okashihimeのおやつな生活

   こんなお菓子やあんなお菓子・・・そして、ときどきごはん。

東京製菓学校 節分スイーツ

2016-02-07 19:16:36 | 和のおやつ

 1月末~先週、銀座三越でみつけたかわいい節分スイーツ

 東京製菓学校のみなさんの創作和菓子です!

 「青鬼」と「赤鬼」、そして「鬼のでべそ」 (各¥350+税)。

 「青鬼」は、みどりの大福 中はなんとオレンジ風味の白あん!角と牙はピスタチオです。オレンジあん、はじめどうかな、と思ったけど・・・さわやかでおいしかった♪ そういえば、レモンあんもいけますものね。

 「赤鬼」は練りきり製。かわいいお顔です 中はいちごあん。おとなりで実演もしてて、1つ1つ丁寧に仕上げていく様子を間近で見学。少しずつ、きんとんを頭につけているところとか・・・さすが、職人(の卵) ワタシなら、エエイ!とかなり雑にやっちゃいそうです

 「鬼のでべそ」はいちご味と黄味×こしあんの浮島。・・・でべその大納言がかわいすぎる! パンツとの際の部分は羊羹でラインをつけていて・・・細かいところまでこだわりが。

 節分サブレ! ぜんぶお味が違いますよ

 おたふくは黄粉、鬼はほうじ茶のボーロ、鬼のパンツはごまの縞々サブレ、ひいらぎは抹茶のボーロ。

 各2枚(ひいらぎは4枚)入りで、こちらも¥350+税。

 学生さんらしく、アイデアがユニークでどれもかわいい!お味もいいです

 いつかどこかで、また、彼・彼女たちのお菓子をいただくのを楽しみにしてます

 

 

『スイーツ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小布施堂 栗あん節分まんじゅう | トップ | でん六 アーモンドチョコ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
創作和菓子 (みい)
2016-02-08 03:32:37
若い方たちの発想が新鮮な感じですよね~

老舗の和菓子屋さんでは頂けない
おもしろいお菓子に出会えますね
職人のたまごたち (okashihime)
2016-02-09 00:49:57

和菓子職人は、今、女性の方も多いですよね。

今回も3対1で女性だったような。

こういうデザインや細かい作業は、女性向きなのかも。

ネイルアートにも通じるものがありそう
節分スイーツ (すーさん)
2016-02-15 04:45:25
かわいい鬼ですね。食べるのがもったいないくらいです。
鬼ちゃん (okashihime)
2016-02-16 00:28:39

ほんと、かわいかったです♪

たまに、こわい鬼ちゃんもいますからね

またこういうイベント、やってほしいです!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。