読書と映画とガーデニング

読書&映画&ガーデニング&落語&野球などなど、毎日アクティブに楽しく生活したいですね!

映画・偽りなき者

2013年03月17日 | 映画(海外)

 

2012年 デンマーク

原題 JAGTEN

英題 THE HUNT

 

 

森と湖が美しい村

幼稚園で働くルーカス(マッツ・ミケルセン)

温和な性格で園児たちと元気よく遊び、休日には幼馴染の友人たちと猟に出かけたり湖で遊んだり酒を飲んだり

平穏に暮らしていた彼は、親友テオの娘で園児の一人・クララがルーカスに性的嫌がらせを受けたと園長に話したことから変質者の烙印を押され村から孤立してしまう

クララは嘘をついている、自分は潔白であることを主張し続けるルーカスだったが幼い少女は嘘をつかないと信じ込んでいる村人たちは一切彼の言うことに耳を貸そうとしない

 

クララが作り話をしたのは、ルーカスへの淡い恋心を表現したところ彼に軽くあしらわれてしまったことに原因がありました

園長もカウンセラーも作り話をするときのクララの表情をよくよく観察すれば「嘘かもしれない」というのはわかりそうなものです

クララの母親も、クララが「本当は何もなかった」と正直に話したのに「辛い記憶を消そうとしている」と判断し耳を貸しませんでした

テオも映画始めに出てくる会話の中でルーカスに「お前の真っ直ぐな瞳は嘘をついていないことの証し」と語る台詞があるのですが、「話を聞いて欲しい」というルーカスの瞳を見ても何の反応も見せませんでした

彼も動揺が激しく真っ当な精神状態ではなかったのでしょう

 

村中の誰も彼もがクララは被害者、ルーカスは加害者と決めつけ集団ヒステリーの様相を呈してきます

 

苦境に陥ったルーカスですが、強い意志で立ち向かっていきます

彼を信じてくれる息子・マルクス(妻は離婚していて不在)や少数ではありますが友人の援護もあり、ようやく無実放免となり穏やかな日々が戻ってきたようだったのですが…

 

実は、村人は容易には彼を許してはいなかったのです

 

こう終わらせるのか…

ラストがまた素晴らしいのです

英題「THE HUNT」なのです

 

マッツ・ミケルセンの瞳に釘付けになりました

 

 

自分が村人の立場だったら?

ルーカスの立場だったら?

色々と考えさせられたヒューマンドラマでした

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青来有一「月夜見の島」 | トップ | 野村萬斎「狂言サイボーグ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
偽りなき者 /THE HUNT/ (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「セレブレーション」「DEAR WENDY ディアウェンディ」のトマス・ヴィンターベア監督作で、 主演のマッツ・ミケルセンが、カンヌ映画祭で主演男優賞受賞でも話題のデンマーク映画 マッツさんといえば、「007 ...
偽りなき者 (佐藤秀の徒然幻視録)
“真っ直ぐ”が災いの元 公式サイト。デンマーク映画。原題:Jagten(狩猟)、英題:The Hunt。トマス・ヴィンターベア監督、マッツ・ミケルセン、アレクサンドラ・ラパポート、トマス・ボ ...
偽りなき者 (心のままに映画の風景)
デンマークの小さな町。 親友の娘クララ(アニカ・ヴィタコプ)の作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス(マッツ・ミケルセン)は、潔白を訴えるが耳を貸すものは誰もいなく、仕事...
『偽りなき者』 (ラムの大通り)
(原題:JAGTEN) ----この映画って、 ラース・フォン・トリアーらと ドグマ85の運動を起こした トマス・ヴィンタ―ベアの作品だよね。 「うん。 でも、予告編を覗いてみたら、 ドラマトゥルギーの強烈さを感じさせてくれる作品。 それだけで観てみたくなったね」 ----ど...
偽りなき者  (to Heart)
決して、譲れないものがある―― 原題 JAGTEN/THE HUNT 製作年度 2012年 製作国・地域 デンマーク 上映時間 115分 脚本 トマス・ヴィンターベア 、トビアス・リンホルム 監督 トマス・ヴィンターベア 出演 マッツ・ミケルセン/トマス・ボー・ラーセン/アニカ・ヴィ...
偽りなき者/マッツ・ミケルセン (カノンな日々)
デンマーク映画ということで先ず興味を抱いたのですが、どんなお話なんだろうとあらすじを読んでますます興味津々となってしまいました。何気ない子供の作り話をきっかけに主人公 ...
偽りなき者 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年3月22日(金) 21:10~ 109シネマズ川崎10 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 それでも僕はやってないinデンマーク 『偽りなき者』公式サイト 冤罪とまではいかないが。 勤めていた学校が廃校になり、現在幼稚園勤務の中年男。 彼を...
偽りなき者 (映画的・絵画的・音楽的)
 『偽りなき者』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作はデンマーク映画。  主演のマッツ・ミケルセンはカンヌ国際映画祭で主演男優賞を獲得しました。  映画の舞台は、デンマークの田舎の小さな町。  主役のルーカス(マッツ・ミケルセン)は42歳。離婚した上に....
『偽りなき者』 2013年3月8日 京橋テアトル (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『偽りなき者』 を試写会で鑑賞しました。 不快指数高いけど、考えさせられる映画であった。 【ストーリー】  親友の娘クララの作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス(マッツ・ミケルセン)。クララの証言以外に無実を証明できる手段がない彼...
偽りなき者 (とりあえず、コメントです)
自然の豊かなデンマークを舞台に謂れ無き罪により追い詰められていく一人の男を描いたドラマです。 主演のマッツ・ミケルセンの存在感を感じる予告編を観て、これは観たいなとチャレンジしてみました。 美しい風景と共に、最後まで心がざわめくような何とも言えない余韻を...
「偽りなき者」 (元・副会長のCinema Days)
 (英題:THE HUNT)日常生活に潜む恐怖の陥穽を描くという映画は過去にもけっこうあったが、たいていはコケおどしのレベルに終わっていたように思う。しかし、本作にはいかにもありそうなシチュエーションが丹念に構築されており、その分衝撃度は高い。  デンマーク....
偽りはなき (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「偽りなき者」を鑑賞しました。 親友の娘クララの作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス 無実を訴えるが誰にも話を聞いてもらえず 仕事も信用も失い、周囲からは憎悪と敵意が向けられ・・・ 小さな嘘が男の運命を悲劇へと....
「偽りなき者」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Jagten」…aka「The Hunt」2012 デンマーク ルーカスは離婚と失業の試練を乗り越え穏やかな日々を取り戻していた。元教師の彼は幼稚園教師となり子供たちに慕われている。ある日、ルーカスの幼稚園に通う親友テオの娘クララの何気ない嘘に変質者扱いされてしまう。園...
『偽りなき者』 ウイルスと嘘が似てるのは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『コンテイジョン』はウイルスの蔓延にさらされた人々のパニックを描くと同時に、偽情報の感染力の強さも描いた映画だった。  デンマーク映画『偽りなき者』も、子供が口にしたデタ...
偽りなき者 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『セレブレーション』『光のほうへ』などの名匠トマス・ヴィンターベアが、無実の人間の尊厳と誇りを懸けた闘いを重厚に描いた人間ドラマ。子どもの作り話がもとで変質者扱いされてしまい、何もかも失い集団ヒステリーと化した世間から迫害される男の物語は、第65回カンヌ...
映画「偽りなき者」を観ました。 (みなと横浜みなみ区3丁目)
昨日、朝からの雨模様のなか、ようやく横浜・ジャックアンドベティにオファーされたこの映画を観るために、早めに家を出た。 途中から雨が本降りになったが、10時05分の開演30分前に着いた時には、すでに10
偽りなき者 (悠雅的生活)
ささやかな嘘。鹿狩り。線。
「偽りなき者」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
無実の罪で、ひどい目に遭う・・・映画。5つ★
偽りなき者 (こんな映画見ました~)
『偽りなき者』---JAGTEN THE HUNT---2012年(デンマーク)監督: トマス・ヴィンターベア出演:マッツ・ミケルセン 、トマス・ボー・ラーセン、アニカ・ヴィタコプ 、ラセ・フォーゲルストラム 少女の何気ない嘘によって人生を破壊された男が、理不尽な迫害を....
偽りなき者 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【JAGTEN/THE HUNT】 2013/03/16公開 デンマーク R15+ 115分監督:トマス・ヴィンターベア出演:マッツ・ミケルセン、アニカ・ヴィタコプ、ラセ・フォーゲルストラム、スーセ・ウォルド、ラース・ランゼ 決して、譲れないものがある―― [Story]デンマークの小さな町で...
『偽りなき者』をギンレイホールで観て、見る前の方が怖かったふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★リアル】 マッツ・ミケルセンが追い込まれる状況が突飛すぎない。 誰もが落とし穴に落ちてしまいそうなリアルな恐怖感がある。 日本の痴漢冤罪くらいリアル ...
偽りなき者 (いやいやえん)
きっかけは少女のささやかな嘘。疑惑は憎悪となり、小さな町を埋め尽くす。 デンマークには「子供と酔っぱらいは嘘をつかない」ということわざがあるそうです。誰もがこのことわざを盲信しているかのように、幼稚園