一顆明珠~住職の記録~

尽十方世界一顆明珠。日々これ修行です。いち住職の気ままなブログ。ときどき真面目です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

北条綱成公生誕500年墓前法要

2015年05月06日 | 思い・お寺の活動





今日は地域有志の方々が集まり、当寺、龍宝寺開基、北条綱成公の生誕500年の墓前法要を行いました。

最近は地域の方たちの郷土史への関心も高まり、市内のたくさんの小学生たちが境内にある民俗資料館に訪れるようになりました。

また鎌倉市も小田原市などと連携して、全国5市で、北条五代のNHKの大河ドラマ化を実現させる運動も進めています。





アニメ風のキャラクターでは、わが綱成公は右下の黄色い「地黄八幡」の旗指物を持っている武将です。キャラ紹介にもあるように、とにかく戦に強く武勇に名を馳せた武将でありました。また北条三代、氏康公に厚く信頼され、二人は義兄弟の絆で結ばれていました。

綱成公、もしドラマ化したら、どんな役者さんが演じるんだろう・・・
氏繁公、氏勝公は?

関東一円に、民に優しい平和な治世を築いた後北条氏。

NHKドラマ化を切望します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入檀式

2015年04月30日 | 思い・お寺の活動


恒例の入檀式引続き役員会が無事に円成(成功)。

今年は5軒の方が入檀されました。

苦手な法話もどうにかこうにか(^-^;

入檀者の方々も晴れ晴れとしたお顔をされていたので、いいお勤めになったと思います。

春の大行事が終わってホッと一息です・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花祭り

2015年04月08日 | 寺報 『明珠』






今日は花祭り(釈尊降誕の日)。

甘茶をかけてお釈迦さまのご生誕をお祝いいたしました。

今年はこのお天気なので人影もまばらでした・・・。


入園式、進級式の方は、無事に終了。

明日からまた194人の子どもたちが幼稚園に通ってきます(^-^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花祭り準備

2015年04月07日 | 思い・お寺の活動






小雨降る中、家族総出で境内のお花摘み。

今年もなんとか花祭りの準備完了!

今年は染井吉野も散ってしまい、花も少なめだったけど、
椿たちが活躍してくれました。

花御堂に飾った花々たち。
(椿、桃、雲南黄梅、紫花菜、蘇芳、雪柳、水仙、山桜、木瓜、樒)

明日は花祭り!そして入園式♪

気合い入れていこう!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

KANO 1931 海の向こうの甲子園

2015年02月14日 | 映画


『KANO 1931 海の向こうの甲子園』という映画を観てきました。

日本の台湾統治時代、台湾の嘉義農林学校が甲子園に出場し、準優勝したという実話に基づいた映画です。

突っ込みどころは多々あるものの、彼らの白球にかける熱い思いに、心がポカポカと温かくなりました。

当時の台湾の人々が50年もの長い間、民族の違いを問わず日本人として生活していたこと。

その事実を思想信条は抜きにして、現代を生きる日本人に知って欲しいと思います。

彼らの多くが望むのは、決して謝罪ではなく、自分たちが日本人として生きたことを知って欲しい、認めて欲しいということなのだと思うのです。

というわけで今夜は台湾の誇るウィスキー、KAVALAN SINGLEMALTを台湾で大ブレークしたブラックサンダーとともに。

春節(旧正月)なので台湾人のカミさんは娘と一緒に台湾へ帰省中♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開山忌

2014年11月10日 | 思い・お寺の活動
11.9 当寺恒例の開山忌でした。

無事に終わってホッとしています。

今回はご随喜が多かったので、置き茶湯ではなくて伝供ができました。

法要前のチャリティ寄席は、今回は、真打 三遊亭遊雀師匠。
私は準備があるので、聴けませんでしたが、
母は、いつもよりも笑い声がよく聞こえたとのこと。

今回の檀家さんの参加者は40人余り。

う~ん、もちっと集まらないものか・・・

若い人が集まれるような行事も思案中です。

ちなみにチャリティ寄席では26,000円の寄付金が集まりました。
プラス4千円はお寺で出して3万円をシャンティ国際ボランティア会(SVA)に寄付いたします。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『ローマ人の物語 全43巻』

2014年09月27日 | 


塩野七生さんの『ローマ人の物語 全43巻』読破!

読み終わるまで一年半くらいかかったかな・・・

もともとマルクス・アウレリウスのことをローマの文化や世界観から俯瞰して見るために読み始めたのだけど、
正直これほど夢中になってしまうとは思わなかった。

ローマ建国から滅亡までの栄枯盛衰はもとより、ローマ人の生き様にスポットを当てており、魅力的な人間像が生き生きと描かれている。
特にキリスト教が広まる前のローマの知的エリートたちの人生観は、ストア哲学がベースになっており、きわめて自制的かつ利他的で、
自己の使命に責任を持ち、冷静沈着に困難を乗り越えていく姿には感嘆を覚えずにはいられない。

また多神教であったローマは、実に寛容的でリベラルな社会でもあった。
奴隷の身分も固定的ではなく、奴隷からローマ市民になる道もあり、また植民地(属州)は搾取の対象ではなく、
ローマとの段階的な同化、共存共栄が基本路線であったのだ。だからこそ、あれだけの版図を長期にわたって維持できたのである。
それが五賢帝の時代が終わるとじょじょに、法律が改悪されたり、キリスト教が広まってついに公認されるにいたり、昔のローマの面影は失われていく・・・。
それとともに坂を転がり落ちるようにローマという国も衰退していくのだ。

ともあれ、現実主義に貫かれたローマという国のシステムは、きっと現代の政治にも生かせるし、気骨の塊のようなローマ人の生き様には、
骨抜きになった現代人にもいい薬になろう。

いや~感動した!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

夢をかなえるゾウ

2014年06月30日 | 


学生の頃から成功哲学の本を読みあさるものの、実行に移せたためしがないイタイ自分ですが・・・(^_^;)

オモロイよこれ!(笑)

ここで説かれている成功メソッドは、どれもどこかで読んだことがあるような内容だけど、関西弁のインチキくさい神さま(ガネーシャ)が、主人公に課題を与えていくという小説スタイルが斬新でユニーク!

ガネーシャのキャラが強烈すぎて、ついつい読んでいて笑ってしまう^^

とはいえ単なる自己啓発のハウツー本に陥らない、軽薄なユーモアの裏に、人生哲学的な深さも持ち合わせているから、まさにこの本は「あなどれない」のである。


~ネタバレ注意(最後のシーン)~


「成功しても、成功せんでも、気張って目標に向かって努力しても、ついに誘惑に負けて寝てしもても、ワシ、自分(お前)のこと好きやで。~略~」

「成功だけが人生やないし、理想の自分あきらめるのも人生やない。ぎょうさん笑うて、バカみたいに泣いて、死ぬほど幸福な日も、笑えるくらい不幸な日も、世界を閉じたくなるようなつらい日も、涙が出るような美しい景色も、全部全部、自分らが味わえるために、この世界創ったんやからな」


そしてガネーシャは言った。


 「世界を楽しんでや。心ゆくまで」




そう言ってガネーシャは消えていくのでした。

グッときました・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市塵(上・下)

2014年06月15日 | 


ちょっと前に読了した、藤沢周平「市塵(上下)」。

貧しい浪人儒者から立身出世し、
時の将軍、家宣の絶大な信頼を得て「正徳の治」と呼ばれる幕政改革に努めた、新井白石。

朝鮮使節待遇の改定、貨幣改鋳、武家諸法度改定など、次々と改革を推し進めるも、家宣が薨去し吉宗の代になって遠ざけられて失脚し、市中の人に戻っていく・・・。

貨幣改鋳については、経済学的に評価の分かれるところですが、
横行していた収賄や汚職を廃すための勘定吟味役の設置は、高く評価できると思います。

また、痛快だったのは、上から目線でいちいち難癖をつけてくる朝鮮使節に対して、彼我対等に徹し、一歩も引かない毅然とした白石の姿勢です。
しかしだからと言って、朝鮮使節を軽んじることなく、客人として真心を込めてもてなす誠実の人、白石。

そしてイタリア人宣教師シドッチとの対話。
子どものような好奇心で、シドッチから貪欲に西欧の知識を吸収し、それが後に「西洋紀聞」としてまとめられます。

とにかく博覧強記で著作も膨大。漢詩でも当代第一人者。

儒者でありながら観念に縛られず、使ってこその学問だという現実主義者。ときどき出てしまう人間くさいとこも可愛らしい(笑)

そして何より、国を動かすほどの実権を持ちながら、私利私欲を求めず、真摯に誠実に生きた生涯に脱帽です。

うちの寺(龍寳寺)のある玉縄植木が、白石公の知行地であったことを誇りに思います。



写真は玉縄小学校の校歌にも歌われている当寺の新井白石公ゆかりの石碑。

拙文を最後まで読んでくださった方ありがとうございました!

P.S.市塵には書かれていませんが、白石が皇位断絶にならないために創設した新しい宮家、閑院宮家は、今上天皇の系統です。天皇家にとって、いや日本にとって大恩人かも・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寺報『明珠』第4号

2014年05月31日 | 寺報 『明珠』


コメント
この記事をはてなブックマークに追加