miss pandora

ONE KIND OF LOVE

愛にはいろいろ種類があるの
全部集めて地球になるの

WAVE 2016 終了御礼

2016-06-28 12:07:27 | 

おかげさまで、地元小樽をはじめ道内外含めてたくさんの素晴らしいお客様に恵まれ6/26の午後5時に無事展覧会を終了することが出来ました。ありがとうございました。

キュレーターが付いていないWAVE展搬入日は、13人の作家たちそれぞれが自分以外の作品に初めて会う緊張の瞬間です。作品たちが、もっとも引き立つ場所を絶対に妥協しないのが、この展覧会の魅力でもあり実は気力・体力ともに大変なことでもあります。今回もある種の興奮状態の中で、冷静な陳列チーフ坂東宏哉さんのもと2時間ちかくも39作品を移動して、間隔・高さ・ライティング・・・やっとたどり着いた初日でした。
そして、なにかしらあの汗が実を結んだような充実した「気」をもらうことが出来ました。

他のメンバーの作品はもちろんのこと、会場での語らいや作品を観る人々の後ろ姿からヒントより次作制作に励むつもりです。

ありがとうございました!!!





ナカムラアリ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Some kind of occupied territories 占領地

2016-06-28 10:47:31 | 


裏腹の事実は


だがしかし


やっぱり妖艶で


括弧たる美が


存在することもある



それらは


方法ではなく


たぐいまれな結果として



私の心を占領する時間がある。。。。。ここに。。。。







*画像 インスタレーション2016 ’somwhere between do or not’ 床面エスキース
アスファルトフェルト・和紙・アクリル・アルミテープ・ベビーパウダー 300×270㎝
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WAVE展のお知らせ

2016-06-17 07:56:01 | 展覧会
ご無沙汰していますがお元気ですか?
北海道は、リラ冷え中。
つかの間の晴れでライラックが香っています。




限られたギャラリー空間にいかにその相乗効果を高めながら異種の作品を展示するのかがひとつの「Key(鍵)」でもあるWAVE展は、去る今年2月小樽市文団協のお声かけでコンテンポラリーダンス(直江博子創作バレエ研究所)との初めてのコラボエクスビジョンとなりました。


2016年2月おたる雪あかりのコラボエクスビジョンの様子

さて、グループ名を「WAVE」にしてから11年目、油絵、水彩、日本画、版画、インスタレーションなどの作家13人が集まりました。
WAVE展の本展であるこの展示は、様々な分野の作家が個展を意識して集まる作品に加えて各作家コメントもあります。ご多忙とは思いますが、ご来場をお待ちしています。

なんと・・・まだ作品完成してません。今年もとても実験的?な展開の予定なんだけど・・(泣)ラストスパートがんばります。

WAVE 13 Artist Exhibition 2016
ウェーブ13人展
▶6/21(火)~6/26(日) AM10:00---PM5:00
▶市立小樽美術館1F市民ギャラリー
----2016参加作家----
江川光博・大谷美由起・さとう綾子・末永正子・高野理栄子
徳吉和男・ナカムラアリ・羽山雅愉・坂東宏哉・深山秀子
福原幸喜・森山 誠・八重樫眞一

ナカムラアリ在廊予定
6/21(火)  AM10:00---PM5:00
6/24(金)  AM10:00---PM2:00
6/25(土)  PM2:00---5:00
6/26(日)  PM2:00---5:00
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小樽美術協会展のお知らせ

2016-05-30 11:23:26 | 
北海道も晩春を迎えて、庭のカラスや山鳩がなかよく2羽でいるのを見かけます。

いつもなら、塗りたてのフェンスや新しいイチゴの鉢が私を応援してくれるのです

が、冬からずっと心も体も頭も忙しくって、ぽよぽよですが、気を取り直して制作

に励んでいます。

今年は、「はざま」というタイトルで、この展覧会に出品する予定です。

どうぞ、観光名所の真ん中・緑麗しい小樽の美術館へ来てください♪



●2016年6月7日(火)~12日(日)

●午前10時~午後5時 (最終日は、4時半まで)

●市立小樽美術館1F市民ギャラリー


*作家在廊予定日

・6/7 10時から14時まで

・6/12 13時から16時半まで




ナカムラアリ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はるかぜとお山・・・

2016-03-16 15:09:31 | 
.

ひんやりした車内で

ボクと君の位置は ビミョーにずれていて

君とボクの公約数も ビミョーにブレていたんだね


ボクは、発狂しそうな数の中で

しゃにむに 最小公倍数と 最大公約数を 計算してたよ


はるかぜが吹いている

道は、溶けすすむ


笑いごとにした 熊さんの足跡も

みんなの笑顔も 

本当さ


はるかぜに幻惑されそうな 

小川の見える部屋で

待っててね。

エゾシカやウサギの足跡が消えたなら

春が くるよ

待っててね。



ボクは、潮風をはらんで・・・君に会いにいくよ




.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加