ボランティアセンターのYさんを支える会

なごやボランティア・NPOセンター(指定管理者NPO法人ワーカーズコープ)の『ホームレス職員』ことYさんを支える会です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なごやボランティア・NPOセンター前で抗議行動(JANJAN)

2010-03-15 | Yさん「しらんまに解雇」事件
http://www.janjannews.jp/archives/2882994.html
(労協関係者(一部だとよいのですが)が、JANJANにおいて、Yさんが別名で記事を投稿し、ワーカーズコープを誹謗中傷している、とのデマを流しているので解説します…この記事を書いているのは「酒井徹」さんであり、Yさんではありません。両者を混同したまま裁判の場でも主張をし続けるというのは、両者に対して失礼です。)

なごやボランティア・NPOセンター前で抗議行動

酒井徹

「常勤」約束直後に勤務シフト激減

■抗議の男性を解雇
 名古屋市の「なごやボランティア・NPOセンター」で非常勤職員として働いていた男性(35歳)が、いきなり勤務シフトを激減された上、これに抗議していたところ解雇されたとして地位保全などを求める仮処分を名古屋地裁に申し立てている問題で、男性職員と筆者を含むその支援者が3月14日にセンター前で抗議・宣伝行動を行なった。

1

「なごやボランティア・NPOセンター」前で訴える筆者。NPO法人ワーカーズコープは、日雇労働者の労組・「全日自労」の仕事起こし運動に起源を持つ。「働ける者にはカネより仕事を」という先輩方の誇り高い理念を投げ捨てる暴言は許せない!」と批判。


 当初は常勤職員とほぼ同様、フルタイムで勤務していた男性は、「直前には上司から『これからは常勤職員としてがんばってもらう』と声をかけられていたにもかかわらず、いきなり勤務シフトを削減され、それまで月20万円あった給料が8万円にまで激減した」と主張。それに対して、指定管理者として同センターを名古屋市から委託されて運営している「NPO法人ワーカーズコープ」は、男性を常勤職員にする旨の話をしたことは認めつつ、「酒席でのこと」であるとしてその責任を認めていない。
 
 収入が激減した男性は医者にもかかれず持病が悪化。アパートの家賃も払えなくなり、一時ホームレス状態となったあと、生活保護を受給して今に至っている。
 
■生活保護で生活できるから訴えを認める必要はない!?
 NPO法人ワーカーズコープ側は現在、裁判の主張書面の中で、男性が仮払いを求めている解雇直前の賃金が生活保護費を下回っていることを理由に、たとえ男性の主張が認められても賃金を仮払いする必要性はないとの主張を行ない、「不当解雇のツケを市民・納税者に押しつけるものだ」と大きな波紋を呼んでいる。
 
 法人側の主張は次の通りである。
 
 《本件申立が認められるに至った場合でも,その仮払いされた金額の分だけ生活保護費が減額されるのみで、現在債権者(筆者注:=男性)が受給している金額よりも多くの金員が債権者の手元に入るわけではない。すなわち、本件申立が認められようと却下されようと、債権者の経済状態に変化は生じないのである。
 したがって、賃金の仮払いを求める本件申立ては、「債権者に生ずる著しい損害又は急迫の危険を避けるためこれを必要とするとき」(民事保全法23条2項)には該当せず、保全の必要性は認められない。〔注1〕》

 これに対して男性側は、「こんなひどい主張は聞いたことがない。人を不当解雇しておいて、『税金でメシ食わしてもらえるんだからいいじゃないか』と開き直っているに等しい。自分は好きこのんで生活保護費以下の賃金になったのではない。本来ワーカーズコープが払うべき給料を払わないから生活保護を受けざるを得ないようになっただけなのに」と憤りをあらわにする。
 
 「私がもらっている生活保護費は本来市民の税金です。確かにこの裁判に私が勝っても、そのお金でそれまでにもらった生活保護費を名古屋市に返還することになるだけですので、私にとっては1円の得にもならないことは事実です。けれど、だからといって、本来給料を払うべきワーカーズコープが給料を払わず、その分税金で穴埋めされるような状態が許されるわけではありません」。
 
 名古屋地裁での仮処分裁判はまもなく結審を迎える予定だ。男性とその支援者は、仮処分での勝利と早期復職の実現を目指し、「なごやボランティア・NPOセンター」前での利用者・市民への働きかけを今後強めてゆく方針だ。
 
 〔注1〕上記のNPO法人ワーカーズコープの主張に対しては、男性の代理人である名古屋共同法律事務所の森弘典弁護士が以下のように反論している。
 《これは使用者としての雇用責任を顧みない主張と言うほかない。
 そもそも生活保護費を下回る平均賃金しか受け取れないようになったのは、債務者(筆者注:=NPO法人ワーカーズコープ)が債権者(筆者注:=男性)のシフトを削減したからである。債務者がシフト削減をしたため、債権者は働いて得た収入により生活することができなくなってしまい、居住していたアパートの賃料が支払えず、ホームレス状態となってしまったのである。
 しかも、債務者は自ら債権者を解雇しておきながら、債権者は生活保護費を受給しているから本件申立てが認められようと却下されようと債権者の経済状態に変化は生じないと主張しているが、生活保護が受給できているからこそ、債権者は何とか生活できているのであって、債権者の主張は国、自治体の負担、ひいては国民の負担の下に自らの責任を免れるものと言うほかない。生活保護では他の法律または制度による保証、援助等を受けることができる者または受けることができると推定される者については、極力その利用に努めさせることとされており(他法他施策の優先、生活保護法4条2項)、生活保護が賃金支払いに優先されるべきものではない。このような主張が通るのであれば、使用者は労働者を不当解雇したとしても労働者が生活保護を受給しさえすれば仮払いする必要がないこと、つまり、その責任を国、自治体、ひいては国民が負担しなければならないことになる。》
 

◇記者の「ブログ」「ホームページ」など
 酒井徹の日々改善
 http://imadegawa.exblog.jp/
『事件』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市民の声に支えられつつ…なご... | トップ | なごやボランティア・NPO... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメありがとうございます。 (ももたろ)
2010-03-15 12:49:50
 コメありがとうございます。名古屋の役所の人間はおかしいことは中と外と両方で働いてきた経験からよくわかります。

 抗議活動をしていることも大変であるとともに、出来ることをしている点で立派だと思います。

 変えるという点に関しては、やはり上からものをいえないと変わっていかないでしょう。

 市議がお飾りになっていることが一番の問題と考えます。

 問題点を理解できたものが上に立ち問題解決を図っていかないといけないでしょう。

 次の市議選挙を考慮されてはいかがでしょうか?

 労働組合の絡みがどうなっているかはわかりませんが、一緒に出来るのであれば協力体制で市議会の少なくても過半数をしめることが出来たらと思っています。

 そうすれば、おかしな役人をリストラすることも出来るでしょうし、問題の根本からの解決を図ることになると思います。

 今の権力機関は三権分立とはうたっていても結局のところは金を握っている行政に権力集中しているわけですし。

 それを統制する公選制の議員なり首長にならなければ正すことは難しいと思いますよ。そこだけが役所の唯一開いた穴ですから。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。