→→→ 移転先はこちら ←←←

■=== ブログをご覧になるうえでの注意点 ===■
2013年3月20日より以前の記事(一部除く)は、ブログデザイン変更の影響で、色文字が見えにくくなっています。
あしからず、ご了承ください。範囲選択をすると、見えやすくなります。
2014年4月1日より、価格は全て「税別価格」に統一して表記しています。
2014年3月より以前の記事で書かれている「税込価格」については、全て”5%税込”であることをご理解ください。





(クリックするとamazon.co.jpに飛びます)

「みんなのニンテンドーチャンネル」紹介ページ


大合奏!バンドブラザーズDX
対応ハード : DS
発売日 : 2008/06/26
希望小売価格 : 4,800円(税込)
ジャンル : 音楽ソフト
プレイ人数 : 1~8人
通信機能 : DS振動カードリッジ対応・ニンテンドーWi-Fiコネクション対応


体験版では、演奏と、歌声タイプ診断をプレイできました。演奏および歌える曲はどちらも、スピッツの「ロビンソン」のみです。


◆演奏
演奏では、まず「ビギナー」レベルでクラリネットのパートをプレイできました。ビギナーレベルで使うボタンは、Aボタンのみです。

これを1回クリアすると、続けて別のパートやレベルを体験することができます。レベルはビギナーと、1つ上のレベルの「アマ」が選択でき、パートはクラリネットの他に、ピックベース、フォークギター、ロックドラムが体験できます。
アマレベルでは、使用するボタンがA、B、Y、十字ボタンの4つに増えます。

フォークギターは例外で、ボタンではなくタッチペンで演奏します。下画面に弦が表示されているので、弾くようにタッチペンをタイミングよくスライドさせます。


◆歌声タイプ診断
「ロビンソン」を歌って、その曲と自分の歌声の相性を診断できます。DS本体のマイクから、15~20cmくらいの距離から歌うといいらしいです…が、あまり大声が出せない環境の人は、もっと近づいてもいいです(笑)
曲の最後まで歌ったほうが正しい診断が出るそうですが、途中まででも診断はしてくれるみたいです。

歌い終わると、今歌った曲と自分との相性度、そして自分の歌声タイプが「ロック系」「ポップス系」「演歌系」の3タイプから選ばれます。製品版では
、10種類以上の歌声タイプから選ばれるそうです。さらに、「あなたにオススメの曲」も選ばれます。



一通り体験してみましたが…いや、なかなかどうしで。

ボタンによる演奏はまあ前回と同じですが…タッチペンによるギターの演奏が、思った以上に心地よい!
なんかこう…何とも言えないです。たかがタッチスクリーンと侮っていたら、こんなにも「弾いている感じ」が感じられるとは思いませんでした。音の魔力ですね。思わずフォークギターだけ何回もプレイしちゃいましたよ(笑)

歌声タイプ診断の真偽がどれほどのものかは分かりませんが…少なくとも歌っている気分にはなれます。自分の声がマイク入力されて、DSのスピーカーから流れます。それによって、自分から発せられている声とスピーカーから流れる声が交わってサラウンドっぽく聞こえて、ホントにカラオケな気分になれました。これもまた、音の魔力ですね。
ただ、住んでいる家があまり大声を出せない環境ですと…なかなか利用する機会がない機能ではありますね…。


…というか、体験版ではまだ魅力の半分も味わっていないわけで。これにさらにWiiの「スピーカーチャンネル」による連動があるわ、作曲ができるわ、Wi-Fiコネクションで曲をダウンロードできるわ、投稿できるわで、もうやりたい放題です(笑)
音楽というものを前回以上にとことん遊びつくせる、そんな作品になっていることでしょう。



他のブログさんの関連記事:
ゲーム感想日記0011 『大合奏!バンドブラザーズDX』体験版編 (『無数の月』さんより)
【DS】「大合奏バンドブラザーズDX」体験版インプレッション (『非生活必需品』さんより)


関連記事:
vol.1『高速カードバトル カードヒーロー』
vol.2『クッキングママ2』
vol.3『ナムコミュージアムDS』
vol.4『ぽろろんっ!ドコモダケDS』
vol.5『ウイニングイレブンDS ゴール×ゴール!』
vol.6『クイズ!日本語王』
vol.7『るぷぷキューブ ルプ★さらだDS』
vol.8『タシテン たして10にする物語』
vol.9『激闘!カスタムロボ』
vol.10『DS美文字トレーニング』
vol.11『超劇場版ケロロ軍曹3 天空大冒険であります!』』
vol.12『NINJA GAIDEN Dragon Sword』
vol.13『ぼくらはカセキホリダー』
vol.14『NARUTO-ナルト- 疾風伝 忍列伝II』
vol.15『パネルでポンDS』
vol.16『シータ』

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 今週のファミ... 今週発売のソ... »

 
コメント
 
 
 
こんばんは (minnie)
2008-06-22 17:36:02
お久ぶりです。minnieです。
この記事を見て、さっそく 私も 体験してみました。
いや~。やっぱ、おもしろいです。(*^。^*)
ギターも、なかなか いい感じです。

はやく、製品版を プレーするのが 楽しみです。


ちなみに、私は バンブラと同日発売の
テレビ検定も、購入しようと 思っています。
ミニゲーム集で、楽しそうだな~と思ったので....
 
 
 
Unknown (partygame(管理人))
2008-06-22 21:52:58
>minnieさん
私もバンブラDXと、ぼくらのテレビゲーム検定、購入予定です。
テレビゲーム検定は、私も知っているレトロゲームはそんなに多くありませんが、今までの単に移植しただけのものと違い、サクッと楽しめそうなのがいいですね。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。