西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

アイアムアヒーロー  監督/佐藤 信介

2016年05月12日 14時39分16秒 | 西京極シネマ
【出演】
 大泉 洋
 有村 架純
 長澤 まさみ

【ストーリー】
漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪という勝気な看護師と顔を合わせる。

【西京極の評価】
佐藤信介という監督は原作の端折り方が巧い『GANTZ』しかり『図書館戦争』しかり。そしてキャスティングにも恵まれている(まさか監督本人が全部オファーしている訳ではあるまい)。今作も未完の原作を巧く2時間枠の脚本に収め、主演の大泉洋の好演にも恵まれた。もちろん幸運だけではなく演出のキモを解っている監督なのだと思う。銃社会のアメリカならいざしらず、日本を舞台にしたリアリティあるゾンビ映画を創るのは至難の技だ。品川ヒロシ監督の『Zアイランド』は良く出来てはいたが設定自体にリアリティはなかった。だが本作にはそれがある。銃を持ってるのに撃たない主人公。その銃が火を噴いた瞬間、ヒーローが誕生する。唯一残念なのは原作が未完ゆえ、結末が「そこで終わるんかいっ!」と言いたくなるところ。仕方ないんでコロリ隊長編も創ってください、佐藤監督!

【総合評価】 ☆☆☆☆★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆☆★
 演出/演技 ☆☆☆☆☆
 映像    ☆☆☆☆☆
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太陽  監督/入江 悠 | トップ | 5/15 第13節 愛媛FC戦 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (楽母)
2016-05-12 22:21:39
TBありがとうございました。
劇場で予告編を見た程度で、原作も知らずdocomo?の配信映像も見ないままに行って、少々怖い思いをしました(笑) 大泉さんが出ているというだけでもう少しお笑いの要素の多い作品だと思ってました。
でも、ほんとに怖いのはZQNよりショッピングモールでの覇権を競う人間なのかも、なんて思ったりもしてました。
楽母さんへ (西京極 紫)
2016-05-12 23:46:58
いつもコメントありがとうございます。

>劇場で予告編を見た程度で、原作も知らずdocomo?の配信映像も見ないままに行って、少々怖い思いをしました(笑)

ホラー、バイオレンス系が苦手で前知識なしだと面喰いますよね。
僕は原作コミックは連載開始から現在まで読んでますので上手にZQNを再現してるな~と思っていました。

>ほんとに怖いのはZQNよりショッピングモールでの覇権を競う人間なのかも

これまた、ゾンビ映画にとって王道的展開です。
結局一番怖いのは人間の中の邪悪な心なのです。

自分がそちら側に堕ちない様にありたいですw

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アイアムアヒーロー (Akira's VOICE)
有村架純と長澤まさみがそばにいるだけで男は強くなれる!  
アイアムアヒーロー (あーうぃ だにぇっと)
アイアムアヒーロー@一ツ橋ホール
アイアムアヒーロー (映画好きパパの鑑賞日記)
 邦画でも大作エンタメをしっかり作れることを証明した傑作。特に、序盤の日常が一気に崩壊していくシーンは、同様の素材だった「ワールドウォーZ」を凌駕していたと思います。ただ、スプラッターが苦手な人は、ちょっとしんどいかも。  作品情報 2015年日本映画 監...
アイアムアヒーロー (映画的・絵画的・音楽的)
 『アイアムアヒーロー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)話題のゾンビ映画(注1)ということで、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭では、TVで女子アナが「広島県で45歳の女性が土佐犬に噛まれました。重傷です」といったニュースを読み上げています。 ....
アイアムアヒーロー~安保法制発動! (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。花沢健吾原作、佐藤信介監督。大泉洋、有村架純、吉沢悠、岡田義徳、片瀬那奈、片桐仁、マキタスポーツ、塚地武雅、徳井優、長澤まさみ。感染するとゾンビ化するウィ ...
アイアムアヒーロー (miaのmovie★DIARY)
【I AM A HERO】 制作国: アメリカ 制作年:2012年 鈴木英雄。漫画家デビューに失敗し、アシスタントで生計を立てる 崖っぷちの35歳。恋人とは破局寸前。平凡で変哲のない、何の面白 みもない毎日を過ごしていた。 そんな英雄の普通の毎日は、恋人の...
アイアムアヒーロー (映画と本の『たんぽぽ館』)
一味違うゾンビもの * * * * * * * * * * ゾンビものは守備範囲外ではありますが、 やはり大泉洋は見逃せない、というわけで・・・。 主人公はサエない漫画家アシスタントの英雄。 名前は「ヒーロー」だけれども、全然実態が伴っていない。 人....
「アイアムアヒーロー」 (2016 東宝) (事務職員へのこの1冊)
家族にも内緒な振替休日。職場に行くふりをして発車。問題は、上映開始までの時間をどうつぶすか。シネコン前の駐車場でずっと本を読んでました。人として最低。本日はこの「アイアムアヒーロー」とキャプテン・アメリカの新作を見る算段。ほぼ同時にスタートするので、...
「アイアムアヒーロー」 (元・副会長のCinema Days)
 作りが下手だ。面白くなりそうなモチーフは早々に捨て去られ、あとは過去のゾンビ映画のネタを堂々と流用。脚本も穴だらけだ。いくらお手軽なパニック・ホラー編とはいえ、もうちょっとマジメに撮って欲しいものである。  主人公の鈴木英雄はかつて出版社の漫画コン....
アイアムアヒーロー (そーれりぽーと)
和製ゾンビ映画『アイアムアヒーロー』を観てきました。 ★★★ ゾンビ映画が全く無理な私ですが、この映画の原作漫画は面白くて読んでいるので、ちょっと楽しみにして観てきました。 本作は、きっと原作のファンかどうかで受け止め方が全く変わる映画かもしれません。 ...
アイアムアヒーロー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 基本的に機敏なゾンビは認めたくないのだ^^;
『アイアムアヒーロー』 2016年4月22日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『アイアムアヒーロー』 を試写会で鑑賞しました。 邦画ではあるんだけど結構頑張って作ったと思う。 【ストーリー】  漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い...
「アイ アム ア ヒーロー」:典型的なゾンビ映画 (大江戸時夫の東京温度)
あっ! こっちの写真ではなくて、こっちですよね・・・などと、わざとらしく間違えて
ショートレビュー「アイアムアヒーロー・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ナチュラルボーン・ヒーローはいない。 安っぽさゼロ、ハリウッド映画とタイマン張れる評判通りの大快作だ。 端的に言えば、漫画家アシスタントである主人公・鈴木英雄の妄想が実現してしまう話である。 名前と違ってヘタレな英雄は、平凡な男がヒーローになるという...
アイアムアヒーロー (勝手に映画評)
謎のウイルスに感染してZQNと呼ばれるゾンビ化した人々に襲われ逃げ惑う様子を描いたパニックムービー。世界三大ファンタスティック映画祭の第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭では観客賞及び最優秀特殊効果賞、第36回ポルト国際映画祭では観客賞及びオリエンタルエ....
『アイアムアヒーロー』を新宿ピカデリー6で観て、しょーがないじゃん有村架純がかわいいんだから★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲美女二人。映画の命題はこの二人と引き換えに世界を失ってもいいか、という気もするのだけど、それだったら答はYESでしょう。 五つ星評価で【★★★★虐殺されるゾンビよ ...
「アイアムアヒーロー」 (或る日の出来事)
おもしろい!
映画感想『アイアムアヒーロー』-2016年 日本 (見取り八段・実0段)
日本製のパンデミックもので、ここまで描いたものは今まで無かったと思う。恐怖が拡散する説得力がスクリーンから伝わるのが素晴らしい。あ、結構グロいホラーですので、役者目当て...
<アイアムアヒーロー> (夢色)
公開延期にもなってたから、ずっと楽しみにしてた佐藤監督の新作( ´艸`)4月から仕事が忙しくて、レイトショーで起きてられる自信がなかったので、なかなか行けなかったのですが(笑)ようやく観てきました~。あのねー・・・めっちゃ面白かった!!!でも、、、 め...
アイアムアヒーロー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」などの花沢健吾の人気コミックを実写化したパニックホラー。突如として広まった原因不明の感染によって大パニックが引き起こされる状況で、決死のサバイバルに挑む者たちの姿を映す。メガホンを取るのは、『GANTZ』シリーズなどの佐藤信介。....
「アイアムアヒーロー」DQNに追い込まれた先にみた自ら生き残るため誰かを救うために勇気をもって立ち上がった平凡な男のヒーロースト... (オールマイティにコメンテート)
「アイアムアヒーロー」(R15+指定)は花沢健吾原作の漫画を映画化した作品で、正体不明の感染によりゾンビと化した人間たちが街の人たちを襲いパニックになるなか生き延びようとする ...
アイアムアヒーロー (だらだら無気力ブログ!)
テレ東がアニメ放送している間は問題無いってのは笑った。
アイアムアヒーロー (to Heart)
ようこそ。絶叫のZQN(ゾキュン)パニックへ。 上映時間 127分映倫 R15+ 原作 花沢健吾『アイアムアヒーロー』(小学館『ビッグコミックスピリッツ』連載) 脚本 野木亜紀子 監督 佐藤信介 出演 大泉洋/有村架純/長澤まさみ/吉沢悠/岡田義徳/片瀬那奈/片桐仁/マキタス...
アイアムアヒーロー (2015) 127分 (極私的映画論+α)
 一応、これはこれでおしまい(笑)
「アイ アム ア ヒーロー」☆大泉洋と思って舐めたら危険! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
あー、面白かった! あー、疲れた・・・・・ あー、マジ怖かった(;´д`) うー、グロかった・・・ これってゾンビが出てくるゆる~いコメディかと思っていたら大間違い!!!これはコメディだけどホラーだわ。 でも相当良くできていて、実に面白い!!!
『アイアムアヒーロー』 (beatitude)
漫画家アシスタントの鈴木英雄(大泉洋)は35歳で、彼女とは破局寸前。しかし彼の平凡な毎日は、ある日一変する。英雄が徹夜仕事を終えアパートに戻ると、彼女は異形の姿になっていた。謎の感染によって人々はZQN(ゾキュン)という生命体に変貌を遂げ、街に溢れ出す。日....
日本発、ゾンビ映画 (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「アイアムヒーロー」を鑑賞しました。 漫画家アシスタントの35歳 鈴木英雄 彼の恋人が謎のウイルスに感染して襲い掛かってくる 慌てて散弾銃を手に外に飛び出すが街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美と逃げる....
「アイ アム ア ヒーロー」 日常から非日常へのグラデーション (はらやんの映画徒然草)
さすがR15 指定、血みどろでしたねえ。 正直、血がたくさん出てくる映画は苦手な
「アイアムアヒーロー」 (ゆっくり歩こ。)
これは原作が面白いんですね! スゴかった~~~ 期待していなかったし、レンタルでもいいかな、と思っていたのでかなり衝撃的でした! 夢がなかなか叶わず挫折する日々の漫画家アシスタント この鈴木英雄さんはビビリの普通の人間です 特別に何か才能があるわけ...
『アイアムアヒーロー』を新宿ピカデリー6で観て、しょーがないじゃん有村架純がかわいいんだから★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲美女二人。映画の命題はこの二人と引き換えに世界を失ってもいいか、という気もするのだけど、それだったら答はYESでしょう。 五つ星評価で【★★★★虐殺されるゾンビよ ...
■アイアムアヒーロー (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第399回「制約の中で一定の成果を出した秀作だと思う。」 ゾンビ映画好きを公言している私にとって、今回の作品「アイアムアヒーロー」は映画化が決まった段階から楽しみにしていました。マンガでは珍しく「ゾンビ」というジャンルをしっかり描いた作品で原作のファン....
『アイアムアヒーロー』 (時間の無駄と言わないで)
いや~ナメてましたわ。 こりゃ凄い。 「邦画として」ではなく、「洋画邦画問わずゾンビモノとして」衝撃的だった。 予告編の段階では全く観に行く気が起きなかったけど、なん ...
「アイアムアヒーロー」 (prisoner's BLOG)
アメリカ製ゾンビ映画だと、銃でゾンビの頭を吹き飛ばす描写が定番になっているわけだが、銃の所持がおよそ一般的でない日本ではそう簡単にそこまで辿り着かない。 銃を撃つまでにハードルがいくつもあるのを逆手にとって鈴木英雄というヒーローみたいだけれど割とありが...
アイアムアヒーロー (銀幕大帝α)
2015年 日本 127分 ホラー/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2016/04/23) 監督: 佐藤信介 『図書館戦争 THE LAST MISSION』 原作: 花沢健吾『アイアムアヒーロー』 出演: 大泉......
「アイアムアヒーロー」、正統派ゾンビ映画です (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆ ゾンビ映画好き ☆☆☆★ R15+ 人がたくさん死にます。ゾンビ化して死にます。 花沢健吾のベストセラーコミックを、大泉洋主演で実写映画化したパニッ......
切り株画像(映画『アイアムアヒーロー』より、ただの英雄が真の英雄となる時) (銀幕大帝α)
【ネタバレ注意】 覚醒した英雄に猟銃持たせたら怖いもの無し。 撃って、撃って、撃ちまくってZQN切り株量産。 手始めに裏切り者・伊浦を吹っ飛ばす。 前から後ろかウジャウジ......
アイアムアヒーロー (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:邦画     「アイアムアヒーロー」 監督:佐籐信介 原作:花沢健吾 2016年 日本映画 127分 R15+ キャスト:大泉 洋     ......
映画 『アイアムアヒーロー』 (向う岸)
Amazon.co.jp 『アイアムアヒーロー』 allcinema 『アイアムアヒーロー』 見ていてめっちゃイライラする。 何故なら登場人物たちがドジでマヌケだから。 だからリアル過ぎて超怖かっ......
アイアムアヒーロー (2015) (のほほん便り)
原作は、花沢健吾の同名コミック『アイアムアヒーロー』かなり、好奇心はあれど、観るのを迷い、覚悟はしてたけれど、かなり、ハードにスプラッターなホラーでした。琴線に触れた......