吉村青春ブログ『津屋崎センゲン』

“A Quaint Town(古風な趣のある町)・ Tsuyazaki-sengen”の良かとこ情報を発信します。

2017年3月27日〈エッセー〉054:「上田製菓」6月廃業

2017-03-27 16:49:30 | エッセー

 

写真①:6月で閉店する和菓子の名店・「上田製菓」

       =福津市津屋崎3丁目で、2017年3月23日撮影

 ・連載エッセー『一木一草』

 第54回:老舗和菓子店廃業へ

 福津市津屋崎の「上田製菓」6月閉店へ

また消える〈津屋崎千軒〉の和のスイーツ土産

  福津市津屋崎3丁目の〈津屋崎千軒通り〉にある江戸時代からの和菓子店・「上田製菓」=写真①=が、6月で廃業されます。店主の上田弘美さん(79)が体力的にきつくなっての店じまいといい、明治時代から作られていたが後継者がなく、2012年に廃業された香立商店(津屋崎4丁目)の「つやざき飴」に次いで、〈津屋崎千軒〉の和のスイーツ土産がまた一つ消えさるのは悲しいことです。

  「上田製菓」は、徳川幕府に開国を迫った米使ペリーが浦賀に来航した江戸末期・嘉永6年(1853年)の翌7年(1854年)には営業していたという老舗。 上田さん手作りの「破れ饅頭」(小豆餡)や「紅白饅頭」(白餡)など1個60円の饅頭が安くて旨いと人気で、白餡に青海苔入りの「恋の浦饅頭」は観光客のお土産にお薦めです。昔は、丁稚奉公の菓子職人さんらもおり、店の隅には大正時代に使っていた法被を展示。また、上田さんご夫妻は座敷や家紋、江戸時代末期の手鏡、明治時代の漆塗りおぼんなども公開しており、〈津屋崎千軒〉観光の代表的な町家の一つでした。

  〈津屋崎千軒〉の町家の解体は、古風な町並みの破壊の始まりです。2008年に旧本町(津屋崎4丁目)にあった旧荒物屋で凝った建具が目立つ築百年の「高山邸」(木造2階)と、旧沖町(同)にあった江戸の風情を見せる土壁漆喰塗り二階建ての元米屋・「河崎邸」が解体されました。10年には津屋崎海岸通り(津屋崎3丁目)の旅館「魚正」が閉店、12年には津屋崎4丁目の〈津屋崎千軒通り〉の「瀬戸隆鮮魚店」も閉店したほか、17年には近くの「松原化粧品店」が廃業し平屋の町家が解体されて更地となり=写真②=、旧天神町(津屋崎3丁目)の「上妻傘屋」の町家のシャッターには廃業で「貸店舗」の表示が貼られています。

 

写真②:町家が解体されて更地となった「松原化粧品店」跡

      =福津市津屋崎4丁目で3月23日撮影

  〈津屋崎千軒〉の町並みの雰囲気に惹かれ、福津市外からの移住者が増えても、大半が会社員や公務員などの勤め人で、店舗営業者の進出が少なければ、相次ぐ閉店で町家のシャッターが降ろされ、建物が解体されて更地になっていき、〈津屋崎千軒〉の古風な趣のある町並みは廃れてしまいます。年に一度のイベントで賑わいを演出するだけでなく、一年を通して来訪者が絶えず、〈津屋崎千軒〉の店舗の売上増につながり、市の税収も潤う観光地域づくりを戦略的に推進するDMOなど新たな地域創生の手法が、いま福津市に求められているのではないでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年3月20日/〈貝寄せの浜・「貝寄せ館」物語〉111:サクラガイ

2017-03-20 20:33:41 | 「貝寄せ館」物語

 

写真①:「まだ知らない福岡の魅力」として〝貝寄せの浜〟のサクラガイを掲載した201

7年3月20日付読売新聞広告記事

 貝寄せの浜・〈貝寄せ館〉物語 111

:〝貝寄せの浜〟のサクラガイ

 

「まだ知らない福岡の魅力」広告記事で紹介

  2017年3月20日付読売新聞朝刊に見開き2ページ特集で掲載された「まだ知らない福岡の魅力」スポットの企画広告記事で、〝貝寄せの浜〟のサクラガイが紹介されました=写真①=。

  波打ち際で手のひらにサクラガイをのせたカラー写真とスポットの地図付き。記事では〈サクラガイとは、カバザクラやベニガイなどの総称で美しい薄紅色が特徴です。壊れやすく、完全な形のものを目にすることはまれです〉とし、〈冬から春にかけて、福津市の〝貝寄せの浜〟を散歩すると、サクラガイを含むさまざまな貝に出会うことができます〉として、〝貝寄せの浜〟を〈津屋崎海岸~福間海岸〉と掲載しています。

  「津屋崎千軒 海とまちなみの会」では、観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」(福津市津屋崎3丁目18番16号)に、〈津屋崎の浜が春先に吹く西風で多くの貝が打ち寄せられ、〝貝寄せの浜〟と呼ばれているのに因み、会員や市民、観光町歩きの皆様が、貝のように寄せ集まる所にしたいと「貝寄せ館」と名付けました〉と説明した―〈津屋崎千軒〉の新観光スポット―「貝寄せ館」のPRチラシを置いています。

  「貝寄せ館」では、総称でいう〈サクラガイ〉ではない本家のサクラガイやカバザクラガイ、ベニガイなどのほか、暖海から対馬暖流に乗って冬に恋の浦や白石浜などに漂着する白く美しいアオイガイ(葵貝。別名カイダコ)など約60種の貝殻を展示しており、入館(3月の開館は26日=日曜=11~15時)無料です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

〈催事〉0487:謎の絵馬

2017-03-16 17:20:26 | 行楽催事

  

写真①:山口県下関市豊浦町の「川嶋神社」に奉納された「筑前地之嶋大敷」絵馬

 
下関市豊浦町の「川嶋神社」に奉納された「筑前地之嶋大敷」絵馬の謎


  いつ、どこで行われた合戦を描いたのか分からない謎の絵馬=写真①=があります。「筑前地之嶋」(福岡県宗像市地島)の漁師が、山口県下関市豊浦町湯玉の「川嶋神社」に豊浦町が発祥の地とされる「大敷網」(定置網の一種)漁法で大漁を得たお礼として、大正時代に奉納。「豊浦地区まちづくり協議会」のメンバーら33人が2月13日、福津市の『絶景の道100選』認定・「津屋崎里歩きフットパス」の視察で津屋崎を訪れた際、私が所属する「津屋崎千軒 海とまちなみの会」がガイドを引き受け、絵馬の写真を拝見しました。

  絵馬の額には「筑前地之嶋大敷 沼井磯市」、「大正六丁巳年七月吉祥日 大漁叶」と書かれています。描かれた絵に題名はなく、左手に馬上で槍を突き出した豊臣秀吉家臣で「賤ケ岳七本槍」の加藤清正、福島市松(正則)の両戦国武将、その右手に新納(にいろ)武蔵、伊集院忠棟の島津氏の武将が馬上で迎え討っている構図です。上部には金色の千成り瓢箪の背後に鎧武者の群れと林立する幟旗が描かれており、秀吉の本陣のようです。新納武蔵は、戦国時代の薩摩国島津家に仕えた「島津四勇将」の一人で武勇は鬼神のごとしと評された通称「鬼武蔵」で、伊集院忠棟は島津義久に仕えた筆頭家老。どうやら秀吉の九州遠征での島津攻めの場面と思われますが、戦の年月、場所は分かりません。

  「海とまちなみの会」では4月2日(日)、豊浦町の港町・室津の町家に残る龍や浦島太郎、大黒・恵比寿などの鏝絵巡りフットパスウオークのあと、「川棚温泉」入湯と瓦そば昼食、「リフレッシュパーク豊浦」の花園や、〝海を渡る蝶〟・アサギマダラの幼虫、蛹を飼育中の「蝶小屋」見物を行う「豊浦町観光貸切バスツアー」を開催、「川嶋神社」の絵馬見学も予定しており、絵馬の額裏に題名や絵師の名前が書かれていないかなど、地元ガイドさんの案内で詳しく調べる計画。〈津屋崎千軒〉には山口県から網漁法の普及に来た漁師が移住しており、豊浦町と約60Km離れた津屋崎の漁師たちが「大敷網」漁を通じて大正時代に交流した歴史も鮮明になるのでは、と期待しています。

  「大敷網」の発祥地とされる豊浦地区から、この漁法がどのようにして「筑前地之嶋」に伝えられたのでしょうか。旧津屋崎町が平成10年に発行した同町史民俗調査報告書・『津屋崎の民俗(第四集)』「北の二」によると、定置網の中で最大の「落し網」(「大敷網」ともいう)=写真②=を張る津屋崎の網漁では、ブリ、イワシ、トビウオ、アジ、サバ、サワラ、マイワシを捕獲。二隻で操業し、一隻に七、八人乗って朝方1回操業、都合によっては夕方も行っていました。〈大正末期から昭和の初期、山口県安岡(注:響灘に面した旧豊浦郡安岡町安岡浦=現下関市安岡=のことか。安岡漁港がある漁村)の船が津屋崎の海で縄大敷網を操業していた〉という。

 

写真②:落し網(大敷網)の図=『津屋崎の民俗』(第四集)「北の二」105頁掲載=

  「豊浦町観光貸切バスツアー」参加募集中

  4月2日の「豊浦町観光ツアー」では、貸切バスで午前7時50分に福津市のJR福間駅前を出発、9時30分に豊浦町の「室津公民館」前着。町内観光を終えて、午後3時40分福間駅前帰着の予定です。参加会費は、交通費、昼食・入湯代、入園料、ガイド料、保険料、資料代など8千円。参加申し込みは、3月26日まで「海とまちなみの会」事務局吉村へE-mail:yosi3019@sage.ocn.ne.jpで。申し込み先着順の定員23人で締め切ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

〈薩摩大使〉011:鶴丸城御楼門=2017年3月14日

2017-03-14 09:14:02 | 薩摩大使

 

写真①: 『県政かわら版』の2017年2月号1面に掲載された「鶴丸城御楼門」建設の記事

 鹿児島県が平成32年3月完成目指し

島津氏の居城・鶴丸城の「御楼門」再建へ

  鹿児島県かごしまPR課の薩摩大使事務局から隔月刊広報誌『グラフかごしま』の2017年2月号が、拙宅に到着。1面に「鶴丸城御楼門の建設に向けて 平成32年3月完成予定」の特集記事が掲載されていました=写真①=。

  鶴丸城は、島津家第18代当主で後に初代島津藩主となる島津家久が江戸時代初期・慶長6年(1601年)に鹿児島市城山町に築いた島津氏の居城。背後の山城(城山)と麓の居館から成る城ですが、居館(現鹿児島県歴史資料センター黎明館)の正面中央にあった鶴丸城のシンボル・御楼門(高さ約18㍍、幅約20㍍)は明治6年(1873年)の火災で焼失しました。主柱(鏡柱)は幅3尺(約90㌢)もあった堂々たる建物でした。

  鹿児島県は、御楼門の建設は鹿児島の歴史や文化、建築技術の継承と、新たな観光拠点づくりになるとして、官民一体となって平成27年に設立した「鶴丸城御楼門建設協議会」で同32年3月の完成に向けて取り組みを進めており、御楼門復元寄付金で同29年度に着工の予定です。また、城郭の美観や威厳を増したいと、御楼門と連なる「御角櫓(おすみやぐら)」も併せて建設します。「御角櫓」は本丸の南東角に位置し、城の防御と物品収蔵に充てられた建物で、篤姫がここから祇園祭を見物したという記録も残っているという。

  平成30年1月から放送されるNHK大河ドラマは西郷隆盛が主人公の「西郷(せご)どん」に決まっていることとあいまって、「鶴丸城御楼門」と「御角櫓」の建設で薩摩、鹿児島(かごんま)が全国的に注目されそう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月28日:〈津屋崎の四季〉1173:「寒緋桜」満開そろい踏み

2017-02-28 18:22:04 | 風物

 

写真①:満開になった〝夫婦桜〟

     =福津市宮司元町の「宮地嶽神社」境内で、2017年2月28日午前10時55分撮影

「宮地嶽神社」の二つの「寒緋桜」満開そろい踏み

  好天に恵まれた2月28日、福津市宮司元町の「宮地嶽神社」境内で早咲きの桜で知られる〝夫婦桜〟が満開になり、行楽客に春の訪れを告げています=写真①=。樹齢約百年で、枝ぶりが10㍍四方に広がる2本の「寒緋桜」です。

  「楼門」の手前右わきにある「琉球寒緋桜」の濃いピンクの花も満開で、参拝客らがカメラに収める姿が見られました=写真②=。

  

写真②:濃いピンクの花が満開の「琉球寒緋桜」

      =「宮地嶽神社」・「楼門」の手前右わきで、午前10時55分撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月27日:〈津屋崎の四季〉1172:ヘラサギと仲良く

2017-02-27 09:10:01 | 風物

 

 

写真①:浅瀬で休憩中のクロツラヘラサギ(左)とヘラサギ

      =福津市渡の「津屋崎干潟」で、2017年2月27日午前8時10分撮影

  福津市渡の「津屋崎干潟」の浅瀬で2月27日朝、冬鳥のクロツラヘラサギ(左)とヘラサギが仲良く羽を休めていました=写真①=。ともにトキ科の野鳥で、「津屋崎干潟」に毎年渡来しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

〈催事〉0486:絵馬が伝える漁民交流

2017-02-25 07:12:04 | 行楽催事

 

写真①:山口県下関市豊浦町の「川嶋神社」に奉納された「筑前勝浦濱大敷絵馬」

 
福津市勝浦から58Km離れた下関市湯玉の神社に絵馬奉納

「大敷網」が結ぶ大正時代の漁民交流

  山口県下関市豊浦町の「豊浦地区まちづくり協議会」文化・スポーツ部会のメンバーら33人が2月13日、福津市の「津屋崎里歩きフットパス」の取り組みを学びたいと、宮司・津屋崎地区を視察された際、ガイドした「津屋崎千軒 海とまちなみの会」の会員と懇談した「津屋崎千軒民俗館『藍の家』」で、大正時代に宗像郡勝浦村(昭和30年に同郡津屋崎町と合併)の「筑前勝浦濱」の漁師が、約58Km離れた豊浦町湯玉の「川嶋神社」に定置網の一種・「大敷網」による大漁のお礼に奉納した絵馬=写真①=について話が弾みました。

  この絵馬は、額に「筑前勝浦濱大敷 主任藤井嘉一組」と書かれ、「大正拾年酉七月吉日」に奉納。大将10年7月に大漁がかなったお礼に寄進したと見られます。描かれた絵は「小楠公」と題されており、後醍醐天皇を奉じて鎌倉幕府打倒に貢献した後、建武3年(1336年)の湊川(兵庫県神戸市)の戦いで足利尊氏の軍に敗れて自害した武将楠木正成(大楠公)の嫡男正行(まさつら=小楠公)が、正成の首級が届いてショックを受け、仏間で短刀で死のうとしているのを母が諫めている場面です。

 「大敷網」の発祥地とされる豊浦地区から、この漁法がどのようにして「筑前勝浦濱」に伝えられたのでしょうか。旧津屋崎町が平成10年に発行した同町史民俗調報告書査・『津屋崎の民俗(第四集)』によると、「大敷網」は定置網の中で最大とし、〈大正末期から昭和の初期、山口県安岡(注:響灘に面した旧豊浦郡安岡町安岡浦=現下関市安岡=のことか。安岡漁港がある漁村)の船が津屋崎の海で縄大敷網を操業していた〉という。また、大謀大敷(縄大敷ともいう定置網)=写真②=は春の彼岸ごろ山口県豊浦郡角島から船で来て、渡の親子灯台の下の瀬から航路を40~50間避けて沖の方へたてた。イワシ、サバなどの回遊魚を漁獲していたとしています。

  

写真②:大謀敷(定置網)の図=『津屋崎の民俗』(第四集)「新町」195頁掲載=

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

〈催事〉0485:〝光の道〟観賞日和

2017-02-24 07:07:04 | 行楽催事

 

写真①:参拝客のシルエットを浮かび上がらせながら参道先に沈む夕陽

     =福岡県福津市宮司元町の「宮地嶽神社」参道石段最上部で、2013年2月24日午後6時3分撮影

「宮地嶽神社」参道石段からの絶景・〝光の道〟
きょう24日夕は観賞日和になりそう

 テレビCM影像で有名になった福岡県福津市・「宮地嶽神社」参道石段からの絶景・〝光の道〟。参道を夕陽が真上から照らすきょう2月24日は、天気予報によると夕方から晴れで観賞日和になりそう。私が2013年の同日夕、石段最上部の81段上(標高約25m)から撮影した写真①は、石段踊り場を上る参拝客のシルエットを浮かび上がらせながら夕陽が参道沖に沈みゆくシーンです。

   しかし、人気アイドルグループ「嵐」のJALの国内旅行企画「先得」シリーズCMで、夕陽が照らす〝光の道〟として2016年2月に「宮地嶽神社」参道がテレビ放映されると、同神社では同月21日(日)から24日(水)まで眺望の良い石段最上部付近の石段は祈願特別席(初穂料3千円が必要の予約席)、その下方の石段は当日分の一般観覧席としました。17年2月は、19日(日)から26日(日)まで「光の道〝夕陽の祭〟」期間として参道石段を午後4時封鎖、祈願特別席(初穂料5千円、3千円が必要の予約席)、当日分の一般観覧席としています。

 〝光の道〟の知名度が全国区になったため、「光の道〝夕陽の祭〟」開幕前日の17年2月18日(土)の参道石段は、全国から集まった観賞者で一杯に=写真②=。19日以降、石段席は多くの観賞客の人気集めており、きょう24日も石段は人波で埋まり、写真①のような影像は撮れないでしょう。先着順の一般観覧席の整理券を手にするため、午後2時から参道わきの坂道で受け付けの順番待ちするのも、寒空の下で大変です。

 

写真②:〝光の道〟観賞客で埋まった「宮地嶽神社」参道石段

     =2017年2月18日午後5時20分撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

〈催事〉0484: 宮地浜「夕陽風景時計」前で夕陽観賞

2017-02-21 21:30:43 | 行楽催事

 

写真①:宮地浜「夕陽風景時計」そばで「相島」の背後に沈む夕陽を観賞する人たち

     =福津市宮司4丁目の「宮地浜」で、2017年2月21日午後6時撮影

〝光の道〟絶景期待の家族連れらで賑わう
宮地浜「夕陽風景時計」前で夕陽観賞

 〝光の道〟の夕陽絶景で有名になった福岡県福津市・「宮地嶽神社」参道。その1.4Km突き当たりの同市宮司浜4丁目の海辺に設置された夕陽の沈む方向と時刻が分かる宮地浜「夕陽風景時計」前は2月21日夕、玄界灘に浮かぶ「相島」(新宮町)の背後に沈む夕陽を観賞する家族連れ=写真①=や、撮影のアマチュアカメラマンら約百人で賑わいました。

  宮地浜「夕陽風景時計」は、福津市の「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が2014年7月3日、市内外の約2百人から寄せられた1口千円以上の寄付金約40万円で設置。時計版はステンレス製で、縦60㎝、横100㌢。「宮地嶽神社」参道延長線上に合わせて設置されており、縦軸には日没時刻を10分毎に刻み、横軸には方位と水平線に見える「相島」や福岡市の「志賀島」など約150度のパノラマ風景が刻まれています。

  時計版によると、「宮地嶽神社」後方の東側から昇る太陽は、昼の時間が最も長い「夏至」の6月21日ごろは福津市・渡半島の背後に沈み、昼の時間が最も短い「冬至」の12月21日ごろは糸島半島の背後に沈みます。2月23日ごろと10月18日ごろの数日は、「宮地嶽神社」参道延長線上の「相島」の背後に沈み、夕陽が参道を黄金色に照らし〝光の道〟が現れることが読み取れます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

〈催事〉0483:〝光の道〟テレビ朝日で全国放送

2017-02-20 17:22:32 | 行楽催事

 

写真①:テレビ朝日系列の番組「羽鳥慎一モーニングショー」で全国放送(福岡はKBC)された「宮地嶽神社」光の道

「宮地嶽神社」参道石段からの絶景・〝光の道〟
テレビ朝日系列番組で全国放送されました


 人気アイドルグループ「嵐」のテレビCM影像で有名になった福岡県福津市・「宮地嶽神社」参道石段からの絶景・〝光の道〟が2月20日朝、テレビ朝日系列の番組「羽鳥慎一モーニングショー」で全国放送(福岡はKBC)されました=写真①=。「自然が生み出す奇跡の瞬間“光の道”の撮影に成功」として、19日夕は奇跡の瞬間を一目見たいという千人超の観賞客が神社に集まり、神社が用意した観賞用の500席(初穂料が必要な予約100席+当日分400席)は満杯になったと紹介。〝光の道〟絶景は、2月23日ごろと10月18日ごろの年に2度だけ数日、参道を真上から夕陽が照らして沈む日が見頃だけに、23日、24日も観賞客が「宮地嶽神社」に詰めかけそう。

  「嵐」の〝光の道〟テレビCMは、2016年2月と6月に放映され、全国区の夕陽名所に。私が所属している福津市の「津屋崎千軒 海とまちなみの会」が9月17日に開催した「津屋崎千軒フットパスまつり」で、『絶景の道(「津屋崎里歩きフットパス」)』ウオークを密着取材したKBC九州朝日放送が同月27日にテレビ朝日系列のテレビ番組「Jチャン」で「九州沖縄」地区に放送したほか、10月10日にはTBSテレビ系列の番組「あさチャン」でも秋のおすすめ絶景として全国放送。「宮地嶽神社」では15日から23日まで9日間、「光の道〝夕陽の祭〟」を開催、参道石段を16時に封鎖して一般観覧席にし、別途設ける初穂料が必要な祈願特別席(150席限定)を予約受付しました。また同月18日、日本テレビ番組「スッキリ!!」で、「人気殺到神秘絶景『光の道』へ行ってみた」として、「宮地嶽神社」参道石段からの神秘絶景が全国放送されました。

 NHKでも、福岡放送局の総合テレビニュース番組「ロクいち!福岡」で12月2日、「夕日の町に新名所」として、「宮地嶽神社」に〝光の道〟の観賞客が訪れていることを紹介したうえ、参道が玄界灘に突き当たる宮地浜に、「海とまちなみの会」が住民からの寄付金40万円で2014年に設置した「夕陽風景時計」=写真②=が、夕陽の沈む時刻・方角と水平線の島々や半島などの風景が分かる新名所になっていることを大木莉衣ディレクターの5分間リポートで放送。同月28日には、NHK総合テレビのニュース番組「おはよう日本」でも同時計紹介のリポートが全国放送され、2017年2月6日から1か月間、NHK国際放送(NHK WORLD)でニュース・リポートとして放映が始まりました。

  

写真②:住民から集めた40万円の寄付金で設置した「夕陽風景時計」と放送のNHKテレビ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加