OK元学芸員のこだわりデータファイル

最近の旅行記録とともに、以前訪れた場所の写真などを紹介し、見つけた面白いもの・鉄道・化石などについて記します。

古脊椎動物学の活用

2017年02月19日 | 化石
古脊椎動物学の活用

 ちょっと古い話。県内の某警察署から自宅に電話がかかってきた。「骨の鑑定をお願いできるか?」とのこと。メールで写真を送ってもらったが、今一つ分らないので、出向くことにした。「お迎えに行きましょうか?」とのことだったが、パトカーで自宅に来られても世間の眼が、と断って向かった。
 骨は、ある方が最近購入した中古車のトランクルームに落ちていたという。事件になっても困るので、警察に連絡してきたとのこと。警察では、当初お医者さんに、次いでペットショップに依頼したがいずれも分らないとのことだったそうだ。それはそうだろう。骨になった動物(や人間)を扱うことはなさそうだ。そこで、博物館に聞いて私のところに聞いてこられた。
 駅まで迎えに来てもらって(パトカーではありませんでした)庁舎に行くと、骨が用意してあって、大勢が寄ってきている。6センチほどの四肢骨の断片で、結合組織が干からびて付いている。一見して偶蹄類、とくにシカの大腿骨の近位端(骨盤との関節の付近)と考えて、そのように伝えた。さらに、「骨を割っていて、焼き痕が無いから、狩猟をする人が解体して運搬したのではないか。」と推理しておいた。解体するなら、大腿の付け根は切る所であろう。


骨 外側(上)と内側(下) 2012年6月

 翌日警察署から電話があって、「中古車のもとの持主が分りました。猟友会の会員だそうです。」とのこと。推理は完全に当っていた。部分的な骨の鑑定ができる古脊椎動物学の勝利?であろう。いずれにしてもヒトの骨でなくて良かった。新旧の車の持主も中古車屋さんも、そして警察もほっとしたことだろう。古脊椎動物学も直接に社会の役に立つことがあるのだ。
 後にその警察署から、数回骨の鑑定依頼が来た。牛の歯だったり犬の埋葬骨だったり…。さいわい警察からの依頼では人骨に当ったことはない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1993年のニュージーランド研究旅行 その35 南半球の植物

2017年02月16日 | 昔の旅行
1993年のニュージーランド研究旅行 その35 南半球の植物
Research trip to NZ, 1993: No. 35 Plants of Southern Hemisphere

 この植物園でぜひ見ておきたいものがあった。まずアラウカリア(南洋杉)。大きな木が入口の正面からちょっと進んだ所にある。

35-1 アラウカリア 1993.2.11

35-2 アラウカリアのラベル 1993.2.11
Araucaria

 アラウカリアは南米の針葉樹で、化石が日本で報告されているので、その展示をする場合に備えて撮影しておきたかった。杉の葉を拡大したような、枝の周りにトゲのある小葉がびっしり囲んだもので、猿がつかめないだろうかと心配してか、モンキー・パズルという俗名が付いている。
 他に見たかったのがノトファグス。

35-3 ノトファグス 1993.2.11
Notophagus

 これも南半球特有の植物。ユーカリも見ておきたい。

35-4 ユーカリの巨木の前で 1993.2.11
Eucalyptus

 植物園の中でおもしろいものを見つけた。それは日時計。

35-5 日時計 1993.2.11
Counterclockwise sundial

 この時計の数字を見ていただきたい。右端がXIIつまり12時であるが、その上が1時、逆に下が11時である。南半球では日時計は時計回りではない!いちおう解説しておくと、南半球でももちろん太陽は東から出て西に行くのだが、北の空を回る。だから太陽は右から左に動く、というわけ。
 植物園の裏口(西口)の近くに、小さな建物があって、ガイドブックや自然に関係するグッズを売っている。

35-6 植物園のショップ 1993.2.11
Shop in the botanical garden

 だいぶん時間をかけてしまった。次は博物館の見学。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つらら

2017年02月13日 | 今日このごろ
つらら

 強い寒波が来て、北九州でも積雪があった。写真は一昨日の午後で、この上は道路になっている。そこの雪が溶けて滴り落ちたのが、切り通しを抜ける寒風で凍って、つららとなっていた。

つらら 小倉南区嵐山口付近 2017.2.11

 左の高架はモノレールで、すぐ先右が徳力嵐山口の駅。つららは長さが50センチ以上あって、小倉付近では滅多に見られないもの。早く暖かくなって欲しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

父の遺した写真 34 引き込み線

2017年02月10日 | 鉄道
父の遺した写真 34 引き込み線

 最近見なくなったものに、「引き込み線」がある。鉄道輸送が、トラック輸送よりも優先されていた時代には、大きな工場は引き込み線で鉄道との相互輸送経路を保っていた。

34-1 富士紡績引き込み線 鷲津駅 1959.3.2

 富士紡績鷲津工場は、湖西市(写真の当時は鷲津町・1955年合併して湖西町・1972年湖西市)にある東海道本線鷲津駅の東(山側)にあったが、2000年に閉鎖された。現在引き込み線は撤去されているが、Google Earthで、はっきりとした痕跡がある。鷲津駅の東にある道路の跨線橋のあたりから、上り線から左に分岐していた。正面の白い扉が開くと工場内へ線路が続いていた。

34-2 近江絹糸引き込み線 近鉄江戸橋駅 1957.2.12

 「江戸橋」と記録されているから、近江絹糸の津工場(既に無い)である。左端に写っている線は、電化されていないから紀勢本線だろう。そこから分かれた引き込み線が工場に向かっている。撮影位置が地平でなく高いのは、近鉄名古屋線が紀勢本線と立体交差で高くなっている所から撮ったからだろう。ちょうど江戸橋駅と津駅の中間である。

34-3 豊川鉄橋から 1956.7.31

 東海道本線と飯田線が並行して豊川鉄橋を渡るが、その豊橋側、山側を見たところだろう。現在日本通運が使用していて、線路もありそう。手前の貯木場の池は埋められたようだ。
 写真の転載はご遠慮いただきたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1993年のニュージーランド研究旅行 その34 植物園

2017年02月07日 | 昔の旅行
1993年のニュージーランド研究旅行 その34 植物園
Research trip to NZ, 1993: No. 34 Botanical Garden


 クライストチャーチ植物園(Christchurch Botanic Garden)はおそらく南半球最大の植物園である。今日は天候の悪いこともあり、ほとんど入場者はいない。入場料は無料。これまでに見た植物園とちがったのは広さ。樹木は芝生の中に独立して植えられているから、その種類の自然の樹形を作り出している。


34-1・34-2 植物園の樹木 1993.2.11
Trees in the garden

 大きな温室があって、サボテンや花が美しい。

34-3 温室のサボテン 1993.2.11
Cactus in glass house

34-4 温室のバラ 1993.2.11
Rose in the house

 温室の入口正面にもバラ園があり、西欧風の左右対称なレイアウトに多くの種類のバラが咲いている。

34-5 温室正面のバラ園 1993.2.11
Rose garden

コメント
この記事をはてなブックマークに追加