蜜ロウワックス日記

小川耕太郎∞百合子社をとりまく日々あれこれ

昨日の続き

2016年07月21日 14時27分38秒 | 小川耕太郎
いくつかの運送会社に問い合わせてみたが、
材を建築現場に届けることは、現場によっては難しくなりそうだ。


工務店さんは、この状況をご存じなのだろうか?


材木屋さんなどを通して販売する場合は、
材をその材木屋さんに納め、そこから材木屋さんのトラックで運んでいただくか、
工務店さんに取りに行ってもらうかしかないのだろうか?
でも、現場が材木屋さんの場所から遠い場合などには問題が生じる。


そこで、思いついたことを佐川さんにメールしてみた。
思いつくと何でもすぐやってみる癖が抜けない。


内容は、佐川急便の営業所を荷物の受け渡し場所にできないかという事。


弊社が手配したトラックで、建築現場近くの佐川営業所に荷物を送り、そこに保管してもらい、
工務店さんがトラックで荷物を受け取りに行く。


10t車の積み合わせで送ることもあるので、フォークリフトで荷降ろしして、
フォークリフトで積み込みをやるサービスを検討してほしいということ。
この場合、さっきの材木屋さんのケースよりは現場に近くなるので少しはましになる。


松阪なら製材も多いから、月曜日は愛知県方面、火曜日は大阪方面などと決めて積み合わせをすれば、
佐川のチャーター便で各営業所を回ってもらう事も可能になって、
佐川が運賃と積み込み賃の両取りも可能になるかも。


ただ、ほとんどの佐川営業所にはフォークリフトがないだろうから、
フォークリフトを買ってくれという大それたお願いだ。


まあ、こんな提案はすぐごみ箱に入れられるのだろうが、
とりあえず提案してみる、やってみるってことは、
うちみたいな小さな会社にとって大切なことだから動いてみました。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これから大変だ

2016年07月20日 10時35分38秒 | 小川耕太郎
私は山が好きなので、少しでも木を売って、山に返したいという思いが強く、
「木もちe-デッキ」、「木もちe-外壁」、「蜜ロウワックス仕上げのフローリング」、
「木製ブラインド」などを商品化し、販売を続けてきました。


先日も、「杉赤身追い柾目フローリング」の事を紹介しましたが、
小川耕太郎WOODSELECTというサイトも作って
「栃」、「おにぐるみ」、「ブナ」などのフローリングを商品に加え、頑張っております。


でも先日、配送をお願いしていた佐川急便さんが弊社に来られ、
もう長物は取り扱わないという方針を伝えてきました。


配送を担当する人手が不足していて、女性ドライバーが増え、
トラックも小型化しているので、長物は基本的に取り扱わないそうです。


どうしてもという時は運んでもらえますが、配送料金が今の4~5倍になります。
8月からはもう、翌日お届けはもちろん、現場お届けも難しくなりそうです。


近く、そんな風になるだろうと予測し、2m材で対応するようにしようと考えていましたが、甘かった。
2m材でも4~5倍の配送料金でした。ガーン。


昨日、弊社の竹村が近鉄物流の方に会って、何とか運んでもらえないか交渉して来ましたが、
運べる範囲、納期、配送料金が今までと全く違ってしまいます。


今も、フローリングが4枚足らなかったので何とかしてくれという電話に急遽対応して、
明後日発送、土曜日着で現場お届けの手配をしましたが、こういったことは完全に不可能になります。




材木屋さんが在庫をしなくなり、工務店さんも現場受け取りが当たり前になり、
宅急便の普及と配送料金のダンピング競争があったことで、
我々のようなトラックも持っていない会社でも、木材の販売に乗り出すことが出来ました。


弊社は、「今は手間を惜しみたがるから、その手間を弊社が負担することで、売上を伸ばす」と考えていました。
その考えの元、色々な手間をかけた木材製品を作ってきました。


「木もちe-デッキ」が、いろいろな問題を抱えながらも、
かなりの金額を販売できたのも、数千本もの在庫をし、午前中のご注文は全てその日のうちに佐川さんに運び、
近場だったら翌日に、現場にお届けするという仕組みがあったことが大きかったのです。
他の運送会社が運びたがらない荷物も運んでくれる佐川さんがいたことで成り立ったのです。


今まで佐川さんには、三重県から遠くは九州や北海道まで、多くの材を運んでもらっていました。
佐川急便さん、今まで重い荷物を運んでくれてありがとうございました。


その運送屋さんが手間のかかる荷物を運びたくなくなってしまった。
弊社も変化していかなくてはなりません。
どっちの方向に?


「どこでもドア」の研究からかな?




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

杉赤身追い柾目板

2016年07月01日 14時59分11秒 | 小川耕太郎WOODSELECT
先日ようやく時間が取れて、
3月に入荷した「杉赤身追い柾目板」の検品に行ってきた。

パレットに載った材を上から順番に並べた写真がこれ。




これで良しとするのか悩ましい。


私なりにグレード分けして並べてみると

こうなったり



こうなったり



こうなったりする




グレードは、節から無節まで混在で販売しようと思っていたし、
山SUN通信では、そのように書いてある。


だから、一応混在のまま16枚1束で梱包してきたのだが・・・。
どうしようか?


ホームページの施工例写真も同じような混在である。
だけど、この混在を工務店さんやお施主さんに
すんなりと理解していただけるとは思えない。


これをきちんと分けようとすると5種類程度にはなってしまうし、
一番上のグレードと一番下のグレードでは、かなり価格を変える必要が出てくる。


また、一番上のグレードだけを何束という注文をいただいても
それだけ揃えるのに、それ以外のグレードをその何倍も在庫することになる。


再度、製材所に行って相談してこないといけないな。
もう少し色目を揃えないと。


まあ、3年計画ぐらいで少しずつでも売れていくようになれば良いので、
お問い合わせをいただくお客様のご要望も聞きながら、価格も相談しながら、
販売していくことになるだろう。


こんな手間がかかって、食い違いが生じやすいところに、
何で自ら飛び込んでしまうのだろうか?


でも、だからこそ、どこもやらないし、どこにも出来ないことなのだ。
だからこそ、他にはない美しさを表現できるのだ。
そう覚悟を決めてやって行くしかない。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

髪の毛

2016年06月20日 11時42分18秒 | 小川耕太郎
数か月前、長めの髪の毛がうっとうしくなって、
3厘の丸坊主にしました。





私は、丸坊主の方が好きなのですが、
先日、出張先のホテルでエレベーターに乗ってロビー階に着き、
ドアが開いた時丁度、目の前を宅急便のお兄さんが台車を押していることろでした。


そのお兄さん、私の顔を見るなりギョッとして、
ペコペコしながら向こうに行ってしまいました。


その日は新しい取引先との重要な交渉事があったので、
濃紺のスーツに赤系のネクタイ。
今日決めてやるぞと意気込んでいましたが、
何も私の顔を見て逃げなくても良いではありませんか。


心の中で「違います。違います。」と叫びながら、ホテルを出ました。


新宿に着き、取引先まで歩いている時もそうでした。
私が歩く先の人混みが割れるのです。
歩きやすいのはよいのですが・・・。


交渉事が無事すんだ後、知人と新宿駅で待ち合わせをしたのですが、
電話でどこにいると話しながら相手が私を見つけた時に、
「怖い人がいる。」と言われました。


どうなんでしょうね?やっぱ怖いんでしょうかね?
私にはどこが怖いのかわからない。


でも、妻も娘も怖いと言うし、間違われるのも嫌なので、
仕方なく少し伸ばし始めました。





このくらいなら大丈夫でしょうか?
ちなみに私は、ナンパで、いいかげん、能天気な人間で、
ケンカなんてしたこともないし、怖いところなど何もないですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小川耕太郎ウッドセレクト

2016年06月17日 15時19分54秒 | 小川耕太郎WOODSELECT
先日、木製ブラインドこかげ をご購入いただいたお客様が弊社に来られました。
ブラインドをすごく気に入って頂いたようで、今度は床のリフォームをされたいとのこと。

倉庫から10種類ほどの板サンプルをもってきて、見比べていただき、
おにぐるみでリフォームすることに決まりました。

「おにぐるみ」の施工例




東北の工務店さんからは、杉追い柾目のお問い合わせをいただき、
サンプルとお見積もりをお送りしました。

「杉追い柾目」の施工例、内装床


「杉追い柾目」の施工例、外壁




今日は、大きな材木屋さんから栃フローリングの在庫量のお問い合わせをいただきました。

「栃」の縮杢


「栃」施工例


栃フローリングは、全部で三百数十坪分くらい在庫していますが、
恐らく、日本中を探してもこれだけの量を持っているところはないでしょうし、
これがなくなったら、一定量を揃えるのにかなりの時間がかかると思います。

その材木屋さんも希少な材という事で興味を持たれたのでしょう。

特別木にこだわる方でないと見向きもしないような、めったに売れない、
希少な材を好んで集めてしまう私ですが、
絶対に探している人はいると信じて、リスクを取って耐えうる限り在庫し、販売しています。



草木灰越前生漉奉書や藍染奉書もそうですが、
売れたら、売れただけ仕入れるという、今では当たり前の様になっているやり方が嫌いです。
いつも叱られてばかりですが、良いと思ったら、残したいと思うのなら、自分でリスクを取ってやれ、と思うのです。

少しずつでも買っていただければ、また製作をお願いして、仕入れられます。回りはじめます。
栃も藍染奉書もそういう循環につなげていきたいと思っています。


こういう材を探している方に情報が届きますように!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケヤキの一枚板

2016年06月09日 15時58分22秒 | 小川耕太郎WOODSELECT
叔父の家の帰りに倉庫により、ケヤキの一枚板を写真に撮ってきた。
嫁さんのアイフォンで撮影したので、写真の出来は言いっこなし。




ほこりまみれなので、撮りたくなかったけれど、
嫁さんが木材の記事を挙げろとうるさいので、逆らえない。


一枚板を結構買っていた頃は、どこでいくらで買ったのか、一枚一枚すべて覚えていたのだが、
購入禁止令が出てから5年くらい経つので、いくらで買ったのか忘れている。


綺麗に削って出せば見栄えがするのでしょうが、
削る道具を持っておらず、腕もなく、ただただ寝かしているだけの一枚板です。


長さ2mくらい、中央の巾90cmくらい、厚さ6cmくらい。
スケールを持って行ってないので適当ですが、
綺麗な木目で、おとなしい良いケヤキだと思います。


ビックリ仰天するような一枚板もありますが、
一枚板だけは、きちんと情報を広げられていなくて、
売りたくもあり、隠し持っていたくもあり、
のらりくらりしております。


グリーンジャンボの当たりが7億だったら
加工機を入れて、家具の世界に飛び込むつもりだったけど、
4等では無理ですね。何かアイデアをひねり出さないといけません。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒノキフローリングでリフォーム

2016年06月09日 15時51分53秒 | 小川耕太郎WOODSELECT
築40数年の叔父の家がすぐ近くにあるのだが、
キッチンのクッションフロアーが傷んできたのでヒノキにしようと思っているというので、
山SUN通信の商品撮影で使った「紀州ヒノキフローリング」をプレゼントした。


余分にあったため、キッチンと洗面所に貼り、
蜜ロウワックスも塗ったというので、写真を撮ってきました。







とりあえず、喜んでくれた。
よしよし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古民家リフォーム

2016年06月06日 13時57分48秒 | 小川耕太郎
我家から歩いて1分。
熊野古道沿いにある築120年の家を改修するらしいという噂があった。


そこで、改修前の写真を1月に撮影し、改修の様子を観察していたのだが、
最近完了したみたいだ。

1月の写真



ここの所有者が私がいないときにあいさつに来てくれたみたいで、
今度中を見せてもらおうと思っている。


玄関ドアも外壁も格子もすべて杉赤身材。
昔のままの外観を残しての改修は、手間も費用も大変だったであろうと思われる。


よくここまで徹底されたと拍手したい。





この通りは杉板張りの建物がたくさん残っていて、素晴らしい景観で、
こんなところにサイディングなんか貼られたら、がっかりだっただろう。


毎日、娘と一緒にこの前を通り、娘は学校に、私は職場に向かうのだが、
いつもうっとりと見とれてしまう。


こんな家がずっと残ってくれると嬉しいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インスタグラム版「小川耕太郎WOODSELECT」

2016年04月19日 14時29分41秒 | 小川耕太郎



今度新たに立ち上げたサイト「小川耕太郎WOODSELECT」では、
ぐぐーっとコアな方面へいき「木を選ぶ愉しさ」「上質な空間」を目指し、
国産材を中心に希少価値の高いフローリング材を中心に
私(小川耕太郎)だけでセレクトした木材を販売しています。
このサイトでは私が写真を撮っています。
国産 希少品 フローリングコレクション




このH.Pを製作していただいた㈱ディーグリーンのデザイナー村井さんの勧めで
インスタグラム「小川耕太郎WOODSELECT」
をはじめました。とはいっても私はガラケーなので
妻頼みで投稿しています。宜しかったらフォローお願いします。





ではでは、インスタグラムで投稿写真を数枚紹介します。



▲新しくはじまった国産栗をつかったウッドデッキ用材 木もちeーデッキ【栗】です。
栗は堅くて耐久性が強いので、豪雪地域の外装にも使われています。また昔は線路の枕木にも使われていました。



チークの象嵌材(ゾウガンザイ)
オルゴールの装飾などにつかわれていた象嵌細工専用木材です。最近はこのような細工の需要が少なくなり、材も売れないそうです。象嵌用なので狂いもなく軽いので
「こんな良い材!他に用途があるだろう!」と思い、パレットでどっさり仕入れました。(←妻ブチ切れ)



でっ、ドア作家さんに象嵌材をつかってよーーーっと依頼すると・・・・お洒落な建具ができました。



D.I.Yとしておもしろい!!と思ったのが、この材をつかった鏡フレーム。材料費は1500円(送料除く)鏡はIKEYAで購入したそうです。



超高級品の国産栃のフローリングからお買い得な商品まで色々揃えています。超高級品といってもまとめて購入しているので価値の割にはかなりお値打ちです。


小川耕太郎WOODSELEC






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熊本震災

2016年04月18日 13時33分00秒 | 小川耕太郎
東日本大震災が起こってまだ5年というのに、熊本でまた大きな震災が起こってしまった。
被災された皆様に、お悔やみとお見舞いを申し上げます。



何とか支援が出来ないかと思っていたら、
いつもお世話になっている住宅雑誌「チルチンびと」の山下前社長がフェイスブックで支援を呼び掛けていた。



「チルチンびと地域主義工務店の会」が支援体制を整え、山口県の安成工務店さんに物資を集めて、
そこから熊本に届けているとのこと。
早速、山下さんに電話したところ、「ブルーシートと水」が必要とのことだった。



先ほど、尾鷲名水(株)さんに無理を言って、
注文がいっぱいでギリギリの中から何とか「熊野古道水2L×384本」を格安で分けていただき、
尾鷲のホームセンターと建材店を回って、大きなブルーシートをあるだけ23枚買い求め、
近物レックスさんにこれまた無理を言って、今日の便で山口に送ってもらうことになった。



私たちは、物資をお送りすることぐらいしかできないが、
東日本大震災の時は、「チーム日光」、今回は、「チルチンびと地域主義工務店の会」と、
知っている方々が支援体制を整えて、行動してくれているのでありがたい。



一日も早く地震が収まり、復興に歩きだせるようになることを切に願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加