お気楽な日々

お気楽主婦の思い出日記帳です。

KENPOKU ART 2016~茨城お散歩シリーズ vol2 (10月16日) その3

2016-10-29 15:03:31 | ご近所散歩日記帳

<ひと山越えて>次に、少し離れた常陸大宮地区に行こうと、カーナビし、ナビの指示通りに車を走らせた。ナビ検索でも、この間はかなり距離があった。車を走らせ、しばらく広域農道のような大きくきれいな道を進んでいくと、突然、山中のつづら折りのしかも道幅のかなり狭い道に入ってしまった。しかし、戻るわけにも行かず、ナビの言う通り、山道を30km近く走って、ようやく常陸大宮市に到着した。大変な道のりだった。

<旧美和中学校>13時近かったが、ご飯を食べていなかったので、中学校の駐車場で、朝買っておいたパンを口に放り込み、昼食終了。さて、アート見学へ。ここには、この芸術祭のポスターのデザインにもなっている作品があった。シャボンの膜に画像を投影しているもののようだったが、見る位置によって、色々な見え方がするのが面白かった。真っ暗な部屋の中で、シャボンが沢山出てきて、それに光がフラッシュされるものなどがあった。カフェのようなスペースの飾りも、素敵だった。

<旧家和楽青少年の家>続いて向かったのは、旧青少年の家という施設。ここでは、ふき抜けに大きな白いエアーをふき込みながらふわふわとさせたところで、そのふわふわ感をを体感するアートや、昔の客室部分に、石などを並べた作品などがあった。そして、この施設の体育館には、本当に印象に残る作品があった。体育館に足を踏み入れると、大きな白い布の上に、黒い無数の花の切り抜きを並べたものが目に入った。この白い布の向こう側には、お客さんたちが寝そべって、写真を撮っていた。反対側へも行ってみると、なんと裏側には、色が付けられていて、こちら側から見ると、カラフルなお花たちが見えるのだ。あ~、素晴らしい。この花の量の多さといい、アイディアといい、かなり印象に残る作品だった。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラッシックのコンサートに... | トップ | KENPOKU ART 2016~茨城お散... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。