ぶらぶら★アフリック

アフリカ・プロモーター、ンボテ★飯村がお送りする100%アフリカ仏族ぶらぶらトーク!

ブアケへの旅路(1)〜コートジボワールの車窓から

2016-05-30 07:30:03 | アフリカ紀行
着任して初めての地方への旅の機会に恵まれた。今回は中北部(Centre-Nord)と呼ばれる地域の中心地、ブアケに向かう。 北部地域の入り口でもあり、この国が南北に分断されていた頃は緩衝地帯に位置した。当時、仏軍が作戦基地を置いたが、2004年にはコートジボワール軍がこれを空爆。その時、コートジボワールのバグボ大統領と仏シラク大統領は、10年にわたり会話がなかったと言われている。そんな国に基地 . . . 本文を読む
コメント

ネット不通につき臨時休業、スミマセン。

2016-05-29 07:30:00 | このブログ
ンボテ★飯村のアフリカ仏族満点、いや満天トークブログ『ぶらぶら★アフリック』をご愛読、ご愛フォロー下さいましてありがとうございます。 ここ二日間、わが家のインターネットが完全不通で、ブログのアップができません!なんでも近くのアンテナが雷雨で壊れたそうで、、、まもなく直るそうです。 そんな中、とある大型スーパーに買い物に来たら、なんとここフリーWifiがあるではないかっ! ということで、こんな . . . 本文を読む
コメント

アート展「アフリカと光」(3)〜54カ国、54人のアーティストたちが照らす光

2016-05-27 07:30:47 | アフリカ音楽・アート
当地コートジボワールのアビジャンで4月27日からスタートした大陸規模のアート展、「アフリカと光」(Lumières d'Afriques)。共通のテーマに、アフリカ54の国、54のアーティストが作品を制作、一堂に展示されている。 その光とはいったい何か? ということで、ンボテも早速、ココディ地区にある「シャルル・ドンワィ・ファンデーション」ギャラリーに足を運んでみた。そしてきょうは作品紹介、後編 . . . 本文を読む
コメント

アート展「アフリカと光」(2)〜54カ国、54人のアーティストたちが照らす光

2016-05-26 07:30:52 | アフリカ音楽・アート
当地コートジボワールのアビジャンで4月27日からスタートした大陸規模のアート展、「アフリカと光」(Lumières d'Afriques)。共通のテーマに、アフリカ54の国、54のアーティストが作品を制作、一堂に展示されている。 アート展の概要についてはおとといの記事をどうぞ! その光とはいったい何か? ということで、ンボテも早速、アート展に足を運んでみた。 アビジャンのココディ地区にある . . . 本文を読む
コメント

ジハーディストが謝罪?「遺跡破壊しました、ごめんなさい」〜マリの歴史的遺産破壊、国際司法裁判所で公判

2016-05-25 07:30:13 | アフリカ情勢
きょうはンボテブログでもフォローを続けてきたマリ、サヘル地域情勢について。直接的にはここのところアップデートができていなかったが、昨年11月のマリ・バマコ、ラジソンホテル襲撃事件、今年1月のブルキナファソ、スプレンディッドホテル事件、そして3月のコートジボワール・グランバッサン襲撃事件などを通じ、広域のイスラム過激主義の動向についてお話をしてきた。 (参考記事) 農耕民と牧民(4)〜風評「やつら . . . 本文を読む
コメント

アート展「アフリカと光」(1)〜54カ国、54人のアーティストたちが照らす光

2016-05-24 07:30:47 | アフリカ音楽・アート
当地コートジボワールのアビジャンで4月27日から、大陸規模のアート展が、スタートした。 'Lumières d'Afriques'(直訳で「アフリカの光」)と題されたこのアート展、「開発のためのアフリカン・アーティスト」(African Artist for Development: AAD)が主催。「アフリカと光」を統一的なテーマに、アフリカ54の国、54のアーティストが作品を制作、一堂に展示 . . . 本文を読む
コメント

冷蔵庫がこわれたハナシ。ついでにそこで目にしたアフリカ市場での製品差別化についても少々。

2016-05-23 07:30:05 | アフリカビジネス
こんなタイトルだが今日は月曜日。新しい週を'Lindi Business'、ビジネストピックからスタートしよう。 とはいえ、以下、どうでもいいような生活風景のお話からスタート。失礼をば。 雨季が始まって少しは涼しくなったとはいえ、毎日30度以上、湿度80%の暑い日が続くコートジボワール、アビジャン。毎日のスケジュールに追われ、なかなか生活物資の買い物も行けないけど、最低限、冷蔵庫に冷たいお水 . . . 本文を読む
コメント

祝・カメルーン統一記念日、そして微笑ましい?!ハプニング

2016-05-22 07:30:55 | アフリカ情勢
毎年アップしているので今年はスルーか、、、と思いつつ、やはり触れずにはいられない。 5月20日はカメルーンのナショナルデー、統一記念日であった。まずもってカメルーンの皆様に、遅ればせながらも祝いの言葉を述べたいと思う。 これまでも各国の記念すべきナショナルデーには、それにちなんだブログ記事をあげてきた。この「ナショナルデー」というのは、その国にとって最も記念すべき日を指す。通常、国家行事とし . . . 本文を読む
コメント

アビジャンのお気に入りおみやげスポット(その1)

2016-05-21 07:30:54 | 渡航・生活情報
当地、観光資源にはイマイチのアビジャン。それでもまだ2ヶ月にしかならないンボテのアビジャン居住でも、観光目的で訪ねに来てくれた知人たちもちらほら。 (※ンボテの会社関係の方についてはまだ業務外渡航は禁止となっています。解除に向けて動いていきますのでちょっと待っててくださいね!) そこでお話に上がるのが、「なんかいいお土産、ない??」 いや、アフリカ大陸内から来られる人なら、ポールのパンとか . . . 本文を読む
コメント

中米ハイチはアフリカ連合に加盟できるか?

2016-05-20 07:30:01 | アフリカ情勢
中米・カリブ海に浮かぶハイチ。国家としての歴史は古く、ナポレオンの時代に抵抗勢力が仏軍を破り(ヴェルチエールの戦い)、1804年に黒人国家として初めての共和国となる。しかしその後の歩みは残念ながら混乱、内紛、貧困の中・・・そして今日に至っている。 このハイチに関して、アフリカニュースを見ていたところ、こんな情報が目に入った。 ハイチはアフリカ連合(AU)の正式加盟国とならず(VOAより) Ha . . . 本文を読む
コメント

ミス・イボワリエンヌ・コンクール?!〜女子向けフランス語向上キャンペーン

2016-05-19 07:30:33 | フランス語
当地、コートジボワールではちょっと変わったミス・コンクールがスタートした。それは・・・ ミス・オートグラフ そう。ミスはミスでも、美貌を争うのではなく、フランス語のスペル(綴り字、オートグラフ)の正確性を競う、女子向けのコンテストだ。 コートジボワール: 綴り字コンクールで女子教育のレベルアップ!(ラジオ・テレビ・イボワールウェブサイトより) 今年で3回目になるコンテスト、コートジボワー . . . 本文を読む
コメント

アフリカでいまサッカーの強い国はどこ?〜FIFA国際サッカー連盟が最新ランキングを発表

2016-05-18 07:30:02 | アフリカサッカー
話は飛ぶが、きょうはアフリカサッカーについて。ンボテブログでは久々のサッカー話。 国際サッカー連盟(FIFA)は毎月10日前後に、前月までのランキングを発表している。さてアフリカ諸国のの現在の地位はいかに? アフリカでは来年1〜2月にガボンで開催されるアフリカカップサッカー(CAN 2017)に向けて、予選が進行している。また2018年のワールドカップロシア大会に向けたアフリカ予選は来月の8日 . . . 本文を読む
コメント

大きなお尻の女性がモテる話〜アフリカン・ビューティー事情

2016-05-17 07:00:01 | アフリカ音楽・アート
きょうはアフリカン・ビューティー事情について。 ここ一週間くらい、ここアビジャンのメディアでかわるがわる話題になっているトピックがある。それはこちら。 コートジボワール: ヒップを大きくする1001のテクニック(oeildafrique.com) 日本ではどちらかというと小顔、小尻が好まれ、女子もシェイプアップに励むケースが多いのではなかろうか。しかしこちら、アフリカでは大きいことはいいこ . . . 本文を読む
コメント

コートジボワールに地下鉄?!〜アビジャン・メトロ計画

2016-05-16 07:30:51 | アフリカビジネス
きょうは月曜日、'Lundi Business'の日。といいながら、すみませんアビジャンの公共交通サービスのお話を続けます。でもすこしマジメに。 きのうまで二回にわたって、アビジャンの伝統的な、また最新の公共交通について述べてきたところ。 バカがオロオロする話 第一話 アビジャンの伝統的な公共交通 第二話 進む新しいサービス そしてきょうは未来の話。ご存知の方も多いと思うが、アビジャン . . . 本文を読む
コメント

バカがオロオロする話?(2)〜そしてアビジャンの新しい公共交通

2016-05-15 07:30:46 | 渡航・生活情報
昨日から話題にしている「バカがオロオロする話?」。前回はアビジャン市民にとっては欠かせない「伝統的な」市民の交通の足、バカとウォロウォロをご紹介した(→こちらをご参照!)。しかし最近では、新しいシステムも登場している。きょうはそちらの話題も少々。 ひとつめは、公営企業体である(SOTRA : Société des Transports Abidjanais) が運行する路線バス、愛称「モンビ . . . 本文を読む
コメント