私の直方の風景

私の住んでいる直方の好きな風景を紹介します。

◎須崎町公園の周囲が変化しています。

2017年06月18日 22時08分35秒 | 郷土の歴史
須崎町公園の周囲が変化しています

すでに、このブログでも紹介・報告しましたが、直方駅前のサンリブが、知古に新築移転し、
旧店舗はすっかり取り壊されて更地になりました。
そして、須崎町商店街入口で、古くからあった1Fに商店が入る雑居ビル(日の出ビル)も
最近、取り壊されました。

更に、日野正平も訪れて、TVにも登場した「光陽うどん」があったビルも解体されました。
そんな、須崎町公園周辺の最近の情報です。

1.まず、須崎町公園の周囲にある、解体前のサンリブと雑居ビル(日の出ビル)です。


2.須崎町公園と解体前のサンリブです。私にとっても、すごく便利なスーパーでした。


3.解体されて更地になったサンリブ跡地です。左手の建物は、「社会保険直方病院」です。


ご参考に、こちらもどうぞ
直方駅前の風景;スーパー「サンリブ直方店」移転、そして現在  2017年01月11日

4.続いて、何となくレトロなイメージの古くからある雑居ビル(日の出ビル)です。
左端は須崎町商店街入口で、正面は雑居ビル(日の出ビル)で、1階は各種店舗が入ります。


5.雑居ビル(日の出ビル)のアップです。1Fは店舗で、上位階は住居になっていました。


6.重機が入って、解体工事が始まりました。


7.解体後の姿です。右手は、雑居ビル(日の出ビル)の背後の福岡銀行の壁です。


8.日野正平が訪れてTVにも登場した「光陽うどん」です。もちろん私も食事しました。


ご参考に、こちらもどうぞ
【直方の桜模様】~番外編;「光陽うどん」と「火野正平さん~こころ旅」  2013年04月03日

9.「光陽うどん」があったビルも解体され、更地となり、杭が立てられています。


10.この界隈で、今もレトロに残っているのは、直方駅前の「西鉄直方バスセンター」です。
西鉄直方バスセンターでは、長距離路線はまだ健在で、発着に利用されております。
一方、市内便を中心とする短距離路線は、直方駅構内のロータリーが利用されています。


・・・・・という訳で、今まで、慣れ親しんだ直方の建築物も解体などで、徐々に変化してきています。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

◎「ユメニティのおがた」の魁皇像

2017年06月17日 23時09分30秒 | ふるさとの人
「ユメニティのおがた」の魁皇像

JR直方駅前には、2014年10月に魁皇像が設置されており、通勤時には、いつも見ておりますが、
直方市役所1階ロビーにあったその原型像が、コミュニティ センター「ユメニティのおがた」と
直方市立図書館との通路に、最近移設されました。
元大関魁皇(現浅香山親方)は、直方市出身で、”のおがた”を全国版に広めてくれた地元の
英雄であり、直方市への貢献者です。まさしく、「直方自慢」の一つです。
そして、JR直方駅~博多駅間の特急”かいおう号”も走っています。

1.原型像の大きさは、駅前の銅像と同じサイズで、高さ238㎝のFRP製です。






2.「ユメニティのおがた」(左手が図書館、右手がコミュニティ センター)と
特急かいおう号2タイプのそろい踏みです。


3.かいおう号と魁皇です。


4.2014年10月から、JR直方駅前に設置されている、魁皇のブロンズ像です。




魁皇のこと、いろいろ・・・・こちらもどうぞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◎平成ちくほう鉄道「直方~伊田」間の麦畑の風景◎

2017年06月03日 22時16分23秒 | 日記
平成ちくほう鉄道 「直方~伊田」間の麦畑の風景

この時期、いつも通っている平成ちくほう鉄道の「直方駅~伊田駅」間の
刈り取り前の麦畑の風景がきれいです。
その一部は刈り入れが進み、水田に切り替わりつつあります。
走行中の列車からの風景を撮って見ました。

(1)まず、「中泉駅~市場駅~ふれあい生力駅」間の、きれいな直線区間の沿線に広がる
麦畑の風景です。福智山系を東側に見ます。


なお、この「中泉駅~市場駅~ふれあい生力駅」間の直線区間は、菜の花の時期もきれいです。




行橋行きの「ちくまる(グリーン)号」とすれ違います。


直方行きの「なのはな号」とすれ違います。


(2)次に、「糒駅」辺りからの、麦畑と背景の香春岳です。


麦畑の向こうに香春岳がややかすんで見えます。









こちらもどうぞ;
◎5月も今日まで~「麦畑やロール巻牧草」のある風景◎  2016年05月31日



ご参考;以前通っていた「直方駅~折尾駅」間でも、鞍手駅周辺も広々とした、
麦畑の風景がお気に入りでした。

◎JR植木駅~鞍手駅沿線の5月;麦畑のある風景◎  2015年05月18日

◎通勤(直方~折尾)車窓の風景;◎植木~鞍手駅付近の麦畑  2014年05月20日
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

◎鞍手高校の鞍陵祭2017のこと(2017. 8. 5開催予定)◎

2017年06月01日 23時29分26秒 | 日記
鞍手高校の鞍陵祭2017のこと(2017. 8. 5開催予定)

私の地元の母校でもある鞍手高校は、大正7年(1918年)の福岡県立鞍手中設立から始まり、
本年、鞍手中・高校創立の百周年を迎えます。

例年行われる同窓会の鞍陵祭は、8月の第一土曜日に、母校のグランドで、開催されます。
今年は、8月5日(土)ですが、例年約1,000名の卒業生が会し、卒業当番幹事による企画立案、
イベント開催の準備、資金集め、当日の開催準備など、多くの時間・労力の事前準備を経て
「鞍陵祭」が盛大に開催されます。
本年度の当番幹事は、高校41回と66回さんです。~感謝(^_^)/~ !!~

そして、同窓生、同級生が青春時代にタイムスリップ出来る一大イベントとなっております。

母校のグランドで「鞍陵祭」のお開き後、直方の夜の街に繰り出しますが、直方の飲み屋街が
一気に盛り上がる風景になります。私も当番幹事の年齢を経験しましたが、例年同窓会に
出席していて、”青春時代”を楽しんでいます。そんな風景の一部をアップしました。

まずは、大きな節目の「創立百周年」が盛り込まれた今年の「鞍陵祭」のポスターです。




そして、昨年の「鞍陵祭」などの風景です。鞍高坂を正門に向います。


現在の三代目の校門です。




現在の校舎、本館です。




「鞍陵祭」の受付テントです。


「鞍陵祭」会場のグランドの模様です。背景は、福智山です。


今度は、西側です。夕陽が沈みます。


現在の体育館側です。


昨年2016年のイベントの模様の一部です。筑豊地区のマスコットキャラクターの集合です。


そして・・・「リオのカーニバルと夜空に打ち上がる花火で、どこよりも暑い夏になります!!」


***********************************
ご参照;「鞍陵会」;旧制鞍手中と県立鞍手高の同窓会
http://www.anryo.jp/index.html

***********************************

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

★遠賀川の鯉のぼり~5月5日の子供の日✿

2017年05月06日 01時45分23秒 | デジカメ散歩
★遠賀川の鯉のぼり~5月5日の子供の日✿

毎年見ている中間市の遠賀川河川敷の鯉のぼり、今年も見ることが出来ました。
ゴールデンウイークを飾り、風かおる5月の子供の日に、悠々と泳ぐ鯉のぼりと
かっての日本の近代化を支えた石炭列車が走った遠賀川鉄橋を撮り込むと、
気持ちも活き活きとして、何だか自己満足に浸れます (^_^)/~

ズラリと並ぶ鯉のぼりは、およそ150匹、遠賀川に沿って、300mにわたり、
風に乗って泳ぐ様子は、本当に壮観です。
子供づれや、老若男女が散策したり、ボール遊びや運動したり、カメラを
傾けたりして、思い思いに楽しんでいます。今年は、4月8日~5月7日の間、
楽しむ事が出来る、との事です。






遠賀川鉄橋を、蓄電池を積んで非電化区間も走れる新型電車「DENCHA(デンチャ)」が
直方~若松間を走ります。


福智山系を背景に撮りました。真ん中が福智山、その右が鷹取山、右端は中間市役所です。








背景の左手ピークは福智山、その右手に黒田の家臣母里太兵衛が城主を務めた鷹取山、
そして、右手にはるかにかすんで見えるのが、英彦山の山並みです。


我が家でも、このシーズンには、親しい友人の手作り折り紙の逸品を飾り、
玄関に彩りを添えてくれています。本当に器用で素晴らしい。Yさん! 感謝です! (^_^)/~




こちらもどうぞ

★今年も遠賀川の鯉のぼり見ました★  2016年05月08日

●遠賀川の鯉のぼりの風景~その2●  2015年05月11日

●遠賀川の鯉のぼりの風景  2015年05月03日

◎中間市の遠賀川河川敷の鯉のぼりの風景◎  2014年05月08日
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

★定禅寺の藤棚を見に行って来ました✿

2017年05月05日 15時48分21秒 | デジカメ散歩
★定禅寺の藤棚を見に行って来ました✿

田川郡福智町弁城にある定禅寺の藤棚を見に行って来ました
定禅寺のフジ「迎接(こうじょう)の藤(県指定天然記念物)」は、樹齢520年以上といわれ、
四方に伸びた枝は約八百平方メートルの寺の前庭いっぱいに紫いろに染め、甘い香りを漂わせてくれます。
花が盛りの4月29日を選んで「藤まつり」が開かれます。
私は、5月3日に出掛けましたが、幸い満開状態でした(^_^)/~

福智町の町花「フジ」は、その美しさ、ツルがよく伸びる、樹齢の長さ、住民のなじみの深さから
同町の町花の由来にもなっています。そして、定禅寺が「藤寺」と呼ばれるほど、広く有名です。
定禅寺から、1kmほど、山側に上ると、「ほうじょう温泉”ふじ湯の里”」もあります。

さて、定禅寺の藤棚の遠景です。




藤棚の下に入ります。「迎接(こうじょう)の藤(県指定天然記念物)」です。










ぐっと近づいてアップで撮ります。長く垂れ下がった花が特徴的です。


藤棚を上から見ます。





こちらもどうぞ

★藤棚のある風景;定禅寺(じょうぜんじ)の藤棚★  2016年04月29日

●●直方および近隣の藤棚のある風景 その2 ●定禅寺  2010年05月16日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★吉祥寺の藤棚を見に行って来ました✿

2017年05月04日 23時55分44秒 | 樹木
吉祥寺の藤棚を見に行って来ました。

北九州市八幡西区の香月にある吉祥寺では、毎年4月27~29日の3日間「吉祥寺藤まつり」が
開かれますが、私の方は、今年は、4月27日に行ってきました。

期間中は多くの露店でにぎわい、子供のころに味わった懐かしい雰囲気が思い出されます。
私は、「寅さん」の大フアン(ちょっと古い!! (@_@;))ですが、映画に登場する露店が
並ぶ雰囲気は、良いですね~。
さて、参道へ向う途中の露店が並ぶ私のお気に入りの風景です。






お馴染み、金魚すくいです。


吉祥寺が真正面に見えて来ました。


つつじも満開です(^_^)/~


吉祥寺の参道の階段を上がります。


吉祥寺は、浄土宗第二祖鎮西上人の生誕の地であり、
創建は建保 から元和(1213~1224)の頃と伝えられています。
鎮西上人=弁阿弁長(べんなべんちょう、1162-1238)の、旅立ちの像(14歳)に、挨拶します。



山門から入り、本堂前の大藤棚の下に入ります。まず、本堂にて参拝します。





一面に咲く藤棚の薄紫の花から甘い香りが漂います。
当然ながら、この蜜や花粉を求めてハチさんも飛来します。
藤棚の「野田藤」は樹齢160年程で、市の保存樹に指定されています。










本堂から左手に階段を上がり、大藤棚の様子を、上から見ました。


今度は、本堂の右手に行き、白藤棚の上から見ました。


*********吉祥寺公園の藤*************
隣接する吉祥寺公園は、平成10年に開園で、芝生広場や展望台などがあります。
今年は、この吉祥寺公園にも足を伸ばしました。


木漏れ日の中を木の歩道橋を渡ります。ズラリと並ぶ竹林もきれいです。


三重塔の展望台があります。その前に大藤棚と芝生広場が広がります。






展望台に上がり、南東方面を眺めます。右側遠くの山は福智山です。なかなかの絶景です(^_^)/~


*********************************************

こちらもどうぞ
★藤棚のある風景;吉祥寺の藤棚★  2016年05月01日

◎吉祥寺の藤棚◎  2014年05月16日

●●直方および近隣の藤棚のある風景  ●吉祥寺(香月)  2010年05月29日

ご参考;こちらもどうぞ (^^♪
★藤棚のある風景;直方市~明元寺(みょうがんじ)の藤棚★  2016年04月28日


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◎春真っ盛りです~満開のレンゲ草畑

2017年04月19日 20時45分14秒 | デジカメ散歩
春真っ盛りです~満開のレンゲ草畑

ただいま、春真っ盛りです。あちこちで、満開のレンゲ草の畑を
身近に見ると、気持ちまで、春真っ盛り (^_^)/~ になることが出来ます。

福智山系をバックに、満開のレンゲ草の畑をアップで、撮りました。






背景に、遠賀川(彦山川)の堤防、直方市役所や、遠く六が岳をバックにレンゲ草を撮りました。


こちらもどうぞ
◎レンゲ草が満開です◎  2016年04月20日


◎田川伊田駅構内の「平成筑豊鉄道を元気にする会」寄贈の写真◎  2016年02月28日
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

◎桜の風景散策~(1)直方2中付近

2017年04月11日 23時42分22秒 | デジカメ散歩
桜の風景散策~(1)直方2中付近

今年の直方の桜は、やや遅咲きの感がありましたが、満開の際には、天候が不順で
「せっかく咲いてくれたのに、勿体ないなあ~!!」という印象になりました。
私もこの時期、何となく華やかな気分になりますが、今回は、雨や風の合間を
桜の風景を求めて、やや駆け足的回りました(@_@;)

まず、直方2中付近の桜です。天気が良ければ、背景に福智山が見えるのですが、
この日は、雨の合間の曇り空で、ほとんど見えませんでした。残念(ー_ー)!!
直方2中の入口です。突き当りに桜の花が見えます。
その左手に2本のメタセコイアがすらりと高い姿です。
メタセは幹は粗く、遠目には枯れ葉状態ですが、良く見ると新芽が芽ぐんでいました。


近津川に架かる橋から、ゆるい登り坂に桜並木があります。






体育館が見えます。近津川側から見ました。


今度は、直方2中の正門から、近津川下流に歩きます。桜並木がきれいです。




小野牟田池の堤防にあがって、桜並木を眺めました。右手に小野牟田池の湖面が見えます。


今度は、近津川下流から、直方2中方向です。のっぽのメタセコイアが、2本真ん中に小さく見えます。
天気が良ければ、福智山が背景に見えるのですが・・・・




こちらもどうぞ~こちらは、過去の良く晴れた日のさわやかな風景です(^_^)/~

★桜の樹の新緑と満開の花 ^_^; ★「直方2中付近」  2016年05月04日

●直方の桜 その1直方2中とその周辺  2010年04月09日
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

◎菜の花の風景~(3)平成ちくほう鉄道 中泉~金田~田川伊田

2017年04月09日 11時01分09秒 | デジカメ散歩
◎菜の花の風景~(3)平成ちくほう鉄道 中泉~金田~田川伊田
菜の花の頑張っている風景です。引き続き、”平成ちくほう鉄道 列車の旅”の雰囲気です。

1.中泉駅~赤池駅;
中泉駅から市場駅を経て、ふれあい生力駅までの間に、田畑の中を通る約3kmほどの直線区間があります。
その間の線路伝いに、菜の花が連続して見られ、私のお気に入りの区間でもあります。







ちくまる号(グリーン)です。

ちょっと振り返って、今来たルートを改めて見ます。線路が真っ直ぐに伸びています。


ふれあい生力駅を経て、赤池駅です。
伝統の上野焼、そして「うれしいひなまつり」「かもめの水兵さん」・・・河村光陽出身の童話の里です。


2.赤池駅~金田駅;
赤池駅より、人見駅を経て、中元寺川を渡り、金田駅に向います。
左手に、金田駅構内、真ん中に屋内ドーム(福智町屋内競技場)の青い屋根が見えます、


金田駅近くの広場の斜面に沢山の菜の花が咲いています。




平成ちくほう鉄道本社、車両基地のある金田駅に入ります。


3.金田駅~下伊田駅;
金田駅を出発して、糒駅を通過して、左手に彦山川の河口堰が見えます。右手は、糒不動院です。




糒駅を出発して、田川市立病院駅に向います。


大きくカーブします。線路の曲線がきれいです。やや右手、突き当りの尖った建物は、福岡県立大です。


4.下伊田駅~田川伊田駅;
田川伊田駅そばの、旧三井田川坑のシンボルでもある「2本煙突、竪坑櫓」を目指して走行します。
炭都田川の住宅街・商店街を左右に見ながら走ります。

炭都物語号がやって来ました。



ちくまる号(ブルー)が、やって来ました。




5.田川伊田駅;
田川伊田駅に到着です。ここで、下車します。直方から乗車してきた「なのはな号」は一路、
行橋駅に向います。駅構内にもなのはなが咲いています。背景に大坂山が見えます。




こちらもどうぞ(今度は、逆の帰宅ルートです (^_^)/~)
◎「平成ちくほう鉄道」菜の花の風景(田川)  2016年03月27日

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加