神融心酔 

中国茶・台湾茶を中心とした素敵な出会いの数々を綴っていきます

ブログへのご訪問ありがとうございます


千葉県松戸市にて中国茶教室「Salon de Leecha 麗茶」を主宰しています

教室内容、お問い合わせはHPをご参照ください

★よみうりカルチャー柏で新講座を担当することになりました
詳しくはブログ記事をご参照ください

★Facebookページ「中国茶・台湾茶ファンの集い」を作りました
Facebookのアカウントをお持ちの方、いいね!を押して、情報をシェアしてください♪

★サロンへのお問い合わせ、お申し込みのメールには一両日中に必ずお返事を差し上げています
こちらからの返信が届いていない場合は、お手数ですが再度メールをお送りくださいますようお願い申し上げます

★ブログランキングに参加しています
よろしければ、一日ワンクリックお願いいたします♪
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

景邁山の古樹茶

2016-12-05 | 黒茶(中国茶)
今回の西双版納旅行では餅茶や小沱茶を何種か購入しましたが、
すぐに崩すには忍びなくて、帰国してからはまだ飲んでいません。
教室でもまだ巴達山紅茶や月光白しかお出ししていないのです。

でも!実は一種だけ、自分用に買った生プーアールの散茶があります。
一人でゆったりと味わっています。

景邁山、柏聯荘園の太和級宮廷プーアール。

この生茶を買ったのはちょっとした偶然からでした。

柏聯荘園は前の記事にも書いたように、整備され機械化された工場で、
パッケージも美しく、正直言って私はここでお茶を買うつもりはありませんでした。
確かに小沱茶は棗香があって美味しかったし、お土産にとても体裁のいい箱に入っていて魅力的ではありましたが、
その分お値段も若干高い気がして、ここは買い物は見送ろうと思っていました。

でも、数種類のプーアール茶を試飲させてもらってしばらくすると、メンバーが口々にここのお茶は身体が反応する、と言い出しました。
私自身も体が温まると同時にデトックス的な効果も感じ、これは気のせいではないかも、と思い始めたのです。

そろそろ見学を終え、バスに戻る時間が近くなってきたとき、上海のA先生がディスプレイの棚から光り輝く赤い缶を手に取りました。
私もその缶は何とはなしに気になっていたので、一緒に缶の中の茶葉を見せてもらいました。
艶のある大きな葉。
まるで紅茶のように甘い香りがします。

これはかなりいい生茶であろう、と値段を聞くと1缶1,000g5,200元といいます。
10年以内のお茶としては、間違いなく今回の旅で出会った一番高いお茶でした。

A先生をはじめ、私とあと2、3人はこの茶葉に執着し、1缶買って100gずつシェアしてはどうだろうということになりました。
希望者を募ると5名しか集まりません。
5名×100gでは500gにしかならず、1缶買うことはできません。
後ろ髪を引かれながら諦めて帰ろうとすると、
小姐たちが奥から戻ってきて、100gずつバラで売ってくれるというのです。
5人とも喜んで購入させてもらいました。



こうして柏聯太和級宮廷普[シ耳]はたった100gですが、私のもとにやってきました。

柏聯荘園の10周年記念に2011年産の茶葉で作られ、今年の夏に発売されたもの。
景邁山千年古茶園古樹の春茶純料のみが使用されています。

茶湯を口に含むと奥に花の香りを感じ、蜜のような甘い余韻があります。
身体の隅々に行き渡るような感覚があり、同時に毒素のようなものが出ていくような気がします。

お茶との出会いは一期一会。
このお茶は自分だけでそっと楽しみたいと思っています。

(2016年12月6日訂正済)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲南古茶樹ツアー その6 南糯山へ

2016-12-05 | 茶旅
西双版納の観光も最終日。

前日の朝ご飯は少し遅めに行ったら欲しいものが食べられなかったので、
孟海最後の日の朝はうらりんさんとビュッフェが開く30分前から並びました。
当然のことながら一番乗り。
食べたかった肉まんも食べたし・・・
って、二人とも、負けず嫌い過ぎる!?

この日の午後は景洪の空港からまた武漢に向かいます。
孟海から景洪へ行く途中、南糯山に寄りました。

南糯山は樹齢800年超の茶王樹と呼ばれる栽培型の古茶樹があることで有名になりました。
茶王樹は残念ながら枯れてしまったそうですが、別の古茶樹が新たに二代目の茶王樹と呼ばれています。
今回、その茶王樹を見ることは適いませんでしたが。



私たちが訪れたのは半坡老寨という村。
森林の中に古茶園が存在しています。

乗ってきた大型バスが入れるのは途中まで。
道は舗装されていますが、道幅が狭くなるため、徒歩で村へ向かいます。



目的はこの栽培型古茶樹。
民家の前にしっかりと根を張り枝を広げています。



南糯山には哈尼族が多く住んでいます。
帰りがけに飛び入りでこちらの茶室でお茶をいただきました。

バスに戻り、一路空港へ。
お昼を軽く取り、飛行機で重慶経由武漢へ。
上海組の皆さんとはここでお別れです。



武漢に着いた時はもうあたりは真っ暗。
ホテルで豪華な最後の夜の夕食をいただきました。

翌日朝には武漢空港から成田へ。

初めての西双版納の旅レポートはこれでおしまいです。

今回の旅行にあたっては上海小町さんがいかに快適な旅にできるかを時間をかけて検討してくださいました。
上海のA先生とのでこぼこコンビも楽しくて、笑いの絶えない旅でした。
西双版納のガイドさんにもお世話になりました。
今回は人数の多い旅でしたが、ご一緒した皆さんはいい方ばかりで、団体旅行ならではの面白さも味わえました。

ありがとうございました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲南古茶樹ツアー その5 景邁山の古茶林へ

2016-11-25 | 茶旅
景邁山では少数民族の村も訪れました。
布朗(プーラン)族の村、翁基古寨です。



高床式の住居が並びます。
柱が四角いのは蛇が登ってこられないようにするためだそうです。



軒先ではおばあさんたちが茶葉の仕分けをしていました。
それぞれ色とりどりのターバンを頭に、色とりどりの服を着て、華やかです。



この村には観光客も多いのでしょう、売店屋台が並んでいました。
景邁山は動脈硬化に有効という'螃蟹脚’が寄生した茶樹が見つかったことでも有名です。
ここでも売っていたので、買ってみました。'螃蟹脚’!



村の高台にある寺院。
今は使われていない模様。観光用?



村を後にし、バスで少し戻る方向へ。

景邁山は栽培年数が古く面積も広大な人工栽培型の古茶林でも有名です。



この古茶林はまっすぐ遊歩道になっていて、両側に古茶樹群を見ることができます。
入り口から出口まで歩いて40分というところでしょうか。



今まで見てきたどんな茶畑とも違います。
森林の中で栽培されている茶樹。
次は茶摘みの時期に来てみたいと思いました。



チリン、チリン、どこからともなくベルの音が聞こえてきたと思ったら、牛の母子でした。

時間が止まったような感覚。

雲南のお茶の秘密がすこーしだけ分かった気がしました。



この日は[孟力]海に戻る頃にはすっかり日も暮れていました。
街道沿いのレストランに飛び込みで入り、夕食をいただきました。
笑いの絶えない4日目の夜でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲南古茶樹ツアー その4 景邁山の茶工場へ

2016-11-23 | 茶旅
[孟力]海の朝はなかなか快適・・・と言いたいところだったんですが、
泊まったホテルの朝食バイキングに行くと、席がない!お料理がない!
土曜日の朝ということもあったのでしょう、チャイナパワーに圧倒されました・・・。

とりあえず麺だけは確保。
同室のうらりんさんと次の日の朝のリベンジを誓いました(笑)。

この日の予定はバスで西双版納タイ族自治州を出て、普洱市に位置する瀾滄ラフ族自治県へ。
ここ数年ブームになっている景邁山が目的地です。

西双版納から瀾滄への州境には検問所があります。
ラオス、ミャンマー、タイのゴールデントライアングルに近いせいでしょうか、
景洪市から[孟力]海県に移動する際の県境にも検問所がありました。
ガイドさんによれば、プーアル茶の産地偽装などにも目を光らせているそうです。



「柏聯普[シ耳]茶荘園」に到着。
ここは大規模経営で機械化され清潔で、商品パッケージもオシャレです。
高級ホテルの経営も手がける企業グループのようです。



ガラス越しですが、製茶行程が順番に見学できるようになっています。



最後には案内してくれた女性たちがお茶を試飲させてくれました。
ここのプーアル茶は飲んですぐに身体が反応する、と話題になりました。



続いて向かったのは山の頂上近くにある「長宝茶廠」。
こちらはタイ族の家族経営で、規模は大きくはありませんが、ホテルも併設されていて、ペンションのよう。



昼食はこちらのレストランでいただきました。
野菜が豊富で美味しかったです。
茶葉のフリッターも!



今ではすっかり人気が定着した月光白はもともとはこちらの工場がオリジナル。
景邁山の自然の恵みを感じさせるお茶作りがされています。



こちらに宿泊すると裏手には古茶園、目の前には景邁の風景が広がっていて、特に朝の景色が美しいそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲南古茶樹ツアー その3 孟海の茶工場へ

2016-11-17 | 茶旅
賀開山を下り、バスは街道沿いの町へ。



ランチは「聚香園餐館」というレストランで。
店構えは小さいけれど、奥行きがあってお料理も美味でした。

市場も立つ賑やかな町。
テーブルの上のちびみかんは市場でメンバーが買ってきてくれたもの。甘い!



景洪でも食べたきな粉餅のお菓子、かなり美味しい!
実演販売中。



プーアル茶を包む紙を作るタイ族の村、曼召村へ。
原料の构樹(カジノキ)。



紙漉きの実演をしていただきました。



町の至る所で天日乾燥の風景が見られました。
出来立ての紙も購入しました。



プーアル茶好きならこの名前は素通りできないでしょう。
「〔孟力〕海茶廠」。
紅印のふるさと。
我が家にも80年代の7582青餅、90年代の7542青餅がありますが、ここで作られたのねーと感慨深い。

1940年に国営企業として設立された「〔孟力〕海茶廠」は
民営化されてからは大益茶業グループの傘下に入っています。
大益ブランドの7542(生茶)と7572(熟茶)はプーアル餅茶の基準となっています。

工場内の敷地は広く、居住地区も含めてひとつの町を形成。
残念ながら工場は参観不可。
参観可能な展示館も今は改装中で外から眺めるのみでした(トップ写真)。



ガイドさんのアレンジで曼賀村にある「叶庄双麗制茶廠」へ。
叶家は祖父の代から製茶業を営み、ご両親は「〔孟力〕海茶廠」に勤務したこともあるとのこと、
現在は姉妹(=双麗)で工場を運営していらっしゃいます。
まさに叶姉妹!

工場内は撮影禁止、発酵工程は見学不可でした。
ちょうど手工龍珠の熟茶を作っているところを見ることができました。
原料の90%は〔孟力〕海産、生産量の80%は熟茶だそうです。



工場長自らが2005年の「茶馬古道の端貢京城」イベントに参加した時に作ったという10年物の生餅を淹れてくださいました。
このお茶はちょっと高かったので買えなかったけれど、2~5年物の良質なお茶が買いやすいお値段でした。



夕食は「玉蘭縁私房菜」。
貴州省から取り寄せた食材なども使っていて、美味でした。



この日の宿泊は〔孟力〕海国威大酒店。
タオルの象さんに迎えられてテンションMAX!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加