モーリの剪画(切絵)を愉しむ!!

剪画(切絵)をやっています、モノクロに拘って作品を創作しています。
あなたも一緒に愉しみませんか?

ミラノ大聖堂 剪画 20号!

2017年06月19日 | 美術展
◆ミラノ大聖堂 剪画 730x530㎜(20号)
  第33回日本剪画美術展
   ~6月22日まで 10:00~18:00まで
イタリヤのミラノにある後期ゴシック建築の大理石造りの大聖堂。
1386年起工1570年代に献堂されたが,その後もファサード,尖塔,ステンドグラスなどの工事は続けられ,19世紀なかばに完成。  この間,ティバルディ,ハインリヒ・フォン・グミュントらイタリア内外の多数の工匠が参加。
身廊は長さ148m。正面の幅は61.5m、交差部の小塔高さは108m。
ローマのサンピエトロ大聖堂・セビリヤ大聖堂に次ぐものです。
そのミラノ大聖堂を剪画(切絵)にしたくて挑戦しました。 下絵3ヶ月、カットだけでも1週間。大理石の石の質感の和紙を2ヶ月がかりで探してやっと完成しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第33回日本剪画美術展 搬入... | トップ | 第33回日本剪画美術展も残り3... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (kao)
2017-06-19 13:13:55
彫刻のようです。l
大変な力作、拝見できてとても
うれしいです・;
時間のかかる作品、でしたが
そのぶん素晴らしいです。
お疲れ様でした!次回作も楽しみにしております・
Re:こんにちは (mo_ri2200)
2017-06-20 08:25:51
有難う御座います。
世界遺産の歴史的価値のある壮大な建築物は本当に難しいですね。
今回の挑戦して初めは今迄の大きさでカットしたのですが、壮大さが無く20号で再度切り直しをしました。 大理石の質感を求めて2ヶ月和紙をさがしたりと作品への愛着が増しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。