蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

髪の毛

2016年06月20日 11時42分18秒 | 小川耕太郎
数か月前、長めの髪の毛がうっとうしくなって、
3厘の丸坊主にしました。





私は、丸坊主の方が好きなのですが、
先日、出張先のホテルでエレベーターに乗ってロビー階に着き、
ドアが開いた時丁度、目の前を宅急便のお兄さんが台車を押していることろでした。


そのお兄さん、私の顔を見るなりギョッとして、
ペコペコしながら向こうに行ってしまいました。


その日は新しい取引先との重要な交渉事があったので、
濃紺のスーツに赤系のネクタイ。
今日決めてやるぞと意気込んでいましたが、
何も私の顔を見て逃げなくても良いではありませんか。


心の中で「違います。違います。」と叫びながら、ホテルを出ました。


新宿に着き、取引先まで歩いている時もそうでした。
私が歩く先の人混みが割れるのです。
歩きやすいのはよいのですが・・・。


交渉事が無事すんだ後、知人と新宿駅で待ち合わせをしたのですが、
電話でどこにいると話しながら相手が私を見つけた時に、
「怖い人がいる。」と言われました。


どうなんでしょうね?やっぱ怖いんでしょうかね?
私にはどこが怖いのかわからない。


でも、妻も娘も怖いと言うし、間違われるのも嫌なので、
仕方なく少し伸ばし始めました。





このくらいなら大丈夫でしょうか?
ちなみに私は、ナンパで、いいかげん、能天気な人間で、
ケンカなんてしたこともないし、怖いところなど何もないですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小川耕太郎ウッドセレクト

2016年06月17日 15時19分54秒 | 小川耕太郎WOODSELECT
先日、木製ブラインドこかげ をご購入いただいたお客様が弊社に来られました。
ブラインドをすごく気に入って頂いたようで、今度は床のリフォームをされたいとのこと。

倉庫から10種類ほどの板サンプルをもってきて、見比べていただき、
おにぐるみでリフォームすることに決まりました。

「おにぐるみ」の施工例




東北の工務店さんからは、杉追い柾目のお問い合わせをいただき、
サンプルとお見積もりをお送りしました。

「杉追い柾目」の施工例、内装床


「杉追い柾目」の施工例、外壁




今日は、大きな材木屋さんから栃フローリングの在庫量のお問い合わせをいただきました。

「栃」の縮杢


「栃」施工例


栃フローリングは、全部で三百数十坪分くらい在庫していますが、
恐らく、日本中を探してもこれだけの量を持っているところはないでしょうし、
これがなくなったら、一定量を揃えるのにかなりの時間がかかると思います。

その材木屋さんも希少な材という事で興味を持たれたのでしょう。

特別木にこだわる方でないと見向きもしないような、めったに売れない、
希少な材を好んで集めてしまう私ですが、
絶対に探している人はいると信じて、リスクを取って耐えうる限り在庫し、販売しています。



草木灰越前生漉奉書や藍染奉書もそうですが、
売れたら、売れただけ仕入れるという、今では当たり前の様になっているやり方が嫌いです。
いつも叱られてばかりですが、良いと思ったら、残したいと思うのなら、自分でリスクを取ってやれ、と思うのです。

少しずつでも買っていただければ、また製作をお願いして、仕入れられます。回りはじめます。
栃も藍染奉書もそういう循環につなげていきたいと思っています。


こういう材を探している方に情報が届きますように!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケヤキの一枚板

2016年06月09日 15時58分22秒 | 小川耕太郎WOODSELECT
叔父の家の帰りに倉庫により、ケヤキの一枚板を写真に撮ってきた。
嫁さんのアイフォンで撮影したので、写真の出来は言いっこなし。




ほこりまみれなので、撮りたくなかったけれど、
嫁さんが木材の記事を挙げろとうるさいので、逆らえない。


一枚板を結構買っていた頃は、どこでいくらで買ったのか、一枚一枚すべて覚えていたのだが、
購入禁止令が出てから5年くらい経つので、いくらで買ったのか忘れている。


綺麗に削って出せば見栄えがするのでしょうが、
削る道具を持っておらず、腕もなく、ただただ寝かしているだけの一枚板です。


長さ2mくらい、中央の巾90cmくらい、厚さ6cmくらい。
スケールを持って行ってないので適当ですが、
綺麗な木目で、おとなしい良いケヤキだと思います。


ビックリ仰天するような一枚板もありますが、
一枚板だけは、きちんと情報を広げられていなくて、
売りたくもあり、隠し持っていたくもあり、
のらりくらりしております。


グリーンジャンボの当たりが7億だったら
加工機を入れて、家具の世界に飛び込むつもりだったけど、
4等では無理ですね。何かアイデアをひねり出さないといけません。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒノキフローリングでリフォーム

2016年06月09日 15時51分53秒 | 小川耕太郎WOODSELECT
築40数年の叔父の家がすぐ近くにあるのだが、
キッチンのクッションフロアーが傷んできたのでヒノキにしようと思っているというので、
山SUN通信の商品撮影で使った「紀州ヒノキフローリング」をプレゼントした。


余分にあったため、キッチンと洗面所に貼り、
蜜ロウワックスも塗ったというので、写真を撮ってきました。







とりあえず、喜んでくれた。
よしよし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古民家リフォーム

2016年06月06日 13時57分48秒 | 小川耕太郎
我家から歩いて1分。
熊野古道沿いにある築120年の家を改修するらしいという噂があった。


そこで、改修前の写真を1月に撮影し、改修の様子を観察していたのだが、
最近完了したみたいだ。

1月の写真



ここの所有者が私がいないときにあいさつに来てくれたみたいで、
今度中を見せてもらおうと思っている。


玄関ドアも外壁も格子もすべて杉赤身材。
昔のままの外観を残しての改修は、手間も費用も大変だったであろうと思われる。


よくここまで徹底されたと拍手したい。





この通りは杉板張りの建物がたくさん残っていて、素晴らしい景観で、
こんなところにサイディングなんか貼られたら、がっかりだっただろう。


毎日、娘と一緒にこの前を通り、娘は学校に、私は職場に向かうのだが、
いつもうっとりと見とれてしまう。


こんな家がずっと残ってくれると嬉しいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インスタグラム版「小川耕太郎WOODSELECT」

2016年04月19日 14時29分41秒 | 小川耕太郎



今度新たに立ち上げたサイト「小川耕太郎WOODSELECT」では、
ぐぐーっとコアな方面へいき「木を選ぶ愉しさ」「上質な空間」を目指し、
国産材を中心に希少価値の高いフローリング材を中心に
私(小川耕太郎)だけでセレクトした木材を販売しています。
このサイトでは私が写真を撮っています。
国産 希少品 フローリングコレクション




このH.Pを製作していただいた㈱ディーグリーンのデザイナー村井さんの勧めで
インスタグラム「小川耕太郎WOODSELECT」
をはじめました。とはいっても私はガラケーなので
妻頼みで投稿しています。宜しかったらフォローお願いします。





ではでは、インスタグラムで投稿写真を数枚紹介します。



▲新しくはじまった国産栗をつかったウッドデッキ用材 木もちeーデッキ【栗】です。
栗は堅くて耐久性が強いので、豪雪地域の外装にも使われています。また昔は線路の枕木にも使われていました。



チークの象嵌材(ゾウガンザイ)
オルゴールの装飾などにつかわれていた象嵌細工専用木材です。最近はこのような細工の需要が少なくなり、材も売れないそうです。象嵌用なので狂いもなく軽いので
「こんな良い材!他に用途があるだろう!」と思い、パレットでどっさり仕入れました。(←妻ブチ切れ)



でっ、ドア作家さんに象嵌材をつかってよーーーっと依頼すると・・・・お洒落な建具ができました。



D.I.Yとしておもしろい!!と思ったのが、この材をつかった鏡フレーム。材料費は1500円(送料除く)鏡はIKEYAで購入したそうです。



超高級品の国産栃のフローリングからお買い得な商品まで色々揃えています。超高級品といってもまとめて購入しているので価値の割にはかなりお値打ちです。


小川耕太郎WOODSELEC






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本震災

2016年04月18日 13時33分00秒 | 小川耕太郎
東日本大震災が起こってまだ5年というのに、熊本でまた大きな震災が起こってしまった。
被災された皆様に、お悔やみとお見舞いを申し上げます。



何とか支援が出来ないかと思っていたら、
いつもお世話になっている住宅雑誌「チルチンびと」の山下前社長がフェイスブックで支援を呼び掛けていた。



「チルチンびと地域主義工務店の会」が支援体制を整え、山口県の安成工務店さんに物資を集めて、
そこから熊本に届けているとのこと。
早速、山下さんに電話したところ、「ブルーシートと水」が必要とのことだった。



先ほど、尾鷲名水(株)さんに無理を言って、
注文がいっぱいでギリギリの中から何とか「熊野古道水2L×384本」を格安で分けていただき、
尾鷲のホームセンターと建材店を回って、大きなブルーシートをあるだけ23枚買い求め、
近物レックスさんにこれまた無理を言って、今日の便で山口に送ってもらうことになった。



私たちは、物資をお送りすることぐらいしかできないが、
東日本大震災の時は、「チーム日光」、今回は、「チルチンびと地域主義工務店の会」と、
知っている方々が支援体制を整えて、行動してくれているのでありがたい。



一日も早く地震が収まり、復興に歩きだせるようになることを切に願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我楽田工房様 杉赤身追い柾目をつかってビフォーアフター 

2016年04月15日 10時38分08秒 | 小川耕太郎WOODSELECT
都電早稲田駅から歩いて数分のところにある我楽田工房様が、
私のセレクトした「杉赤身追い柾目板」と「木もちe-デッキ 栗」を使って、
玄関まわりを改装されました。


改装前の玄関



内側から見た玄関




先日、出来上がった玄関まわりを見に行ってきました。


杉赤身の追い柾目で作った玄関



内側から見た玄関



写っているキッチンの天板も「蜜ロウワックス」で仕上げてくれたそうです。


出来上がった玄関をすごく喜んでくれました。
私が設計施工したのではないけどね。


設計したのはカイダ建築設計事務所様
縁あって、尾鷲まで来てくれて、私の提案を素敵な形に仕上げてくれました。


このビルのオーナーの方も喜んでくれて、いろんな方を連れてきては自慢しているそうです。


玄関前には、「木もちe-デッキ 栗」で作った小さなデッキもあります。




我楽田工房様では、いろんなイベントを企画されていますので、
イベントに参加するついでに玄関やデッキを見ていただければ幸いです。



実際に触って、質感をご確認されたい方は
木もちeーデッキ【栗】や杉赤味の追い柾目板の無料サンプルをご用意しております。
お申込みはコチラから 

小川耕太郎WOODSELECTサンプル請求のお問い合わせフォーム




これらの商品の詳細を知りたい方は
下記のバナーをクリックしてください。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木材をセレクトするサイト「小川耕太郎WOOD SELECT」もうすぐ立ち上がります。

2016年04月06日 16時05分05秒 | 小川耕太郎WOODSELECT

▲紀州檜のサイト




最終的な完成は、今週の金曜日くらいになる予定だが 私、小川耕太郎がセレクトする専用サイト「小川耕太郎WOODSELECT」を仮アップしました。
本来なら、全部完成してから紹介するべきだが、いつも小川耕太郎∞百合子社のH.Pを製作してくれる㈱ディーグリーンのデザイナーの村井さんが、
あまりにも良くできたサイトをつくってくれたので、ブログを書きました。






▲紀州檜(無節)のフローリング


紀州檜の中でも尾鷲檜は「ピンクかかったベージュ」のような色合いが美しく、「柱は尾鷲檜でお願いします。」という注文も多い。





【檜】は、心材と辺材の色味の差が少なく、木目は穏やか。油分をもっているため、年々光沢がでて、自然と艶っぽくなります。
また、色味はピンクがかったベージュからやがて、明るめのペールオレンジ、飴色と変化し風格がでてきます。
檜御殿という言葉からヒノキ=和というイメージがあるかもしれませんが、洋室にもあいます。





「檜の無節」は、高級旅館や料理屋などでも多くの方に愛され、慕われていました。
その理由を、この写真から感じ取っていただけたらうれしいです。
私は、手間暇かけてつくられた「紀州檜の無節」を選ばれる方がきっといると考えています。



今回は杉や檜という「地域材」というカテゴリーではなく、「こだわりの国産材」というカテゴリーで
「栃」「ブナ」「杉赤味の追い柾目」「おにぐるみ」「紀州檜 無節」をセレクトしています。
他にも掘り出し物品として「ケヤキのカウンター材」「タモの縮杢」「チークの象嵌材」他
(掘り出しものは一部外材も入ります)ちょっと面白い材もご紹介しています。





また正式に「小川耕太郎WOODSELECT」をアップロードしたらお知らせします。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山SUN通信17号

2016年03月30日 13時11分08秒 | 小川耕太郎
今日、出来立てほやほやの「山SUN通信17号」が届いた。
フルカラーの全64ページ、30,000部。
デザインや編集のプロ3名にも加わって頂き、半年がかりで作り上げた渾身の総合カタログです。




1号は確かA3のコピー用紙3枚くらいの表裏に、一太郎か何かで作った文章をプリントし、
知人の会社のコピー機を借りて両面コピーしたものだったから、凄い事だ。


今回は、木にこだわりました。
木の元から先まで、無節材から節材まで、針葉樹も広葉樹も
楽しんで選んでいただけるようにと、工夫をしたつもりです。


「日本林業の命運は、私たちの肩にかかっている」
というくらいの気合がこもっています。


果たして、この工夫が受け入れられるかどうか?


材木屋に再チャレンジです。


皆様のお手元には、4月の第二週目以降に届くはずです。
是非、ご覧くださいませ。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加