風月庵だより

都会の雑踏に埋もれて生きている老庵主です。消えゆく前の雑音です。

『禅の風』良寛様特集

2016-07-19 16:39:30 | Weblog

7月19日(火)晴れ、暑いです【『禅の風』良寛様特集』】

『禅の風』45号が出ました。

良寛様の特集です。私も「道元禅師の道歌に学ぶ」として一文を掲載しています。

ご一読いただければ幸甚です。アマゾンでご購入いただけます。税込み1080円です。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

北の空の夕焼け

2016-07-10 20:09:25 | Weblog

7月10日(日)晴れ、暑し【北の空の夕焼け】

今日は参議院選挙でした。もう大勢は決まっているようですね。さて、晩課を終えて、お地蔵さまをお参りに出たところ、竹林の方向に茜色の雲が幾筋も見えます。竹林方向は北です。西はどうかと見ると鼠色です。

こういうことがあるのですね。気象学者に是非お教えいただきたいですが、この現象についてご存知の方がいらっしゃったら、お教えください。

北の空

 

西の空

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハッピーの写真

2016-07-09 10:52:09 | Weblog

7月9日(土)雨【ハッピーの写真】

私の記憶のために、すみませんが、ブログをお借りして記録させておいてください。

ところで、この頃、新たなオス猫が闖入してきて、外猫のチャチャが唸っています。去勢はしてありますので戦わないでしょうが、一応オスとしての本能で頑張っています。唸り声がしますと、すぐに私が出ていきますので、大事には至っていませんが、今までハッピーが守っていてくれたのだと思います。2枚の面白い写真が、たまたまデスクトップに置いてありましたので、同じ姿勢ですが、日付が違います。私の記憶のためにブログに載せておくことお許しを。

平成27年3月4日のハッピー

平成27年7月12日のハッピー

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スエーデンの離婚後の子どもたち 面会交流

2016-07-07 10:39:50 | Weblog

 、7月7日(木)晴れ、暑い【スエーデンの離婚後のこどもたち 面会交流】

もうすぐお盆の行事がありますので、このところお塔婆書きで忙しくしています。

ところで今朝、弟から聞きましたスエーデンにおける、親の離婚後の子どもたちについて、大変示唆に富んだことを教えてもらいましたので、書いておきたいと思います。

先ず、スエーデンには日本のような戸籍はないそうです。つまり所帯主は誰か、親が離婚してしまったとき、その子たちの籍は、母親か、父親か、またはほかの人が所帯主である戸籍に家族として登録されるわけです。しかし、スエーデンでは、すべて個人の住民登録だそうです。その個人の父親と母親の名前は登録されるそうです。

ところが、親が離婚し再婚した場合、母親の再婚相手なり、父親の再婚相手を、パパと呼ぶことも、ママと呼ぶことも、また義理の父、義理の母という戸籍はないのだそうです。母親の再婚相手なり、父親の再婚相手を、その人の名前で呼ぶのだそうです。ですから、彼なり彼女にしても、パパ面をすることもママ面をする必要がないと言えましょう。

また、子どもは、親は離婚しても、パパともママともいつでも会える権利があるので、日本のように離婚してしまったら、二度と別れてしまった親に会えないというような悲劇はないのだそうです。ただDVが原因の場合などは別でしょうが。日本も離婚に関して、以前ほどの暗い影はなくなりましたが、制度的にもっと子どものための目線から研究する必要があるのではないでしょうか。

しがらみ好きの民族性で、子どもも縛り付けたいと思うでしょうが、これからますます離婚する夫婦は増えることでしょう。ですから、子どもの立場について、もっと考えてもよいのではないでしょうか。

弟のスエーデンの息子が三度目の結婚をして、前の妻との間の子、今度の妻が連れてきた子、今度の妻との間に生まれる子、という家族構成になるにあたり、弟に教えてもらったスエーデンの個人の登録ということを教えてもらいましたので、紹介してみました。

たまたま日本では別れた親に会うことを面会交流というのだそうですね。

お塔婆書きに戻ります。猛暑ですから、皆さん、水分補給をお忘れなく。ビールは水分補給にはならないそうです。残念ながら。

(ママを囲んで、外が好きなチャチャと、内に入ったタローと。タローは自由に内と外を行き来しています。)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ハッピー天に帰る

2016-07-01 00:14:30 | Weblog

7月1日(金)【ハッピー天に帰る】

ハッピーが亡くなりました。6月21日の未明でした。最期は苦しんで亡くなりましたが、家の中に入れていましたので、多少は看病をすることができましたが、やはりもっとなんとかできなかったかと後悔が残っています。いつも私に餌を頂戴とまつわりついて、楽しい時をくれました。

まだまだ涙が止まりません。ふと思いましたら、2年前にモカちゃんが亡くなりましたが、7月21日でした。たまたま同じ月命日です。そして、畏れ多いですが、本師が遷化なさったのは、12月21日で、やはり同じ月命日ですから、諦めなくてはと思っています。

 

(元気なころのハッピーです。弱った姿よりこの方が追悼になるでしょう)

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は雨です つれづれなるままに

2016-06-13 09:16:19 | Weblog

6月13日(月)雨 【今日は雨です つれづれなるままに】

今日は雨です。梅雨といってもまだこの地方では、本格的な雨になっていませんでしたが、今日はかなり降っています。

土曜日と日曜日は、晴れていたので、竹林の竹切りに、檀家さんたちの応援を頼みました。200本くらい切ることができたようです。なかなか管理も大変です。

ぷくぷくハッピーと呼んでいたハッピーは、ガリガリハッピーになってしまいました。お医者さんは、癌ではないかということですが、最近闖入してきたマー君と戦ってから急激に衰えてきたように思います。食欲がまたなくなりましたので、抗生物質の注射をしてもらいましたら、食欲がでてきました。家の中に入ってきて、食べたり寝たりしています。

老猫でしたので、去勢手術をしなかったのですが、老いたりといえども、唯一の男猫として、マー君と戦ったようです。私が永平寺に出かけて留守にした後、急激に痩せ始めましたので、留守の間死闘を繰り広げたのかもしれません。せっかく餌をあげようと思って、手術をしたり、猫エイズ検査をしたりしたマー君が永平寺から帰ってきて以来姿が見えなくなりましたし、ハッピーがガリガリに痩せてしまいました。

私も少し仕事のペースが落ちまして、あれもこれも積もっている仕事をこなせなくて困っています。少し疲れたかもしれません。

頑張りましょう。三枚目の写真は寝ているところです。

皆さんも梅雨の間、体調管理にはお気を付けください。

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

猫の病気

2016-05-31 10:27:34 | Weblog

月31日(火)くもり【猫の病気】

寒かったり暑かったり、この頃の天気はおかしいですね。農家の檀家さんが言っていましたが、今年は菜の花にくる蝶々が全然来ないので、おかしい、異常気象になるかもしれない、と言っていました。皆さん、お体の調子はいかがですか。私は少しおかしいです。異常な眠気に襲われてしまい、少し風邪気味の時に起きる症状の一つです。

さて、猫の病気についてです。ぷくぷくハッピーと呼んでいた猫が、ガリガリになって、ほかの猫の2倍は食べていた食欲が全くなくなり、もうだめなのか、と思いました。一方の鼻が完全にふさがってしまっていて、くしゃみをすると鼻血もでるようになりました。

以前傷口が膿んでいた時に、生ローヤルゼリーをつけてあげたら、3日ほどで治りましたので、鼻のところにローヤルゼリーをつけたり少量なめさせてみましたところ、食欲がでてきました。

それでも以前のような元気はありません。このまま死んでしまうのか、よく生きたね、とか、私も声をかけていましたが、やはり病院に連れていくことにしました。

血液検査やら、エイズ検査やら白血病検査やらしてもらいました。血液検査では、特に内蔵に問題のない数値でした。お陰様でエイズでもなく、白血病でもありませんでした。歯の状態から10歳以上だということでしたし、長い間の野良生活だったのですから、エイズか白血病になっているかと心配していたのですが、それがなかったことは安心材料です。もしかしたら「鼻のガン」かもしれない、という見立てでした。

注射をしてもらい、抗生物質の薬をもらって飲ませることにしました。薬は餌に混ぜましたら、うまく食べてくれましたので、かなり薬の効果はあったようです。

食欲もまた戻ってきましたし、鼻血はとまりました。このぶんでは、もう少し生きてくれそうです。ということで、ガリガリの状態から、少し太ってきたハッピーです。もう死ぬのかしらと、あきらめていたのですが、最後まで猫生を全うしてほしいです。人間も最期まで身命を諦めないで生き切りたいと願っています。

話は変わりますが、このごろホームレスの方々の訪問が、頻繁になってきているようです。これからは訪問帳に記録してもらうことにしました。

(この写真はガリガリになる前の写真です。)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『修証義』解説本を出版しました

2016-05-25 17:36:15 | Weblog

を5月25日(水)曇り【『修証義』解説本を出版しました】

もうすぐ5月の幕も閉じそうです。このところ毎日忙しく夜になりますと、睡魔との闘いに敗れていまして、なかなかブログの記事を書けませんでした。実は先月『『修証義』解説-道元禅師に学ぶ人間の道と題した本を出版させていただきました。

出版社は佼成出版社です。

『修証義』は曹洞宗の宗典とされているお経です。道元禅師さまの『正法眼蔵』という著述から選び抜かれた言葉で紡がれたお経です。曹洞宗独自の経典ですが、説かれている内容は、曹洞宗に限らず、人間として学びたい生き方、仏教徒としての生き方が、説かれています。和文ではありますが、さらに和訳を付ける必要があります。四年にわたって、『曹洞禅グラフ』という季刊誌に連載させていただいたのですが、ところどころ訳が十分ではありませんでしたのと、やはり私自身の信仰が多少変わりまして、解説文もかなり手を加えさせていただきました。

また、終わりに『修証義』を詩文で表現させていただきました。これは深く考えたわけではありませんが、高校時代は詩人になりたいと思っていた私でしたので、自然に湧き出てきた言葉でした。実は高校時代はヘルマン・ヘッセに心酔していたことを思い出しました。

出家してから、生活がずいぶん変わりましたので、すっかり忘れていたのですが、そういえば詩人になりたかった私であったと、『修証義』を詩文化してから思い出したような次第です。

この人生、この身命、天と地とともに、お互いに生き抜いていきましょうとの願いにて書かせていただきました。

ご一読いただければ嬉しいです。

佼成出版社 03-5385-2323(販売)

楽天やアマゾンでもご購入いただけます。

定価、恐縮ながら:1400円+税

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

永平寺参拝

2016-05-10 07:59:10 | Weblog

5月10日(火)曇り【永平寺参拝】

先月、大本山の永平寺に檀家さんたち30名とともに参拝させていただきました。この度は道元禅師様の報恩授戒会の焼香師というお役を頂いての参拝でしたので、特に味わいの深い拝登でした。

永平寺の方々や、檀信徒の方々や、多くの方々のお助けを頂いて、無事にお役をつとめることが出来ました。

焼香師をつとめさせていただく記念に、『修証義』の解説本を出版させていただきましたので、そのうちご紹介させていただきます。

御訪問の皆様に、永平寺の緑をお届けしたいと思い、写した写真を観ましたが、宮崎禅師様が御建て下さったという写経塔の屋根と、祠堂殿の屋根が合間に見える杉木立の写真を一枚載せていただきます。

お山は緑のバリエーションが美しい頃でした。心が洗われる如く、目が洗われました。

過ぎ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マー君がいなくなりました

2016-05-04 21:13:13 | Weblog

5月4日(水)風強し晴れ【マー君がいなくなりました】

昨夜の雨と風は台風のようでしたね。実は今日ご法事があったので、心配していましたが、法事の始まるころには、風もおさまり、空は青く、気温も夏並みに暑くなりました。

さて、4月の26日から27日に永平寺に檀家さんたちと参拝に行ってまいりました。27日の夜は温泉で慰労会をさせていただきました。そのうちゆっくり報告をさせていただきたいと思います。

しかし、3日間留守にしましたら、せっかく手術をして、ハッピーと喧嘩をしないようにもしましたのに、マー君が姿を消してしまいました。

名前はマー君、人間に大事なことは誠です、猫にも大事なこととして誠ちゃん、マー君と名付けたのに、どこにいってしまったのでしょう。今頃何を食べているか、どこかの家で餌をもらっているのか、心配しています。

手術をしたので、戦えなくなりましたので、一層不憫です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加