音次郎の夏炉冬扇

思ふこと考えること感じることを、徒然なるままに綴ります。

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 』

2009-02-21 08:37:48 | 映画・ドラマ・音楽
昔、「じじい」とか「せんぱい」なんてあだ名で呼ばれていたクラスメートが、中年になって同窓会に出たら、あまりにそのまんまなので吃驚されるということがあります。老け顔の人って、年くっても意外と変わらないものなんですが、かように「相対的に若返る」というのはありえると思います。

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生 』を観て来ました。不思議な御伽噺なんですが、妙なリアリティーがあって違和感を感じませんでした。それは何故かと考えてみたんですが、男と女の関係性において普遍的なものを描いているからなんですね。

一般的に女子の方が発育も早くマセていますから、男子は幼・小・中と常にリードされています。夜中に蝋燭の灯でこっそり遊ぶシーンで、少女のデイジーは堂々としてあっけらかんとしていつのに、「少年」のデイジーはおどおどとして落ち着かない風情です。

10代後半から20代前半は女性の黄金時代です。特に私の場合はバブル期だったので、顔のいい女の子は年上のバブル紳士やヤンエグと呼ばれる社会人に流れる傾向が強く、同世代の男子はお呼びじゃないという感じでした。「世界は自分の手の中にある」という全能感でブイブイいわせている娘だけでなく、ごく普通の女の子でもちょっとどうかと思わせる人も少なくなかった。今も昔も、若い女性だけをやたらとチヤホヤする男性や社会の方にも責任があるとはいえ、同じ時間帯で合コンを平気で掛け持ちしたり、私も結構コケにされた経験を持っています。

デイジーは美貌に加え、バレエダンサーとして評価されていたわけですから、それはもう大変な鼻息です。公演を観に行き楽屋で花束を渡そうとしたベンジャミンに「なんで予め連絡しなかったの」みたいなことをしきりに言うシーンが印象的です。こういう女王様時代は自分中心にまわっている世界のペースを乱されるのが嫌なんですね。ベンジャミンはただ幼馴染みをびっくりさせようとしただけなんですが・・・。レストランで静かに旧交を温めようという提案を蹴って、芝居がはねた後、デイジーはパーティーの方に誘います。そのパーティー会場でベンジャミンは立ち尽くしちゃうんですね。デイジーに恋人と思しき男性がいたということよりも、絶頂期の女性が放つオーラに圧倒されてしまうのです。その後に思わせぶりなモーションがあるのですが、すっかり気圧されてしまったベンジャミンは「ゴメンナサイ」状態になります。

要領のいい女子は推薦入学で大学に入り、またはさっさと短大出てOLになって、おぢさんたちに美味いものを奢ってもらい、休日は海外旅行三昧。それを尻目に男子はというと、受験でモタモタ停滞したりして、タメの女子とは周回遅れになっています。就職後も怖い上司の手前、しばらくは帰れず休めずと雌伏の時期を過ごします。ベンジャミンも10代から20代にかけては、家を出て下働きの船員となり、戦争の修羅場まで経験する修行の時代です。モスクワで不倫してソッチの方も鍛えられますが。。しかし一方で、ダンサーとしてこれからという時に、デイジーは交通事故により一瞬で夢破れ人生が暗転します。

男性は経験を積んだ20代後半から仕事に余裕が出てきて、30代は結構溌剌としてくるものです。肩の力もほどよく抜けてガツガツしないので、私の周囲の妻帯者で遊んでいる人はたいて年下の彼女がいました。ポジションによっては交際接待費の枠を結構持っていたりするのです。ベンジャミンは実の親父がカミングアウトしてくれて遺産を相続したので、金も暇も体力もあって、加えてルックスは世界一美しいといわれるブラピ様ですから、それはもう最高の状態になっています。

女性の方は20代後半から以前の元気がなくなります。10年前に掛け持ちを理由に合コンを早退した同一人物が、特に誘っていないのに3次会まで付いて来たなんていう実話もありました。この時期いささか弱気になるのか、綺麗だった人ほど顔のしわや白髪や体型などを過剰に気にしていたような気がします。外から見たら、さほど容色の衰えを感じないのですが、そんなことを思う私は根本的に女心がわかってないんでしょうね。出産した女性は子育てで家にこもるため、会う機会もなくなります。

そして女性陣は子どもの手が放れた50代前後くらいから「復活」してきます。非常にポジティブになり、輝いている人が増えてくるような気がします。保守的な男性と違って進取の気性に富み、文化的な面や地域の活動などでも精力的に取り組んでいくので、中高年リストラや定年退職で一気に失速し元気を失くす男性は、またもや置いていかれることになるのです。私はバレエ教室を主宰して子供達を教えている50代のデイジーが一番美しいと思いました。若い頃のギンギンギラギラから一皮二皮むけて熟成した何ともいえないしっとり感が出ています。

その後は、長門裕之・南田洋子夫妻のように、ボケちゃって子どもになった奥さんを夫が介護する老後もあるし、勿論その逆もあるでしょう。

こうしてみると、映画では年月に逆行して若返っていく男性と、普通に歳をとる女性の愛を描いていますが、現実の同年代男女の人生も決してパラレルではなく、シーソーゲームというか、あざなえる縄のようなものではないかと思うのです。ベンジャミンとデイジーが中間点で結ばれて一番いいときを過ごすのが1960年代ですが、このときお互いがアラフォーから40代に向かって交差していきます。最近私の周囲で40代前半の男性と少し下の女性というカップルの結婚が続いていることが頭をよぎりましたが、現代は男女がフィットする時期がそのくらいということなのでしょうか。

本作は壮大な大河ドラマです。私は娘のキャロラインと同じ歳で、ベンジャミンは死んだ祖父とほぼ同年代なので、色々と胸に去来するものがありました。アメリカの現代史に造詣があれば、もっと深く鑑賞できたかもしれません。お金も時間もふんだんにかけてつくられたであろう映画ですが、果たしてオスカーとれるでしょうか。ノミネートから漏れていますが、個人的には『レボリューショナリー・ロード』の方が深いと思いました。アカデミー賞授賞式は2日後に迫っています。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (59)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みんなで総理大臣 | トップ | ブログが消える »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (なな)
2009-02-21 23:25:01
とっても好きな作品です。
アカデミー,たくさんとってほしいです。
そういえばもう二日後かぁ・・・・
コメント・TBありがとうございました (音次郎)
2009-02-24 02:57:07
>ななさん、ありがとうございます。
助演女優賞は有望かと思っていましたが、残念でしたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

59 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」みた。 (たいむのひとりごと)
ある裕福な家庭。待ちに待った我が子の誕生。しかし母親の命と引き換えに生まれてきた赤ん坊が醜い老人の姿だったとしたならば、例え我が子と言えども愛する妻の命を奪った”悪魔の子”にしか見えない夫の気持ちもわ
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (いい加減社長の映画日記)
観たい映画が、何本も公開される中で、一番期待していた「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」。 1000円で観られる割引券があったので、朝一で観てきました。 「UCとしまえん」は、早い時間にしては、人がいたかな。 「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、大き...
劇場鑑賞「ベンジャミン・バトン数奇な人生」 (日々“是”精進!)
「ベンジャミン・バトン数奇な人生」を鑑賞してきました「セブン」「ファイト・クラブ」に続いて3度目のコンビを組んだデヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット主演で贈る感動ヒューマン・ファンタジー。『グレート・ギャツビー』で知られる小説家F・スコット・...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (勝手に映画評)
実は、あまり見に行こうと思って居なかったんですが、2008年度第81回アカデミー賞で、最多の13部門(作品賞、主演男優賞(ブラッド・ピット)、助演女優賞(タラジ・P・ヘンソン)、監督賞(デヴィッド・フィンチャー)、美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞、メークアップ賞...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Akira's VOICE)
人生という名のロードムービー。  
便宜上、倍評価 数奇な凡作●ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Prism Viewpoints)
過剰包装は止めましょう。 『The Curious Case of Benjamin Button』 ベンジャミン・バトン 数奇な人生 - goo 映画 1920年代にF・スコット・フィッツ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (LOVE Cinemas 調布)
2009年序盤では1番の大作といっていい本作、公開初日に早速行ってきました。主演は言わずと知れたブラッド・ピット。共演ケイト・ブランシェット。そして監督は私の大好きな作品『ファイトクラブ』以来ブラピとは3度目となるデヴィッド・フィンチャーです。私のみな...
映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(2008年、米) (富久亭日乗)
  ★★★★★  80歳の老人の姿で生まれ、年をとるにつれ若返っていく男と バレリーナの愛の物語。 『The Great Gatsby 』のFrancis Scott Key Fitzgeraldが 書いた短編小説(1922年)をEric Rothが脚色。 第81回アカデミー賞で作品賞など13部門にノミネート。...
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 (日々のつぶやき)
監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、エル・ファニング 「間もなく死を迎えようとしている女性が娘にある日記を読んでもらう。書いたのはベンジャミン・バトン。彼の数奇な運命がそこに語られ
[映画『ベンジャミン・バトン』を観た^^;] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆非常に面白かった^^v  観ている3時間、思ったより劇的な展開は抑えられていたのだが、味わい深い展開が、私の目を逸らさせなかった。  この作品は、ブラッド・ピット演じるベンジャミンが、末期の老人の身体で生まれ、そこから年を経るに従って、(これは当然だ...
映画 【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説をデヴィッド・フィンチャー監督が映画化。 おはなし:1918年、ニューオーリンズ。老人施設で働く黒人女性のクィニーは捨てられた赤ん坊を拾う。その赤ん坊は生まれながらに...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は素晴らしい。』  コチラの「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」は、1920年代に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を基に、80歳で生まれ、若返っていく男の物語を映画化した2/7公開のヒューマン・ファンタジーなのですが、試写会で観て来ち...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (ネタバレ映画館)
デイジーにヒナギクの花束を・・・
ベンジャミン・バトン~数奇な人生 (ももママの心のblog)
大人のための切ないファンタジー。フィッツジェラルドの原作を、ブラピ主演、監督デヴィッド・フィンチャーで映画化っていうだけで興味津々・予告編でCGを駆使したブラピの七変化もあって、見たいと勇んで行きました。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生/ブラッド・ピット (カノンな日々)
赤ちゃんなのにお爺ちゃんの姿をしたブラッド・ピットは何度観ても衝撃的でしたね。たぶんここ1,2ヶ月かの間では最もたくさん劇場予告編を目にしたのがこの作品だったと思けど何度観てもこれがいったいどういうお話になるのか予想出来なくて想像力を掻き立てられました。...
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】 (+++ Candy Cinema +++)
【THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON 】 【監督】 デヴィッド・フィンチャー   【原作】 F・スコット・フィッツジェラルド    【脚本】 エ...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (俺の明日はどっちだ)
1920年代に書かれたF・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を基に、80歳で生まれ、徐々に若返っていく男の人生という時間を縦軸に、そんな彼が与え、与えられる愛を横軸として展開するヒューマン・ファンタジー作。 冒頭の時計職人のエピソードに象徴されるがごとく...
ブラッド・ピッドだから… (美容師は見た…)
観たようなものですが(^_^;)体調不良だったため、予定よりも一週遅れの鑑賞です。ウズウズ  めちゃ観たかった~。  やっぱり観て良かった~。  本当に数奇な人生でした。  『ベンジャミン・バトン』老人に生まれて若返って行くなんて、どんなストーリーなの?...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (You got a movie)
監督   デビット・フィンチャー キャスト ブラッド・ビット       ケイト・ブランシェット       ティルダ・スウイントン ケイト・ブランシェット演じる年老いたデイジーの病床で娘が読んでくれるベンジャミンの日記に沿って物語が進んで行く。この映...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (めでぃあみっくす)
それでも人生は素晴らしい。見終わった後に自然とそう感じる完成度の高い映画でした。『フォレスト・ガンプ一期一会』のように一人の男を狂言回しに描いていく人生ファンタジーなんですが、こちらの方がより大人向けといった感じでした。そしてブラッド・ピットファンはあ...
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』・・・逆行する二人の時間が交錯して (SOARのパストラーレ♪)
第一次世界大戦末期に、ある願いを込めて時計職人が作った逆回転の時計。まるでそれがきっかけであるかのようにベンジャミンの数奇な人生が始まる・・・。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (悠雅的生活)
人生は驚きの連続。与えられた運命を受け入れて。試写会にて。
ベンジャミン・バトン-数奇な人生-/TheCURIOUS CASEofBENJAMIN BUTTON (我想一個人映画美的女人blog)
『セブン』『ファイトクラブ』に続き、デヴィッド・フィンチャー監督×ブラッド・ピットのコンビ 3作目は 今年ももうすぐ発表になるアカデミー賞で 最多13部門ノミネート{/atten/} 作品賞/監督賞/主演男優賞/助演女優賞/脚色賞/ 撮影賞/編集賞/美術賞/衣装デザイン賞...
ベンジャミン・バトン ー数奇な人生ー (いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
ベンジャミン・バトン 2/7(土)TOHOシネマズ レイトで鑑賞ー。 満席状態だってのに何でちいさなお部屋で上映するんだろ? 初日くらい話題作なんだし大きなお部屋でかければいいのになー 最近地元のシネコンの部屋割り(?)に納得いかなーい! 上映
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (★ Shaberiba ★)
老人の姿で生まれ年をとるたび若返っていくというベンジャミンの数奇な人生は 私達に何を投げかけているのでしょうか・・。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。F・スコット・フィッツジェラルド原作、原題:The Curious Case of Benjamin Button。デヴィッド・フィンチャー監督、ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、タラジ・ヘンソン、エリアス・コーティアス、ジェイソン・フレミング...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
この1月に,81回アカデミー賞に,多数ノミネート(作品賞・監督賞・主演男優賞など)されたこの作品。封切りと同時に劇場に駆け付け,・・・・・鑑賞後は「これは受賞もしてほしい」と思った。なんとも言えない感動の余韻を今でもひきずっている。 あらすじ: 80代の男...
ベンジャミン・バトン/数奇な人生 ブラッド・ピット (ネット社会、その光と影を追うー)
80代の、深い皺の刻まれた老人として生まれたベンジ
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (future world)
上映時間2時間47分は・・・長い! でも全く気になりませんでした。 美しくも切ない物語・・・ 人は生まれてから命尽きるまで、心と体は共に成長していくものだけど、 そうでなかったら・・・ ベンジャミンの人生~中身は普通の人と変わらず子供から大人へと成長...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (まぁず、なにやってんだか)
1月29日、MOVIXの一斉試写会で「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」を観てきました。 とーってもいい映画でした。超オススメです。 80代で生まれ、そこから若返っていくという内容をどう映像化していくのか、興味があったのですが、さすがハリウッド!素晴ら...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (5125年映画の旅)
1918年。ニューオーリンズの老人ホームに、一人の赤ん坊が捨てられていた。その子は、生まれたばかりにも関わらず、80歳の老人の身体をしていた。ベンジャミンと名付けられた彼は、数年の命と言われながらもすくすくと成長していった。さらに彼は、歳を重ねるご...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BU... (映画!That' s Entertainment)
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生                       THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON」 2008 アメリカ Warner Bros.Pictures,Paramount Pictures,166min. 監督:デヴィッド・フィンチャー 原作:F・スコット・フィッツジェラル...
人生は偶然の積み重ね。『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (水曜日のシネマ日記)
80代の肉体で生まれ、徐々に若返っていく一人の男性の数奇な運命を描いた作品です。
『ベンジャミン・バトン 数奇な運命』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ベンジャミン・バトン 数奇な運命」□監督 デヴィッド・フィンチャー  □脚本 エリック・ロス   □原作 F・スコット・フィッツジェラルド□キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (せるふぉん☆こだわりの日記)
やっと見に行けました~「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 この半月ほど咳が異常
「ベンジャミン・バトン -数奇な人生-」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・WB=Par/監督:デヴィッド・フィンチャー) 80歳の肉体を持って生まれ、年齢を経るごとに若返って行く、数奇な生涯を歩んだ男の一生を描いた感動の物語。 小説家のマー
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(映画館) (ひるめし。)
人生は素晴らしい。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
    = 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』  (2008) = 80歳という年齢で誕生し、徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男、ベンジャミン(ブラッド・ピット)。 他の誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年2月7日 公開 ★★★★★ 特殊メイクも含め見応えありで星5! バトンのボタン まずオープニングのワーナーのロゴがボタンになってたのが、どういう意味なんだろうと思っていたら・・・。 ご鑑賞がまだの方はネタ...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 自分の人生の肯定 (はらやんの映画徒然草)
時間というものは不可逆性の流れを持っています。 今のところ物語の中でしかタイムト
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (Diarydiary!)
《ベンキャミン・バトン 数奇な人生》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - T
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (そーれりぽーと)
ブラッド・ピッドがどんどん若返って『リバー・ランズ・スルー・イット』の頃よりも美しくなる(謎)と噂の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を観てきました。 ★★★★ この映画を観ていた中でひとつはっきりと思ったのは、老いって怖えー!ってことかな。 本来の主...
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (新!やさぐれ日記)
▼動機 子供の頃、こういう歌があったよね ▼感想 ま、それなり ▼満足度 ★★★★☆☆☆ それなり ▼あらすじ 80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。時間の流れを止められず、...
ベンジャミン・バトン数奇な人生 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
生まれたときから老人のベンジャミン・バトンは、年齢と共に若返り、数奇な人生を送ることになる。第一次世界大戦に始まり、21世紀まで普通とは逆の時間を旅した男の奇妙で壮大なラブ・ファンタジー。 アメリカを代表する作家の一人、F・スコット・フィッツジェラル...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON公開:2009/02/07製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:167分鑑賞日:2009/02/07監督:デヴィッド・フィンチャー出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライ...
「ベンジャミンバトン 数奇な人生」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
人生は教訓のてんこ盛り。「人生はチョコレートの箱のようなもの。食べてみるまで分からない」と言ったのはフォレストガンプの母(だったかな?)。本作の主人公・ベンジャミンの育ての母は「人はみな生まれて死ぬ。たどる道が違うだけ」と言う。ガンプと同じように、その...
ベンジャミン・バトン★数奇な人生  (銅版画制作の日々)
 原題:The Curious Case of Benjamin Button 80歳で生まれ、若返っていく男の物語 公開前から予告での宣伝もじゃんじゃん流されていたので、観ないわけにはいかないなあと思っていました。2月9日夕方、鑑賞してきました。ところが長い!3時間まではいかなかった...
『ベンジャミン・バトン~数奇な人生~』 (・*・ etoile ・*・)
'09.01.19 『ベンジャミン・バトン ~数奇な人生~』(試写会)@よみうりホール yaplogで当選。ブラピ舞台挨拶つき試写会も応募したけど、こっちが当たってことはハズレだな(涙)しかも家に帰ったらシネトレからも試写状が届いてた。その日は旅行中で日本にいない。とい...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞に13部門ノミネートされた話題作【story】80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれたベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、...
映画 『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 (きららのきらきら生活)
『人生は素晴らしい。』
【ベンジャミン・バトン 数奇な人生】人生には色々な事が起こる (映画@見取り八段)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 ~THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON~ 監督: デヴィッド・フィンチャー 出演:  ブラッド・ピット、ケイト・ブラ...
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (近未来二番館)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 - goo 映画2月7日 映画館にて。 80代で生まれ、そこから若返っていく人生を送った、タイトルどおりの...
「ベンジャミンバトン 数奇な人生」・・・プチレビュー (気ままな映画生活)
デビッド・フィンチャー監督とブラッド・ピットのコンビ作品 がまた見れると胸躍りました。「セブン」、「ファイトクラブ」と あっと驚く仕掛けを用意してくれる・・・ この題材を選んだときにびっくりしました。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生    The Curious Case of Benjamin Button   (明るくなるまで待って Wait until light)
老人の姿で生まれ、年を経るごとに若返っていく男の物語、 第一報を聞いたときから、
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)は、愛する人との出会いと別れを経験していくが・・・。感想映画の日に、久しぶりに劇場鑑賞。『セブン』、『ファイト・クラブ』のデヴィッ...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ティルダ・スウィントン、ジェイソン・フレミング、イライアス・コティーズ、ジュリア・オーモンド、エル・ファニング デイジー、タラジ・P・...
ベンジャミン・バトンの数奇な運命 (映画の話でコーヒーブレイク)
何とも荒唐無稽な設定で、一体どういう終わり方をするのか?と興味が膨らむストーリー。 61ページほどの短編なので、映画を見てから読んでみました。 「華麗なるギャツビー」のスコット・フィッツジェラルド原作、今回映画にあわせて 初めて翻訳出版されたそうです。 こ...
「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
あんな風に若返ることができるメイク・・私もしてもらいたい(^^ゞ
【映画】ベンジャミン・バトン 数奇な人生…今年の観賞記録は今年のうちに計画(1)蛇足無し (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}あいかわらずモンハンばっかりなピロEKです{/ase/} (ゲームでは、ちょっと前に買った「Forza Motorsport 3」は全然遊んでいなくて勿体ないし{/ase/}、すでに払い込んでるXboxのゴールドメンバーシップとかも全然使ってなくて{/ase/}…勿体ないですなぁ{/...