奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

メープルの国

2007-07-31 | 添乗日記
    

カナダといって思い浮かぶのはやっぱりメ-プル?広大な国カナダにはたくさんの種類のメープル、つまり楓が生息していて、あちこちで見られる国旗をはじめ、今では土産物の多くに国のトレードマーク的に使用されてる。

メープルといえばカナダ土産の代表に挙がるメープルシロップがあるけど、もちろん全ての楓から収穫できるものでもなくて、【シュガー・メープル】という種類のものに限られる。ちなみにこの種類はここバンクーバーのあるカナダ西部にはほとんど見られない。多くはカナダ東部のオンタリオからケベックにかけての地域。有名な【メープル街道】はそんなシュガー・メープルの紅葉が楽しめるルートだ。

いづれにしてもこの国で愛されてる楓のマーク。実にいろんなところでお目にかかる。例えばほ~ら、こんなところにも!カナダのマックのロゴの中、わかりますぅ?初カナダの際にこれを見た時は感動ものだったなぁ。うふふ…


←いつも応援してくれてありがとぉ
カナダマーク付きのマックにクリックしてね。
ここの朝マックのホットケーキのシロップが美味しそうだな。


この記事をはてなブックマークに追加

夕食はイタリアン

2007-07-31 | 留守番隊の料理
     

今夜はイタリアンです。
旅行中は肉料理をいっぱい食べたけどソーセージとハム以外はウェルカムです。

     

タリアーレです。
牛肉を超レアーで焼き、塩と胡椒、オリーブオイルをかけて食べます。
ルッコラが本当は必要なんだけど今日は売り切れで売っていないのでベビーリーフで代用します。
パルメザンチーズのスライスは絶対に無くてはならないです。

ボーノ。ボーノです。

     

もう1品は鶏肉と小松菜のクリームチーズパスタです。
ニンニクをオリーブオイルで炒めて色が変ったら鶏肉を炒めて小松菜、茹でトマトのみじん切りを炒めます。茹でたパスタを加えて塩、胡椒で味を整えたら生クリームを入れて炒めれば出来上がりです。

超簡単だけどボーノ。ボーノな夕食です。

ごちそうさまでした。←懐かしいな~。


←簡単ボーノなイタリアンの夕食にクリックしてね。
明日から8月です。本気モードになってる留守番隊を応援してね。

この記事をはてなブックマークに追加

旅行後記 おまけ編

2007-07-31 | プライベート旅行
     

今回が本当に最後の旅行後記ホテル編です。

写真は最終日にブダペストでやっと会えたフレンチです。
隊長とまるで逆のカラーコーディネイトでしょ。

     

歩き去って行く姿も隊長にクリソツです。←今時クリソツなんて言う奴いないよね。

     

それでは今回の旅行で留守番隊がお世話になったホテルです。
貧乏旅行だから質より値段で選んであります。
でも市街地に出たり移動には便利で安全な地区で選んであるんですよ。
一人旅だし充分だね。

プラハのホテルです。
外観からして安いよ。これって感じでしょ。

     

室内はシンプルそのものでテレビ、電話はあるけど冷蔵庫、エアコン無し。
浴室はバスタブ付きです。
でも湯沸しポット、コーヒー、紅茶などのティーバック付き
朝食付きで1泊7,000円位です。

Apollo(3星クラス)
Kubisova 23 Prague 8 Czech Republic

     

ザルツブルクのホテルです。
今回の旅行では一番値段が高いホテルでした。ザルツブルクはホテル代が高いね。

このホテルの特徴はフロントのお姉さんが美人のグラマーで妙に色っぽくて会話の相槌が「ウッフ~ン」てな色っぽい声と目で応えてくれるんです。
ザルツブルグで男一人旅にはおすすめのホテルです。

     

部屋は値段が高いのに冷蔵庫、エアコン無しで窓を開けて寝ないと眠れません。
浴室はシャワーのみ、テレビと電話は付いています。
でも鉄道駅と旧市街に近いベストロケーションです。
朝食付き1泊13,000円位

Markus Sittikus(3星クラス)
Markus Sittikus Str20 5020 Salzburg Austria



ウィーンのホテルです。
リンクの外だけど市街中心のオペラ座まで徒歩10分と立地は最高です。
ホテル横が公園なので静かで落着く場所にあります。

     

シンプルを通り越して刑務所の独房のような部屋です。
窓に鉄格子がないからホテルに泊まってると思えます。
テレビ、電話はあるけど冷蔵庫、エアコン無しで室内は暑いです。
もちろんシャワーのみです。
朝食付き1泊9,000円位です。

Atlas(3星クラス)
Lerchenfelderstrasse 1-3 A-1070 Vienna Austria



ブダペストのホテルです。
旧市街の中心で地下鉄駅まで徒歩5分で何処に行くにも便利な立地です。
静かな通りに面していて近くに夜中の12時までやってる雑貨屋があるから便利です。

     

お洒落な室内でしょ。
テレビ、電話、エアコン、冷蔵庫完備で浴室は日本の家庭にあるような深いバスタブ付きで文句ありません。
今回のホテルの中では値段と立地、設備で一番快適なホテルでした。
朝食付き1泊8,000円位です。

Kings(3星クラス)
Nagydiofa U 25-27 1072 Budapest Hungary


今回は利用したホテルをご紹介したけど、3星クラスで立地がいいと値段の割には設備が質素になるのがヨーロッパのホテルなんだよね。
もちろん4星クラス、5星クラスのホテルもたくさんあるけどアメリカのホテルなみの豪華さや設備の充実度を期待するとガッカリするのがヨーロッパです。
それでも5星クラスだとさすがに豪華だけどね。

旅行のスタイルっていろいろあるよね。
ホテルの豪華さだけは譲れないとか食事だけは高くても美味しい物が食べたいとか、何もいらないから観光名所をくまなく見て歩きたいとかね。
旅行のスタイルは人それぞれだから自分のスタイルと旅行の目的をしっかり持つことが旅を充実させるポイントだと思うな。
できたらテーマを決めてから旅行に行こうね。

本当にこれで旅行後記を終らせますね。
少しでも旅行に行きたいな。って思ってくれたら幸せです。
これからは本業の主夫業に専念するから応援をよろしくね。


←添乗員さんのマイルのおかげで充実した旅行をしてこれました。皆さんも友達、夫婦、一人旅と旅に出かけてください。バックアップは留守番隊がするからね。

この記事をはてなブックマークに追加

カモメの似合う街

2007-07-31 | 添乗日記
    

ここバンクーバーの魅力はやはりウォーター・フロントにあり?海と山とに囲まれたカナダでは3番目に大きな街もどこかリゾートを思わせるほど。海(入江と言った方が正しいかも)に面した地域の再開発もさらに進んで、たくさんの観光客を呼ぶ新名所が増えてるらしい。それでもなかなか時間のない人は、とりあえず街一番の大御所ウォーター・フロント?へ。ダウンタウンの北、バンクーバー港に面したカナダプレイスなら歩いてもすぐ。白いマストが印象的なこの場所はまさにバンクーバーを代表する顔。周りには高層ビルも立つ地ながら、青い空と白い建物、そしてその合間をぬうたくさんの緑、さらにこのシーズンはかわいらしく活けられた花々が見事なコントラストで、思わずほぉ~っとため息が出るほど。

ところで、年間通してたくさんの客船が入港するこの港。先月あたりは日本の飛鳥も入港してたらしいけど、ちょうど今かなり大きな客船が寄港中。はためいてるのはオーストラリアの国旗だ。それはそれは長旅でお疲れだろう。どうやらこれからさらにアラスカ方面を廻るらしく、ただいま整備中?見るとたくさんの食材たちも積み込まれるのを待ってる。聞けばここバンクーバーから出港するアラスカンクルーズは1週間の日程で日本円にして25万円ほど(客室による)らしいよ。

いつの日かそんな3食昼寝付きの旅もしてみたいものだと思ったとたん、頭の上を大きなカモメが鳴きながらかすめて飛んでいった。「待ってるよ」って言ってくれたのかな?ありがとね。あぁ、それにしてもビルの谷間を飛ぶ真っ白なカモメたち。街の雑踏と彼らの鳴き声が違和感なく聞こえる、こんな街って他にあるかなぁ…


←いつも応援してくれてありがとぉ
豪華客船は日本でも近年注目されてきたよね。地中海をイタリア国籍の船で北欧まで行く船があるんですよ。イタリアの船だから食事も期待できるよね。こんな船で旅ができるようになりたいね。

この記事をはてなブックマークに追加

朝食は和食でね。

2007-07-31 | 留守番隊の料理
     

やっぱり朝は白いご飯に味噌汁だよね。
パンとハムはしばらくいらないね。

     

アジヒラ、タマクリ、明太子、アサリの味噌汁。完璧だね。
これで元気モリモリ。完全回復をしましたよ。だから仕事をおくれ~。


←今日で7月も終わりなんて早いよね。明日からのほうがキリがいいから明日から仕事を始めよう。今日はダラダラします。

この記事をはてなブックマークに追加

夕食は鰻じゃないんだ。

2007-07-31 | 留守番隊の料理
     

昨日のスーパーは店外に鰻特設ステージを設けて蒲焼を焼いて猛アピールをしていました。鰻の家が多かったんだろうね。

どうしても気分が鰻ではなかったので、我家は丑の日は関係ないもんねメニューになりました。

     

豚の味噌焼きです。
鰻と同じでビタミン補給です。

     

もう1品は厚揚げです。
何度撮ってもボケボケです。厚揚げを撮るのが苦手なカメラのようです。


←夏バテ防止にビタミン補給だけはした留守番隊にクリックしてね。
朝は食欲がなかったけど夕方から回復しました。原因は時差ボケで夜9時に寝ても24時には起きてしまうんです。今日は時差ボケ完全回復のために強制的に日本時間で生活します。

この記事をはてなブックマークに追加

バンクーバーの街角で

2007-07-30 | 添乗日記

私は正直、視力はあまりいい方ではない。定かではないけど多分両眼とも0.4程度?これでよく眼鏡もコンタクトもなしに過ごしてるなとたまに思ったりするくらいだ…

にもかかわらず、人間どうしてこうも自分の好きなものと嫌いものには敏感なんだろう(笑)。遠くその後ろ姿を見ただけで「ムム…!」ってな感じで。

思わず足を早めて追いついたらやっぱり~!あどけない顔のブルドックだ。「僕?ラスティ。」耳が立ってればたちまちフレンチだけど、やっぱりここはカナダ。英国に軍配をあげておく方が無難か(地方にもよるけど、随所に英国による植民地時代の名残を残す)?


←ブル系のワンコを見つけるが天才的な添乗員さんにクリックしてね。何処の国のブル系も座り方が同じなんだね。

この記事をはてなブックマークに追加

旅行後記 ブダペスト後編

2007-07-30 | プライベート旅行
     

お昼も食べたので、念願の温泉に行きます。
ブダペストはたくさんの温泉があるけど男性専用風呂だと留守番隊のお尻が危ないようなので、安全な温泉を選んでみました。

セチェーニ温泉(Szechenyi)
地下鉄M1Szechenyi駅前
入浴料2時間2,000フォリント(約1,000円)
水着とタオルは持参ですよ。

     

宮殿のような受付でお金を払います。

     

これは温泉と言うより市民プールだよね。
真ん中が流れる温泉です。

     

この温泉は浴槽(?)でチェスができるので有名なんです。
ぬるめのお湯だからのぼせることもないよね。

留守番隊はドイツ語を話すおじさんと温泉内で世間話をして楽しみました。っておじさんはドイツ語、留守番隊は英語と日本語で話しているから意味不明。だけど楽しい。

     

やっぱりブダペストに来たら夜景を見ないとね。
21時近くなってやっと日が沈み始めました。くさり橋にも灯がともり昼間とは全然違う顔を見せてくれます。

     

夜景を見るには船に乗るのがおすすめです。
シャンパンと他1ドリンク付で4,700フォリント(約2,400円)です。

他にもディナー付きや何も付かない船があるから選ぶことができますよ。

     

くさり橋の下をくぐります。
これは船からしか見れないよね。メチャ綺麗で感動しますよ。

     

くさり橋と王宮です。綺麗でしょ。
満足、満足のブダペストでした。

     

楽しい旅行が終るのは早いよね。さて帰りますか。

ブダペスト空港への行き方を案内しますね。
地下鉄M3の終点駅Kobanya-Kispestまで行きます。駅前から200番のバスが出ているので、これに乗ればブダペスト空港に到着です。

     

ブダペスト空港は2Aと2Bの2つのターミナルがあるけど2Aはハンガリー航空専用ターミナルだから利用するのは2Bターミナルになります。

     

空港内はとてもきれいに整備され快適に航空機まで行くことができます。

     

乗り継ぎ地のミラノでピザを食べて帰りましょう。

     

アリちゃん日本まで大人1人たのみますよ。

長い間、お付き合いしてくれてありがとうございます。
何とか無事にヨーロッパ情報収集の旅ストレスも発散しようね。が終了できました。
東欧と中欧の新鮮な情報を持ってる留守番隊に旅行はたのもうね。


←明日は旅行後記のおまけをお送りします。これが本当に最後だから、まだあんのかよ。なんて言わない。

帰国してから次回は大好きなスペインに行きたいんだけどと添乗員さんに言ったら殴られそうになりました。
ギリシャのサントリーニ島でもいいんだけどな~。

この記事をはてなブックマークに追加

旅行後記 ブダペスト前編

2007-07-30 | プライベート旅行
     

いよいよ最後の目的地ブダペストに向います。
列車は6人クシェットタイプだけど留守番隊の貸切状態です。

     

オーストリアとハンガリーの国境駅近くになると出入国審査があります。
まずオーストリアの職員がきてパスポートチェック。次にハンガリーの職員がきてパスポートに入国スタンプを押してくれます。

入国スタンプを押すからハンガリーで悪さをしたらいかんけんね。

     

無事にブダペスト東駅に到着です。
ウイーンからハンガリーに入ると雰囲気が素朴となって落着きます。
ブダペストに到着したらまずは両替をしてくださいね。

     

国際列車が発着するブダペスト東駅です。立派な駅だよね。
でもこの近辺は夜になると雰囲気が悪くなるから遅くに到着する列車は避けたいです。

     

地下鉄です。年季がはいった列車でしょ。
ハンガリーの地下鉄M2号線はロンドンに継いで世界で2番目に古い地下鉄なんですよ。歴史を感じるよね。

     

ブダペストの地下鉄チケットは1日券、3日券、7日券、1回券、回数券とあります。旅行の日程で上手に利用してくださいね。
切符は地下鉄、トラム、バスが共通で駅の窓口で買うことができます。
今回は回数券を利用しました。1日券が1,350フォリント(約680円)です。

     

ここもオレンジの箱で切符に刻印をしてから利用します。
今回は何処の駅にも地下鉄職員が検札をしていました。

     

車内もシンプルです。

     

ホテルに荷物を置いたら観光に出かけます。
まずは絶景ポイントが楽しめるブダ側の王宮に行きましょう。
地下鉄M2のMoszkva Ter駅から城バス(10番)が出ているからバスで高台の王宮に行きます。

手前がくさり橋で奥に国会議事堂が一望できます。

     

王宮内のヒルトンホテル近くにメチャ長~い。ハーマーが停まっていました。
日本じゃ走れる道路がないね。

     

王宮からの帰りはケーブルカーを利用します。木製のケーブルカーです。
片道700フォリント(約350円)

     

次は自由橋近くにある中央市場に行ってみました。
市場散策が大好きです。

     

こんな風景を見ているだけで楽しくなってくるから不思議です。

     

ソーセージのお店です。肉好きの姪っ子の美花を連れてきたくなります。

     

唐辛子もきれいに吊るされています。
部屋に飾るだけでもお洒落だね。
地下1階には魚屋さんがあります。内陸部のブダペストだから鯉やマスが売られていました。住むなら海の近くがいいね。

     

お昼は市場でロールキャベツとチキンライスを食べました。
でも下に酢漬けのキャベツがぎっしりとあるので、酢の味しかしません。
何で別々に盛らないのかな?

それでは後編に続く


←すっぱい昼食にクリックしてね。ビールはこの国も美味しいです。

この記事をはてなブックマークに追加

日曜日のスタンレー・パーク

2007-07-30 | 添乗日記
    

到着したバンクーバーはどんより曇り空。それでもダウンタウンに入る頃には雲の切れ間から青空も。時折のぞく太陽は確かに夏を思わせる強い陽射しを放ってはいるけど、あのどうしようもなくねっとり蒸し暑い日本から来た者にはなんとも心地よい。それはせめてもの救いだ。

ところで2010年に冬季オリンピック開催が決まってるここバンクーバー。前回来た時にも増して高層ビルが増えた?そして現在も街中にはたくさんのクレーンが立ち、建設ラッシュを思わせる。今カナダの中では一番活気を感じられる街かも知れないね。

にもかかわらず大都会特有のざわつく感じを受けないのは、入り組んだ入江に面したハーバーや緑豊かな公園のせい?洒落たショップが並ぶ通りにしてもどこかヨーロピアンだったりして。この街が【世界で一番住みたい街】にランクインされるのも、な~んとなくわかる気がする。

写真はバラード入江に面したスタンレー・パーク


←いつも応援してくれてありがとぉ
世界で一番住みたい街バンクーバーにクリックしてね。
自然と街が調和されているのは素敵だよね。引っ越すかな。

この記事をはてなブックマークに追加