ぶらぶら★アフリック

アフリカ・プロモーター、ンボテ★飯村がお送りする100%アフリカ仏族ぶらぶらトーク!

イスラム開発機構外相会議がアビジャンで開催〜連帯と融和に向けて

2017-07-12 15:00:45 | アフリカ情勢
当地コートジボワールのアビジャンで、7月11日、12日の両日、イスラム協力機構(Organisation de coopération islamique: OCI)の第44回外相会議が開催された。約50カ国の加盟国の外相が一堂に会し、政治、経済、開発などの討議を行なった。また会期中には、加盟国ニカ国間でのバイの会談も活発化した。

(RFIウェブサイトより)



OICは、1969年9月25日に設立された国際機関で、2011年までは「イスラム会議機構」(Organisation de la conférence islamique)との名称であった。 イスラム諸国の連帯と協力を強める目的で、その活動は経済、文化、科学など広範囲に及ぶ。またイスラム聖地の保護などにも取り組む。

本部はサウジアラビアのジェッダにあり、57カ国が加盟し、この中にはパレスチナも含まれる。この中にはイスラム色の比較的薄い国もある。サブサハラのアフリカはこのうち21カ国。オブザーバーに1カ国とアフリカ連合(AU)が位置付けられている。


特徴は圧倒的な資金力だ。中核的金融機関にはイスラム開発銀行があり、またサウジ基金、クウェート基金など、豊富な資金力を持つドナーが多数含まれる。そしてその資金は、あまりコンディショナリティなどもなく、キップよく、迅速にディスバースされることも特徴だ。

総会は2-3年に一度開催される。前回は2016年、トルコでで開催された。アフリカでは2008年、ダカールで開催されたが、このためにダカール中が工事現場となった。イスラム系資金により、道路、空港などのインフラ整備回収、ホテルや会議施設の整備などが一斉に行われたのだ。圧倒的な資金力を覚えずにはいられない。


さて、今回の外相会議。コートジボワールでの開催は、同国が2002年にOCIに加盟してから初めてのこと。開会にあたり、コートジボワールのマルセル・タノ外相は「OCIは加盟国間での紛争に直面してきた。ゆえに、各国がワインに水をくべ、加盟国全体や地域の平和のために、意見の相違を乗り越えるための対話を行う必要がある。」

イスラム機関の会議にワインの話はどうかというのはさておき、今回の会議の大きなテーマはカタール問題、シリア、リビア情勢、対テロなど、平和とイスラム諸国の連帯に関わる重たい議題が並ぶ。


もう一つのサミット、アフリカでも大きく注目を集めている。

(おわり)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アブドゥライ・ワッド烈伝〜... | トップ | 映画『Wùlu(ウル)』観てき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。