風月庵だより

都会の雑踏に埋もれて生きている老庵主です。消えゆく前の雑音です。

八月九日

2016-08-13 15:08:52 | Weblog

8月13日(土)晴れ【八月九日】

長崎に爆弾が落とされてより七十一年、一発の原子爆弾によって、静かな人々の営みは一瞬にして、消えてしまいました。核保有国の人々は、この悲劇をみな本当に知っているのでしょうか。

黒木和夫監督の「tomorrow明日」という映画は、まだ脳裡に残っています。爆弾が落とされるまでの、市井の人々の平穏な暮らしを延々と描き、爆弾投下寸前の飛行機の音、たしか、「なんだろうね」というような桃井かおりの表情が、映されていたと思います。それは長崎のほとんどの市井の人々の姿であったろうと思います。

また昨年は吉永小百合さん主演の『母と暮らせば』という映画もありました。これは投下後の長崎の一人の婦人が描かれています。息子さんは、一瞬にして影も形もなく殺されてしまいました。そのような経験をお持ちのお母さんたちが、現実にもきっと多くいらっしゃったでしょう。

自分の身近には、被爆なさった方はいませんが、文字や記録映画などでしか知らないことではありますが、被爆国日本の一人として、核の保有は、世界人類の滅亡に通じていることは認識しているつもりです。毎年の事ですが、世界の平和を祈るばかりです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ポケモンGO侵入禁止

2016-08-08 11:08:22 | Weblog

8月8日(月)晴れ【ポケモンGO侵入禁止】

最近、お寺とは関係ないような方々が、入ってくるので、お参りにしてはおかしい、と、思っていた。数日前、檀家さんの坊やがスマホを手に入ってきたので、「ポケモンをやっているの」と聞いたところ「ジムになっています」という答えであった。

ジム!!!!それは戦いの場であるという。とんでもない!!!

「だめ!お寺でそんなことはだめ!第一ゲームばっかりしていてはだめよ!!〇〇家の宝物が交通事故にでもあったらどうするの。」と、一喝いたしました。

それからも若い男女が自転車でやってくるので、すぐに「ここはジムではありません。」と追い返しました。それからパソコンで削除申請ができるということを教えてもらいましたので、昨日削除申請を出しておきました。

しかし、今朝も、パパらしき人と、二人の5歳くらいの少年が、山門の前に腰をおろしているので「ポケモンですか、ここは禁止です」と言いましたら、「貼ってありますか」と言うので「貼ってなくても、ダメです。第一ゲームは子供さんのためにもほどほどにしてくださいね」と一言付け加えました。

このような親が、やがて「うちの子は勉強もしないで、ゲームばかりして困る」と嘆くことになるのではないでしょうか。

また、ゲームとはいえ、相手を倒すことを「ゲット」などと言って頭にすりこまれて、平気で人を傷つけるように育っていくのではないかと危ぶむのです。

ポケモンはタダですか?お金がいるのですか?

親が買い与えるから、ゲームをするのでしょうし、大人の人たちは、一生懸命働いたお金をつぎ込んで、任天堂を儲けさせて、お疲れさま、と言いたいです。

人生の大事な時間をゲームにつぎ込む現代の状況を、はっきりと嘆きます。

とにかく削除申請を出しましたので、受け付けられましたから、そのうち削除されるでしょう。思いがけず、現代の問題と立ち向かった朝でした。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

八月六日

2016-08-06 11:01:24 | Weblog

8月6日(土)晴れ【八月六日】

よく晴れた空だったそうですね。世界に唯一の被爆国である日本の人間として、二度と原爆をこの地球上に落とさないことを願うばかりです。

向こう隣に北朝鮮を控えていますので、うかうかとしてはいられません。14万人もの人間が、一発の爆弾によって、命をおとしてしまった事実を、世界中は知らなくてはならないでしょう。人間のみならず数え切れない多くの猫や犬や動物たちも一瞬にして命を奪われたことを知らなくてはなりません。

今日は平和の祭典、オリンピックの開催日でもあります。地球の一隅で開かれている世界平和の祭典。同じ戦いでも、スポーツによる戦いは、平和であるからできることですね。

全く次元の違う話ですが、『器之為璠禅師語録外集』という自分が編著した本の「解説」を、今朝たまたま読んでいましたら、器之のお母さんの御命日でもありました。宝徳2年(1450)のことですが。

皆様の、本日の8月6日、いかが過ごされますでしょうか。お大事に過ごされますように。

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

八月になりました。

2016-08-04 09:20:21 | Weblog

8月4日(木)晴れ【八月になりました】

何もしなくても、八月になりました。あっと言う間です。私もこの八月さえ乗り切れば、少し余裕の時間がとれます。もう少し、母親と遊んであげないとと思っています。なんといっても百歳ですから、もうすぐあちらの世界に行ってしまうでしょう。その前にこちらの世界で遊んであげなくてはなりません。

なんでも仕事を引き受けるのは、八月月末の仕事を最後にしなければと思っています。これから、本腰を入れて、学ばなくては、月末のお話は意味のないものになってしまいます。

頑張りましょう。命のある限り。皆様もお体お大切に!!!!

(ふと見つけた、天の芸術品です)

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

呆けました

2016-07-30 18:54:39 | Weblog

7月30日(土)晴れ、暑い【呆けました】

呆けたのは私です。母ではありません。鍵と免許証をなくしたと思い、友人にあちこち探していただきましたが、なんと、車の中に置き忘れていました。キャリーバッグの中にたしかにいれた、と思い込んでいましたから、どこかで落としたのではないかと思ってしまったのです。

それでも、もしかしたら、車の中に置き忘れたのでは、と思いましたら、やはり、車の中でした。「たしかに入れた」というあの思い込みは一体なんだったのでしょうか。本当に呆れてしまいました。しかし、今回、あったからよかったですが、もし免許証と家の鍵を落としてしまっていて、親切な方に拾われていたらよかったですが、もし、よからぬ方に拾われた場合、免許証と家の鍵を一緒に入れておくのは、危険だとつくづく思いました。

もし車の中になかったら、鍵を取り換えなくてはならないと、電車の中で思っていました。でも、ありましたので本当によかったです。

今までこのような勘違いをしないで、生きてきましたので、これは少し呆け始めたかと、我がことながら、心配いたしました。他の方には、決して「呆け」という言葉は使えませんが、我がことなのでお許しください。とにかくこの暑さの中で、なんとか生きてさえいればよい、と思いつつ、この夏を乗り切りましょう。皆様、どうぞ、ご無理なさらず、日々を送れさえすれば、十分と心静かに生きましょう。

(タローちゃん、\(^o^)/)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

夏バテ

2016-07-29 20:50:43 | Weblog

7月29日(金)晴れ【夏バテ】

梅雨明けしたとたんに暑さが増しました。背丈ほども庭の草が伸びてしまっていましたので、頑張って草取りをしました。さすがにバテました。どうして、草はかくも元気にすくすくと成長するのでしょうか。皆さんはいかがですか。

明日はいよいよ都知事選挙です。(明後日の間違いでした)。都民でしたら、まだ悩んでいると思います。21人の候補者のどなたに投票したらよいか。

誰がなっても同じだから投票に行かないという方もいるかもしれませんが、参議院選挙の時も、スエーデンに住んでいる知人が、日本の投票率の悪さに驚いていました。スエーデンでは、80%以上投票に行くそうです。

夏バテを乗り越えて、投票所にお出かけくださいませ。皆様、どうぞお元気でこの夏を乗り切ってくださいますように。

(タローたちのママです)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

『禅の風』良寛様特集

2016-07-19 16:39:30 | Weblog

7月19日(火)晴れ、暑いです【『禅の風』良寛様特集』】

『禅の風』45号が出ました。

良寛様の特集です。私も「道元禅師の道歌に学ぶ」として一文を掲載しています。

ご一読いただければ幸甚です。アマゾンでご購入いただけます。税込み1080円です。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

北の空の夕焼け

2016-07-10 20:09:25 | Weblog

7月10日(日)晴れ、暑し【北の空の夕焼け】

今日は参議院選挙でした。もう大勢は決まっているようですね。さて、晩課を終えて、お地蔵さまをお参りに出たところ、竹林の方向に茜色の雲が幾筋も見えます。竹林方向は北です。西はどうかと見ると鼠色です。

こういうことがあるのですね。気象学者に是非お教えいただきたいですが、この現象についてご存知の方がいらっしゃったら、お教えください。

北の空

 

西の空

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハッピーの写真

2016-07-09 10:52:09 | Weblog

7月9日(土)雨【ハッピーの写真】

私の記憶のために、すみませんが、ブログをお借りして記録させておいてください。

ところで、この頃、新たなオス猫が闖入してきて、外猫のチャチャが唸っています。去勢はしてありますので戦わないでしょうが、一応オスとしての本能で頑張っています。唸り声がしますと、すぐに私が出ていきますので、大事には至っていませんが、今までハッピーが守っていてくれたのだと思います。2枚の面白い写真が、たまたまデスクトップに置いてありましたので、同じ姿勢ですが、日付が違います。私の記憶のためにブログに載せておくことお許しを。

平成27年3月4日のハッピー

平成27年7月12日のハッピー

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スエーデンの離婚後の子どもたち 面会交流

2016-07-07 10:39:50 | Weblog

 、7月7日(木)晴れ、暑い【スエーデンの離婚後のこどもたち 面会交流】

もうすぐお盆の行事がありますので、このところお塔婆書きで忙しくしています。

ところで今朝、弟から聞きましたスエーデンにおける、親の離婚後の子どもたちについて、大変示唆に富んだことを教えてもらいましたので、書いておきたいと思います。

先ず、スエーデンには日本のような戸籍はないそうです。つまり所帯主は誰か、親が離婚してしまったとき、その子たちの籍は、母親か、父親か、またはほかの人が所帯主である戸籍に家族として登録されるわけです。しかし、スエーデンでは、すべて個人の住民登録だそうです。その個人の父親と母親の名前は登録されるそうです。

ところが、親が離婚し再婚した場合、母親の再婚相手なり、父親の再婚相手を、パパと呼ぶことも、ママと呼ぶことも、また義理の父、義理の母という戸籍はないのだそうです。母親の再婚相手なり、父親の再婚相手を、その人の名前で呼ぶのだそうです。ですから、彼なり彼女にしても、パパ面をすることもママ面をする必要がないと言えましょう。

また、子どもは、親は離婚しても、パパともママともいつでも会える権利があるので、日本のように離婚してしまったら、二度と別れてしまった親に会えないというような悲劇はないのだそうです。ただDVが原因の場合などは別でしょうが。日本も離婚に関して、以前ほどの暗い影はなくなりましたが、制度的にもっと子どものための目線から研究する必要があるのではないでしょうか。

しがらみ好きの民族性で、子どもも縛り付けたいと思うでしょうが、これからますます離婚する夫婦は増えることでしょう。ですから、子どもの立場について、もっと考えてもよいのではないでしょうか。

弟のスエーデンの息子が三度目の結婚をして、前の妻との間の子、今度の妻が連れてきた子、今度の妻との間に生まれる子、という家族構成になるにあたり、弟に教えてもらったスエーデンの個人の登録ということを教えてもらいましたので、紹介してみました。

たまたま日本では別れた親に会うことを面会交流というのだそうですね。

お塔婆書きに戻ります。猛暑ですから、皆さん、水分補給をお忘れなく。ビールは水分補給にはならないそうです。残念ながら。

(ママを囲んで、外が好きなチャチャと、内に入ったタローと。タローは自由に内と外を行き来しています。)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加