まりっぺの平凡日記

毎日平凡に生きれるって幸せなんだ。でもその平凡っていうのは意外と難しい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久々のムカムカ&モヤモヤ

2016-11-13 20:43:36 | Weblog

皆さまお久しぶりです。

どうにかまりっぺ一家は生きてます。

でも正直、母、夏から秋にかけてめちゃくちゃ体力が弱り、私もいよいよ腹をくくろうかと思ったこともありました。

そこにきて真央ちゃんのブログをテレビが取り上げ、その報道を暗い顔で弱り果てた母が見るものだから私も正直撃沈してました。

真央ちゃんはブログを書いているんだから、彼女の状況を知りたい人は彼女のブログを読めばいい

わざわざてテレビでそれを取り上げないでほしいと思う日々が続いてました。

だって母は真央ちゃんと同じ抗がん剤を毎週受けているので、今後もし、真央ちゃんに何かあったら、同じ病気を患い、同じ治療をしている患者さんやその家族は落胆するに決まっている…だからやたらメディアに騒いでほしくない…

とまぁ、ブログをサボっている間、いろいろなことがありました。

現実を直視したくなくてテニスを観戦に行ったり、友達とも食事に行ったり、一日2時間ほどの外出をやたらしたりしても母のことが気になるので、家に引きこもってポケモンにはまってみたり…

この2~3日は母も落ち着いているので、久々に今日は大学時代の友人に頼まれて、ある演劇を俳優座に見に行ってきました。暗い内容の話で、舞台上の演出も真っ暗で、これは睡魔との戦いになるなと思った矢先、友人の隣のおじさんがイビキをかき始めたzzz

その内にイビキがうめき声となり、友人の方に倒れて来たおじさん。

友人とは反対側にいた奥さんが「お父さんどうしたの?」と声をかけても反応なし

私は低血糖でも起こしたのかと思い「ご主人、糖尿の持病は?」と聞いたらないとのこと。その内、真後ろに座っていた女性が「横にして」といいながら脈を取り始めた。運よく後ろの席の女性は看護師さんだったのです。

友人と私が席をどき、私、咄嗟にズボンのベルトを緩め、首もとのシャツのボタンを外していたら、後ろの女性が頻脈だというので、救急車を呼ぶことになったのですが、演出家の人が舌打ちをし、「冗談じゃねえよな。今いいとこなのに。休憩時間まで待てねえのかよ」と言い、最前列に座っている女性が「気が散るから静かにして下さい」という

オジサンの奥さんはどうしていいのかわからずに、慌てふためく始末。結局、後ろの席の女性と私がご夫妻を救急車に乗せ、救急隊に説明するという始末。

今回の舞台は、舞台をやっていた友人が頼まれて義理で切符を買ったらしいので、何も事を起こさずに帰ってきましたが、何の関係もなければ、椅子を振り上げてくるところでした。

しかし今日は舞台よりもドラマッチックな1日でした

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうバタバタ過ぎて…

2016-04-17 00:46:51 | Weblog

今回の母の抗癌剤がきつすぎて、毎回抗がん剤を打った後、熱を出す。その都度、病院に行きたくないと駄々をこね、私はいつも担当の看護師さんに電話で、母を説得してもらうというバトルを繰り広げる。
発熱が落ち着くと今度は味覚とか色々な副作用の症状がコロコロと変わり、お粥とかつゆっけの物が食べたいと言ったかと思えば翌日はまた食べられそうな物が激変する上、白血球が1、000にも下がったので、先生からはお刺身は勿論、生野菜さえも厳禁とお達しがあり、料理嫌いな私は毎日頭を抱えてしまっています。
そんなある日、抗がん剤のあとはこまめに母の血圧をチェックするのですが、私もたまにはかると毎回…

このような数字を目にし貧血が起きそうな気がしてくるし、色々考えなければいけないことがあり、頭が痛くなる日々です。その上、最近ちょっと頭を抱える週1回、英語のクラスを教える仕事も始めました。生徒は某日本料理屋さんの若者たちなのですが、これがまたやる気のある子と、社長に言われ渋々授業を受ける子と、レベルがバラバラ。しかもその子は中学英語さえも怪しいレベルで1、2、3の綴りを書いて、と言えば書けないと最初から書こうとしない。でも何となくでいいから書きなさいと言ったら”WAN”と書いたので、思わず吹いた。発音的には間違っていないんですけどねぇΣ(|||▽||| )でもここで吹いたら、またやる気を失うから、英語をグループに教えることが難しいことに気づいた。

後は母が寝ている間に週に2~3回、1~2時間テニスに繰り出してストレスを発散しようとはしていますが、これもまた体が疲れきっているので、「エイヤァ!」と気合を入れて外出しないと、結局、私自身家で昼寝してしまう感じ…

それでもやはり母や私を癒してくれるのは14日に無事2歳になったチビ達です。

相変わらず、ママの側にいるのが好きな正宗

そして大分大人びたメルセデス。

この子達と触れ合っている時間が本当に心の支えになるなぁ~と思っていたら、翌日は熊本の大地震が発生。東日本の頃の記憶がフラッシュバックすると共に、あの時、助けてくれた九州の友人や親戚のことを思うといても立ってもいられない。こんな時、ママタンなら直ぐに義援金を送るだろうなぁ~と思うも、週末で、振込もできずにひたすらテレビやインターネットで情報を得ているだけの私。一体、何ができるのだろうか?

一応、長崎と福岡の友人や親戚は大丈夫のようだけど、東日本の時の余震で、大分、私は参ってしまったので、彼らも相当しんどいはずだよなぁ~とまた心配事が増えたというか、何も恩返しができない自分がもどかしい今日この頃です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

恐るべし…

2016-03-10 23:58:27 | Weblog

書きたいことがいっぱいあるのに…あいも変わらず、仕事やら、家のことやらに忙殺されておりました。

母、1クール目の抗がん剤投与から典型的な抗がん剤の副作用で伏せることが多くなっておりまして色んな意味でドタバタでした(ーー;)

そんな中、正宗が母の体調の悪さを察したのか…

土曜日の夜に具合を悪くして、しきりに私の膝の上に乗り、震えながら何かを訴えていました。

最初は夕方、おイタをしたことを怒ったので、私のご機嫌を取りに私の所にきたのだと思っていたのですが、どうも様子がおかしい…そこでかかりつけの獣医さんに連絡をしてみると、「時間外だけど、心配なら連れてきて」と言われ、急いで、正宗をだっこして連れて行ったのです。

診察の結果、骨折などはしていないが、私や母が見ていない時にメルセデスと喧嘩した、若しくはソファか、私のベッドから降りる時にどこか打ち「体痛ではないか?」ということで消炎鎮痛剤のお注射をして頂き、4日分のお薬を頂いて帰宅。

帰宅後は震えは止まったものの、一晩中、私にべったりとくっついて寝て、翌日も、ずぅっと私にくっついているか、私のベッドで静かにしていました。

今までは母にべったりだった正宗、どうやら母が具合悪いので、私を頼ったみたいです。

親バカですが、なんて賢いんだ、コイツは!?と思いながら、普段はメルセデスや母との関係のバランスを考えて、正宗と距離感を調整していたのですが、具合の悪い時くらい、思い切り、甘やかそうと思い、馬鹿可愛がりしていました。

そしたら、敵も去るもの…ママは具合が悪いから、将来的にまりっぺに鞍替えした方がいいので、今、まりっぺとメルセデスの間に割り込んでやろうと思ったのでしょう…

大分具合が良くなってからも、仮病を使い、私にアピールをし始めました。母もこれにはちとショックを受けた

「マーちゃんは私が長くないと思って、寝返ったのねぇ~」と苦笑

そして、傷心の母は3月8日、祖母の命日に2クール目の抗がん剤を打ちに病院へ行ったのですが、その日は物凄く不思議なことが起きた

母を病院に送ろうと、朝、汚部屋で着替えていたら、大叔父が生前くれたお数珠が、グチャグチャの机の上にあるのが目にとまりました。

普段、必要な時に、物が見当たらない。お数珠も葬儀に行く時とか、いつも見当たらず、母のを借りるのですが、その日は祖母の命日とはいえ、母の抗がん剤投与の日だからお寺に行かないつもりでした。

なのに、ふと、お数珠に目が止まったものだから、咄嗟にそれをバッグに入れて、母を病院に送って行った。

母を送った後は、正宗のことも心配だったし、母を迎えに行くまでの間に母のベッドのシーツとかを取り替え、念入りに掃除しようと思ったのですが、お天気が良かったので、気が変わり、祖母のお墓参りに浅草まで行くことにしました。

お寺について、お墓を掃除していたら、「あっ」という声が聞こえ、振り返ると、大叔母が母の従姉妹が立っていました。

去年、祖母の三回忌をやったし、今年は母の抗がん剤の日と重なっていたし、大叔母は93歳になるので何も連絡していなかったのに、祖母の命日を覚えていて、来てくれたことが嬉しかったでも朝、大叔父のくれたお数珠が目に入り咄嗟にバッグに入れたことは、きっと大叔父や祖母がお墓参りに来て!と、大叔母と引き合わせてくれたんじゃないかと思うと、ちと怖いとも思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バトル、アゲイン

2016-02-26 00:41:33 | Weblog

今回の母の抗癌剤治療の注意点として、投与後、下痢や発熱があったら、速やかに担当医に連絡することと言われていました。

下痢は一度、あったけれど、今週火曜日の診察で先生に伝えました。そして、採血の結果、白血球は1100に減少していたのです。

従って、その診察の際、「熱が出たら病院にすぐ来てくださいよ」と抗がん剤を点滴した1週間後に念を押された母でした。

しかし、昨夜、母の足やら背中をマッサージしていたら、どうも熱っぽいので検温してみると37.6度Σ(|||▽||| )

38度には達していないこの中途半端な熱で、夜の10時に果たして病院に連れて行くべきか悩んだ結果、一応、救急外来に電話をして「斯く斯く云々で、○○ドクターに発熱の際は病院に来てくださいと言われているのですが、どうしたらいいでしょうか?」と相談をすると、早速、当直の外科のドクターに聞いてくれて、「先生は今からオペに入りお待たせするかもしれないけれど、いらした方がいいのではないか?との見解です。」と言われ、母に「病院に行こう」というと、「こんな寒い夜に待たせられるかもしれないのに行くのは嫌だ。明日まで待って、主治医の所に行く」と言ってさっさと睡眠導入剤を飲んで寝てしまった

しょうがないので、私も一旦寝た。そして母が10時半過ぎに起きてきたので、母の検温をすると36.5度なので、念の為、主治医のいる科に電話をかけて「斯く斯く云々で、昨夜37.5度の熱が出たのが今朝は36.5度に下がったのですが、次回、熱が出た時は何度くらい出たら、病院に行った方がいいですか?」と聞くと、

「今朝下がっても、昨夜37.5も出たのなら、来てください」と言われた。

電話を切ってから母に「やっぱり病院に来てくださいって言われたから行こう。」と伝えると

母「もう下がったから嫌だ」

私「でも一応今回の抗がん剤の注意点に引っかかって、先生の見解だから…」と説得するも

母「予約なしで行ったら、どんだけ待たされるかわからないし、私具合悪いから家で寝てる」と言ってきかない

具合が悪いから行くんだよぉーっ!っと言葉を荒げたくなったが、一応、気持ちを抑えてから、今度は病院の化学療法室の担当看護師さんに相談の電話を入れた。

「斯く斯く云々で昨日の救急の先生も、今朝の外科の見解も来てと言っているのに、母が具合が悪いから行かないと言っているのですが、家で休ませておいても大丈夫ですか?」と聞いたら、

「火曜の血液検査では白血球がが1100でそろそろ、一番最悪な状態に今日当たりなるので、今日、もう一度、採血して、色々な数値を図って、白血球を増やす注射をするなり、抗生剤を処方する方がいいと思うので、どうにか、お母さんを説得して、連れてきて」と言われました。

具合の悪い人と、揉めるのは嫌だなぁ~と思いながらも、下手に出て、看護師さんの言葉を伝えると「あなた、今日はテニスでしょ?次に予定がある人に連れて行ってもらうと気が気ではない!」とあくまでも行かないつもり(--〆)

私「そんなことはどうでもいいんです!っていうか、今、病院に行ってくれたら、テニスも間に合う。」と言うも、

母「明日にする」

私「明日は先生外来の日ではない」

母「私のカラダは私が一番よくわかる」

私「でも単なる風邪とかではなく、今回は初めてのお薬だから、病院や私がこんだけ、言っているのにそんなに嫌なら、後はもうママの気持ちに委ねます」と段々私も嫌気がさしてきて、それ以上、言わなくなったら、大きなため息をつきながら、

「あぁ~こんだけ嫌がっているのに、今晩あたりまた熱出したら何言われるかわかりゃしないから、まぁ君、嫌だけど、病院に行ってくるね。」と私に聞えよがしに正宗に話しかける母…嫌々支度を始める。そして行きたくないオーラを全開に、ゆっくりと用意をし、やっと車に乗せたのが、病院の通常診察の受付終了時間。

でも病院も母の治療が治療なだけに時間外で対応してくれました。

病院についてから

一通りの検査をして、先生のお墨付きとお薬を頂いて、帰宅。

あまりの私の強引さにうんざりし、また病院に行った疲れから、帰宅後は再び寝込んだ母。

私は私で、駄々っ子のようにすんなり私の意見を聞いてくれない母にヘロヘロになった一日でした。

まぁ~具合が悪い時は家で寝ていたいのもわかりますが、自分が置かれている状況をもう少し理解してくれたら、娘としては有難いのですが、なかなかねぇ(ーー;)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母、弱気

2016-02-22 22:49:40 | Weblog

この2~3日はほぼ寝たきり。気持ち悪くて、ご飯はあまり食べたがらない。でもそれではどんどん弱るので、少しでも食べられそうな食べなものを…と思い、用意するのですが、最初は美味しいと食べても、食後はトイレに何度も駆け込み、最終的に疲れきってベッドへ直行。

そして、私は背中をさすったり、冷たい足を揉んだり、湯たんぽをいれると寝息を立て寝てしまう、母。

明日は一応、診察日なのですが、先週1回の投与で、「もう無理」と早速、ギブアップする気配。

頑張って欲しいけれど、弱音を吐かずに頑張り屋の母がいうからには相当辛いのでしょう。

頑張って治るなら、私も説得するけれど、癌以外の健康な体力までを奪い、母に苦しい思いをさせるだけであれば母の希望を受け入れるしかないかと私は頭を抱えるけど…

唯一、母の痛みや苦しみを癒してくれるのはやはりチビ達。特に、正宗はちょこちょこと母のベッドに上がっては母の様子を見に行きます。

それだけに母も可愛がり、いつも「まぁ~くん」と呼ぶのですが、母に呼ばれた瞬間、やんちゃ坊主は私に当てつけるかの如く、

ママからご指名を受けたのはまりっぺではなく、この僕だからね!というようなドヤ顔をします

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり…

2016-02-21 23:29:26 | Weblog

何か、このところ、アップすると暗い記事で御免なさい。

皆様に読んで頂くというよりも私自身の母の観察記録みたいなものを記して置きたくて…

火曜日に抗がん剤を点滴する前に、一応、ムカムカ感を抑えるためのお薬も点滴しました。

そして水曜日は少し痛みが和らぎ気持ち悪さも出ずに、結構調子がよく、ご飯も普通に食べてくれました。

しかし、木曜日は夕食後、お腹を壊した。

そして金曜日あたりから、ムカムカ感除去のお薬が切れ始め、気持ち悪いのとお腹は緩かった。

眠さ、しんどさ、気持ち悪さと痛みが出始め、昨日から、ほぼ一日寝たきりとなってしまいました。

昨日まではそれでも頑張って食べてくれていたのですが、今日は朝食の自家製酵素を混ぜた野菜ジュース、海苔トーストとヨーグルト。お昼は食べたくないというので、夕方すっぽんのスープのみ。

体力、抵抗力、免疫力がこれからどんどんなくなっていくので、何とか食べて欲しいけれど、食べて嘔吐してしまえば、食べることが嫌になってしまうし…料理嫌いな私としては何を食べさせてよいものか、ちと頭を抱えてしまいます

でも私が頭を抱えて、母の苦しみ様を見ては心痛めているだけでは何も改善しないので、やはり、できることを少しづつやっていくしかないですね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

意外にも…

2016-02-17 23:09:10 | Weblog

昨日、抗がん剤を打ったら、今まで物凄い痛みを訴えていた母、今朝は少し痛みが軽減されたという。

これ意外…

痛みが軽減されたので、よく寝られ、今朝はすっきりした顔をしていました。

熱も平熱。

ホッとする反面、今後の副作用がちと心配と思っていたら、夕方からちょっとムカつきがあり、夜はお腹を下してしまいました。

でも、思った以上の副作用はなく、とりあえず、今夜は一安心です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抗がん剤、アゲイン

2016-02-16 22:36:28 | Weblog

今日から母、2度目の抗がん剤治療が始まりました。経口薬ではなく、病院での点滴です。

前に一度経験しているからおおよその予想はつくものの、本人の苦しみを目の前で見るのは辛いなぁ~まぁ、本人が一番きついんだから、私とチビ達とサポートしなければならないと、わかっちゃいるが気が重い。

昨日は久々に女子会に参加した私…このところ私の夜のルーティーンとしては母の足マッサージをして、湯たんぽを用意して、母を寝かしつけることなので、昨夜も23時頃、帰宅したら、抗がん剤前夜とあって、ドアを開けた途端

「一体、何時だと思ってるの!?」と怒鳴られた。

ちっ…高校生ぢゃあるまいし…治療前からこれか…とちとめげそうになったけど、これでめげている場合ではない…
さぁ~また頑張らなくっちゃ…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう2月…

2016-02-04 00:02:26 | Weblog

年末は色々と仕事やらで、ほぼブログをアップせず、年明けも新年会、私の病院、新たな仕事そして母の病院と歯医者で結局、一度しかアップしていませんでした。

新年会ではとある有名和食の名店のオーナーのお宅で楽しい、年越しをさせて頂きました。

そしてお元日は母とチビ達と氏神様へ

メルセデスはちゃんと母の歩調に合わせてあるくいい子

正宗といえば、相変わらずお外が嫌いで私におぶさっていました。

そして、テニスの打ち始めは青山で

楽しいお正月が明けてからは仕事をしたり、母と私の病院。私はとりあえず、薬を服用しながら、現状維持。

母は年明け早々の検査で数字が悪く、1月半ばに再検査。その結果が昨日、出ました。

結局、病気が少し進行していたので、今までの経口薬や中止することになり、今月半ばから早速、点滴の抗がん剤療法。今回は3週間おきに4~5時間かかるものだそうです。

今までは調子のいい時はお昼ご飯を作ってくれたり、洗濯して乾いたものをたたんでくれる余裕もありました。

勿論、買い物や、朝晩のご飯は私。洗濯を干すのも私でしたが、調子が悪いながらも、私が外出したり、仕事を少し請け負うくらいは大丈夫だったけど、抗がん剤ともなるとねぇ~

2012年に受けていた頃の記憶が鮮明に頭に浮かびます。今回の抗がん剤治療は、祖母の介護スタッフの出入りもないので、まぁゆっくり家で休んでももらいつつ、当分、家事全般と食事は一人で頑張るしかないっか…今回はチビ達が癒しになってくれることを願いつつ、あまり副作用が出ませんようにと今は願うのみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年 2016

2016-01-01 17:43:17 | Weblog

明けましておめでとうございます。

本当にバタバタで、あっという間に年が明けてしまい、気がつけば何度目かの年女となりました。

取り敢えず母も、チビ達も皆、どうにか年を越せました。

今年はもう少しブログを頑張ろう!と思いながら、毎日色々な野暮用に追われています。

でも、今年も元気で、楽しく、平凡に行きたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なかなかアップできない…

2015-10-07 22:37:55 | Weblog

やはり、母と同居するとずぅっと監視されているようで、なかなかPCに向かってばかりいられずに、ブログの更新が月1度のペースだ(ーー;)

この一ヶ月を掻い摘んでいうと、私が脳外科で、「副腎機能不全」と診断を受け、薬を服用しなければならない体だと言われた。

本人としては普通の生活は問題なくできるが、家事とかが異様に面倒くさくてすぐ疲れるくらい。でも遊ぶ時は意気揚々とする。

しかし、シルバーウィーク初っ端に風邪をひいてしまい、鼻水がダラ~リ…

先月腫瘍マーカーが少し上がってしまった母にうつしては大変だと思うも、祝日続きで、病院は休みΣ(|||▽||| )そこで、

私「ホテルに泊まりに行く」

母「チビ達はどうするの?それに祝日で、ホテルは高い」という。

仰る通りと思い、うがい、手洗い、アルコール消毒を頻繁にするも、風邪は悪化する。

しかし、家にいて、母と長い時間を過ごすと母に感染るので、鼻水を垂らし、咳をしながら、なるべく外出の予定を入れ、出かけていたら、勿論、風邪は治らずに、とうとう母にうつし、結局、二人で病院通いをし、家でゴロゴロし、テレビをつければ、川島なお美さんや北斗晶さんのことばかりやっているから、嫌な空気になり、母、肺に本家本元の癌が転移しているので、肺炎にでもなられたら、大変なことになると本当に焦りました。

漸く今週くらいから、私は体調が戻ってきたけれど、昨日の母の検査結果はイマイチでした。早く自分が元気になって、これからまた頑張らなくっちゃね(*^^)vさて今日も早く寝よぉzzz

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋祭り2015

2015-09-12 20:56:31 | Weblog

関東から北は大変なことになっていますが、週末の秋祭りの為にとでも言うように、晴れてくれて良かった…

明日、再び、お神輿を担ぎます。

祖母の家がなくなり、あまり外にでることもない母との同居で、すっかりひきこもり気味になった私…なんか、家でゴロゴロ寝てしまうことが多いので、今年は担がないでいいか…なんて思っていましたが、お天気もやっと晴れたし…

 

 

今日の午後買い物に出て、お祭りの雰囲気を目の当たりにしたら、血が騒ぎ始めました。

明日は午後1時くらいからパティオから商店街を右往左往しています(*^^)v

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

超久しぶり(ーー;)

2015-09-08 19:20:38 | Weblog

先月はいっぱい色んなことがあり過ぎて、結局、一度しか、ブログ更新をできませんでした。

先月5日の3時頃、目が覚めて、なんか眠れないなぁ~と思いながら、ベッドの上でゴロゴロしていたら、親戚から「Hさん、たった今永眠されました」と従兄弟の訃報を知らせるメールが入った

で、アタフタと6日の朝、母とチビ達を置いて、一人、九州に飛んでいった

最初は母、一人で大丈夫だろうか?チビたちはどうしようと悩んだのですが、母はとても九州までは行く体力がない…でもチビたちが家にいないと寂しい…というので、なんかあったら、チビ達の実家に電話をして、預かってもらってね!と言い聞かせ、母の食事については近所の友人に頼んで行った。

6日、長崎のお通夜会場に行き、久々に合う親戚たちとの挨拶もそこそこに従兄弟の亡骸に手を合わせた。今まで、喧嘩ばかりしていた従兄弟でもいざいなくなると寂しい…

その日は、別の従兄弟が経営する病院の敷地内にある職員用の社宅に大勢の親戚たちと泊まり、久々の再会で皆で宴会。

そして7日にお葬式。式の後、母やチビ達が心配なので、とんぼ返りしようと思っていたのに、せっかく来たんだからもう一晩、泊まって行けば?と皆に引き止められその日も皆で、病院内に泊まり、翌日は香典の集計なんぞを手伝い、その日こそ帰ろうと思ったら、福岡に住む従兄弟に「せっかく来たんだからお父さんのお墓参りに行きんしゃい。」と言われる

私「ついで参りはよくないので、それは改めてまた来ます」と断るも

「何を言っているんだ!滅多に来ないのに!こういう時に行かないで、いつ行くんだ!」と言われ、結局8日の晩は福岡の吉井に住む従兄弟の家に拉致られ、翌日、父のお墓に連れて行かれた。

そこで、衝撃の事実が発覚

今回亡くなった従兄弟がずぅっと父のお墓の管理をすると言っていたので、母は数年前、従兄弟に管理料をまとめて相当な額を送金していたのに、お寺に行ってみたら、未納だという。

お寺さんで恥ずかしい思いをすると共に、母が前に送金したお金はどこへ消えたのか、釈然としない。

結局、持ち合わせていた現金をお寺さんに収めて、その足で東京へ帰ってきた。

3泊4日、宿泊費はかからなかったものの、ハイシーズンのエアチケットに、従兄弟への香典、そして父のお墓への支払いで、飛んだ出費だった

東京に帰ってきたら帰ってきたで、母に「あなたがいない方が、皆が美味しいものを届けてくれるから、良い食生活だったし、家の中も散らからない」と言われるし、正宗は正宗で私がいない間に「どちら様?俺様の方がまりっぺよりもママに可愛がられているので、僕の方が、地位は上だよ!」的な態度

そして、帰宅した翌日より、母が再び治療を再開。私は1年ぶりのMRI検査で引っかかり、ドクターには「手術するほどではないが、異常があるため、精密検査ね」と言われ、未だに検査が続いてます。

そして、そして、先月末の我が家の大ニュースはやはりホテルオークラの本館がクローズしたこと。最後は懐かしのオーキッドでフレンチトーストを食べたけど、やはりなくなるのはちと寂しいなぁ~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう8月(ーー;)

2015-08-01 14:52:59 | Weblog

また記事アップの間が空いてしまいました。この間、何が起きていたかというと、チビ達の世話に振り回され

母が休薬中、やはり腫瘍が大きくなり、痛みが出てきたので、その心配をしつつ、診察予約外で病院に行くことが多くなったり、食事の工夫をしてみたり、家のユニットバスをリモデルしてもらったり、親戚が一人10日程前から危篤で、いつ九州に飛んでいかなきゃいけないのかわからない状態だったり…愛車のプリが…

相変わらず、色んなことでバタバタ(ーー;)

そんな中、昨日、母が祖母のお墓参りに行くというので、暑い中、車で浅草まで行ってきました

そして中途半端な時間にどこでご飯を食べようかとウロウロしていたら

色々な動物たちに巡りあった末…

どぜうで栄養補給しようということになった

母と二人で浅草でご飯を食べながら、やはりママタンがいないと淋しいねと言いつつも、生きていたとしても夏の暑さで、やはり今頃は点滴でやきもきさせられていたことでしょう。だって我が家のやんちゃ坊主でさえ

バテているんですものΣ(|||▽||| )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が家の幸せ…

2015-06-23 21:25:52 | Weblog

毎日、ブログを書きたいネタはあるのですが、6月初旬は仕事で徹夜が続き、半ばは徹夜が祟り、体が使い物にならなかったのです。

そして、鞭打って起きても、チビ達の世話と母のご飯のこと、そして掃除だけでいっぱいいっぱいでした。

漸く今週、どうにかまともな体になってきたし、今日は母の病院も行って、今夜はほっとブログを書く気になったけれど、いざ、書こうと思うとブランクがあり過ぎて何を書いていいのか思い浮かばない。

そういう時はやはり我が家の王子と姫の写真ですね。

正宗はやはり母が大好きで、居間で母がゴロ~ンとしていると、大好きなお馬さんを持って、母にべったり寄りかかって昼寝をするのが大好きです。

そして「お散歩に行こう!」と私が声をかけると

わんこ用のベッドにいそいそと行き、瞬殺

どうしても見た目やキャラ的に政宗の方がお茶目なので、政宗の写真が多くなってしまいますが、メルセデスは正が母の所にいると邪魔者がいないので自分の寝床で安心して寝ている寝顔が可愛かったので、1枚掲載します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ranking