JA1WSE移動アマチュア無線研究場

無線研究活動を写真と日誌で記録するノート

NEC CQ-P6300 3W AM/FM TRANSCEIVER

2017年07月05日 | アマチュア無線
DC12Vはサトーの2Pだが特殊
 イヤーホンJの白線が切れていた
 白線をハンダ付けしたがSPは音を発せず、このSPのムービングコイルは断線していた。仕方がないSPを交換しガリッ!と音が出るまでに修復した・・これくらいまでは回路図なくともできた。しかし受信音はまだしない。回路図を探しに行こう??どこにあるかな???
いくつかTrはコレクターに電圧がのってる。どうやら 送信状態になったままのようだ。
 マイクコネクターも他社のものと全然違う。PTTもピンに出ているのだろうが全く見当つかず 印刷ないのが困る。
 プリント基板のハンダ面をチェックしてみたいのだが簡単には開けられそうもない。さてどうーしたもんじゃろーのー
 インターネットで回路図を探してみようにも NEC panasonic TOSHIBA など無線機?アマチュア無線?TRANSCEVER?なんて検索にかからないし弱った
 YUPITERUは偉い取説の後ろに縮小した SCHEMATIC Diagramを載せていた

初めは電源がオンできない。電源が オンできたが音がでない。イヤーホンジャックの線1本断線修正。スピーカー線接触不良。スピーカーの不良断線。ここまではチェック終わり、だがまだ先が長い
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6m & Down コンテスト | トップ | 群馬県支部大会 甘楽町 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。