奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

早朝のローテンブルクで

2008-04-30 | 添乗日記
昼間のにぎやかさが嘘のようにひっそりと静まり返るローテンブルク。時を告げる教会の鐘だけが響き渡っていて、本当に中世の街にタイムスリップしてさまったかのような錯覚を覚えるから不思議。こんな雰囲気を味わえるのも、城壁に囲まれた街の中に宿泊してるからこそ。

表に出ると朝のひんやりした空気が心地いい。ほとんどひと気のない早朝の石畳の街を歩くのは何と気持ちいいことか…と、どこからともなくいいかおり。見ればこんな朝早く唯一オープンしてるパン屋さんだ。やっぱりこの国で一番早起きなのはパン屋さんかな。

そんな店先で、しきりに店内をのぞき込んでるワンコが1匹。どうやらご主人様と一緒にパンを買いに来たようだ。朝ごはんに焼きたてのパンを食べるドイツならではの風景だ。こちらではいつも朝はコーヒーだけの私だけど、今朝はパンを食べようかなぁ(笑)…


← 焼きたてのパンの香りがするローテンブルクにクリックしてね。

 ← 留守番隊のホームページもみてね。

この記事をはてなブックマークに追加

今夜も居酒屋料理で一杯。

2008-04-30 | 留守番隊の料理
    

今夜も居酒屋「留守番隊」です。
冷蔵庫の残り物を整理したメニューなんですよ。

    

焼き鳥野菜炒めです。
鶏肉を照り焼きして野菜炒めの上に盛り付けるだけです。
なんか居酒屋にありそうなメニューでしょ。

酒飲みには充分なメニューでした。
ごちそうまさ。


← 簡単な酒飲みメニューにクリックしてね。

 ← 留守番隊のホームページもみてね。

この記事をはてなブックマークに追加

ドイツにも春の味覚

2008-04-30 | 添乗日記
    

街を歩いててとっても気になるのは野菜や果物を置く八百屋さんの店先。食事の度に肉とじゃがいもばかりの毎日だからそうなるのか(汗)、フレッシュな旬のものについつい目が行ってしまう。急に暖かくなったこともあるし、そろそろここドイツでも春の味覚にお目にかかれるかなと思いきや。おぉ~あった、あった。春ならではの白アスパラガスが。

前回のベルギー同様、ドイツやオーストリアでもこの時季の風物詩はこれで決まり。どっしり太いもの、細くて長いものと様々あれど、この白い絹のような白アスパラガスに思わずうっとり。気づけばレストランに張り出されてるメニューにもSPARGELの文字。しかし…ベルギーでもそのお値段にビビッたけど、ここドイツではさらにびっくり。だって「茹でた白アスパラガスのクリームソースあるいはバターソースがけ」ってなメニュー1皿が19ユーロ(約3200円)から!からってことは時と場合によってはもっとするってこと?

そもそも白アスパラガス自体の収穫が少なくて高価だって理由はあるものの、さらに外食産業が盛んではないお国柄のドイツだから、こんな旬の味覚を味わうには相当の覚悟がいるわけだ。あぁ、できることならこの白い束を買い込んで帰りたい。そう真面目に考えてしまった私はやっぱり貧乏人(涙)。


← 美味しそうだけど高すぎる白アスパラにクリックしてね。

 ← 留守番隊のホームページもみてね。

この記事をはてなブックマークに追加

和食の朝食。

2008-04-30 | 留守番隊の料理
    

今日は和食の朝食です。
シャケとおろし明太子、漬物。味噌汁は油揚げとワカメです。
健康的な朝食でしょ。

    

このおろし明太子がメチャメチャ美味しいです。
何でもないものが美味しいんだよね。

ごちそうさまでした。


← やっぱり和食でしょう。と感じた朝食にクリックしてね。

 ← 留守番隊のホームページもみてね。

この記事をはてなブックマークに追加

春めくドイツ

2008-04-30 | 添乗日記
          

1週間ほど前まではまだまだ寒かったらしいドイツもここ数日で一気に春らしくなり、太陽の下ではコートも邪魔になるほど。この時を待ってましたとばかりにたくさんの樹木たちはいっせいに花を咲かせて、ドイツは今まさに春めいてる。

それにしてもドイツ人の体感温度ってどうなってるのぉ?確かにいい陽気だけどまだ半袖やましてやタンクトップは早くな~い(汗)?ま、裏を返せばそれだけ暖かくなるのを心待ちにしてたってことかな。

人の多く集まってるのは決まって太陽の当たる場所。テラス席を持つカフェはそこだけ満席だ。陽射しを浴びるピンクや黄色の花たちも嬉しそうだし。あぁ、でも考えてみると4月ももうすぐ終わるのね…

写真はマロニエの花が満開のハイデルベルク城


← 春を心待ちにしていたドイツ人にクリックしてね。

 ← 留守番隊のホームページもみてね。

この記事をはてなブックマークに追加

夕食は肉抜きでね。

2008-04-29 | 留守番隊の料理
    

今夜の肴です。
肉はベーコンをチコットだけです。メタボ対策をしてるでしょ。

    

サバの塩焼きと焼きシイタケ、失敗したダシ巻きタマゴです。
1皿で盛り付けるのが洗い物を少なくするプロの主夫の知恵なんですよ。←エラそうです。

    


ニラとニンニクの茎の炒め物です。

ここでタマゴを1個使ったのがダシ巻きタマゴの失敗の原因なんだよね。
でも一晩で2個のタマゴを摂取したらメタボ対策になってないよね。


← 結果的にはメタボ料理の夕食にクリックしてね。ダメじゃん。

 ← 留守番隊のホームページもみてね。

この記事をはてなブックマークに追加

カレーの最後は

2008-04-29 | 留守番隊の料理
    

今日の朝食です。
カレーの最後は、やっぱりカレーうどんだよね。

    

3日も寝かせたこのうまさです。
あ~ぁ。美味しかった。ごちそうさまでした。

これでカレーから開放されたよ。
明日からは普通の朝食が食べれるよ。

    

隊:添乗員さんは何やってるんだろうな~。
留:ビール飲んでたぞ。

    

隊:男2人の留守番は味気ないな~。
留:そんなことないよ。好き勝手にやろうよ。


← カレーに開放された我が家にクリックしてね。

 ← 留守番隊のホームページもみてね。

この記事をはてなブックマークに追加

夜更けのビール

2008-04-29 | 添乗日記


成田を定刻で出発したオーストリア航空、久しぶりの機内はなかなか快適だった。とはいえエコノミー席の広さはたかが知れてはいるけれど。何がといえば機内食?もちろんそれとてあくまで機内食。レストランで食事するような内容を期待する方が間違いなわけで(汗)。ただ個人的にはかなり高得点。まるで給食のようなコッペパンではなく、ほんわか温めたパンのサービスなんて今どき珍しいし。ついでにエコノミーでもスパークリングワインが飲めるなんて、ありがたいことです。ま、このへんは好みの問題でしょうが。

とにもかくにもウィーンからも定刻で出発&到着、フランクフルトでは無事荷物たちとの再会を果たし、順風のうちに始まった今回の旅。出発前には病み上がりの胃をキリキリさせてた難題の数々も何とかなりそうだし?

そんなわけで(←わけが長い)今夜も夜更けのビールと相成り。長旅の終わりに1杯のビールを飲んだって罰は当たるまい。また明日からの自分に、頑張れ頑張れとエールを送ろう。う~ん、それにしてもビールの美味しい国ってやっぱり最高。前回のベルギー同様ここドイツもビールの銘柄に合わせたビアグラスがあって…このこだわりにシビレるのよ♪


← 荷物も迷子にならなっかたし、美味しいビールを飲んでるようで、ヨカッタ。ヨカッタ。

 ← 留守番隊のホームページもみてね。

この記事をはてなブックマークに追加

夕食は居酒屋「留守番隊」

2008-04-28 | 留守番隊の料理
    

小料理屋「添乗員」の女将がドイツに行っちゃったから居酒屋「留守番隊」の出番が多くなるね。


    

さっそく肉料理です。
トリの照り焼きです。やっぱ肉を食べて元気にならないとね。

ハンバーガーの照り焼きチキンは好きじゃないけど、トリの照り焼きは好きなんです。

    

ホタルイカです。
焼酎と日本酒には最高の1品だよね。

明日はお休みだね。
4連休の人が多いんだろうね。グアムも混雑してるんだろうな~。


← 添乗員さんは忙しくなりそうだから飯、飯、犬、飯、飯ブログになりそうだよ。旅行ブログだろ。って怒らないで大きな気持ちでクリックしてね。

 ← 留守番隊のホームページもみてね。

この記事をはてなブックマークに追加

成田より一路ウィーンへ

2008-04-28 | 添乗日記
久しぶりの第一ターミナル南ウイング。確か前回カナダへ行った時利用して以来だったような。同じターミナルでもここ南へは本当にめったに来ることのない私。だから頻繁に利用してる同じ空港なのに妙に新鮮でドキドキしちゃう。

ターミナルも久々なら今回利用するオーストリア航空も前回いつ乗ったか全く覚えてないほど。ツアーで利用することはあんまりないからね。真っ赤ないで立ちのアテンダントで知られるけど、機内食も美味しかったような気が?

さて、スーツケースにはしっかりついてくるよう言いきかせてしばしの別れを告げた。ゴールデンウイークとはいってもいつもとそう変わることのない今日の成田空港。ウィーン経由フランクフルトまでの、またまた長い旅がはじまる。

追伸:実は今回いろいろありまして、ブログをかく余裕は多分あまりなかろうかと。1日1本を目標に頑張りたいと思います…


← ちょっと大変な添乗に出発した添乗員さんに応援クリックを

 ← 留守番隊のホームページもみてね。

この記事をはてなブックマークに追加