ぶらぶら★アフリック

アフリカ・プロモーター、ンボテ★飯村がお送りする100%アフリカ仏族ぶらぶらトーク!

モーリタニア、査証手数料大幅引き下げ〜観光客誘致は叶うか?

2016-12-04 07:30:11 | 渡航・生活情報
モーリタニア・イスラム共和国のアブデル・アジズ大統領は、同国の建国記念日にあたる11月28日、査証手数料を現在の120ユーロから40ユーロに引き下げる、と発表した。 実に70%近い割引、ビッ●カメラ風にいえば「6割7割は当たり前〜!」といったところか。いや、120ユーロって、元々相当高かったということなのだが、、、。 狙いはもちろん、観光客の再誘致である。 モーリタニアには地平線の向こう . . . 本文を読む
コメント

ガンビアという国(10)〜ジャメ大統領、大統領選挙の敗北を認め政権移譲。最後のサプライズ?!

2016-12-03 15:30:59 | アフリカ情勢
毎度お騒がせのガンビア、とうとう最後のサプライズか? 1994年のクーデターから22年にわたって独裁を引いてきたガンビア。12月1日に大統領選挙が行われた。ヤヒヤ・ジャメ大統領は、選挙にあたって「何も私に投票しなくてもいい」とビックリ発言。本当に自由な選挙が実施できるのか?と注視されてきた。 ガンビアという国(9)〜独裁ジャメ大統領「何もムリに私に投票しなくてもいい」 ジャメ大統領は投票後 . . . 本文を読む
コメント

アフリカ生活最大のリスクとは・・・?

2016-12-02 08:30:17 | 渡航・生活情報
先般、東京からお見えになった方からのお尋ね。 「アフリカって、いろいろリスク高いですよね。生活の中でリスクとして考えておかなければならない最も高いリスクは何でしょうか?紛争ですか?テロですか?それともエボラですか?」 ンボテ「いえいえ、どれもそんなにいつもある話じゃないですよ。それにある程度対策が取れますし、発生しても巻き込まれる確率もそんなに高いわけではないですから。」 先方「じゃあ、もっ . . . 本文を読む
コメント

コートジボワール「乾季の陣」(2)〜選挙制度と政局

2016-12-01 07:30:15 | アフリカ情勢
コートジボワールの国民議会選挙が12月18日に迫り、政局が一層慌ただしくなってきた。 コートジボワール「乾季の陣」(1)〜二閣僚更迭で動く政局 選挙管理委員会は合計1,153人の候補者の届け出があったと発表(※うち女性は12パーセント)。 コートジボワールの選挙制度は、「中選挙区リスト選択方式」。全国33県に205の選挙区があり、うち169が議席1の小選挙区、36が議席2以上の中選挙区だ。 . . . 本文を読む
コメント

祝・モーリタニア・イスラム共和国建国記念日2016〜砂漠と政変とイスラムと

2016-11-30 07:30:13 | アフリカ情勢
色々連載記事があり、すっかり遅れてしまったが、先日11月28日はモーリタニア・イスラム共和国の独立記念日であった。まずはモーリタニア友人諸氏にお祝いを申し上げたい。 モーリタニアについてはこのブログでも繰り返し話題にしてきた。砂漠の国、イスラムの国、アラブとサブサハラの行き混ざる国。 祝・モーリタニア建国記念日2015 その1 砂漠とイスラームの国 その2 永遠の友人 祝・モーリタニア・ . . . 本文を読む
コメント

アフリカの公用語とフランス語(9)〜第16回OIFサミット、マダガスカルで開催

2016-11-29 07:30:34 | アフリカ情勢
さて前回からご紹介している「仏語圏諸国機構」(Organisation Internationale de la Francofonie: OIF、一般にはフランコフォニー国際機関と訳される)について、もう少しお話を進めてみたい。 アフリカの公用語とフランス語(8)〜仏語圏諸国機構(OIF) 2年に一回のペースで開催されるOIFサミット、第16回の首脳会議が11月27日、マダガスカルの首都、ア . . . 本文を読む
コメント

アフリカの公用語とフランス語(8)〜仏語圏諸国機構(OIF)

2016-11-28 07:30:28 | アフリカ情勢
11月27日、仏語圏諸国機機構(Organisation Internationale de la Francofonie: OIF、フランコフォニー国際機関とも訳される)の第16回サミットがマダガスカルの首都、アンタナナリボで開催された。 (フランス国際ラジオ放送(RFI)ウェブサイトより) このOIF、英語圏でいえば「コモンウェルス」に相当するが、仏語圏ではそれ以上の大きな意味を持ってい . . . 本文を読む
コメント

フェデル・カストロの逝去〜アフリカに革命はもたらされたか

2016-11-27 15:30:30 | アフリカ情勢
現地時間2016年11月26日、キューバの革命の父、フェデル・カストロがハバナで逝去した。享年90歳。キューバでは国葬が12月4日に執り行われ、遺骨が四日間、国を巡回する。 (AFPより) マルクス主義を標榜する指導者であり、革命家。第二次世界大戦後、冷戦の時代にあって、世界に大きな影響を与えた一人であることは間違えない。アメリカにとって、リビアのカダフィと並び、手を焼いた指導者であろう。そ . . . 本文を読む
コメント

コートジボワール「乾季の陣」(1)〜二閣僚更迭で動く政局

2016-11-26 17:30:50 | アフリカ情勢
当地11月25日午後、アマドゥ・ゴン・クリバリ大統領府次官は、トゥアケス・マブリ外務大臣、コナン・ニャミエン居住・社会住宅大臣を更迭した、と発表した。 (Plan.gouv.ciウェブサイトより) このニュースは当地関係者に驚きを持って伝えられた。更迭の理由は明らかにされていない。 マブリ氏は18モンターニュ地方、ダナネ出身、マンデ族。前計画大臣で、2016年1月より第五次ダンカン内閣で序 . . . 本文を読む
コメント

マラボーの異変〜西サハラをめぐるガチな話

2016-11-25 14:30:56 | アフリカ情勢
11月23日、赤道ギニアの首都マラボーでは第四回アラブ・アフリカサミットが開催された。 議場にはアフリカ各国代表団と、八カ国のアラブ諸国代表団がマラボーに集まった。しかし本会議が始まる段になって、モロッコと、六つのアラブの国が一斉に参加を辞退する、異例の事態となってしまった。その原因は・・・「サハラ・アラブ民主共和国」代表団の存在。いわゆる西サハラのボリサリオ政権が代表団として出席していたこと . . . 本文を読む
コメント

アフリカの政局とフランス大統領選挙(1)〜セネガル政権とフランス与党

2016-11-24 07:30:36 | アフリカ情勢
アメリカの大統領選挙に目を取られてきたが、フランスでも大統領選挙が行われる。 先日11月20日、最大野党共和党(旧国民運動連合(UMP)、保守派)の第一次予備選挙が行われ、ニコラ・サルゴジ政権下で首相を務めたフランソワ・フィヨン氏が第一位に。第二位にはジャック・シラク政権で首相を務めたアラン・ジュペ氏がつけた。この両名で決選投票が行われる。 前大統領のニコラ・サルゴジ氏も出馬したが第三位と . . . 本文を読む
コメント

ドナルド・トランプ、アフリカの衝撃?!(番外編)〜舞台裏の会話

2016-11-23 12:30:45 | アフリカ情勢
次期アメリカ大統領選挙、ドナルド・トランプ。この話題、ようやくほとぼり冷めたか、と思いきや。こちらの外国人コミュニティではいまだ話題沸騰。 (※写真は社交場のイメージです。) ドナルド・トランプ、アフリカの衝撃(続編)〜どうなる?治安・軍事政策 アメリカ人が発言しようものなら、イジられる。 「新しい大統領に敬意を表して。」 「栄誉ある孤立を堅持するアメリカ合衆国が、新たな孤立政策を模索す . . . 本文を読む
コメント

最後の雨

2016-11-22 07:30:40 | アフリカ紀行
アフリカにも歳時記があるが、「四季折々」とはいかない。アフリカでは基本、二季。雨季と乾季だ。国によっては大雨季と小雨季が来るので、四季と言えなくもない?!しかし日本で言うほどの「四季感」はない。 そういう意味で、アフリカ型の気候について触れておく方がよかろう。アフリカの雨、雨季は死ぬほど降る。しかし乾季になると、最後の雨のあと、 数ヶ月、いや下手すると次の雨季まで、フツウに一滴も降らない。これが . . . 本文を読む
コメント

バマコ・ラジソンホテル襲撃事件から一年

2016-11-21 14:30:33 | アフリカ情勢
一年前の昨日、2015年11月20日(金)はマリの首都バマコ、ラジソンホテル襲撃事件が発生してから1年の記念日だった。 (事件前のラジソンホテル) 【号外】マリ・バマコのラジソン・ホテルでテロ襲撃~アル・ムラビトゥーンが犯行声明 その前週の2015年11月13日(金)は、パリ同時多発テロ。バマコのテロはちょうどその一週間後のことだった。またこの事件のあと、2016年の1月にはブルキナファソ . . . 本文を読む
コメント

チャド製のお財布〜カラシニコフの動員解除

2016-11-19 07:30:39 | アフリカ音楽・アート・文化
ブルキナファソから同僚がアビジャンを訪問した。そしてアフリカ国際工芸見本市(SIAO)で見つけた雑貨をお土産でいただいた。とてもとても感謝。ウレシイ。 革製の像の形をしたキーホルダーとお財布。素朴でなかなかかわいい。 そしたらそこでひとこと。 「なかなかクオリティの高い仕事をしているな、と思いません?これ、チャド製なんです。実はボタン部分などの金属部分は、かつての紛争時に使われていた武器 . . . 本文を読む
コメント