読書と映画とガーデニング

読書&映画&ウォーキング&落語&野球などなど、楽しく生活したいですね!

映画・人生、ここにあり!

2011年09月13日 | 映画(海外)

 

2008年 イタリア
原題 Si Puo Fare(やればできるさ!)


1978年、イタリアで制定されたバザリア法により次々と精神病院が閉鎖されました
「自由こそ治療だ」という画期的な考え方から、病院に閉じ込められ人間らしい扱いを受けてこなかった患者たちを一般社会で生活させるために地域に戻したのです
そんな時代に起こった実話を基に、舞台を1983年のミラノに設定したのが本作です


精神病院が閉鎖されたが戻る場所のない元患者たちは病院付属の「協同組合180」に集められ、ほとんど無給で簡単な作業をこなすだけの無気力な毎日を送っていた
そこにマネージャーとして異動して来たのがネッロ(クラウディオ・ビジオ)
労働組合員として正義感が強く労働の近代化や市場に対して情熱を傾ける余り、異端児扱いされ『左遷』されたのです
ネッロは仕事で稼ぐことの意味や価値を彼らに伝えることを思いつき会議を開きます
そこで床貼りの仕事が採択され、「協同組合180」は新たな一歩を踏み出すことになります

ネッロは元患者たちの個性をいかし、現場作業者、電話番、経理、理事長など適材適所に上手く配置します
それがドンピシャ大当たり
どんどん品質があがり、顧客が増え、右肩上がりで事業が大きくなっていきます
生き甲斐を見つけた喜びと投薬量を減らされることで、益々元気になっていく元患者たち
給料もあがり、自分達の住まいへ引越し、新しい家具や服を買い、恋も…

このままハッピーエンドになるかと思いきや
最大の悲劇が彼らを襲い、ネッロは責任をとって「協同組合180」から身を引いてしまいます
最後には、元患者たちの「成長」で本当のハッピーエンド

障がいのある人と健常者の間に大きな違いはあるのか?
大いに笑わせ、時に涙を誘う良質の人間賛歌でした

 

ビジオやネッロの恋人サラを演じるアニータ・カブリオーリの演技は勿論ですが
何と言っても元患者たちを演じた面々、なかでも自閉症で一切言葉を発しないのに存在感ばっちりの理事長に拍手を送りたいと思います

そして日本の精神病治療も、いつの日かイタリアのようになったら、と思いました

 

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9/8〜9/11 北海道ラスト | トップ | 熱中症 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
人生、ここにあり! (aquamarine lab)
シネスイッチ銀座で「人生、ここにあり!」を見てきました。本当に久しぶりに映画を見て笑ったり泣いたりしました。 1978年に施行されたバザリア法によって精神病院の全廃が進められていた頃のイタリアでの実話を元にしたコメディ映画。 映画としてはまさに王道な感....
人生、ここにあり! (シネマ日記)
1978年にバザリア法というものが公布されたイタリア。精神病院を廃止して、地域の精神保健サービス機関で精神病患者のケアが始まる。1983年、ミラノ。熱心だが過激すぎて労働組合を追い出されたネッロクラウディオビシオは、精神病院を追い出され行き場のなくなった患者た...
「人生、ここにあり!」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:SI PUO FARE )とことん前向きで、感動的で、でも決して脳天気ではなく深い。ここで描かれたイタリアの社会と日本のそれとを比べてみて、本当に住みやすい世の中とは一体どういうものなのか、じっくりと考えてみるのも一興だろう。  78年に制定された“バ...
「人生、ここにあり!」 原題: Si Puo Fare!(やればできるさ!)  (シネマドライブ(シネカフェ))
映画館で観た。2008年イタリア映画。監督ジュリオ・マンフレドニア、出演はクラウディオ・ビジオ、アニータ・カプリオーリ、アンドレア・ボスカ、ジョバンニ・カルカーニョ、ミケーレ・デ・ビルジリオ、カルロ・ジュセッペ・ガバルディーニ等。 バザリア法(1978年イタリ...
人生、ここにあり! (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Si Puo Fare(やればできる)。ジュリオ・マンフレドニア監督、 クラウディオ・ビジオ、アニータ・カブリオーリ、アンドレア・ボスカ、ジョヴァンニ・カルカーニョ、 ...
人生、ここにあり! (てるてるブログ)
試写会で観てきました。 精神病院が閉鎖され社会に出された患者たちの挫折と自立を「やればできる!」をテーマに描いたイタリア映画。 「自由こそ治療」と言う精神のもとに社会に出された精神病患者たち。 とは言え、社会から隔離されていた患者たちがいきなり社会に出て...
人生、ここにあり! (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Si Puo Fare - 映画ポスター - 11 x 17人は誰もが自分らしく生きる権利を持っている。精神病院を廃止したイタリアで起こった実話を元にした良作だ。1983年、ミラノ。労働組合員のネッロは、 ...
人生、ここにあり!/クラウディオ・ビシオ (カノンな日々)
本国イタリアでは大ヒット、ロングランを記録したという作品です。劇場鑑賞は無理そうでDVD待ちにしていたらチネチッタでも上映されることになって劇場鑑賞することが出来ました。 ...
「人生、ここにあり!」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Si può fare」…aka「We Can Do That」2008 イタリア ネッロに「ニルヴァーナ/1996」のクラウディオ・ビシオ。 サラに「イタリア的、恋愛マニュアル/2005」のアニタ・カプリオーリ。 フルラン医師に「愛と欲望 ミラノの霧の中で/2006」「まなざしの長さをは...
ヨーロッパ推奨映画(2)人生、ここにあり! si puo fare イタリアワインのように味わい深い人生コメディ  (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
優れたヨーロッパ映画を続けて×4も観たので、その感想シリーズ。 今日は、その第二弾を。 前作同様、実際にあった話を映画化。 1980年代のイタリア、ミラノ。 正義感が強いがゆえに異端児扱いされ、突然 左遷された労働組合員 ネッロ(写真、右) わけもわからず、異...
人生、ここにあり!・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
イタリアには、精神病院が無い。 1978年に制定された“バザリア法”によって、それまで病院に閉じ込められ、人間的な扱いを受けていなかった人々が一般社会に戻ってきた。 「自由こそが最良の治療」という革新...
人生、ここにあり! (とりあえず、コメントです)
1978年に制定されたバザーリア法により精神科病院が閉鎖されて患者が社会へ戻されたという 歴史をもとに作り上げたニューマンドラマです。 ずっと観たかったのですけど、もうさすがに終わってしまう〜と慌てて観て来ました。 患者たちの社会へ出る心の喜びが伝わってくる...
やっぱ好きだわ、イタリア『人生、ここにあり!』 (Healing )
人生、ここにあり! ★★★★★ シネスイッチ銀座ほか、全国順次ロードショー中 (どんどん上映館が増えていってるようですね。 詳しくはこちら) 原題『SI PUO FARE』(やればできる)のとおり! 何とかなるよ、やってみれば 舞台は1983年の、イタリア・ミラノ。 世界初の...
映画『人生、ここにあり!』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
ヤフー映画のユーザーレビュー評価で「午前十時作品」と並んで 堂々ベスト10入りしていたので、ずっと気になっていました。
人生、ここにあり! (映画と本の『たんぽぽ館』)
適材適所。やればできるさ。               * * * * * * * * 1978年、イタリアでバザーリア法という法律が制定され、精神病院が撤廃されました。 患者達を地域に戻し、一般社会で暮らせるようにしたもの。 この作品は、そうしたことを背...
[映画『人生、ここにあり!』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆八王子シネマで公開されていて、なかなか時間が合わなかったのだが、やっと観れた!  しかも、偶然にも、初めて「メンズデー(男1000円)」なる日にあたったゾ^^  とてもいい作品だった。  話は、あまりにも激しく真摯過ぎる組合活動を続けてきた主人公ネッ...
人生、ここにあり! (映画の話でコーヒーブレイク)
イタリア映画といえば、昔は華やか〜でした。 ソフィア・ローレンやマストロヤンニ、ジーナ・ロロブリジタ、クラウディア・カルディナ―レ、 ロッサノ・ブラッツイにジュリアーノ・ジェンマ、皆さんハリウッド映画によく出演しておられたので 多くの俳優さんや監督の名前...
人生、ここにあり! (映画とライトノベルな日常自販機)
“笑って泣いて、生きていることの素晴らしさを実感しました” おすすめ度:★★★★☆ 2011年12月11日  新潟・市民映画館シネ・ウインドにて鑑賞(12月23日まで上映) 精神疾患にかかり入院したり施設いる人々は、薬の影響で無気力であり動作も緩慢です。そして医師や...
人生、ここにあり! (だらだら無気力ブログ!)
素敵な作品だった。
人生、ここにあり! (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
人生、ここにあり! '08:イタリア ◆原題:SI PUO FARE ◆監督:ジュリオ・マンフレドニア ◆出演:クラウディオ・ビジオ、アニタ・カプリオーリ、ジュゼッペ・バッティストン、アンドレア・ボスカ、ジョヴァンニ・カルカーニョ ◆STORY◆1983年のイタリア、ミラノ。...
人生、ここにあり! (いやいやえん)
法律によって精神病院が廃止された国・イタリアで起こった実話を映画化。 元患者達が前向きに仕事して生活していこうと奮闘する姿と挫折から再起する姿は観てよかったなーと思えるものでした。今の私には一番効いた