ゴルフ自問自答2

「自分が納得できるようなゴルフを目指す」
そんな日々の葛藤を気の向くままに綴ります

結局はシンプルな注意点に

2017-01-19 17:41:21 | 練習

昨日の夜練習に行き、逆しなりイメージを中心に100球ほど打ってみたが
あまりいい感じではなかった。

とくにドライバー以外はかなり悪い。

これは逆しなりが悪いというのではなくどう打っても打てない感じだった。

最後の10球弱を狙いをかなり左のビルの屋上の貯水タンクにしてみると
調子が良かった時の「アドレスした時に打てそうな感じがする」という 感覚もちらほら。

布団の中で妄想しているうちに「アドレスで打てそうな感じ」がすれば上手く打てるのではないかと考え
早速今朝も練習に行き確認してみた。

やはりそんな甘いものではなくアドレス時にあまり打てそうな感じにならなかった。

こんなんで初夢杯でよく勝てたなぁ・・・なんて嫌になっていたが
途中から鎌倉のラウンドイメージで各ホールを回るようにドライバーから打ってみると
ラウンドと同じような感じで「トップ気味だけどそこそこグリーンの方には飛んでるからまあいいか」
という感じでラウンド時と大して変わらない感じではあった。

ラウンドをイメージすると狙いがはっきりして集中して打てるという感じもしたし
トップしたりしてもそこそこ狙った方には転がっていくので結果オーライという感じもするので
そもそも自分の実力はこんなもんなんだと再認識。

HB3というミスしてもそこそこ飛ぶクラブだからある程度のゴルフが出来ているのだ。

やはりゴルフはそこそこ狙った方向に運べないと組み立てられない。

確かに普通のクラブでナイスショットしてグリーンにピタッと止められたら気持はいいかもしれないが
それ以上に大きなミスが増えたら今より楽しいとは思えない。

いろいろ試した結果、「インパクトのタイミングとバランスを整える」という注意点が
全体の力みを減らしてくれて比較的安定して打てる気がしている。

これはここ数ラウンド継続している注意点でかなり効果はあると思う。

ドライバーのみ逆しなりイメージを加えるが、その他のショットは「インパクトのバランスとタイミング」という
注意点のみ意識してあとは自然に自分の好きなように打ってみる。

今のところラウンド予定は3月16日の木曜杯だが、それまでに出来れば2回ぐらい暖かい日にラウンドしたい。

寒くてもやっぱりラウンドしたいなぁ・・・・ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加
広告を非表示にするには?

クラブセッティング・・・実用的な全14本は現在最高のお気に入りかも? ピンボケだけど(汗)

2017-01-15 13:20:16 | セッティング

1W:PING G15(10.5度)
3-PW:HB3
AW1:48度
AW2:52度
ニブリック:56度
LW:60度
PT:蜘蛛

ボール:いろいろ

パクリのパクリのパクリのパクリ

コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加

嬉しいこと・・・・

2017-01-13 18:28:52 | その他

昨日、初夢杯の順位表をデジカメで撮影して確認してみたら
2014~15年のクラチャンの方も出場していてその方よりもグロスで1打勝っていた。

たまたまでもなんでもやっぱり嬉しい。

100回やって1回しかし勝てないとしても、同じ日に同じセッティングで
クラチャンの人に勝てるなんて自信になる。

たまたま良いスコアになる時もあるし、悪いスコアになることもあるのがゴルフ。

やはり平均スコアを上げて行くことが重要。

なんだかレベルアップしてきたことを実感してきた。 

ニュースイングで更にレベルアップするぞ!!

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

ニブ56優先のアプローチ

2017-01-13 15:12:03 | ラウンドの反省

今回のラウンドでは今まで安全第一にPWでのアプローチを優先していたのを
ニブ56優先に変えてみた。

自分はもともとハンドファーストが強いためか球の高さが低く
ニブ56でもそんなに高い球ではないので一般的なPWぐらいの
球の高さなのかもしれない。

砲台グリーンが多い為、ある程度球を上げないとグリーン面にキャリーさせられない
ということも多いので今回ニブ56を多用したが、 もともとニブ56自体ダフっても
ソールが滑ってミスしにくいクラブなのだからこの方がトータルで見ると有利のような気がする。

90を絶対に叩かないことよりも80以内を出すことが重要なのだから
安全ばかり求めていても始まらない。

ニブ56を使いこなすことでどんな場面にも対応しやすく
打つことにも慣れてきて距離感も合ってくるだろう。

次回もニブ56優先で。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超タラレバ

2017-01-13 12:25:03 | ラウンドの反省

今回のラウンドでショート以外の14ホールでティーショットはすべて
次がグリーン方向に打てる位置に運べた。

それなのにこんなスコアになってしまったのだが
どうすればスコアがもう少し良くなったのかをタラレバ形式で振り返る。

1 80cmのパットが入っていれば             -1

2 バンカーから1回でグリーンに乗せられていたら      -1

3 2mのパットが入っていれば              -1

7 3mのパットが入っていれば              -1

8 ニブ56のアプローチがもう少し寄ってくけていれば     -1

13 アゲインストを読んで8Iでグリーンを狙っていれば    -1

14 きっちりとボールのラインを目標に向けてパットしていれば -1

15 2mのパットが入っていれば              -1

17 バンカー越えのアプローチを平常心で打てていれば    -1

18 グリーン狙いの9Iのショットをもう少し左に狙っていれば   -2

18 1.5mのパットが入っていれば              -1

これで12打なのでスコアは75になる。

そんなにバカみたいに非現実的なお願いをしているわけではないのに
これだけのことでパープレーに手が届くぐらいのゴルフが出来る。

ショットは逆しなりショットがあればシングルに手が届くのだ。

ニプ56メインのアプローチも初めてにしてはかなりの手応え。

パッティングの精度を上げれば次回は70台に手が届くはず。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 第3戦 鎌倉CC 木曜杯

2017-01-12 17:09:39 | 鎌倉ラウンド

今年3回目のゴルフでホームコースの木曜杯に参加。
気温は2度~12度前後で全く問題なし。
グリーンは今まで24ラウンドしてたぶん3回目ぐらいのBグリーン。
ほとんどイメージが沸かない。ただ過去にBグリーンで82を出したことがあるので
難易度はそれほど変わらないのではないかと思うが・・・・
同伴者は初めてご一緒するHDCP9の方と17の方。
お二人ともすぐに打ち解けてとても楽しいラウンドだった。
スイングは今回採用する「逆しなりインパクト打法」だが、練習場でドライバー以外のクラブも
このイメージで打って見ていいような悪いようなという感じだった。
とりあえずスタートしてから臨機応変にやってみようと思った。 

1 525y L

1Wでフェアウェイ左サイドを狙って打ち出したが少し拭け上がってフェアウェイ少し右寄りにあまり飛んでいない。
3Uでトップしたが斜面を下って残り150y前後。
5Uこれもトップ気味でグリーン手前10y以内。
ニブ56でピン横80cmにつけたが入れられずボギー。

グリーン周りは極力ニブ56を使おうと決めていたがスタートからいい感じで寄ってくれた。
後の二人がパーで、一番近い自分が最後でプレッシャーが掛かりなんとなく予期したボギー。
この辺りが甘い。気持で負けている。

2 351y M

1W左ラフ残り100y前後上り。PWで打つも手前右サイドのバンカーに。
奥のOBも怖いがある程度のスピードで振らないとアゴもそこそこあるので適当に打ったら少し強すぎ
グリーンをオーバーして 砲台を上ってグリーン面は下りという一番厄介な状況に。
8Iで上手く転がし上げてピン下2mにつけたがこれも微妙に入らずダボ。

Bグリーンはこのホールはかなり難しい。
まあそれなりのことは出来ているのでそんなに悲観的ではない。 

3 125y S

右の木が気になってか8Iでグリーン左サイドに外す。
グリーンまで10y以内ピンまで20y前後の砲台グリーンへのアプローチ
ニブ56で2mに寄せるもこれもカップをなめて入らずボギー。

まあボギーとパーは紙一重なのでくさらない。 

4 362y M

打ち下ろしの鬼門のミドル。
1Wでフェアウェイセンター 残り60y前後へ。ここはかなりいい感じの球だった。
60度でピン奥6mに乗せて50cmオーバーして2パットのパー。

60度は50~60y前後をきっちり打てるので自分的にはすごく気に入っている。
 
5 376y M

1Wでフェアウェイ、7Iでグリーン手前5y以内。
ニブ56で1.2mに寄せて入れてパー。

ニブ56今のところいい感じ。 

6 164y S

6Iでピン横7mに乗せて50cmに寄せてパー。

この辺りはアイアンも逆しなりイメージ。

7 335y M

ここは3Uを使うことも多いが左グリーンは少し距離もあるしドライバーの調子がいいので
1Wで打つと左ラフ。許容範囲。
75y前後をニブ56でピン手前3mに乗せて40cmに寄せてパー。

4連続パーで元気が出てきた。 

8 351y M

1Wでフェアウェイ左サイド、5Uでグリーン手前10y以内
ニブ56でピン下8mに乗せてファーストパット2m残してそこから2パットのダボ。

ここは凄いところにピンが切ってあり、カップを50cmショートしたらすべて3mぐらい戻ってくる
という状況だったので3パットも仕方ない。
ただ、ニブ56のアプローチをもう少し突っ込む必要はあった。
このグリーンも難しい。 

9 478y L

1Wフェアウエイ、4Uで残り100y前後打ち上げ。
PWつま先上がりだからか逆しなり打法のせいからかわからないが大ダフリ。
ニブ56で3mに乗せ入れられず2パットのボギー。 

前半43(18パット) 50cm以内のパットを8回やったのでなんとなくパットが入らない感じが強かった。
ただ、無理し手入れにはいっていないということは評価できる気がする。
3パットは厳しい8番のピンでだけなのでまあ運がなかったと思う。

HDCPが12なので後半41でパープレーなので優勝の目は残されていると
色気を出して後半へ・・・・ 

10 427y M

1Wフェアウェイ、いつもよりフェアウェイが広く感じる。
残り180y前後あったと思うが風にも乗ったのか3Uで7mにオン。
40cmに寄せてパー。

このホールのパーはバーディーに匹敵。

11 384y M

1Wがイメージより右に飛んだがスライスが掛からずフェアウェイ。
48度でピン横7mに乗せ40cmに寄せてパー。

このホールも結構難しいので嬉しい。 

12 135y S

若干のアゲと見て7Iで打つと左奥目7mにオン。
嫌な下りスライスラインを40cmに寄せてなんとか入れて3連続パー。 

13 435y L

いつも3Uで打つと決めているホールなのだがドライバーが調子いいので迷ったが
同じミスするなら3Uでミスしたほうが後悔しないと判断して3Uでフェアウェイ右サイドへ。
3Uで残り110y前後に運び少し上りもあるので9Iで打つとグリーン手前10y以内に。
かなりアゲていたのがわからなかった。
ニブ56で5mに乗せて30cmに寄せてボギー。

まだ1オーバーチャンスはいっぱいある。 

14 391y M

1Wでフェアウェイ右サイド、7Iでギリギリオン10mちょっとのパットを残した。
外から同じラインの同伴者がラインを見せてくれたのだが、ボールのラインを適当にあわせたら
その合わせた方に打ってしまったのか1.2mほど右に外しいれられずボギー。

これは軽率だった。ラインが合っていれば50cm前後のパットが残ったはず。 

15 268y M

1Wでグリーン手前10y以内、ニブ56で2mに寄せるが入れられずパー。

フォローであたりそこねだったので相殺して結果オーライ。
逆しなり打法は同伴者に「飛んで曲がらない」「パワーフェード」と言われるすばらしい打法。

ここまで2オーバー。

16 213y S

いつも長いと思っているショートだが奥のグリーンでアゲているのでボギーも難しそう。
130+100yという狙いも考えたが、残り100yから3回で上がれる気もしなかったので
1Wで打ってみたらグリーン右サイドのラフ。距離は丁度良かったかも。
ニブ56で5mに乗せて30cmに寄せてボギー。

ここはボギーで十分だろう。 

17 320y M

1W打った瞬間どこに飛んだかわからなかったが地を這うようなトップで170y近く残してしまった。
3Uでトップしたがグリーン近くのバンカー手前まで転がった。
バンカー越えでグリーン奥の2段の上の段のピンまで30y弱のアプローチ。
ニブ56でダフってバンカーも嫌だったからか手打ちっぽくなってトップして奥の斜面へ。
ニブ56でザックリは避けたかったので8Iで転がし上げたら2段グリーンの段を転がってグリーンをオーバー。
そこから上の段までパターで打って50cmに寄せてなんとか入れて1パットのダボ。

ティーショット、セカンド、アプローチ、アプローチとミスだらけだったのでよくダボで収まったなぁという感じ。

ちょっと調子に乗りすぎた、というか優勝を意識しているのか。 

18 492y L

1Wでフェアウェイ、3Uで残り110y前後。
のぼりなので9Iで右サイドのピンを積極的に狙ったら変な辺りで右に飛びOB。
ここは右サイドは絶対だめなのに色気が出てしまった。
9Iで左サイドに乗せて12m前後を1.5mの上りラインに乗せたが入れられずトリプル。 

前半44 (19パット)

トータル 43/44 (18/19) 87 37パット NET75

スコアはイマイチだったがドライバーショットにかなりの手応えがあり
ゴルフが楽しくなった。

ドライバーに関しては今までもそこそこ飛んではいたがどうも振っている割りに飛ばない
というモヤモヤ感があったが、今のスイングはエネルギーのロスが少なくなった気がして気持がいい。
結果も大事だが、エネルギーを伝えきれたかどうかというのは手応えとして残りゴルフの大事な部分だと感じた。

途中まで2位だったので残っていたが3位になった時点で帰ってきたら
結果をHPで確認すると最終的にも3位だった。

1位69 2位70 3位75 という結果だったので、流石に恥ずかしくて待っていられなかった(笑) 

出場2連続で入賞はやはり嬉しい。

ドライバーショットのこの感覚が続けばスコアは絶対に良くなるはず。

次の試合は3月だが天気が良い2月の木曜日にラウンドしたくなってきたなぁ(汗)

コメント (35)
この記事をはてなブックマークに追加

明日は逆しなり打法デビュー

2017-01-11 15:29:26 | ラウンド前の気持ち

明日はホームコースの木曜杯。

1日 3日と今年はすでに2ラウンドしているが
明日はその時より2~3度温度が低いようなのでグリーンの硬さや
速さはもう少し出ているのかもしれない。

セッティングは全く変えないがアプローチでPWよりもニブ56を優先して
使おうとは思っている。

スイング的には右手でのテニス打ちイメージを継続する予定だが
朝の練習場での状況に寄り「逆しなりイメージ」を更に追加する予定。

まだ一度だけ練習場で試しただけなのでどんな球が出るのかイメージが乏しいが
かなりの手応えがあったのでコースで飛距離を確かめたいと思う。

前回のラウンドで16番のショートホールでグリーン手前の比較的いい場所から
パーを欲しがって寄せきれず、そこからパーを欲しがって強く入ってカップを大きくオーバーして
3パットのダボになったので、今回は目先のスコアにとらわれずにピン手前に乗せて
パットは距離感重視で打とうと思う。

前後半にダボ1つずつは許容範囲。

またパーとボギーは紙一重なのですべてボギーでも当然という気持で
ゴルフをやっていこうと思う。

運がよければ連続優勝もあると信じて。 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

逆しなり打法

2017-01-10 11:13:08 | 大切な注意点

しょぼさんが最近はまっている吉田式スイング。

自分も影響されてブランコを漕ぐように・・・なんてスイングもやってみたが
ヘッドスピードを測ってもそれほど目に見えた効果はなかった。

また、インパクト前に左膝を伸ばすことでヘッドを加速させるらしいのだが
なかなかそんなに簡単には行かず、自分のような軟弱ゴルファーには不向きと判断。

簡単にとりあえず出来そうだったのが「インパクトでのシャフトの逆しなり」 

とりあえずそんなイメージ振ってみると1球目からめちゃめちゃ気持ちよく飛んでいく。

急いでユピテルでヘッドスピードを測ると久しぶりの44m/s越え。

最近は41~2の間だったのでかなりの効果。

飛距離も練習場のボールで220m/sを記録したので実際は230y前後のキャリーではないかと思われる。

途中からフェースが返る為か球が低くなる傾向があったが
それほど極端なフックはでないようなのでタイミングが合ってくれば飛んで曲がらない球も
可能ではないかと夢が広がる。

タイミングがずれると大きく右にプッシュアウトすることもあるので怖いが
先々を考えてこれは採用する価値があると思った。

何でこんな簡単なこと教えてくれなかったんだろう。 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

I15 PW は不採用

2017-01-10 10:40:36 | 練習

昨日は今年初めての練習。

と言っても2ラウンドしてその前に練習しているので初めてともいえないが・・・・

まず試したかったのはPING I15のPWのフルショット。

HB3に替えてセッティングに入れるつもりだったのだが・・・・

いつもセッティングに入れているI15の48度を非常に気に入っているので
そのシリーズのPWということで気持ちよく打てるのではないかと思ったのだが
左にすべて引っ掛かり気持ちよく打てない。

今まで使っている48度のウエッジと HB3のPWを打ってみると
そんなには引っ掛からず納得感がある。

48度のシャフトはX100で長さは通常より0.5インチほど短い。
PWはAWTのSで長さは標準なので48度より1インチほど長い。

48度と52度は同じシャフトと長さで揃えているので違和感なく打てるのだが
PWが急に1インチ長くシャフトも違うので全然同じ感覚で打てないのだ。

今のドライバー、3-P、48 52 ニブ56 LWは流れに違和感がないのだが
このI15のPWは完全に仲間はずれ感がある。

20球ほど打って完全に諦めた。

ただ、ニブ56メインでアプローチをするということに関しては
採用しようと思う。

今まではミスしても傷が浅いPWを多用していたが
そんなことをしていては今の状況を脱することは出来ないのだ。

多少スコアが落ち込むこと覚悟して、更なる高みに向かって挑戦しよう。

と偉そうなこと言ってもニブ56自体ただのチッパーのようなものなのだが(汗) 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニブ56マイスターに

2017-01-09 15:20:28 | アプローチ

鎌倉カントリーを24ラウンドして、いろんなパターンのアプローチをしてきた。

砲台で受けているグリーンが多いのでよくあるパターンはこんな感じだろうか。

1 左足上がりのライから打ち上げでグリーンを狙う場面。
  球は上げやすいが距離感がつかみにくい。転がりも読みにくい。 

2 ボール位置がグリーン面と同じぐらいの高さだが、途中下がってまた上がるような場面。
 手前に落とすと思いのほか食われたり、落とす場所が少し違うと転がりすぎたりする。 

3 平らなライから少し高いグリーン面に打ち上げていく場面。
  球が上がりにくく、1クッション入れるのもイメージが出しにくい。 

4 ボール位置とグリーンがほぼ平坦な一番簡単な場面。

今までどのような感覚で対応してきたかというと

1 球は上げやすいのでPWでグリーン面にキャリーさせる。
 それでピン手前に止められないと思えばニブ56で打ち
 ライ的にニブ56で打つのが怖ければグリーン手前に1クッション入れてPWで転がす。

2 ニブ56でグリーン面に落としたいがそれでも止まりそうにない場合やライ的にニブ56で打ちたくない場合は
 PWで手前の受けている面に1クッションさせたり、手前の下った面に1クッション入れて
 2クッション目を上り斜面に入れたりする。

3 PWで1クッション入れて転がし上げる。
 場合によってはニブ56で球を上げてグリーン面に落とす。

4 PWでグリーン面に落として転がす。
  

こんな感じで対応してきたが、すべての場面でニブ56で対応することは出来るだろう。

元々ニブリックもミスに強いクラブなのだから1本のニブ56を使い続ければ
はじめは今よりもミスが出る確率は高くなるかもしれないが、先々は
距離感も合ってきて結果は良くなる気がしてきた。

PWで球を高く出すことは難しいが、ニブ56で低い球を打つことはそんなに難しくない。

ニブ56はバランスがD9だったと思うので他のクラブとの使い勝手が少し違うだろう。

そういう意味でも1本で対応し続けた方がミスしにくいのではないかと思う。

HB3でそこそこグリーンの近くに運んで、ニブ56でピン下2m以内に寄せまくって
蜘蛛でそれを入れたり入れなかったり・・・・・

こんなゴルフでシングルを目指そう。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加