針谷みきおの一言

一日の出来事、足立区情報、映画感想、スポーツ、文化イベントなど
メール m-hariya@mx5.nisiq.net

「坂の上の雲」のNHKドラマを考える

2010-02-21 18:22:23 | 文化・芸術・映画
「坂の上の雲」は、昨年11月からはじまった司馬道太郎原作のNHK話題のドラマ。
番組の紹介はこうなっています。

近代国家として生まれ変わった明治の日本。混沌としたなかでも、人々は子どものような純粋さで明るい未来を信じ、力強く生きていた。日露戦争の日本海海戦を圧倒的勝利へと導いた秋山真之。その兄で、のちに「日本騎兵の父」と呼ばれることになる秋山好古。閉塞的な歌壇・俳壇に風穴を開け、日本文学に新たな地平を見出した正岡子規。



「坂の上の雲」は、国民ひとりひとりが少年のような希望をもって国の近代化に取り組み、そして存亡をかけて日露戦争を戦った「少年の国・明治」の物語です。そこには、今の日本と同じように新たな価値観の創造に苦悩・奮闘した明治という時代の精神が生き生きと描かれています。
この作品に込められたメッセージは、日本がこれから向かうべき道を考える上で大きなヒントを与えてくれるに違いありません。



しかし、この「坂の上の雲」のドラマ化に異論をとなえる人がたくさんいます。
東京大学教授の醍醐聡(だいごさとし)氏は、韓国併合100年に当たる今年、NHKが大金をかけて偏った歴史観に基くドラマを放映することに疑問を呈する記事を、「週刊金曜日」に寄せています。少し紹介します。

来年は「韓国併合」100年にあたる。この時期にあえて朝鮮侵略を美化した作品をドラマ化するNHKの見識が問われる。
原作者本人がミリタリズムが鼓舞されるのを恐れて、映像化することを拒んでいた遺志をまげることは許されるのか。
 


ドラマ「坂の上の雲」が人気キャストの演技の映像効果も併せて、日清・日露戦争は日本国民が「国の存亡をかけて戦った戦争」だったという歴史観を視聴者に刷りこみ、「列強が自国の権益をかけて争った時代だから、当時の日本だけをとらえてどうこう批判してもはじまらない」という訳知りな「戦争ずれ」人間を増やさないか大変危惧される。それだけに、「坂の上の雲」のドラマ化を、日清・日露戦争期の東アジア史を学び直す機会として能動的に生かし、「知は力なり」の流れに巻き返す努力が求められている。

司馬遼太郎の遺志を軽んじてよいのか?

司馬は生前、多くの映画会社やテレビ局から原作の映画化、ドラマ化の申し出を受けたにもかかわらず、原作を映像化することでミリタリズムが鼓舞されるのを恐れ、すべての申し出を固く断ったことはよく知られている。

 司馬氏が強くこの作品の映像化に反対していたにもかかわらず、彼の死後それを無視して夫人に働きかけ、三年もかけてのドラマ放映を強行するNHKの責任は重大であるといわれています。

『坂の上の雲』問題

 こうした経過にもかかわらず今もなお、日本政府は「韓国併合は合法」という立場をとり続けています。これは日本政府の歴史認識が問われる大問題です。「韓国併合」を正当化、合理化する議論も根強くあります。

 他国を踏みにじって安全と平和は保たれなかったことは、日本が「韓国併合」後、アジア諸国に侵略戦争を拡大していった歴史からも明らかです。私たち一人ひとりが歴史の真実を学ぶことが大切ではないでしょうか。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池あきら事務所びらき | トップ | 春の花火と千本桜まつり »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
吉田松陰と井伊直弼 (旭川の自称美女)
2011-01-13 11:19:37
私は、司馬作品のうち、『花神』と『世に棲む日日』を持っています。これらの作品では、吉田松陰をおおむね美化されており、「侵略に松蔭の思想が利用された」と書かれています。

一方、井伊直弼については「攘夷派を弾圧したが、開明論者でもなく西洋嫌いだった」と書いており、おおむね否定的に描かれています。

井伊直弼に対する評価には、当初から疑問を感じていたほか(西洋嫌いであった可能性までは否定できないのですが)、松蔭についても侵略を推奨することで、国土を守ろうとしていたことを知り、この歴史観は完全には支持しないほうが良いと考えるようになりました。

ただ、実証性を追及しようとしたところは一定の評価を与えるべきです(上記のように史実かどうか疑問が残る部分も多いのですが)。特に、近年の大河作品には史実を無視した演出(『篤姫』における小松帯刀との恋愛、『天地人』における平和主義概念の挿入、『龍馬伝』おける岩崎弥太郎との交流など)が多いことを考えればなおさらです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL