鴨が行く ver.BLOG

鴨と師匠(ベルツノガエル似)と志ん鳥のヲタク全開趣味まみれな日々

ポケモンGO始めました

2016年07月27日 22時16分15秒 | ゲーム・コミック・SF
うーむ・・・・・・

最初の4日はポケストップ巡ってアイテムをゲットするのがすごく楽しくて、5日目にアイテムが持ちきれない状態に。
この先は、ポケモン強化してジムで戦って勝ち抜いて・・・って展開になるのは判ってるんだけど、急速にめんどくさくなってきましたヽ( ´ー`)ノ


ま、飽きるまで取りあえずやってみますかね。
しかしなー、これ「ドラゴンクエスト・モンスターズ」でもやってくれないかなー。やっぱり「配合」システムが無いとなー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島名物

2016年07月25日 21時38分27秒 | 飲んだり食べたり
この前「満点☆青空レストラン」で紹介されていた商品。
広島県アンテナショップ「tau」で販売されていたので、シャレで一つ買ってみました。

レモ缶宮島ムール貝(瀬戸内レモン農園)

スイマセン、半分ぐらい食べた後に思いついて写真取りました(^_^;実際には6粒入っておりました。
このまま食べても美味しいんですけど、鴨的にオススメはパスタソース!缶のスープごとフライパンに開けて、ニンニク&唐辛子を炒めて海鮮ペペロンチーノにしたら、絶対美味しいです!追加でエリンギとかアスパラとか入れても良さそうだなー。
しかし、一缶500円・・・微妙なお値段(^_^;友人宅へのお呼ばれの時とか、手みやげに良いですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サフィニア・アート さらにその後

2016年07月24日 13時52分49秒 | 園芸
今日も我が家のベランダでは、もりもりとサルスベリが咲いております。大暑!って感じねヽ( ´ー`)ノ
そんな中、ベロベロに徒長したサフィニア・アートを、

派手に切り戻してやった(-。-)ぼそっ

いやー、間延びし過ぎて手に負えなくなってましたからねー。夏の間の再開花はすっぱり諦めて、秋の開花を待ちたいと思います。
切り戻してみたら、思ったよりも太くてしっかりした枝が伸びていたので、太い枝重視でひょろひょろしたヤツは整理しました。さて、どうなるかなー。

ロフォフォラ・ディフューサの花が咲きました!ヽ(^o^)ノ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりづくし 後期

2016年07月21日 21時11分44秒 | いきものばんざい
吉祥寺で開催中の鳥専門クリエイターズ・マーケット「とりづくし」。本日から後期展示開始ということで、時間休をいただいて午後5時前にうかがってきました!

惨 敗 orz


事前にTwitterで入荷商品情報をチェックして、「これいいなー欲しいなー」と狙っていたものが、ほぼ完売orz
平日なのに、皆さん何でそんな時間に買い物できるんすか・・・開店前に結構並んでいたらしいです・・・。

でも、一番欲しかった船堀インコさんの「すもう鳥のカツラ」はゲットできたので、まぁ良しとする。

我が家の「すもう鳥」、2羽になりましたヽ(^o^)ノ

あぁでも、船堀インコさんのサーフィンインコも欲しかったなー・・・ぶつぶつ・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サフィニア・アート その後

2016年07月19日 21時49分10秒 | 園芸
この春から育てているサフィニアの新品種、「サフィニア・アート」。
5月の段階では奇麗にまとまった草姿だったんですが。

べろれーーーーーん

梅雨前に一度切り戻したんだけどなぁ・・・何このだらしない草姿・・・(^_^;
近いうちに、もう一度切り戻して秋の回復を待ちたいと思います。もともとこういう性質の品種なのか?何しろ新品種なので謎です。うーむ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近読んだSF 2016/7/17

2016年07月17日 14時36分50秒 | ゲーム・コミック・SF
えー、先日アップした小松左京「日本沈没」のレビューをまだ書き上げてないんですが(^_^;、その後に読んだこの作品もとても面白かったので、先にレビューをアップします。

カメリ/北野勇作(河出文庫)

カメリは模造亀(レプリカメ)の女の子。螺旋街の西の外れのアパルトマンで一人暮らし。石頭のマスターが経営するオタマ運河沿いのカフェで、ヌートリアンのアンと一緒に働いている。カフェの常連は、近所の工事現場で働くヒトデナシたち。毎朝わいわいとやってきて、TVを観ながらカメリが作った泥饅頭と泥コーヒーをうまいうまいと食べてくれる。彼らからもらった赤いリボンが、カメリの宝物。メトロに乗ってマントルの丘にケーキを買いに行ったり、くじ引きに当たってハワイに旅行したり、ノミの市にカヌレの型を探しに行ったり。カメリの日常は、気の良い仲間たちに囲まれて、平凡に過ぎていく。

こうしてあらすじを淡々とまとめると、これといった盛り上がりも起承転結も無く、「模造亀」だの「ヒトデナシ」といったワーディングがちょっと気にはなりますが、まぁライトな読者向けのふんわりしたファンタジーなのかな〜という印象。
が、騙されてはいけません。

ストーリーの表面だけなぞると、この作品は確かにふんわりしたとらえどころの無い物語です。
が、読み始めるとすぐに判る、この世界のグロテスクさ。ヒト(人類)がかつて暮らしていたことが示唆されながら、ヒトは既にTV画面の彼方に消え去っており、人外の者たちだけが同じような生活を延々と繰り返す、時代も場所もわからない世界。カメリもアンもヒトデナシたちも、本来は生体兵器または生体構造物であることが暗に仄めかされており、かつ彼らはそんな自分たちの存在理由を既に忘れています。
この世界の成り立ちも、その中で人間を模した「生活」を再現する意味も理解しないまま、それでも楽しそうな彼らの日常が暖かい筆致で描き出されて行く、この実にSF的な尖りっぷり。そんな優しくて気色悪い世界の中で、ただひとりカメリは、ゆっくりと、でも着実に、思索を深めていきます。自分には「楽しい」という意味が分からない、というカメリのモノローグ。それでも、「楽しそう」なヒトデナシたちの存在を、カメリは否定しません。この世界そのものが外挿されたシナリオに過ぎないという可能性すら認識しながら、それでもカメリは毎日を、たぶん「楽しんで」います。
論理が明快で白黒ハッキリしたSFが好きな人には、おススメできません。が、謎だらけで何が本当なのかほとんどわからないままでも、これだけエッジィなSF世界が成立するんですよ、というお手本のような作品です。万人向けの作品ではありませんが、鴨は大好きです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「とりづくし」に行ってきました

2016年07月15日 21時12分23秒 | インコの志ん鳥(二代目)
本日は夏休みをいただいております。
1ヶ月前から計画して申請を通した夏休みなのに、天気悪いわ師匠が痛風で動けないわで、楽しみにしていた日帰り旅行その他全てキャンセルですむーーーーー。
でもどこにも出かけないのも癪なので、本日からスタートのこんなイベントに行ってまいりました。この週末に行くつもりではいたんですけど(^_^;

とりづくし7

昨年あたりからマメに通っている、鳥専門のクリエイターズ・マーケットです。平日だし天気悪いし、まぁガラガラだろうな〜と軽い気持ちで出かけたら、なかなかの人出。しかも男性の一人客多し。何だこの客層(笑)20分ほど会場のギャラリーをうろうろして、冒頭の戦利品をゲットしてほくほくと帰宅いたしましたー。
ぴぃまるやさんの和風絵手紙2枚、月のあかりさんのミニがま口ポーチ、Cockatiel Loversさんのチャーム、もも福さんの「おつかいんこ」缶バッジをゲット!後期展示ではまたラインナップが変わるそうなので、後期に入ったらもう一度お邪魔する予定です。いやー、今回も楽しかった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

落語研究会 第577回

2016年07月13日 22時13分11秒 | 歌舞伎・落語・古典芸能
お久しぶりの、TBS落語研究会でございます。
喬太郎師匠の聞いたこと無いヤツが楽しみ演目はこちらー。

「家見舞」立川吉幸(途中参加のため未見)
「馬の田楽」台所おさん
「雉子政談」柳家喬太郎
 〜仲入〜
「粗忽の釘」春風亭一之輔(途中退出のため未見)
「藁人形」入船亭扇辰(途中退出のため未見)

諸々あって二席のみの贅沢な落語鑑賞と相成りましたが、うーむ、微妙・・・(^_^;
喬太郎師匠の「雉子政談」、難しいですね。元々は別々の話を一つにまとめて政談ものの形を整えたテキストで、それぞれ興味深い話ではあるんだけどどうしても前半と後半の流れが悪くて、登場人物の造形も一貫性が今ひとつ。演者がこのテキストをどう解釈して奇麗にまとめあげるかが勝負の全て、という気がします。他の噺家でも観てみたいです。
おさん師匠、まだまだ精進ですね!まずは登場人物の描き分けと、滑舌に注意ですね。

次の回は夏らしい演目で、夕涼みがてら楽しみにしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近読んだSF 2016/7/11

2016年07月11日 21時33分00秒 | ゲーム・コミック・SF
暑い中、熱い長編を読了しました。
日本のSF者として、ずっと「読まねば」と思っていた作品です。いわば課題図書ヽ( ´ー`)ノ

日本沈没<上>/小松左京(小学館文庫)

日本沈没<下>/小松左京(小学館文庫)

とにかくもう、圧倒されました。阪神大震災も東日本大震災も経験していない1970年代にこれだけの作品を書き上げるという、小松左京の洞察力とパワフルさは恐るべし。
いろいろと書きたいことはあるのですが、なかなか巧く言葉にまとめられなくて、ちょっと寝かせてからレビューを書こうと思います。書き上げたらブクログにアップいたしまする。

とりあえず一言だけ確実に言えるのは、日本人なら読んどけ!ってことですね。
SF苦手な人も、一つの社会ドラマとして、十分読み応えあると思いますよ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

四万六千日

2016年07月10日 13時11分12秒 | 園芸
お暑い盛りでございます。
いやもぅ、まじ暑いっすね(^_^;ベランダのサルスベリが、元気にもりもり咲いております。コイツが咲くと「夏!」って感じがだめ押しのように倍増しますねヽ( ´ー`)ノ
ベランダのお花さんたちがすぐ水切れするようになって、毎日朝晩の2回水やりをしております。忙しい時期です。

トレニア、3度目の大爆発!
ノーブランドの安い株なのに、本当に花付きが良くてありがたいなぁ。まだまだ蕾がたくさん付いてます!

さて、名古屋場所の中継観ながらビール飲むぞー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加