のぶごんの縁側日記

「ごんちゃん」は,2013年2月25日18歳で天に召されました。思い出を胸に,新たに始まった「じいじ」の日々を綴ります。

母の日・小堤西池のカキツバタ・香流川のカルガモの親子

2017年05月14日 20時40分01秒 | 日記

今朝は少し曇っていた 今年はアプチロンの花が沢山咲いた 今日は母の日 皆さんから頂いたプレゼントをまえに・・・さらにドイツのMassamiさんからはLINEでカードが送られてきました 

  

今日は少し遠出して刈谷の小堤西池のカキツバタ群落を見に出かけました 今年は群落池までの道路も整備され歩き易くなった また距離の目安として歩数表示がしてありました 道端で道草を食うくまちゃんでした

  

昭和13年に国の天然記念物に指定された自生カキツバタ群落 地元の「守る会」の人達の保全活動により 現在では国内でも貴重なカキツバタ自生地として存在しているのです

  

天気も良くなり暑くなりそうだ 2~3分咲きのカキツバタですが ペン先のような蕾がいくつかあって 今日中には開花するようだ

  

運が良ければ開花の瞬間を見ることができるのです ほんの一瞬でした外花被(がく)が一枚開いたので 開花です それから時間を駆けて3枚が開き本当の開花ですネ

  

20330平方メートルの小堤池 散策路は約半周となっている

  

日曜日なので大勢の見学者が訪れていた くまちゃんもその仲間です 今年も綺麗に咲いたカキツバタを見ることが出来て良かった

  

池傍にはもうムギワラトンボやイトトンボが姿を現していた 熱くなってきたので くまちゃんにとっては日陰道は最高でした

  

夕方の散歩は香流川でした 階段を下りて川原堤防を歩き 階段を一気に駆け上ったのでベンチで休憩です

  

初めて会ったワンちゃんとご挨拶が出来ました ハトさんを追ったりして帰ることにしました

  

川の下流から・・・カルガモの親子が 親を先頭に8羽の子どもがピッタリくっついて 遅れまいと懸命に泳いでくるのです・・・香流川では久し振りに見ました 豊かな自然を感じホッとしました

  

岩の近くで止まって・・・何かを教えているのでしょうか 流れの急な所を渡ったり 何をするにも親から離れないよう必死について行くのです  カラスが辺りを飛び回ったりして・・・隙あらばでしょうか 夜にはネコに襲われないように 無事成長して欲しいものです  

  

  

どんどん上流の方へ移動して行ったのです 小さなお友達は良いけれど 大きな姉御には・・・なかなか近寄ることができなかった

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 各ベンチでは | トップ | 香流川のカルガモ親子の餌取... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む