奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

後楽園でトンコツラーメン

2007-11-30 | 外での食事
    

今日は留守番隊の会社ウェブトラベルに用事があったので、久しぶりの東京に出てきました。
せっかくの東京だから美味しいと評判らしいトンコツラーメン屋で昼食を食べることにしました。所沢はラーメン屋が少ないんだよね。
博多に本店がある一蘭です。

    

メニューはラーメンだけなんだけど店内に入るとオーダー表をくれるので、麺の硬さからスープの濃さなど細かく注文ができるんです。
初めてのお店だから全部を普通にチェックをして注文しました。

    

席はカウンター席で一人づつ仕切りがされていて隣の人を気にすることなく写真をバシバシ撮れます。

    

本場の博多トンコツラーメンって感じです。唐辛子がピリ辛で美味しいです。
皆さんは替え玉の注文をしていました。替え玉の麺の硬さを変えてみると面白いかもね。

    

半熟卵も注文しました。殻付きで出てきます。

    

この半熟加減が最高です。
この店にきたら半熟卵は注文したほうがいいですよ。

美味しいラーメンでした。
さすがに東京。何でもあるね。ごちそうさまでした。
さて会社に行くか。

一蘭 東京ドームシティー・ラクーア店
東京都文京区春日1丁目1-1


← せっかく東京に出てきたのにラーメンを食べてる留守番隊にクリックしてね。もっと高価なものを食えよ。とは言わないでね。

この記事をはてなブックマークに追加

猫のパティオ

2007-11-30 | 添乗日記
前回来た時に比べると一段と山頂を白くしてるシェラネバダ山脈。考えてみれば12月も目前、3,000mを越える山並みが雪を抱くのも当然か。アンダルシアというと太陽の国スペインを象徴するかのごとくいつも温暖というイメージが強いけど、グラナダだけは別だ。雪山から吹きおろす風はかなり冷たい。冬場は氷点下になることも珍しくはないし。ちなみに今朝の気温は3度。

夏の強烈な陽射しの中で歩いたことなど全く想像つかないくらい、この時季のアルハンブラはヒンヤリ。朝一番、吐く息は真っ白。暖房もない時代に造られた広い宮殿内での生活はさぞかし寒かっただろう、なんて思いが走る。じっとしてるとつま先がじんじんしてくる。あぁ、でも手袋持って来てよかった~!

それでも太陽の当たるパティオには食事を終えたらしい主たちの姿。「この寒い時季、君たちはいったいどこで寝ているの?いくら毛皮を着ていてもこんな石造りの宮殿は寒かろうに…」


← こたつを独占している隊長に爪の垢でも飲ませたいね。
寒くてもたくましいニャンコの主にクリックしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

ラ・マンチャの風景・その2

2007-11-30 | 添乗日記
    

スペインの首都マドリッドと南部のアンダルシアとの間に位置するカスティーリャ・ラマンチャ地方。見所の多いスペインの旅ではたいてい走り抜けてしまう地方だ。

あるのはどこまでも続く赤茶けた大地。広大なオリーブやぶどう畑が広がる中に時折崩れかけた煉瓦造りの家があったり。突然小さな集落が現れたかと思うと、あっという間に車窓の彼方へ。まさに絵に描いたような田舎だ。あえて挙げるなら昔ながらの姿を残す風車が唯一のハイライト。

確かに他の地方ほどに有名なモニュメントが残るわけでもない。それでも他の地方にはない独特な雰囲気は、むしろ何もないことが魅力なのかも?と思わせてくれる。かつて文豪セルバンテスが書いた小説【ドン・キホーテ】の舞台になった田舎町を結んだ【ドン・キホーテの道】。主人公のドン・キホーテと従者サンチョ・パンサがロバに跨がって辿った道だ。

点在する小さな町や村には今でもVENTAというかつて彼らも泊まったとされる旅籠が残っていて、静かに旅人を迎えている。ロバに跨がってとはいかないまでも、遠くに見え隠れする風車を眺めながらのんびり歩く旅もいいかも知れない。

写真:セルバンテスが定宿としていたプエルト・ラピセのVENTA


← 何も無い田舎街を気ままに旅するのって本当の贅沢な旅なのかも知れないよね。昔ながらの雰囲気が残るラマンチャ地方にクリックしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

朝食は温かい蕎麦

2007-11-30 | 留守番隊の料理
    

今朝は「留守庵」で温かい蕎麦を食べることにしました。

    

肉そばです。
肉そばを注文するところが若い証拠だよね。

    

温かい蕎麦をいただきまーす。

今日は金曜日。頑張ろうね。
明日から12月なんて今年も終わりだね。早ぇ~。


← サラリーマンのお父さんのような朝食にクリックしてね。

今日は昼から仕事で都内に行きます。

この記事をはてなブックマークに追加

ラ・マンチャの風景

2007-11-29 | 添乗日記
    

乾燥した赤茶けた大地にたくましく緑を保つオリーブの木々を横目にバスはひた走る。緑多きカタルーニャからバレンシアを抜けて走りながらどんどん車窓からの風景が移り変わるのを眺めていると、やっぱりスペインって大きな国だと実感。飛行機や列車を使わずひたすらバスで廻る旅もまんざら悪いものでもないな、と。

やがて丘の上にぽつりぽつりと点在する風車の姿。これぞラ・マンチャをイメージさせるもの。数百年も前に小麦をひくために造られた風車たちが今でも数基残るカンポ・デ・クリプターナは、この地方でもとりわけ人気の町。小さな田舎町にはこの風車を見学しようと、特にシーズン中は観光バスが後を断たずにやって来る。

お年寄りばかりが目につく静かな田舎町に観光バス、何とも似合わない風景だ(汗)。ちょっとした違和感があるのも否定できないけれど、見るものの色を消してみると、文豪セルバンテスの描いた【ドン・キホーテ】の世界にすっと入っていけそうな気もする。


← ラ・マンチャの風車といえばドン・キホーテのイメージが強いよね。でも素朴な田舎町を散策するのもいいかも。ラ・マンチャの風車にクリックしてね。

今のところは順調にツアーが進んでるようだね。これからも順調にツアーが進むように応援クリックをお願いします。

この記事をはてなブックマークに追加

夕食は新商品のカップラーメン

2007-11-29 | 留守番隊の料理
    

またまた新しいカップラーメンを見つけました。
散歩の途中にある99ショップで見つけたんですよね。

    

高菜が別の袋に入っていてお湯で戻すタイプじゃないのが嬉しいよね。

    

それではいただきまーす。
本格的な高菜の味が美味しいです。これはハマリそう。


← 美味しいチャルメラの高菜とんこつラーメンにクリックしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

ゴシックの街で・その2

2007-11-29 | 添乗日記
          

巨匠と呼ばれる芸術家を数多く輩出したこの国で、一際その個性を際立たせてるひとりがパロマ・ピカソ。何やら訳のわからぬ?あの絵を生み出した個性のもち主は、しかしながら色んな形で現代に影響を与えてるといっていいまさにスペイン近代絵画の巨匠。

ゴシックの街の路地裏にひっそりと建つピカソ美術館は、有名ながら理解不能な彼の作品に興味のない人にこそぜひとも足を運んでみてほしい場所。年代をおうごとにその姿を変える彼の形跡を見たら、彼(の作品)に対する考えががらりと変わるはず。ただ単に凡人にはない発想の持ち主から、ひとりの人間としての彼の姿が見えてくるから。

幼い頃から天才的なデッサンを数々残した彼を知ることで、今まで不可解にしか見えなかった後の彼の作品がとても奥深いものになっていく。そうなった誰しもがマドリッドで必ずや向かう先はそう、彼の代表作を収めるソフィア王妃芸術センター。あの大作【ゲルニカ】を見ずしてこのスペインを離れられなくなるはず?

写真:14世紀の貴族の館を修復して開設されたピカソ美術館(バルセロナ)


← ゲルニカは絵に興味が無い人でも鳥肌がたつ大作だよね。
ゲルニカの前では1歩も歩けなくなる偉大なるピカソにクリックしてね。

この記事をはてなブックマークに追加

今日は普通の朝食

2007-11-29 | 留守番隊の料理
    

今朝は普通の日本の家庭で食べられてる朝食です。
やっぱりノーマルな朝食は美味しいよね。

ごちそうさま。

    

隊長はいつものようにハウスで寝ながら留守番隊の朝食が終るのを待ってます。


← すごく平凡な29日の朝にクリックしてね。

浦和レッズは想像以上に疲れがたまっているよね。心配です。
もう12月1日の試合しかないんだから死ぬ気で頑張ろうぜ。
出来れば12月10日のクラブワールドカップも勝ってACミランと試合をしてほしいけど、今は欲を言わないのでまずはJリーグ優勝だよ。

この記事をはてなブックマークに追加

ゴシックの街で

2007-11-28 | 添乗日記
          

バルセロナで教会というとどうしてもサグラダ・ファミリア(聖家族教会)が浮かんでしまうけれど、本来の街の中心に建つカテドラルが司教座を持つもっとも重要な教会。この界隈は13~15世紀に造られたゴシック様式の街並が残り、ゴシック地区と呼ばれるところ。

迷路のような街中には、のぞいてみたくなるアンティークなショップやお菓子やさんが多い。といって飾った雰囲気もなく、スーパーのビニール袋を下げたおじちゃんたちの姿も多くて下町情緒も満点。

歴史を感じさせる街歩きの途中ちょっとひと息つきたいくなったら、迷路の中でカフェを探そう。数百年も前の邸宅をそのまま利用したようなカフェでいただくコーヒーはまた格別なはず。古い街ならではの楽しみを求め歩くのがヨーロッパならでは、でしょ。

写真:13世紀の伯爵邸を利用したTextil Cafe(ピカソ美術館前)


← 昔ながらのスペインらしい雰囲気が楽しめるゴシック地区にクリックしてね。

荷物も人も無事スペインに上陸できたみたいで、よかった。よかった。

この記事をはてなブックマークに追加

夕食は春雨ダイエット。

2007-11-28 | 留守番隊の料理
    

今夜は見た目に地味だけどいいんです。

    

野菜たっぷりと春雨の炒め物です。
今回のテーマは野菜をいっぱい食べてダイエットなんです。
健康的なテーマでしょ。

野菜でお腹がいっぱいになるのはいいことだよね。
ごちそうさま。


← 今回のダイエットに応援クリックをお願いします。

今夜は浦和レッズの応援です。このさい天皇杯、Jリーグ優勝、アジアチャンピオンの3冠を狙いましょう。心配なのは選手の疲れがたまっているところだよね。
皆さんも浦和レッズコールをお願いしますね。

この記事をはてなブックマークに追加