風月庵だより

都会の雑踏に埋もれて生きている老庵主です。消えゆく前の雑音です。

老老介護の行方 弱音 

2018-02-21 11:56:08 | Weblog

2月21日(水)曇り寒し【老老介護の行方 弱音】

目下介護で大変な皆様、いかがお過ごしですか。ちょっと目を離したすきにとんでもない状態になっていたりしていませんか。

こちらは、お寺の境内に外トイレをつくらねばならず、大工さんと打ち合わせをして中に戻ってきましたら、母の大(faeces)で大変なことになっていました。久々に一首できました。

百歳(ももとせ)を 越えにし母の きりのない トイレ介助に 魚の目痛し

あまり優雅な歌ではありませんが。以前はよく和歌を詠ったりして、昔は朝日花壇にもときどき選んでいただいたりもしましたが、出家してからはあまり和歌を詠む心境ではなかったようです。その代わりといってはなんですが、道元禅師様の和歌の研究は論文も発表しましたし、解説も本に載せていただいたりしています。

なぜ魚の目が痛いかと言いますと、夜となく昼となくトイレ介助のたびに、ポータブルトイレの中を洗浄するためにトイレと洗面所の往復をするためなのです。説明すると余計に無粋になるかもしれませんね。

それにしても、あまりに無粋な五七五七七で失礼しました。とにかく仕方ない、やるしかありません。住職をやめるわけにもいきませんし、今のところ、介護をやめるわけにもいきません。それでもこうしてブログを書ける暇がありますから、良しといたしましょう。施設に預けるのは、可哀想かと思う気持ちもありますが、私が倒れるわけにはいきませんので、今申し込んでいます南向きの明るい施設に空きができましたら、預かってもらおうと思っています。

介護中の皆さん、自分自身の体調もお気を付けくださいませね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老老介護の行方 病院の食事についてのクレーム

2018-02-17 17:45:31 | Weblog

2月17日(土)午前中晴暖か、午後曇り寒い【老老介護の行方 病院の食事についてのクレーム】

母をインフルエンザ騒動から救い出して、また在宅介護に戻りました。前のようにポータブルトイレも使えますし、歩行器を使って食事の度にベッドから食卓まで歩けるようになりました。お陰様でなんとか介護はできそうです。

しかし、私があまりに忙しく、晋山式という儀式も予定があり、檀務(お寺の法事等)も忙しく、三度の食事作りから、度々のトイレ介助などで、オーバーワーク気味です。南向きの気持ちのよい施設が空いたら、預かってもらいたいと思っています。

それにしましても、病院の食事というものがいかにマズイかということを経験しました。あれでは、治る病気も治らないのではなかろうか、とつくづく思いました。ドクターは母の食事が進まないのをご覧になって、「食欲も無いし、老衰ですね」と半ばあきらめぎみなご意見でした。しかし、食欲が無いのではなく、あまりにおいしくないので食欲がわかないのだ、と思いました。母に運ばれてきたおかずを味見してみましたが、本当においしくありませんでした。それでもドクターが許可を出してくださったので、毎日食事を運んでいくことができ、母の体力は回復することができましたが、もし食欲がないままに任せていたら、はたしていかがでしたでしょうか。

よく病院の食事はおいしくない、と聞きますが、塩気を制限するにしても、おいしく料理することはできないものでしょうか。出汁をきかせるとか、なにか改善すべきではないでしょうか。あれほどまずくては、たすかる病人も助からないかもしれないと思いました。何品も出さなくてよいから、一品本当においしいおかずを出せば、それだけで体力を戻せる病人もいるのではないでしょうか。

今日は法事やらなにやらで疲れてしまったようで、半分眠りながら、この記事を書いています。まだ夕方の六時ですね。これから夕飯を作って、母と食べます。いつまで母との食卓がつづけられるでしょうかしら。

(昨年やっと建立することができた合同供養塔です。もう紹介したでしょうか。とても白衣観音様が優しい感じでしょう。)

 #合同供養塔

#百衣観音

#病院食

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

老老介護の行方 施設からの退去

2018-02-10 12:50:54 | Weblog

2月10日(土)曇り【老老介護の行方 施設からの退去】

ショートスティーに来ている方がA型インフルエンザでしたので、お母さんにタミフルを飲ませます。症状がでても軽くすみますから、という電話が、一昨日面会から帰ってしばらくしたらかかってきました。さらに五日間ほど面会はご遠慮ください、ということでした。毎日あまりに仕事がありすぎて、毎日の面会に少し疲れていましたので、五日間休めるのでよかった、とはじめは思いました。

しかし、もしも高齢の母がインフルエンザ・ウイルスにやられてしまったら、重篤な結果になるかもしれない、と思い返し、昨日母を迎えに行きました。トイレ介助が問題ですが、なんとかなるでしょう、と思いました。電話でその旨を申し入れました。

お母さんの近くで食事をした方が発症しましたので、申し訳ありません、と言われましたので、益々、すぐに連れ帰らねばと思いました。兄と友人を頼んで施設に行きました。

必要なお品を下までお持ちしますから、ロビーでお待ちください、と言われましたが、「家に持ち帰るものは私でないとわかりませんので、部屋に行かせてください」と申し入れをしましたら、「実は今、お母さんには多床室に移って頂いていまして、インフルエンザの方を(お母さんのお部屋に)隔離しています。」と,多床室に移ったということを初めて言うではありませんか。多床室に移るときも必ず私が同席する旨を前にも頼んでおいたことでしたのに。

ご訪問の皆さんは、ここまでのやりとりをお読みになって、施設の対応が、どうもフェアーでないとお思いになりませんか。私は母の個室代に一日3150円払っています。母に聞きましたところ、一昨日から移された、ということですが、もし、移すのであれば、一昨日の夜電話を寄越した時点で、私に報告と許可を得るべきではないでしょうか。

いずれにしましても、案の定、母のトイレ介助で30分に一度以上、忙しい思いをしています。それでもバーにつかまって立ち、ポータブルトイレを使ってくれますので、なんとかなりそうです。この記事を書いている間も3回介助しました。

法事の間は、本堂なので聞こえませんでしたが、一人での介助はかなり大変です。でも頑張るしかないでしょう。もし、介護をなさっている方がいらっしゃいましたら、お互いに頑張りましょう。そう思っても頑張れないときもあるでしょう。そんなときは頑張るのはやめましょう。寒いですから、風邪にもご注意。インフルエンザにもご注意。私は梅酢で、いつもうがいをしています。それでは、お元気で。

(以前夏の時、紹介しました蝉の抜け殻です。まだ張り付いていますよ。)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

老老介護の行方 施設の問題

2018-02-06 13:01:32 | Weblog

2月6日(火)晴れ【老老介護の行方 施設の問題】

はや梅がほころんでいました。本堂でろうそくに火をつけやすくなりました。寒い、寒波襲来とはいえ、今日あたりはこの辺りはちょっと一休みかもしれません。

母の面会と食べるものを運び続けて、はや2か月になります。お陰様で母は元気です。しかし、昨日は「寒い、寒くてどうしようもないんだよ」と会うなり、そう訴えました。電気毛布も先日運んで、私自身がベッドにセットしましたし、母の部屋はかなり暑いほど暖房が入っているはずなのですが、「寒くてたまらない」と言います。

職員の方に聞きましたら、脱水症状になると困るので、低温に入れています、という答えでした。しかし、受け付けの方が、お部屋に行っていただいて結構ですので、点検してください、ということで、2階の母の部屋に行ってみました。確かにonにはなっていますが、全く暖かくなっていませんでした。

ご案内くださった職員の方を見ますと、半袖です。寒くないのですか、と、尋ねますと、「動いていると暑いくらいです」と言います。

全く脂肪分のない痩せこけた年寄りは、いかに寒さが応えるか、理解することは難しいだろうと、と痛感しました。脱水症状を心配してくださるあまり寒さへの対応は、難しいかもしれないでしょう。

施設の職員さんたちも、一生懸命に尽くしてくださっていると思いますが、一人一人に目が届かないでしょうし、それは施設に預けた以上覚悟しなければならない問題だと思います。よほどお寺に連れて帰ろうかと思いましたが、自分一人では、残念ながら介護しきれないと思います。

施設のなかでも、ユニット型という仕組みのところもあると最近知りました。10人くらいの小人数を一グループとして面倒を見てくれるようです。例えば、40人を8人の介護士さんたちが介護してくださるのと、10人をいつも同じ2人の介護士さんが見てくれるのと、どちらが目が行き届くかと言えば、ユニット型というほうが家庭的でもあるし、目も行き届くのではないかと思うのです。

いろいろと最後まで、できる限り母にとって楽しい日々を送れるように考えたいと思っています。しかし、やはりお金はかかりますね。皆さん、ご自分の老後、具体的にならないとわからないことも多いでしょうが、ある程度知っておいた方が、よいでしょう。宵越しの金は持たねえ、などと言っていられませんね。

(梅の花、一輪咲いて 春を知る)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

皆既月食から雪かきまで

2018-02-02 09:57:59 | Weblog

2月2日(金)雪【皆既月食から雪かきまで】

今日も雪降りです。少しずつ雪かきをしています。今、ちょっと一休みです。一昨日の皆既月食を見ました。

カメラの性能があまりよくありませんのでうまく撮れませんでしたが、しっかりと目にいれました。赤銅色のお月様でした。

これは何でしょうと言いたいですが、真ん中にお月様が写っています。この写真をクリックしてみてください。写真が大きくなると、ちゃんとお月様が写っているのがわかります。それではまた雪かきに行ってきます。

7時半から雪かき

雪かき完了

このくらいでいいでしょう。足が疲れていました。眠くなっていましたところ、石屋さんの助っ人が3人も来てくださり、境内の雪かきをしてくれています。

また、たった今、総代さんがお電話を下さり、雪かきはどうですか、とのこと。一人では管理は大変ですが、皆さんに助けられています。

しかし、天体の不思議や、天候の人智を越えた自然の中にいながら、線香の事など争っている国会には呆れかえりますね。

#皆既月食

#雪の参道

#線香国会

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

老老介護の行方 ACP

2018-01-27 17:38:13 | Weblog

1月27日(土)曇り、寒いです【老老介護の行方 ACP】

アドバンス・ケア・プランニングー患者とどのようにケアをしてもらいたいか、あらかじめ話し合いプランを立てることーたまたまテレビでこのような放送をしていたので知った言葉です。夫婦二人だけの生活で、ご主人が病気で倒れた場合、医師も交えて、最期をどのように迎えたいか、話し合っていました。ご主人は住み慣れた家で最期を迎えることを望んでいたと思います。しかし、奥さんお一人では家での介護はかなり大変ではないでしょうか。ACPで家を望まれていた場合、それができなかった時の奥さんの罪悪感のようなものが残らないか心配です。

私も母をなんとか自宅で看取りたいと思っていましたが、それは難しい状態です。毎日面会に行っていますが、生命力の強い母は、頭もしっかりしています。持参した食べ物もよく食べ、食欲もあります。ただ残念ながら、圧迫骨折を起こして以来、立つことが困難になりました。ポータブルトイレを使うために、座らせること、それからベッドに戻すこと、それが私には残念ながら力が足りず、困難になりました。

この奥さんも、ご主人は家で看取ってほしいと願っているようですが、トイレ介助はどうするのでしょうか。人間という動物にとって、食べることと、排泄をすること、この二つのことが生命を維持するために非常に大事なことであると、母の介護をしていて、つくづくと思っています。食事の介助は、電気式で起こせるベッドがありますので、割合に介助は可能です。しかしトイレの介助はかなり大変です。介護者が二人いれば、二人ならパンツの取替も、ポータブルを使わせるのも割合楽にできますが、一人ですと、腰を痛めることは必定です。

そうそう、それこそ、シャツ一枚着替えさえることも大変な労力がいります。もちろんコツもありますが、シャツを着替えさせたり、上着を着せたりしたときも腰が痛くなるほどでした。

ただコメンテーターの方々は、家で死なれると警察の検視があって大変なのでは、と言っていましたが、それは無知というものです。自宅に巡回の医師が来ている状況ならば、突然お亡くなりになっても、主治医の方が、死亡診断書を書いてくださり、問題はありません。

母は今リハビリをしてもらえる施設に預かってもらっていますが、少しでも自力で立てるようになれば有難いと思っています。状況に応じてベストの選択を、その都度その都度していきたいと思っています。

ご訪問の皆様もお互いに、やがてどのような終末期を迎えるのでしょうかね。我がACPは、今のところまだ元気ではありますが、そのようなときになりましたら、できれば3か月くらい身辺整理をする時間をいただいて、旅立ちたいと願っています。皆さんはどうですか。

寒いですから、風邪にはご注意を。

#老老介護

#アドバンス・ケア・プランニング

#ACP

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の参道

2018-01-24 08:07:28 | Weblog

1月24日(木)晴れ【雪の参道】

先日は霧で見えなかったビルや前のお店ははっきりと見えますが、今度は雪で覆われました。昨日の午後は、総代さんたちが来てくださり、雪かきをしてくださいました。

お墓も綿帽子をかぶっています。雪の少ない地方なので、雪深い地方の方がご覧になったら、なんでもない景色でしょうが。

皆さん転ばないようにお気を付けください。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

老老介護 五里霧中の選択

2018-01-18 20:07:52 | Weblog

1月18日(木)曇り【老老介護 五里霧中の選択】

はや18日ですね。あっという間に新しい年もすでに18日間が過ぎました。あまりに早いときの流れです。母が入院して以来、一週間目から毎日夕食を運んでいましたので、さすがに病院に2時間以上いるとそのあと疲れきってしまっていました。

母は、お陰様でまだこの世に生きられる生命力がありそうなので、一般病棟から療養病棟に移るか、どうしましょうか、という段階になりましたので、リハビリができる施設に移ることを選択しました。

果たしてその選択がよいかどうかは何とも言えませんが、本日、そちらの施設に移りました。2日がかりで施設に持ち込む衣類などの名札をつけたりズボンのサイズを直したり荷造りをしまして、兄と姪に手伝ってもらい、病院から施設への移動をいたしました。

個室しか空いていないということで、今頃は母は孤独で寂しい思いをしているのではないでしょうか。今日まで入院していた病院は看護婦さんたちもドクターも素敵な親切な人ばかりだったのですが、この施設は職員の人数も少ないようですし、なにより個室も掃除が行き届いていないうえに、食堂も掃除が行き届いていない感じで、とても気が重いです。

一か月の支払いも20万円以上かかります。介護保険は使えません。それはやむを得ないと思いました。普通の特養にはリハビリがないのです。普通の特養ですと、介護保険を使うことができるのです。しかし、リハビリをしましたら、なんとか前のような状態に戻ることが可能ではないかと思い、こちらの施設を選択したのです。

最後まで人間らしく過ごしてもらいたいと思っているのですが、最良の選択をしたかどうか、わかりません。あの掃除の行き届いていない部屋および食堂で、母の大事な残された日々を送らせるのは、あまりに可哀想な思いがあります。もちろん私が部屋の掃除をしたいと思っていますが、目下インフルエンザの流行ということで、明日からは部屋での面会はできません。せめてリハビリに期待を持ちたいと思っています。

母の最期の見送りまで、なんとか気持ちよく日々を送らせてあげたいと思い腐心している日々です。皆さんはいかがな日々をお送りですか。いろいろなことが自分の思う通りにはならないものですね。どうぞ、皆さま、お元気で。

*後から思いましたが、入所する前に施設内を見学させてもらうべきでした。時々ショートステイに行っていたところが、きれいでしたので全く心配していなかったので、後から「しまった」と思うのは私の落ち度でした。もし、このブログを訪問の方で、これからご家族を施設に入ってもらわなくては、とお考えの方は、あらかじめ入所なさるまさにその部屋と食堂は見せてもらうほうが良いと思います。2階と3階では全く別ですからまさにその部屋でなければと思います。

(今朝は朝霧がたって、参道の向こうは道路と5階建てのビルが見えるはずなのですが、全く見えないほどでした。霧というべきか靄というべきか?先の見えない今日の象徴的な現象でした。)

#老老介護

#介護老人保健施設

#施設入所の注意

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2018-01-06 11:22:59 | Weblog

平成30年1月6日(土)晴れ【謹賀新年】

皆様、あけましておめでとうございます。平成30年も幕を開けてより、はや6日になります。当寺もお陰様で昨日、檀信徒の皆様とのお年賀法要を勤め終わることができました。一息ついているところです。

口幅ったいようですが、住職の務めとして、檀信徒の皆様のこの一年の諸縁吉祥を心より祈念させていただきました。

世間はあまりにいろいろなことがありますが、穏やかに一年過ごさせていただくことができましたなら、有難いことです。

私はこの一隅を守って、生ききらせていただきたいと願っています。

皆様はいかがな願いをお持ちですか。新年にあたりご訪問くださる皆々様の一年が幸多かれと祈ります。

(母はお陰様で、今のところ小康状態を保っています。昔で言えば、102歳ということになります。)

(昨日の空。美しい雲の流れでした。観音様のようにふと見えた雲の一つです。)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

老老介護 人間の命

2017-12-28 09:57:48 | Weblog

12月28日(木)晴

今日もよく晴れています。もうすぐお正月です。お寺もあちこちの掃除やお正月の準備で忙しくしています。本堂の内陣や板の部分が、かなり滑りやすくいつも誰かが転んだら大変だと思っていましたので、今年は思い切って、それを改善しました。私が住職に入る前は、板の部分は、油のついたモップをかけていましたので、滑って楽しめるほど滑りやすかったのです。そこを油部分を取り除く洗剤でよく油分を取り除き、ペットも滑らないというワックスを選びまして、ワックスがけをしました。お陰様で滑らなくなった上にとてもきれいになりました。

実は、とても心強い助っ人がいてくれたお蔭で、できた仕事です。そのうち専門家に頼もうと思っていたのですが、檀家さんの電気屋さんがとても器用な人で、なんでも頼むと、できてしまうという方なのです。本堂の電気工事に来て頂いたので、これは何とかならないだろうかと、相談したところ、すぐに「やりましょう」と言ってくださり、ホームセンターで必要な品を揃え、手伝ってくださったのです。来年からは、お焼香の時に誰かが滑ると大変なので、いつも注意を言っていたのですが、その必要がなくなりました。助っ人がいてくださることはまことに有り難いことです。

さて、毎晩、母の夕飯の給仕に通っています。同室の方々もかなりのお年をめされたご婦人たちです。気がつきましたが、お食事はゼリーの一皿のみでした。それでもあまり食べないようです。何によって、命は保たれているのでしょう。おそらく点滴でしょう。しかし、それにも拘わらず。一人の方は、起きている間中何時間でも大きな声で話し続けています。あたかも目の前に誰かがいるように話しかけているのです。はっきりとした言葉で話し続けているのです。もう一人の方は、いつもなにか声を出し続けています。はっきり聞こえるのは、ゼリーを食べることを拒否する「いらない」という言葉だけです。

看病にいっている私はこのお声ですっかり憔悴してしまうのです、が、母はお陰様で耳が遠いので、全く気にならないのです。母も含め、三人とも、若い頃はおおいに働いて活躍したに違いありません。それでも年をとって、体も脳の働きも、全く思うようにはならない、どころではなく、どうしたいという思いさえなくなってしまうのです。いつか自分もそうなってしまうのかと、思います。自分だけはそうはならないだろうと思っても、こればかりはなんともいえません。

ですから、動けるときは動けるように、一生懸命に動こう、働こう、学びもしよう、と思います。自分の好きな物を食べられるということは有り難いことだとつくづく思います。皆さんもどうぞ、風邪にはお気をつけていただき、命を楽しくつかってくださいませ。

(ちびちゃんだった頃のルナです。今はすっかり成長しました。そのうちに老猫になるのでしょうか)

 

#老老介護

#ワックスがけ

#子猫時代

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加