ワンピースまんがぱうち(レビュー・ネタバレ)

ワンピースをまとめながら、フラグとなる詳細を記録しつつストーリーを追っていきます。

611話 ホーディ・ジョーンズ

2017年03月11日 | 魚人島編



マダム・シャーリーは知らない。深海で「魚人島崩壊」のシナリオを持つ者共が動き出している事を。

かろうじて光が漏れ届く深海のスラム「ノア」では、”新魚人海賊団”幹部が、人間に長く迫害され続けてきた「歴史」に終止符を打つべく、命を懸ける決意を固めていた。



1)船長:ホーディ・ジョーンズ(ホオジロザメの魚人)
2)幹部:イカロス・ムッビ(ダイオウイカの魚人)
3)幹部:ダルマ     (ダルマザメの魚人)
4)幹部:ゼオ      (オオセサメの魚人)
5)幹部:ドスン     (シュモクザメの魚人)


またもこの海域に人間の海賊が来たことを知ったホーディ・ジョーンズは、立ち上がると凶薬「E・S」を飲んで自身をさらに凶暴化させて、人間の海賊に襲いかかった。
ここ一ヶ月程、魚人島に人間の海賊が来なくなったのは、「魚人島崩壊計画」の準備として、人間の海賊を殺すか部下に引き込むかをしていた為だった。

「魚人の腕力は生まれながらに人間の10倍!E・Sを1粒飲めばさらにその倍20倍、2粒飲めばさらに倍!!この夢の代償はそぎ獲られる命!!しかし我々は死を厭わず、”計画”を実行する!!!人間に打ち砕かれたフィッシャー・タイガーの命!!アーロンの意志!!無残な魚人の歴史は、この世代で終わらせる!!我々”新魚人海賊団”がな!!!」と吠えた。



動き出した”新魚人海賊団”の餌食となったのが、「南の海」からグランドラインを越え、深海の冒険を越えてここまで辿り着いた懸賞金7千300万ベリーの海賊「蟹手のジャイロ」の一味だった。




場が海中である事を除いても、魚人の身体能力は人間をはるかに上回る。さらに凶薬「E・S」を飲んで肉体を凶暴化したホーディ・ジョーンズに太刀打ちできるわけもなく、「蟹手のジャイロ」の蟹手はもろくも噛み砕かれ、船は噛み千切られたマストで串刺しにされて、「新世界」の海面に浮かべられた。



人間の海賊を瀕死の状態で「新世界」に浮かべたのは、人間達への宣戦布告を意味していた。



『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 610話 占い師マダム・シャー... | トップ | 612話 助けたサメに連れられて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

魚人島編」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。