 のラウンドでショットとアプローチをある程度のレベルまで持っていって
13日の木曜杯で一気に70台突入を目指そう。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 第7戦 鎌倉CC

2017-06-23 18:39:39 | 鎌倉ラウンド

2週連続でホームコースをラウンド。同級生4人で1人はビジターで
3人はメンバーという組み合わせ。
Bグリーンのレギュラーティーは久しぶり。
朝の練習ではシャンクにトップ、かなり調子が悪くてどうなることかと思いながら
1番ティーへ向かった。天気は穏やかでゴルフ日和。

1 512 L

1Wフェアウェイセンター残りセンターまで230y近くありそう。
もっと先まで飛んだことがあるのでG25の飛距離はどうなのかまだよくわからず。
5Wでグリーン手前60y前後の上り傾斜に運びニブ56で打つとトップして奥の斜面に。
ニブ56でピンの下まではオーバーさせようと思って打つとオーバーしてグリーンの外へ。
PWで2mに寄せて入れられずダボ。

アプローチのトップは致命的。この辺りが問題。

2 335 M

1Wで確か右ラフ。PWでグリーン右サイド。ニブ56で30cmに寄せてOKパー。

これは全体的にいい感じだった。

3  118 S

8Iでピン左サイドにオン、確か5m前後を2パットのパー。

4 347 M

守るホール。打ち下ろしの1Wはフェアウェイど真ん中にいいショット。
行ってみると前日の雨でぬかるんだフェアウェイに埋まっていた。
横に出してニブ56で打つと大ダフリで少ししか進まず、PWで手前から転がしたが途中で止まってしまい
更にPWで打つとトップ気味で奥にこぼれ、そこからニブ56で寄せて入れてダボ。

ティーショットは完璧だったのに小技が下手すぎ。
前日の雨で下がかなり柔らかくなっていることが影響しているのだろうか。

5 369  M

1Wで右ラフ。そこそこ飛んだと思ったがジャイアンと呼ばれるFの飛距離は
更に30y以上は先にあった。そこまで飛んだのを見たのは初めて。
G25も飛ぶような気がするがああいう打球を見せられると飛んでいるようには感じなくなる(汗)
まあYの球よりは30y先にあるので贅沢は言えないか。

9Iが多少トップしてグリーン手前で停止、PWで奥2mに乗せたが下りのパットが入らずボギー。
やはりアプローチは手前が基本。ついつい忘れてしまう。

6 146  S

攻めるホール。
8Iがトップして右奥のラフに。PWのアプローチがピンを7mオーバーして
60cmに寄せてなんとか入れてボギー。

7 328  M

攻めるホール。
1W左に少し引っ張り林の中へ。木がスタイミーで100y前後から3Uで転がしたが
食われてグリーンまで30y前後、ニブ56で上手く打てたが手前のピン近くにキャリーして奥に下っている傾斜で
10mほどオーバー。そこから50cmに寄せて入れてボギー。

ティーショットの曲がり幅がイマイチまだわからないので左に逃げすぎているかも。

8 335  M

1Wでフェアウェイ、7Iダフってグリーンまで50y近く残した。60度がトップしてグリーン奥斜面。7Iで転がして
グリーンをオーバー。PWで上りのグリーンにアプローチ6m前後ショート、そこから80cmショートしてなんとか入れてトリ。

ショットも悪いし中途半端なアプローチも上手くいかない。

9  474  L

守るホール。
1Wでフェアウェイ、3Uで残り100y以内、前回ダフった左足上がりの斜面
今回は鉛直に立たずに斜面に垂直に立って52度で打つといい感じでピン横3mにオン。入れられずパー。

斜面打ちが上手くいったのは自信になった。グリーンが軟らかかったので3mに止まったが硬かったらグリーンオーバーしているかも。

前半 46(16パット) 

ドライバーは悪くないがアイアンがまともに上手く打てない。ここまで大きなミスが多いと
スコアは作りようがない。パットとドライバーまあまあなので後半に期待。

10 418 M

1Wでフェアウェイ、残り距離が150yを切っていたと思うので今までで一番飛んだかも。
6Iがトップ気味で右手前ラフ50y前後、60度で2mに乗せたが入れられずボギー。

まあここは2オンが難しいホールなのでまあ上出来か。

11 377 M

攻めるホール。
1Wでフェアウェイセンター。PWでピン横2mにオン入れられずパー。

ドライバーが調子がいいので怖くない。

12 111 S

攻めるホール。
PWでピン奥50cmにオン、お先でバーディー。

これは嬉しかった。

13 426 L

ここは基本的にはドライバーを使わないホールなのだが2オン狙いでG25でティーショット。
少し右に流れてフェアウェイ右サイド。残りは230y近くあり2オンはやはり無理。
5Wでグリーン手前50y前後に運びニブ56でダフってグリーン手前に、再度ニブ56で
1.5mに寄せるも入れられずボギー。

14 384 M

1Wで右ラフ、8I当たり悪いが上手くパーオン、2パットのパー。

15 251 M

ここも攻めるホール。
前回Kグリーンでバックティーから1オンしてバーディーだったが
今回はレギュラーティーから左サイドの多少短めのBグリーン。
距離的には17y短いみたいだが同じようにドライバーで打つと左サイドピン奥に1オン。
キャリーがグリーン面で雨で軟らかいから止まったが普通だったらグリーンには止まらない感じがする。
7mのイーグルパットを50cmオーバーしてバーディー。

これでここまでイーブン。

16 186 S

守るホール。
5Wでグリーン手前右サイド2mぐらい。PWで1mに寄せて入れてパー。

このパーは嬉しい。

17 300 M

1Wで右ラフ。結構つま先上がりの嫌なライ。
PWでやはりまともに飛ばずガードバンカーの手前に。怖がらずに60度で上げてピン奥3mにオン。
入れられずボギー。

18 481 L

1Wでフェアウェイ、5Wで残り90y弱、48度でピン左サイド8mにオン。
入れれば36というパットをピン下に1m外し入れてパー

後半37(16パット)

トータル46/37(16/16) 83(32パット)

かなりミスショットが多かった気がするがやはり2バーディーは大きかった。
ドライバーはなかなかいい感じ。
同伴者のFがまともに当たればかなわないが、「それだけドライバーが飛んで曲がらなければ楽だよね」と言われたので
ドライバーに関しては自分の良い部分なのだと思う。

パットも今回は3パットなしで、なかなかいい感じ。

ただ、練習とラウンド不足からかミスショットの度合いが大きなものになっている気がする。
50点ぐらいで済めばいいのに30点とか20点というショットが結構多いのだ。

攻めるホールで今回2バーディーが取れたのはやはり嬉しい。守るホールも+2 0 0
上手くパーが取れたことも意識の問題かもしれない。

次回は千葉で7/6日に先輩方とラウンド、更に13日は木曜杯。

なんとか調子を上げてて13日に70台が出せればと思う。

ちょっと練習しようかなぁ

コメント (21)
この記事をはてなブックマークに追加

メリハリをつけたゴルフを継続

2017-06-21 12:53:47 | ラウンドの反省

今回のラウンドでは攻めるホール6 7 11 12 15番、守るホール4 9 16番を意識してプレーしてみた。

結果は攻めるホールが 0 +1 +1 +2 -1 (平均+0.6)  守るホール +1 +2 +1 (平均+1.3)
という感じ。

結果は微妙ではあるが、攻めるホールと守るホールを最初から意識してプレーするという企画は
悪くはなかったと思うので明日のラウンドでも同じような意識でやってみる。

簡単なホールも難しいホールも同じようにパーで喜んでダボでへこんでいては
スコアメイクの本質が見えてこないように思う。

自分のそのホール毎の平均スコアより良ければいいわけで、それがボギーでも
悪くないホールはあるし、ボギーでも喜んではいけないホールもあるのだ。

こう考えると18ホールのコース攻略がもっとはっきりとイメージできてくるし足りないものが
なんなのかも見えてくるはず。

明日のラウンドは天気が雨予報から曇りに変わったのでラッキー。

今年初めて友達とのゴルフになるので楽しみだ。

2人とも同じコースのメンバーでHDCPは25と16。

私が一番HDCPが少ないが、お金も一番少ない。

偉そうにもならず、卑屈にもならずに平常心で楽しもう(笑)

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 第6戦 鎌倉カントリークラブ 木曜杯

2017-06-16 17:27:36 | 鎌倉ラウンド

昨日は2ヶ月ぶりのラウンドでホームコースの木曜杯に参加。
ドライバーをG25に替えての初ラウンド。
天気は晴れて25度前後で風は多少あったが普通。
練習ではまあまあという感じ。
注意点は間に注意することと、右手はあまり力を要れずに添えるだけというイメージ。

同伴者は何度もご一緒しているHDCP7の方と、初めてご一緒する女性2名。
楽しくラウンドできた。

G25の筆おろしということなのに使用ボールは新品とはいえもらい物の20年近く前のwilson staff 。

ゴムの状態はどうだったのだろうか?

1 525y L

緊張のG25の第一打は左に少し飛び出したがそんなに問題ないと思ったのだが
何かに当たったのか左のラフで同伴者の70歳の方のボールの少し手前に。
3Uで残り100y前後に運びPWで打つと多少大きいかとは思ったがグリーン奥のカート道路を越えた
木の根っこ付近にあった。
カート道に足が掛かるようなら救済を受けなければならないが、前が空いていたのでこのまま
スタンスをカート道にかけずにPWで転がしたら上手くピン下3mに乗った。
同伴者から「最高」と言われるた。2パットのボギー。

まあ落ち着いて対処できている。

2 351y M

1W右ラフ、あまり飛んでいる感じはしない。アゲンスト?
8Iでピン下15m前後に乗せて上りのパットを3mショートしたが上手く入ってパー。

3 142y S

7Iでピン横6mに乗せてフックラインを上手く読んだが50cm残してパー。

曲がるラインは難しい。2パットでOK

4 383y M

ここは守るホール。

打ち下ろしの問題のティーショットは上手くフェードで右サイドのバンカーに。
残り100y前後若干の下りがありグリーン奥はOBもあるしアプローチも難しいので
オーバーは避けたい状況。
52度のウエッジと間違えて56度のウエッジを入れてきてしまったので、48度でトップOBを避けて
少しダフリ気味に入れたらグリーンを30y近くショート。
中途半端な苦手な距離なのでグリーン面にキャリーさせて止まらないのも嫌なので
PWで手前から転がしたがグリーン手前でストップ。
そこからパターで40cmに寄せてなんとかボギーを死守。

このホールは最悪を避け続けた。
まあ悪くない。

5 384y M

1Wでフェアウェイ右サイド。ここは思ったより飛んだ気がする。
70歳の方に「50y置いてかれちゃったよ」と言われるぐらい。
9Iがトップ目にはいったが上手く土手に当たってグリーン右エッジ。
PTで3mショートして入れられずボギー。

ここはグリーンの傾斜が随分上っていたのに、久しぶりにこちらのグリーンでプレーしたので
イメージが出なかった。ラウンド数の少なさがちょっと影響したかも。
まあ、ボギーは仕方ない。

6 177y S

ここは攻めるホール。
左サイドのピンを狙って6Uでピン奥5mにオン。
ほぼピン筋には行っていた、風もあるので上出来。
1mほどショートしたがなんとか入れてパー。

もっとファーストパットを攻めるべきだったのか??

7 315y M

ここも攻めるホールなのだが1Wで左の林を越えてしまった。
基本的には右サイドがOBなので少し左に逃げすぎた。
林越え100y前後、難しいとも思ったが、下から抜くのも簡単ではなかったので
48度で林越えを狙ったが木に当たりグリーンまで30yちょっと残した。
PWで少し大きかったがラッキーにもピンに当たりカラーで止まってくれた。
そこから50cmにパターで寄せてボギー。

ついている。 

8 351y M

1Wでフェアウェイ右サイド、ここも飛んでいる気がする。
7Iでグリーン手前まで運び、パターで4mショートしたがそこからうまくパットで入れてパー。

ここまで4オーバー まあ悪くない。

9 478y L

ここは守るホール。

1Wで右ラフ、いつもより飛んでいる気がする。
3Uで残り100y弱。 
上りで左足上がり48度でなんとなく嫌な予感はしたが的中でダフってグリーン手前40y前後。
まだまだ上りでニブ56で打つもまたダフってグリーンまで10y前後。
ピンは手前だったが確実にグリーンに乗せなければとPWでピン奥8m前後にオン。
下りのパットを80cmほどオーバーしたがなんとか入れてダボで堪えた。

守るホールとわかっていても100y以内から大ダフリではマネジメントのしようがない。

その後問題点は斜面なりに軸を傾けて打っていくほうが良いのではないかと問題点を分析。

前半42(15パット)

ボールを途中で変えようと思ったのだがそこそこいいペースだったので最後までwilsonを使い続けた。
後半はいままで使っていたツアーステージやスリクソンを使ってみた。

HDCPを減らすには後半37が必要になった。

10 427y M

1Wでいつも使っているツアーステージの安物のの球で打つといい感じで飛んで一番下まで飛んだ。
ここは風によっては200y以上残ることもあるホールなのでかなり飛んだ感覚がある。
残り150yちょっとなのだが上りもあるので5Uと3U(4Uは入っていないため)で悩んだが
多少フォローもあると考えて5Uを選択、ダフってグリーンまで40y近く残った。
ニブ56で3mに乗せたが入れられずボギー。

ここは長いホールなのでボギーは仕方ない。

今までで最高の飛距離ではないかもしれないがバックティーでは最高かも。
あまりここまでとんだ記憶はない。

11 404y M

ここは攻めるホール。
1W、アドレスでなんとなく嫌な感じはしたが打った瞬間ボールを見失った。
同伴者の女性が左に飛んで行ったというので暫定球を打った後に左サイドのOBゾーン沿いに探してみると
フェアウェイセンターに1球目があった。左のネットに当たって跳ね返ったのだろう。ラッキー。
暫定球はその30yほど先にあった。
この暫定球は過去最高飛距離かも。
7Iでピンを狙ったが少しふけて右サイドのバンカーに。
ここはピンの左サイドを狙うべきだったのだろうか。
ニブ56でピン奥5mオーバーして2パットのボギー。

まあ、OBにならなかっただけラッキーか。

12 146y S

ここも攻めるホール。
8Iと7Iで迷ったが8Iを選択、それでもグリーン奥左サイドにオーバー。
ここは風の読みが全く出来ない。
過去2回も7Iでグリーンオーバーだったので思った番手の1番手下で次回は打とう。
グリーンまで5y前後、ピンまで15y前後のアプローチ、ニブ56で1クッションさせてころころと下っていく
と思ったらなんとなくピンまで4mほどの下りのパットを残してしまった。
そこから80cm更にショートして入れられず3パットのダボ。

2打目のアプローチで絶対にピンの下まで打つべきだった。
マネジメントミス。

13 435y L

ドライバーを使わずに3オン狙いに徹するホールなのだがドライバーを使ってみた。
あまり当たりはよくなかったがそんなに曲がらずに右サイドのラフそこそこの距離。
3Uで左ラフ100y前後に。48°でピン手前4mに乗せるも上りのパット20cmショートしてパー。

オンラインだったのに打ち切れない。
仮想タライパットは悪くないがもう少し強気に行ったほうが良さそう。

14 388y M

風がフォローでそこそこ広く平坦なホールなので力んで右手で叩きに行き
1球目は左OB。3打目で右ラフ、8Iで当たり悪かったがピン手前3mにオン、入れられず2パットのダボ。

1打目はただ叩きに行っただけなのでミスの原因は明らか。
普通に打てはそこそこ飛ぶドライバーなのだ。

15 268y M

ここは攻めるホール。
1Wで左からのフォローにフェードボールが上手くかみ合いサブグリーンの左サイドから上手く転がって
ピン手前6m前後にオン。
イーグルパットはオンラインで30cmショートしてバーディー。

そこそこ強気に打ったつもりなのだが・・・・
過去に1オンしたことがあったのか忘れてしまったがフォローとはいえバックティーからの1オンは嬉しい。

G25は今までのG15よりは飛んでいるのは確かだろう。

16 195y S

ここは一番の難関の守るホールだがKグリーンは195yなので多少は楽なはず。
5Wトップ目だがグリーン左横に運べた。
パターでピン下につけようと思ったがサイドからなのでショートして曲がる2.5mのラインを残してしまった。
スライスラインを上手く打てたつもりだが左を抜けて30cmオーバー。2パットのボギー。

まあボギーなのでよしとするべきだろう。

17 320y M

1Wでフェアウェイ右サイド、右斜面から落ちてきたが曲がり幅が小さいので
右へのミスはそんなに大事故にはならなさそう。
PWで12mに乗せて2パットのパー。

18 487y L

1Wでフェアウェイ、5Wで残り70y前後。
ここはたぶん3打目を一番グリーンの近くから打てたのではないだろうか。
ニブ56でピン左サイド8mにオン、上手く打ったが1m弱オーバー。
それを左に外して3パットのボギー。

後半43 (20パット)

トータル42/43(15/20パット) 85(35パット)

NET74(HDCP11) 

今回は優勝68 2位69 3位70と皆さんハイレベルで全くおよびでなかった(笑)

グリーンを狙う番手で飛距離の違いを実感したかったが
風の影響もあるので一概には言えないという感じ。

ただ、今までのG15が落下地点を見ていて「思ったより飛んでないなぁ」という感じなのに対して
G25は「思ったより飛んでるなぁ」という感じがするので多少は今までのクラブよりも飛んでいるのは間違いなさそう。

2ヶ月ぶりのラウンドなのでこんなものといえばこんなものなのかもしれないが
もったいぷれーもあったのでもっと注意深くプレーしないとだめ。

反省して問題点を見つけて来週のラウンドで修正したい。

とりあえずG25はエースドライバー昇格。

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

明日は木曜杯

2017-06-14 13:17:58 | ラウンド前の気持ち

明日は2ヶ月ぶりのラウンドでホームコースの木曜杯に参加する予定。

前回のラウンドも木曜杯で、85というスコアながら優勝することが出来たので
今回も頑張りたいとは思っているのだが随分ラウンド数が減っているのでどうなるのか
あまり想像できない。

前回のラウンドのレポートを読み返してみると良かった点は

◎G15ドライバーでのティーショットがすべて次にグリーン方向が狙える位置に運べたこと

◎久しぶりに使ったスパイダーの33インチでの仮想タライイメージパットが上手くいったこと

◎間を意識すること、トップで右手を強く握らないこと、ドライバーに関してはインパクトで
 ヘッドを先行させないことなと、スイング全般

逆に問題点は

◎ニブ56のアプローチにこだわりすぎてミスが多かったこと

今回はスイング的には更にトップからインパクトにかけて右手を添える感覚にして
ヘッドの走りを邪魔しないようにするつもりなのだが、逆にヘッドが走りすぎて
左方向にミスする可能性を感じている。

仮想タライパットはそのまま継続

ドライバーはG25を使用するつもりでいるが、あまりに朝の練習場で不安があれば
今まで使っていたG15を使用する。

アプローチは右手首をの角度を変えずにフェースを開かずにテークバックして下ろしてくるという
シンプルなワンパターンの打ち方で、PW ニブ56 LWを使い分けてピン下に運んで行こうと思う。

2ヶ月もラウンドせずにグリーン周りから寄せワンがバンバン取れるほどゴルフは甘くないだろう。
そこそこ寄せて2パットでいいと思ってやってこう。

また、攻めるホールと守るホールについても意識してみよう。

守るホールは4番 9番 16番

4番は左OBを避け、右斜面に行った場合は確実に次に打てる場所に戻す

9番はグリーンを狙うショットはオーバー目に打ち手前のバンカーに入れないこと

16番は明日は手前のKグリーンなので3Uでグリーン手前に運んでそこからピン下にアプローチで乗せて2パット狙い

攻めるホールは6 7 11 12 15番

積極的にピンを狙っていこう。

もちろん目標はHDCPを減らせる79以内のスコアではあるが
今回初めて使うG25の飛距離が本当に伸びているのかどうかにも非常に興味がある。

方向性なども含めてエースドライバーとなれるのかどうか。

なかなか楽しみなラウンドとなりそう。

 

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

右手はシャフトに添えている感覚

2017-06-07 13:12:15 | 超大切な注意点

昨日もG25メインに練習場へ。

ニブ56からいつものように打ち始めるとPWあたりでまたシャンク。

フェースの先で打つイメージだと芯に近い感触がある。

しかしどうにもパットしないプチスランプ状態でなかなかG25までたどり着かない。

注意点は「間を感じること」「トップ前後で右手を強く握らないこと」「ボール位置はかなり左」

これで問題なく打てるはずなのにパットしない。

インパクトでヘッドが先行せずに手を先行させるイメージにするとなんとなく気持ちよく打てた。

とくに5Wはヘッドを当てに行くとミスしか出ないが、手を先に振りぬくと気持ちのいい球が出る。

「手を先行させてヘッドが後から」というのを自分の右手でヘッドをコントロールしようとすることに問題があったようで
トップからインパクトまで右手をシャフトに添えるだけの感覚にするとヘッドの動きが素直になりヘッドも走るし
ヘッドが先行しすぎることもなく気持ちよく打てる。

G25を打ってみると、思ったよりスライスせずに打ち出し方向も許容範囲内。

弾道は今までより多少低く感じることもあるがそこそこの高さに飛ぶこともある。

いずれにしても今までよりは強い打球が出ている感覚はある。

ヘッドが走るようになりちょっとしたことで左に掴まりすぎる問題も出てきそうな感じもするが
すべてのショットに関してこの打ち方の注意点は大切なのでこれでやってみる。

注意点は

◎間を感じる

◎切替えしからインパクトにかけて右手はシャフトに添えているだけで
 ヘッドの動きを邪魔せずにサポートする感じ。

◎インパクトでヘッドを先行させない

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

G25

2017-06-06 11:43:35 | 道具

いつもお世話になっているしょぼさんが使っていたG25を手放すということなので
お願いして譲ってもらった。

しょぼさんがコースで今まで使っていたものと比べて最高+40yという記事を見て
私も真似して買おうかなあ・・・なんて思っていたのだ。

早速届いた一昨日に練習場で打ってみた。

現在使っているG15はATTAS 6S装着の10.5度 長さは45.5インチ程度

G25は 9.5度 ノーマルシャフトのSRで長さはほぼ同じ、重さは312g前後で約10gほど軽い。

まず打つ前に思っていたのは、9.5度ということで球が低くなるのとつかまりが悪くスライスが強くなるということ。

また、シャフトが柔らかいのでヘッドを待てずにフェースが開いてこれもスライス回転を増加させる要因ではないかと思っていた。

実際に打ってみるとスライス回転ではあるが思ったほどではなく、球の高さも今までより低いが無理して上げようと思うほどでもない。

いい意味で予想が外れた。

ユピテルの計測器で飛距離(キャリー)を見てみると、最高で224y、220yオーバーはG25のみだったので
平均して3~5yは今までのドライバーよりキャリーは伸びていると思われる。

予想通りフック回転の球が出ることはほぼなく、スライス幅も思ったより小さいので即戦力としてコースで使える感じもする。

友人のWがG25の10.5度 12度 ANSERの10.5度 12度のヘッドを持ってきてくれて、シャフトも数本あり試してみた。

まず、G25の9.5度(自分のもの)にATTAS 4Uの6R 5R を刺して打ってみるが、あまりピンと来なかった。
更に短くて柔らかいシャフトも試してみると悪くはないがたまたま真っ直ぐに行っているというか
今一つコントロールできる感覚がないのでそれも不安。

シャフトをノーマルのSR(自分のもの)を使い、ヘッドをいろいろ打ち比べてみると
12度ははやはり弾道が高すぎるので打ち下ろしの多い鎌倉では怖くて使えそうにない。

10.5度のANSERは重心距離がG25より短いためかヘッドが返りやすく掴まりが良さそうだが
左へのチーピンが怖いのでこれもダメ。

10.5度のG25は今までのG15と同じような弾道の高さのように感じるが9.5度の方が
前にボールが進む感覚が強いのでこちらの方がランも含めて距離が出るのではないかと思う。

9.5度の問題点はロフトが立つことに寄りサイドスピン量が増えて右へのミスが大きくなることと
ヘッドスピード的にキャリーが足りずに飛距離が落ちること。

メリットは弾道が低くなることでランが増えることと、打ち下ろしで滞空時間が短くなり
風の影響を受けにくくなること。

実際どのようなことになるのか、コースで試すのが楽しみになってきた。

1番のロングでティーショットが下り傾斜を下れば2オンガ可能になり
10番の長いミドルで2オンが可能になり
14番の長めのミドルのセカンドのクラブが2番手ぐらい短くなり
15番のミドルで1オンが可能になり・・・・

平気なスコアが2打ぐらい良くなればシングル入りも見えてくる。

ドライバーでスコアを減らすことが可能なのかは??だが
妄想は膨らむのだ。

 

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

もっとも苦手な16番ホールのミスのパターン

2017-05-31 18:09:39 | コース攻略

過去27ラウンドしてダボが以上が12回という最も苦手なホール

このホールの平均スコアは+1.26なので、仮にこのホールのみ18ホールでの
ラウンドだったとすると平均スコアは94.7前後となる。

もっと悪いスコアになると思ったが、それでも95以内というのはちょっと意外だった。

ちなみに一番得意な15番ホールのみ18回でスコアを計算すると平均スコアは73.3。

得意ホールと苦手ホールというのはこれほどまでに差があるものなのだ。

やはり苦手ホールを克服し、得意ホールで少しでもスコアを伸ばすことが
上達の道だということは明らかだろう。

得意ホールは平均スコアはパーに限りなく近づいているのだから
ボギーで上等などという気持ちでは弱すぎる。やはり簡単なホールは
バーディまたはパーぐらいの意気込みも必要なのではないだろうか。

過去の16番ホールのダボ以上の内容を振り返ると

1ラウンド目

5Uでグリーンを10yほどショートして、そこから8Iで転がし上げたがグリーン手前でとまってしまった・・・+2

2ラウンド目

5Uでグリーンを5yほどショート、PWでピン奥3mに乗せて3パットの+2

3ラウンド目

4Uミスしてグリーン手前20y前後、トップして奥のバンカー・・・+2

6ラウンド目

3Uで奥のバンカー手前、そこからパターで乗っただけ、そこから下り6mから3パット・・・+2

8ラウンド目

4Wでチョロって100yほどしか飛ばず、ニブ56でショートして寄らず入らず・・・+2

9ラウンド目

3Uで奥のバンカー、2打目出ただけ、3打目ピシた4m、入らず・・・+2

16ラウンド目

1Wでスライスして木に当たりグリーン手前15y前後の斜面。
苦手なつま先上がりからやはりミスしてグリーン右サイド、そこから寄らず入らず・・・+2

18ラウンド目

4U左に引っ張りバンカー。ニブ56で出ただけ、そこから寄らず入らず・・・+2

20ラウンド目

3U力んで左に引っ張り木に当たりグリーン手前50y前後・・・+2

21ラウンド目

4U右にふけてOB・・・+3

24ラウンド目

3Uグリーン手前5yちょっと、PWでピン手前5mにオン、パー狙いで強めに打ったら1.5mオーバーして
下りの触るだけのパットが入らず3パット・・・+2

26ラウンド目

5W左に引っ張り隣のホール、LWでグリーンエッジ、寄らず入らず・・・+2

4Uで右へのOBが1回

グリーンの近く(10y以内)まで1打目で運べなかったものが5回

奥に外したて難しい寄せとなったもの2回

左のバンカーに入ったもの1回

アプローチで乗せられなかったもの1回

アプローチでピン上につけてしまって3パットしたもの1回

上りのパットを入れに行ってオーバーして返しが入れられなかったもの1回

選択肢として2オン狙いで刻むということを考えたこともあるが、ミスして距離を残した場合そこからボギーで上がれないことも多いので
やはりティーショットの極端なレイアップは無意味だと思う。

なんとかして2打目でピン下に乗せて、そこから2パットのボギーを死守すること。

ティーショットは力まずにグリーンまで多少距離が残ってもそこからアプローチで頑張ればいい。

ピン奥に外したら次に必ずピン下まで打つこと。ショートしてまた下りのパットを残すと3パットもある。

ティーショットのねらい目はグリーン左手前。そこからワンパターンアプローチでピン下に乗せればいい。

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

苦手の9番ホールのミスのパターン

2017-05-31 13:32:11 | コース攻略

9番ホールはティーショット打ち下ろしで、あとは打ち上げ。
とくに最後の100y前後は凄い急傾斜なのでショートするとかなり転がり落ちる可能性もある。

イメージでは3打目がどうにも距離が合わずそこそこの場所からもショートしたりオーバーしたりで
ダボにしているイメージ。

4ラウンド目

セカンドで4Uダフって3オン狙えず。+2

5ラウンド目

残り81yからニブ56で大きくショート。
次も乗せられず+2

6ラウンド目

テンプラして左隣のホールのフェアウェイに・・・+2

8ラウンド目

右ラフからのセカンド3Uのショットが木に当たり・・・+2

10ラウンド目

3打目9Iで手前のバンカー、そこからSW?で奥のの斜面までホームラン。

17ラウンド目

右ラフから木がスタイミー、5Uのショットと木に当たり100yしか飛ばず・・・・+2

19ラウンド目

3打目8Iでグリーン手前バンカー60度でグリーンをキャリーオーバー・・・・+3

23ラウンド目

3打目PWほぼイメージ通りだが届かずエッジまで10m前後の逆目のアプローチ
ザックリを嫌がりトップしてグリーンオーバー、そこから乗せて3パットの+3

26ラウンド目

1W右にふけてOB
3打目右ラフ、そこから5Wで木に当たりあまりすすまで・・・+4 ダブルミス。

1Wでの左へのミスが1回

1Wで右へOBが1回

右ラフからのセカンド(OB後の4打目も含む)で木に当たるパターン3回

セカンドの単純なダフリ1回

ガードバンカーからのホームラン2回

グリーン手前からのアプローチトップ1回

81yからのサードショットの大ショート1回

こんなところか。

意外に感じたのはグリーンを狙うショットで単純にグリーンオーバーしてそこからのダボがないということ。

手前バンカーや手前からのアプローチミスによるダボが多かった。

ここは少し大きめに打って奥からとりあえず乗せて2パットというのがいいのか?

また、ティーショットで左に行った記憶はあまりなく、右ラフから右の木ががスタイミーなショットを
打つことが多いので、イメージより左に狙いを定めるのがいいかも。

グリーンを狙うショットは大きめで、手前のバンカーには入らないようにする。

奥からのアプローチは無理せずに、ピン下に運んで2パットのボギーでよしとする。

苦手ホールはまずはボギーでよしとするところから始めよう。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

苦手の4番ホールのミスのパターン

2017-05-31 12:07:38 | コース攻略

要注意ホール4 9 16番のホールの過去27ラウンドでのダボ以上叩いた原因を
掘り下げてみて対策を練ろう。

どんな状況で叩いているのだろう。

まずは4番ホール 368yの超打ち下ろしで左OBが浅く右は斜面で受けているが
止まってしまうと激しいつま先上がりでグリーン方向に狙うのは結構難しい。

叩いた印象としては、

左に若干フックしてのOBが数発、右斜面からのセカンドで右に打ち出して大叩き
グリーン奥の逆目のラフからの難しいアプローチでのミス、という記憶だが
実際の問題点はどこなのだろうか。

4ラウンド目

左にOBしての+2

8ラウンド目

セカンド右斜面は転がり落ちてきたもののバンカー際の難しいライから
ニブ56で50yショートしての+2

9ラウンド目

巻いて左にOBしての+3

10ラウンド目

左に行かないドライバーを投入して右に大プッシュOB、
更に打ち直しの残り60y前後のフェアウェイディボットからの8Iでの転がしがダフってチョロ
というダブルミスで+4

13ラウンド目

ティーショット大きく右に曲げて斜面。苦手のつま先上がりから
右に打ち出し深いラフ、そこから空振りして・・・+3

16ラウンド目

セカンド右ラフから52度のショットがグリーン奥にこぼれて斜面を下り
逆目の難しいアプローチに。グリーンをショートしてそこからサイドLWで
ホームラン、・・・+3

18ラウンド目

若干左に曲がってOB・・・+3

23ラウンド目

ドライバーで右斜面下ってバンカー。PWで30yショートしてそこから乗せられず
寄せられず入れられず+2

26ラウンド目

1Wで左に引っ張りOB
打ち直し3Uで右斜面、6U打てそうにないけど無理して打ったらやはり右に飛び斜面を下って
残り80y前後からニブ56で20yほどショート、そこから寄せて2パットの+4
ダブルミス。

全9ホール

左へのOBが4回

右へのOBが1回

右バンカーに入ったことでのミスが1回

右斜面からのミスが3回

グリーン奥に外しての難しいアプローチが1回

ディボット跡からのアプローチミスが1回


9ホールだが+4が2回あるのでミスは11回。

左OBも怖いが右斜面も嫌というのがこのホールの難しいところ。

更にグリーンが小さく奥が斜面になっていてこぼすと逆目のアプローチとなり難しい。

やはりティーショット左に行かないようにスライス系の球で打ち
右斜面に止まってしまったら確実に次に打てるところに運ぶことが大切。
更にグリーンを狙うショットは手前からで、絶対に奥に行かないようにする。
グリーンを狙うショットはかなり短い可能性もあるので60度やニブ56での
フルショットで大きなミスを出さないショットが出来ればセカンド以降のリスクは少なくなる。

これだけミスのパターンがわかればそんなに馬鹿なミスは減るのではないだろうか。

9番 16番は別に記事にする

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加