ボランティアセンターのYさんを支える会

なごやボランティア・NPOセンター(指定管理者NPO法人ワーカーズコープ)の『ホームレス職員』ことYさんを支える会です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『解雇されたら税金で暮らせばいいじゃない』労協・驚愕の主張…新チラシの紹介

2010-03-19 | 最新情報




■ワーカーズコープ、裁判の席上『とんでもない主張』を展開?!

2009年6月、「なごやボランティア・NPOセンター」で2度目の解雇事件が勃発しました。
解雇されたのは職員Yさん。おなじくボランティアセンターで発生した「KY解雇事件(08’5月)」で活躍した、
名古屋イキナリ労組の書記長を務めていた人物です。
Yさんは、ボランティアセンターの管理・運営を名古屋市から委託されている、
NPO法人ワーカーズコープによる「組合つぶし」攻撃の末に解雇されました。
そして、裁判に立ち上がったYさんに、ワーカーズコープは、「とんでもない内容」を言い放つのでした…

『解雇されたら税金で暮らせばいいじゃない?』

名古屋市の施設を運営している組織が、このような破廉恥
なことを言い放って、よろしいのでございましょうか?
奥様!! このような事を言い放つ人たちを、市民の税金で運営する施設に入れておくなんて、
許されることではないと、お思いになりませんこと?
旦那様!! 一生懸命働いて、ワーカーズコープに尽くしながらも、
ホームレスにまでなったYさんの話をどうか聞いてやってくださいまし!!
監禁査問されても真実を通した彼こそは、本当の勇士、救国の英雄ですわ!!!

…Yさんは、伏見ボランティアセンターの非常勤職員として働いていました。
ボランティア・NPO・市民活動などの経験があるYさんは、常勤職員よりも沢山の仕事をこなしており。
その活躍ぶりを目にしてか上司から
8月15日からは常勤職員になってくれ』と声をかけられます。

ところが、逆に9月勤務のシフト半減、それまで月20万円あった給料が8万円以下にされてしまいました。
突然のシフト削減は、Yさんが労働組合に好意的であったことが関係があるようでした。
シフト削減と同時に労働組合を潰すために、8名ほどの職場に、ほぼ同数の本部職員が動員され
Yさんと労働組合の仲間達は、賃金の出ない会議に出席を命じられたり
倍増した職員によって「多数決」で追い出しをされたりと、日々嫌がらせを受けるようになりました。

そして、生活保護基準以下に収入が激減したYさんは医者にもかかれず持病が悪化。
アパートの家賃も払えなくなり、一時ホームレス状態となりました。
そして、Yさんの責任ではない情報流出事件をめぐり監禁査問され
自分がやったと認めないこと」を理由に解雇されました。
監禁査問によりYさんは発病。やむなく生活保護を申請しました。

Yさんは「市民に愛されるセンターで起こったこと」を世に知らしめ、
非道なNPO法人ワーカーズコープ(労協センター事業団…協同労働の全国組織)の実態を暴く裁判に立ち上がりました。

■生活保護で生活できるから訴えを認める必要はない!?

NPO法人ワーカーズコープは、裁判上で
集団的自己雇用関係であって雇用関係はない」などと珍妙な主張を展開したり、
全く関与していない事件をYさんの責任にしたり、
賃金の出ない職場会議へ出席しないことを難癖を付けたり、
差別的な内容の業務命令を履行しなかったことを非難したり、
ボランティアセンターの不祥事を報道した記者をYさんを同一人物と主張して揶揄したり、
動員された本部職員にYさんを「仕事ができない・仮病だ」と誹謗中傷させたり、
当局から派遣した組み合い潰しの所長を「神様に見えた」と書いた陳述書を提出したり、
ありとあらゆる「あっとおどろく」主張を展開してきました。

そして最後には、シフト削減後のYさんの賃金が生活保護費を下回っており、
現在Yさんが生活保護を受給していることを理由に、
賃金仮払いの必要はない」と主張して、
Yさんと弁護士が目を丸くする、という事態に至りました。
これにたいして、支持者やボランティアセンターの利用者からは、
不当解雇のツケを市民・納税者に押しつけるものだ
解雇されたら税金で食えというのか?!」 
などと大きな波紋を呼んでいます。
以上のことは全て、名古屋市の施設である
「なごやボランティア・NPOセンター」で発生した本当の事件です。
市民(シトワイヤン・シトワイエンヌ)の皆さんの注目をお願いします。


チラシの登場人物

●ワカー・コポトワネット嬢
解雇されたら税金で暮らせばいいじゃない? 生活保護基準以下の賃金のヒラの組合員なんて、それでいいのよ。オホホホホ

●悲嘆に暮れるYドレ氏
嗚呼、俺の信じた協同労働(*1)とは、こんなものだったのか

●ロウキョ・ユニオン・デイ・ヘルネン伯爵のコメント
失望するな青年よ、わが母国(*2)の労協(ワーカーズコープ)には、
そんな無体なことを言うものはいないぞ。希望を持て!!

*1 「協同労働」とは労働者が出資して経営に参加する働き方。このような働き方を、労働者協同組合(労協)・ワーカーズコープなどという。実はYさんも出資している。
*2スウェーデンやイタリアでは、労協は先進的な取り組みとして注目されているが、労働組合は存在しており、人を監禁査問したり、組合つぶしなどはしない。


ボランティアセンターのYさんを支える会・準備会460-0024 名古屋市中区正木4-8-8 メゾン金山303 名古屋ふれあいユニオン気付
TEL:052-679-3079 FAX: 052-679-3080 nagoya_vnpo_mondai@mail.goo.ne.jp
ブログ http://blog.goo.ne.jp/nagoya_vnpo_mondai/
mixiコミュニティ http://mixi.jp/view_community.pl?id=4594401

当会ではカンパ・賛同人を募集しています。
カンパ個人一口1000円。会報も発行予定。
郵便振替 00800-8-126554 名古屋ふれあいユニオン(「Yさんを支える会」とお書き下さい)

準備会呼びかけ人・酒井徹(名古屋ふれあいユニオン運営委員長)
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『名古屋ボラんぽセンター連続解... | トップ | NPOセンター労組書記長解雇事... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。