神融心酔 

中国茶・台湾茶を中心とした素敵な出会いの数々を綴っていきます

ブログへのご訪問ありがとうございます


千葉県松戸市にて中国茶教室「Salon de Leecha 麗茶」を主宰しています

教室内容、お問い合わせはHPをご参照ください

★よみうりカルチャー柏で講座を担当しています
詳しくはHPのInformation記事をご参照ください

★Facebookページ「中国茶・台湾茶ファンの集い」を作りました
Facebookのアカウントをお持ちの方、いいね!を押して、情報をシェアしてください♪

★サロンへのお問い合わせ、お申し込みのメールには一両日中に必ずお返事を差し上げています
こちらからの返信が届いていない場合は、お手数ですが再度メールをお送りくださいますようお願い申し上げます

★ブログランキングに参加しています
よろしければ、一日ワンクリックお願いいたします♪
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ

MY餅茶作り!

2017-03-26 | 麗香茶課
今期の麗香茶課はなかなか興味深い講座が続いています。

この週末には「茶壺天堂」の井上菜津子先生を講師にお迎えし、
「普洱茶作り ~MY餅茶に挑戦~」講座を開催いたしました。

公民館の調理室をお借りし、ご参加の皆さまがそれぞれ個性あるMY餅茶を作りました。

茶葉を蒸し上げ、袋に詰めて絞り込んだ後、圧縮成形して餅茶を作ります。
特に成形した袋の上に漬物石を載せ、そこに乗ってバランスを取りながらグルグルと押すのが何とも楽しい作業でした。

手順は難しくないのですが、問題は材料となる晒青毛茶と成形用の袋を調達することでしょう。
今回は菜津子先生が広州で大量に仕入れてきてくださいました。

使用したのは[孟力]庫大葉種。
[孟力]庫は臨滄の茶産区に位置し、
大雪山の名で知られる2,000m以上の高海抜産地があります。
最近話題の冰島もこの地域です。
易武の大葉種に比べると少し葉は小さく、香りも優しい感じです。

茶課会員の息子さんも参加して、楽しんでくれました。

持ち帰った餅茶はいつ飲むか、皆さんきっと迷われると思います。
すぐに飲みたいような、勿体なくて飲めないような・・?
少し寝かせてみるのも楽しみですね。

ご参加の皆さま、ありがとうございました。

菜津子先生、お手伝いいただきましたYさま、Tさま、楽しい講座をありがとうございました!



★お知らせ★
4月15日(土)に開催するコラボ茶会「三雲物語」、お陰様で満席となりました。
たくさんのお申し込みをありがとうございました。
尚、キャンセル待ちをお受けいたしますので、ご興味おありの方はブログ記事をご参照ください。


★お知らせ★
よみうりカルチャー柏で担当しております台湾茶講座が4月から第二期を開講いたします。
毎月第3金曜日の10:00~11:30、2017年4月から2017年9月まで全6回の講座です。
詳しくはHPのInformation記事をご参照ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾茶講座 ~坪林から祥泰茶荘四代目馮懷瑾氏をお招きして~

2017-03-08 | 麗香茶課
先週末、麗香茶課では台湾坪林の「祥泰茶荘」四代目馮懐謹氏、馮青淞氏ご兄弟をお迎えし、
台湾茶講座を開催いたしました。

馮さんは烏龍茶の歴史や製法について各産地を訪れ研究され、
台湾でも台北書院と茶葉博物館で茶講座を担当され、
普及活動にたいへん熱心でいらっしゃいます。

日本の大学院で茶文化を学ぶルハンさんが今回の講座をコーディネートしてくださり、
通訳も担当してくださいました。
(こういう専門的な講座の通訳はプロの方でも大変だと思います。
 ルハンさん、お忙しい中をありがとうございました!)

午前は「『武夷、安渓、そして台湾』烏龍茶の歴史を味わう」というテーマで
台湾の包種茶・烏龍茶の製法の発展史についてのお話を伺い、
製法の違いによる9種を飲み比べました。

午後は「生産者が語る『文山包種』茶葉の判別」と題し、
まず文山包種茶の製法行程をご説明いただき、その過程で起こる問題点を考察し、
茶殻からどんなメッセージを受け取ることができるかを9種を飲み比べ、実際に観察しました。




なかなか高度な内容で、難しい部分もありましたが、
一度にこれだけのサンプルを観察する機会はなかなかありませんし、
生産者の方から直接お話を伺えるたいへん貴重な時間でした。
また機会があればぜひお願いしたいと思います。

午前午後と延べ60名ほどの方々がご参加くださいました。
ありがとうございました。



★お知らせ★
4月15日(土)にコラボ茶会「三雲物語」を開催いたします。
 詳しくはブログ記事をご参照ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麗香茶課 台湾茶講座のお知らせ

2017-02-10 | 麗香茶課
麗香茶課第三期第二回の公開講座のお知らせです。

台湾坪林・祥泰茶莊四代目の馮懷瑾(フォン・ホアイジン)氏が
日本の台湾茶ファンのために特別に講座を準備してくださいました。

「台湾茶講座 ~坪林から祥泰茶荘四代目馮懷瑾氏をお招きして~」

講座は午前と午後の二回、それぞれ異なるテーマでお話いただきます。

午前の部は「『武夷、安渓、そして台湾』烏龍茶の歴史を味わう」と題し、
歴史的な流れも織り込みながら、武夷式、安溪式、台湾式の烏龍茶の違いと特色について試飲および講義をしていただきます。
また発酵度の違う包種茶や台湾の工藝茶などについてもご紹介いただきます。

午後の部は「生産者が語る『文山包種』茶葉の判別」と題しまして、
8~9種の包種茶を淹れて茶湯や茶殻の状態を比較し、
製作過程でどのような要素が不足したのか、また逆に過剰であったかなどを考察します。
また、どのように私たちは良・不良を判断すべきかをお話していただきます。

通訳は今回馮氏とのご縁をつなげてくださいました一橋大学博士課程在学中の張茹涵氏にご担当いただけることになっています。

どちらの講座も大変貴重な時間になると存じます。
沢山の皆様のお申し込みをお待ちしております。


講座の詳細は以下になります。

●日時:3月4日(土)

① 10時30分〜13時00分 残席若干名
「『武夷、安渓、そして台湾』烏龍茶の歴史を味わう」

② 14時00分〜16時30分 満席御礼
「生産者が語る『文山包種』茶葉の判別」

各回定員30名

●会場:
江戸からかみ 東京松屋
〒110-0015 東京都台東区東上野6-1-3 東京松屋UNITY  
TEL(03)3842-3785  
アクセス: JR上野駅 浅草口より 徒歩10分/東京メトロ銀座線・稲荷町駅より 徒歩2分

●参加費:一講座につき4,500円(一般価格)
 ※午前と午後の通しで受講の場合は9,000円となります。


●お申し込み方法
lixiangchakeあっとまーくgmail.com(あっとまーくを@に変換してお送りください) 宛メールにて
ご希望回(午前のみまたは午後のみ、あるいは両方)をご明記のうえ、お申し込みください。
先着順にて受け付けますが、2月12日までは麗香茶課会員優先受付期間とさせていただきます。
満席となりました場合は募集を締め切ることもございます。
何卒ご了承ください。
確認のメールは2月14日(火)以降に順次送らせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

〈講師紹介〉
馮懷謹氏  「祥泰茶莊」執行取締役兼製茶師

坪林「祥泰茶莊」の四代目で、幼少期より包種茶に親しんできた。
2008年より製茶、販売に携わり、現職に至る。
坪林及び双北市現場製茶競技、新北市模範農民、世界茗茶コンテストで包種金賞と紅茶銀賞などを受賞した。
2014年より台北書院と茶葉博物館で茶講座を設けている。


※尚、同じ内容の講座は3月3日(金)に鎌倉の「中国茶サロン『一華』hitohana」でも開催されます。 
 こちらは既に満席となっていますが、キャンセル待ち希望などについては
 Facebookのイベントページをご覧の上、直接一華さんにお問い合わせください。
 https://www.facebook.com/events/255463164866003/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲南・茶と少数民族の道 ~茶馬古道を辿る~

2017-02-06 | 麗香茶課
第三期「麗香茶課」の最初の講座はカワカブ会の小林尚礼氏を講師にお招きして
「雲南・茶と少数民族の道 ~茶馬古道を辿る~」と題し世田谷の区民センターで開催しました。

1000年以上昔からチベットと中国が茶の交易を行ってきたティーロード、茶馬古道。

小林先生の雲南省で撮りためた茶馬古道の写真を見せていただきながら、
各地で出会った少数民族の茶の飲み方をご紹介いただきました。

易武、倚邦、困鹿山、雲南駅、大理、麗江、香格里拉、梅里雪山(カワカブ)・・・。
名前だけは何度も聞きつつもまだ見ぬその村々の表情を大きなスクリーンで目の当たりにし、ますます憧れが募ります。

小林先生の茶馬古道のお写真には実は10年ほど前に私は既に出会っていました。
『コヨーテNo.23(2007年12月版)』は永久保存版にしたい素晴らしい中国茶特集でした。
星野尚彦氏の写真と故駒沢敏器氏の文による「武夷山探訪」、松井陽吉先生のインタビューをはじめとした「烏龍茶」特集、
そして私が一番興味を惹かれた記事が小林先生の写真と文による「茶馬古道を辿る」でした。

今回小林先生から実際にお話を伺うご縁をいただけたのは本当に喜ばしいことでした。




講座の後半ではハニ族の土鍋茶を模して実演試飲をしました。
摘みたての茶葉(足柄山で茶畑を管理していらっしゃる高野茶園の高野氏にご提供いただきました)を直火で焙り、
焦げ目をつけ、土鍋に湯を沸騰させたところにその茶葉を揉みながら入れ、数分間煮だします。
この時期の茶葉は固いのでどうだろう?と言っていたのですが、
思いのほかまろやかで飲みやすく青っぽさもそれほどなく、美味しくいただきました。



また、小林先生がドンモ(バター茶を攪拌するための木で作った大きな筒状のもの)をご持参くださり、
チベットバター茶を体験をしました。
ドンモに茶壺天堂の井上先生が煮出してきてくださった磚茶と牛乳(実際はヤク乳を使う)、ヤクバター、塩を淹れ、
攪拌棒を上下させて混ぜ合わせます。
ヤクバターと塩は小林先生が現地で購入されたものを使い、臨場感たっぷり。
ちょっとバターの香りにクセがありますが、体が温まるお茶です。


小林先生、素晴らしい講座をありがとうございました。

また、今回は茶壺天堂の井上先生をはじめ、高野さま、茶課会員のHさん、Iさんのご協力をいただきました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

ご参加いただきました皆様にも感謝申し上げます。


※小林尚礼氏と梅里雪山(カワカブ)とのストーリーは文庫本
梅里雪山(メイリーシュエシャン)十七人の友を探して (ヤマケイ文庫)』で読むことができます。
カワカブ会につきましては「小林尚礼 HomePage」をご参照ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麗香茶課オープン講座のお知らせ

2017-01-22 | 麗香茶課
「麗香茶課」第三期第一回の講座のお知らせです。
今期最初の講座は会員以外の方にもご参加いただけます。

「雲南・茶と少数民族の道
〜茶馬古道を辿る〜」

茶馬古道に何度も足を運ばれ、全ルートを踏破された「カワカブ会*」主催の小林尚礼氏に、映像とお話で、茶馬古道を辿って頂きます。
写真家でもある小林氏の写真の数々は壮大で美しく、私たちの心を一時、遥かな地へと誘ってくれることでしょう。
茶馬古道で出会った様々な少数民族のお茶もご紹介頂き、
そのうちの幾つかを実際に体験させて頂きます。

沢山の皆様のお申し込みをお待ちしております。

「*カワカブ会」:
カワカブ(「梅里雪山」のチベット名)を中心に、チベット、ヒマラヤの自然と聖地について学びながら情報を発信している。

講座の詳細は以下になります。

●日時:
2月5日(日)
①午前の部:10時30分〜12時30分(残1席)
②午後の部:14時〜16時(満席)
各回定員20名

●会場:
世田谷区 桜丘区民センター
二階調理講習室
(世田谷区桜丘5-14-1)
★小田急線千歳船橋駅徒歩3分

●参加費:3500円

●お申し込み方法
Lixiangchake☆gmail.com 宛(☆を@にご変換ください)メールにてご希望回(午前または午後)をご明記のうえ、お申し込みください。どちらの回でもご参加可能の場合は、その旨お書き添えいただけると助かります。
お申し込みは先着順とさせていただき、満席となりました場合は募集を締め切らせていただきますのでご了承ください。お送りいただいたメールには一両日中に確認メールをお送りいたします。どうぞよろしくお願いいたします。

〈講師紹介〉
小林尚礼(こばやし・なおゆき)氏
チベットの自然と聖地を学ぶ「カワカブ会」代表。
「人間の背後にある自然」をテーマに撮影、執筆を行う。
茶馬古道の全ルートを取材してその成果を雑誌「コヨーテ(2007年12月号)」「山と渓谷(2009年1〜7月号」に発表。
主著『梅里雪山 十七人の友を探して』。
共著に『トウガラシ讃歌』『科学者の目、科学の芽』など。
京都大学大学院(環境工学)修了。
京大学士山岳会理事。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麗香茶課 第三期募集のお知らせ

2016-12-23 | 麗香茶課
「茶文化空間・香流」と「Salon de Leecha 麗茶」の共同企画として
2014年10月にスタートした茶文化講座「麗香茶課」も発足から二年余りが過ぎました。

初年度の第一期は会員70名、第二期は80名を超え、
第一期に企画した講座は12講座、第二期は11講座を数えました。
各講座とも会員様よりご好評をいただき、シリーズ化している講座もございます。
(詳しい内容については当ブログの「麗香茶課」のカテゴリーをご参照ください。)

今期から開始月を新たに1月からとし、2017年1月から2017年12月までを第三期として、会員募集をさせていただくことにいたしました。。

・「麗香茶課」の講座:

「麗香茶課」は中国茶・台湾茶へのより一層深い理解とアプローチを目指し、
セミナー・茶会などの開催、時節にあったミニ講座、会員相互の勉強会などを開催し、
その中から、参加できる講座、参加したい講座を選んでいただく自由度の高いシステムをとっております。
(一部のセミナー、勉強会などは課題図書を読むなどの予習が必要な場合もあるかもしれません。)

中国茶・台湾茶についてある程度の知識を有する方を対象とさせていただいており、
初心者向けの講座や基本的な中国茶・台湾茶についての講座は予定しておりません。

また、講座を受けていく過程で資格などを取得するというカリキュラムもありませんので、ご了承ください。

・講座へのご参加方法:

麗香茶課は会員優先制です。
基本的には小規模の勉強会は会員のみの募集、
大きなセミナーやイベントは状況を見た上で会員優先予約の後、公開募集となります。

会場は参加者が10人前後の勉強会などの場合は横浜中華街にある香流のサロンが中心になりますが、
規模の大きいセミナーや、茶人を招いての茶会などは東京あるいは横浜近辺の別会場となる予定です。

年会費は2,000円です。
講座参加費用はその都度会員価格が設定されます。

・新規会員募集:

第三期新規会員の募集を開始させていただきます。
募集期間は本日より2017年1月31日(火)まで。


入会ご希望、お問合せはご芳名、ご住所をご記入の上 lixiangchake☆gmail.com 宛てメールにてご連絡ください。
(☆を@に置き換えてご送信ください)
折り返し会員申込み手続き方法についてお知らせいたします。

多くの皆さまのご参加をお待ち申し上げております。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宜興でめぐる、紫砂茶壺をめぐる

2016-11-01 | 麗香茶課
先月の20日、横浜の茶文化空間・香流にて
宜興・紫砂講座「宜興でめぐる、紫砂茶壺をめぐる」を開催いたしました。

中国茶好きなら誰もが一つは欲しくなる宜興の紫砂壺。
お茶が美味しく入るというだけでなく、茶壺そのものも使っているうちに艶が出て育っていくのが魅力です。
でも購入するとなるとどれを選べばいいのか迷ってしまう人も少なくはないはず。
そんな悩みが少しでも解決できればと宜興茶壺についての講座を企画しました。

講師は香港で「香港中国茶倶楽部」を主宰されていらっしゃるジャ-ナリストの池谷直人先生にお願いいたしました。
半年に一度定期的に開かれている中国茶倶楽部関東支部のお茶会の時期に併せ、麗香茶課のために特別講座を引き受けてくださいました。

先生は1998年から宜興に通い始め、最近では9月に訪れたばかりとのこと、
宜興の近年の急速な発展についてもスライドを見ながらお話いただきました。

茶課メンバーの希望も考慮いただき、紫砂壺の基本的なお話から購入時の注意点、使用前の処理の仕方まで盛りだくさんの内容でした。

ご持参いただいたお茶は9月に宜興で購入された陽羨雪芽と宜興紅茶。
現地のお茶をいただきながら、池谷先生の楽しく興味深いお話を伺い、
講座は終始和やかな雰囲気で進行いたしました。

池谷先生にはこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。
ご参加の皆さま、ありがとうございました。


※「麗香茶課」の今年度の活動は今回の講座を持ちまして終了いたします。
 来年度(第三期)の「麗香茶課」の更新・新規募集は12月ごろを予定しています。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お菓子から見るお茶選び

2016-09-27 | 麗香茶課
秋霖の季節に入り、いつの間にか9月も終わろうとしています。
最後の週末に「麗香茶課」では横浜の茶文化空間・香流にて、「白茶果的下午茶講座」を開催いたしました。
ヒロエさんとマリコさんのユニット「白茶果工作室」の講座は昨年度に続いて第二回目になります。

今年はテーマを「お菓子から見るお茶選び」として、
1.月餅に合わせるお茶
2.チョコレートショートに合わせるお茶、の二本立て。

白茶果特製、塩卵入りカスタード餡の月餅には
武夷岩茶肉桂、鳳凰単そう銀花香、炭焙安渓鉄観音の三種を合わせてみました。
どのお茶が一番合うのかをテイスティングしていただきます。



チョコレートショートはグラスにパフェのようにスポンジとチョコクリームとフルーツを重ねていくもので、
ご参加の皆さまの前に用意されたグラスと素材を使ってまずは各自がマイチョコレートショートを形作っていきます。
これをしばらく冷蔵庫で冷やし、食べごろになったところでお茶とのマリアージュを楽しみました。
こちらは鉄観音蜜香紅茶、正山小種、英紅9號、白琳工夫の4種を合わせました。



現場ではどのお菓子とお茶がマッチするかという活発な意見交換が行われ、大いに盛り上がりました。

甘いお菓子の後は香港XO醤撈麺、糖水、チキンパイのスペシャルプレートが登場。
こちらも大人気でチキンパイ講座のリクエストも出たくらい。

お持ち帰り用のパッケージも可愛らしいと好評でした。



お腹も心も満たされる楽しい講座でした。

ご参加の皆さま、白茶果工作室のヒロエさん、マリコさん、ありがとうございました。


※来年度(第三期)の「麗香茶課」の更新・新規募集は11月~12月ごろを予定しています。
 こちらのブログでもお知らせいたしますので、よろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文人墨客の愛した茶の世界

2016-08-30 | 麗香茶課
鎌倉時代に中国・宋から伝来した「抹茶」は為政者たちに受け入れられ、
武士のたしなみとして「茶の湯」へと発展しました。

一方「煎茶」は江戸時代の17世紀後半に来日した隠元禅師ら黄檗僧らによって伝えられ、
新しいスタイルの茶として地位を確立していきます。
時の権力者と結びついた「茶の湯」に対し、
「煎茶」はまず風雅清貧の茶として文人たちの間に広まります。
煎茶の祖とされる売茶翁の精神は文人趣味と呼応し、「煎茶道」へと進化しました。

中国では文化大革命により精神的な茶の世界が一度否定され、停滞しました。
現代の中国の茶人たちはそれを再構築するために
日本に受け継がれてきた「茶の湯」と「煎茶道」に注目し
積極的に学ぶ機会を作っています。

日本で中国茶を学ぶ私たちにとっても身近にある「茶の湯」「煎茶道」を知ることは大切ではないか、ということで
「麗香茶課」の8月の講座は「煎茶道」講習会を企画しました。

講師は日本礼道小笠原流の吉田草風先生にお願いし、
午前中は「文人墨客の愛した茶の世界」をテーマにご講義いただき、
午後は「おいしい煎茶と美しい所作」と題して嬉野茶の冷茶を立礼式のお点前で頂戴いたしました。

東京聴風琴社の高欲生さんとお弟子さんによる古琴の演奏もあり、風雅な空間での学びの一日でした。
最後は一日がかりの講座の緊張をほぐすという意味で
小笠原礼法による立ち方、座り方、お辞儀の仕方をご指導いただきました。
盛りだくさんの講座で参加者の皆様にも満足いただけたことと思います。

草風先生、社中の皆さまにこの場をお借りして御礼申し上げます。



※草風会茶会のご案内
 草風先生の喜寿祝いを兼ねた煎茶会が催されます。
 この機会に煎茶の茶会の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。
 2016年10月9日(日)10:30~13:30
 東京国立博物館 応挙館にて
 お茶券 7,000円(おしのぎ付き)
 お問い合わせは中国茶倶楽部「春風秋月」の高欲生先生まで→http://www.e-moon.co.jp/ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

物語のある茶席とは・・

2016-06-26 | 麗香茶課
先週の日曜日、麗香茶課では茶塾「香白韻」の浦川園実先生を講師にお招きし
「香白韻 特別茶席講座」―中国茶席の流行と変遷~『物語のある茶席』を探る―を開催いたしました。

東京ではここ10年ほど、会場のテーブルに茶席をしつらえて
中国茶や台湾茶を3~5名のお客様にお出しする形式の茶会が数多く催されています。

私自身も茶会を何度も開いてきましたし、客としても可能な限り参加してきました。

私の印象の中で群を抜いた演出力と美しさを放っているのが浦川先生の茶事でした。
空間全体にドラマがあり、別世界を醸し出しているのです。

浦川先生とはコラボ茶会やエコ茶会でも(うらりん&ちょし、として)ご一緒する機会も多いのですが
例えば茶通一本にしても材質、色、雰囲気などに妥協がありません。
茶服を選ぶ時も先生に見てもらうと即決で間違いがありません。

そんな浦川先生の茶事の素晴らしさの秘密を知りたいと思う会員の皆さまが集い、
うらりんワールドの向こう側を探る2時間超となりました。

講座後半には先生が下処理をしてくださったヘチマを使ってMY茶壺敷きをつくったり



茶席のわき役となってくれる流木もお土産にいただきました。
使い方をご指導いただいたり。



最後はお茶と一緒に美しい和菓子も。
京都の「和菓子店 青洋」さんに特別にお願いした創作和菓子、「木漏れ日」。

この日のお茶はウェルカムティーに「張一元」の茉莉花茶、
お菓子と合わせて英徳紅茶の英紅9号。



浦川先生、素敵な講座をありがとうございました。


■お知らせ■

セブンカルチャークラブ亀有で担当しております中国茶講座が7月から9月まで
 第四金曜日13:00~15:00のスケジュールで開講します。
 詳しくはHPをご参照ください。

★7月23日(土)開催のコラボ茶会「三涼物語」のお申込み受付を開始いたしました。
 詳しくはブログ記事をご参照ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加